佐藤浩市の名言

佐藤浩市のプロフィール

佐藤浩市、さとう・こういち。日本の俳優。東京都出身。多摩芸術学園映画学科在学中にNHK『続・続事件』でデビュー。その後、数々の映画、テレビドラマに出演。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ多数の賞を受賞。

佐藤浩市の名言 一覧

30何年俳優をやってきて思うのは、言われたことだけやっているやつから潰れていくんだよね……口に出しては言えないけど(笑)。

佐藤浩市の名言|言われたことだけやっているやつから潰れていく

「そんなものつくったって誰も観ないよ、浩市さん」って言われるような作品でも、自分たちがどうしてもやりたいと思って、観たいと思う人が一人でもいてくれたら、つくる意味はある。

佐藤浩市の名言|自分たちがどうしてもやりたいと思って、観たいと思う人が一人でもいてくれたら、つくる意味はある

完全にオフの時間は本当に何も考えないようにしている。家でのんびり過ごすことが多いですね。

佐藤浩市の名言|完全にオフの時間は本当に何も考えないようにしている

予定調和にしたくないから本気でぶつかってこい。中途半端な演技だったら受け付けねえぞ。
【覚え書き|撮影前に共演者に語った言葉】

佐藤浩市の名言|予定調和にしたくないから本気でぶつかってこい

ホン(脚本)を読んでも、まず書いてあることを疑う。これを三次元に起こした時に、自分は何を付け加えることができるのかと考えます。

佐藤浩市の名言|まず書いてあることを疑う

オフの何も考えない時間があるから良い演技ができるとは言い切れないけど、何かしらの好影響を与えていることは確かです。曖昧なオン・オフではなくて、100か0かみたいなメリハリのある時間が僕には必要なのでしょう。

佐藤浩市の名言|100か0かみたいなメリハリのある時間が僕には必要

集中力を維持するためにやっているのが、撮影現場でオン・オフのスイッチをこまめに切り替えること。ひとつのカットごとに役者のスイッチをオン・オフと切り替えています。

佐藤浩市の名言|オン・オフのスイッチをこまめに切り替える

若い連中には現場での姿を見せるしかないですよね。我々が若い頃は当たり前のように先輩に怒鳴られましたけど、今は時代が違うし、俳優の仕事は伝承芸能じゃないから、自分から無理やり伝えて行こうとは思わない。ただ、向こうから興味を持って話を聞きに来てくれる人には、言えることは言います。

佐藤浩市の名言|若い連中には現場での姿を見せるしかない

自分の中に嫌いなところを見つけるのは簡単だし、楽なんですよ。だったらいいところを見つけてやれよって思う。もちろん他人の中にもね。まあ僕もそう思えたのは……30過ぎぐらいからかなあ。若い時は自分ことが嫌いでしたから。気づくのが遅かったと思います。

佐藤浩市の名言|自分のいいところを見つけてやれよ

いまは俳優の世界も一般論で語られてしまう。ただ逆に言うと、そういう閉塞感の中から、次の世代の子たちが、より自由なものを作りだしていくのかもしれないよね。本当は「俺自身が先頭に立って、全部を改革していく!」くらいのことを言った方が正しいんだろうけど。

佐藤浩市の名言|閉塞感の中から、次の世代の子たちが、より自由なものを作りだしていくのかもしれない

「30歳の時に思い描いた50歳」「40歳の時の60歳」「20歳の時の30歳」でもいいや、あんなに大人だと思っていた年齢に自分がなってみると「案外大人じゃねえな」って感じますよね。そういうことを感じながら歳を重ねていくものなんだと思う。ただ……俺が子供の頃には、かっこいいなっていう大人がいっぱいいたよね。いろんな人が、かっこよかったですよ。

佐藤浩市の名言|あんなに大人だと思っていた年齢に自分がなってみると「案外大人じゃねえな」って

佐藤浩市の経歴・略歴

佐藤浩市、さとう・こういち。日本の俳優。東京都出身。多摩芸術学園映画学科在学中にNHK『続・続事件』でデビュー。その後、数々の映画、テレビドラマに出演。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞をはじめ多数の賞を受賞。

ページの先頭へ