名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤洋治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤洋治のプロフィール

佐藤洋治、さとう・ようじ。日本の経営者。「ダイナムジャパンホールディングス」社長。東京出身。早稲田大学商学部卒業後、ダイエーを経て、家業の佐和商事(のちのダイナム)に入社。ダイナム社長・会長、ダイナム総合投資社長、ダイナムホールディングス社長などを務めた。

佐藤洋治の名言 一覧

先輩の後ろ姿を見せることが最高の自己啓発につながる。


未来に対する夢を持つ。この夢と希望があれば、現状がどんなにつらくても、超えることは可能。


消費者の立場に立つ、というところが大事。


経営には浮き沈みがありますから、経営者の見方も、その時々によって変わるもの。


あなた方が、あなた方の未来を決めることができるのだ。それをどう料理するかはあなた方次第だ。


どの組織でも弱いところを強化することが一番。その組織の評価が高くなるからです。


人はすべて、壁の中でものを考える習慣があると思います。一つは自己の壁。自分にとってプラスかマイナスかで行動しています。その壁をどう「卒業」していくかが重要。


いかに将来の夢を持ってもらうか、というところが研修において一つの大事なところ。


ビジネスは1つの手段で、これが全部ではない。ビジネスは何のために存在しているのかを考えていくと、世界の平和や、皆が安心して暮らせる世界であってこそのものだということが基本になくてはいけない。


研修のインストラクターは社員の中から選抜で指名して、どんどんやらせています。インストラクターをやると、その人にとってはとても勉強になるのです。


教え方は専門的でなくても、拙くてもいいのです。一生懸命、このことを皆さんに伝えたい、ということが伝わることが一番なのです。一緒に寝泊まりをして、一緒に飯を食いながら、ずっとやり続けていく。これが、教育の一番大事なところだと思います。


人材育成の最大の目標は、自己啓発に尽きると思うんです。だから教材を含めて、会社が与えるのは、自己啓発のきっかけ・機会を与えているだけ。


一番弱い科目の点数なら、何倍も点数を上げることができます。90点取っていたら、どんなに頑張ってもあと残り10点です。でも20点しかないとそれを80点にすることができるなら点数は4倍になります。


少なくとも上に立つ人は謙虚でなくてはいけない。分かったようなつもりで断定して、こうだああだと言ったとしても、この経済活動自体も分からないことばかり。だから最善の策はどうだろうかと幅広く意見を求めていく姿勢が大事だ。


今、非常に殺伐として夢がなくなっている社会になっていますから、どういうふうにこの世界が変わっていくか、今ちょうどターニングポイントというか、今までやってきたことの作り直しが必要になっているのだと思う。


地球上にいるすべての人間が同じ立場にあるのだろう、という思いが年々強くなってきました。偉い人も、偉くない人もいないし、交流を進めていくときだと。これは国も、同じだと思います。偉い国も、偉い国もない。


今すぐ世界を変えることは不可能ですが、今の若い人たちが「これはおかしい」と考え、行動を起こしていくきっかけになればと。世界がいずれお互いに助け合い、平和で調和が取れた世の中になるべきだという夢と希望を持ち続けることができれば、20年、30年のスパンで、その方向に進んで行くことはできると思います。ここに教育の夢があると考えています。その夢を共有するのが(ワンアジア)財団の仕事なんです。


佐藤洋治の経歴・略歴

佐藤洋治、さとう・ようじ。日本の経営者。「ダイナムジャパンホールディングス」社長。東京出身。早稲田大学商学部卒業後、ダイエーを経て、家業の佐和商事(のちのダイナム)に入社。ダイナム社長・会長、ダイナム総合投資社長、ダイナムホールディングス社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

茂木友三郎

ただ売らんかなでは勝つことは難しい。全ての分野において優位に立っていなくてもいいのです。特定の分野でこれは絶対に負けないぞというものが必要です。


矢作芳人

調教師にとって馬主は、会社に例えると株主のような存在。都合の悪いことは、なかなか言えない。しかし僕は厩務員時代から、馬主には不安材料も隠さず伝えてきました。調教への注文に対しても、譲れないことははっきり言う。それで関係が悪くなることもありましたが、最終的に「矢作はごまかさない」と分かってもらえればいい。


輪島功一

柳済斗(ユ・ジェドゥ)との再戦では、マスク姿で調印式に出ました。トイレで相手のトレーナーに会ったときも咳き込んで見せてね。「輪島は体調不良だから有利だ」と思ったんじゃないかな。駆け引きです(笑)。


吉越浩一郎

急ぎの案件でなくても、「明日までに」というデッドライン(締め切り)を設定して前倒しでやってしまうのが理想です。ですが、それだと仕事がパンクしたりする。ですから、慣れないうちは、デッドラインを「1週間後までに」などと緩く(長く)設定してもいい。ただし、決めたデッドラインは必ず守ること。結果として守れなければ、「守るのが当たり前」という考え方にならないためです。少しずつデッドラインを厳しくして、前倒しで仕事が終わるようにしましょう。そうすれば、効率化とスピードアップが図れます。


寺尾玄

可能性を信じれば、人生が楽しくなるし、仕事も面白くなる。けれども、可能性の存在を心から信じている人はあまりいません。学校は知識や常識を教えるばかりで、可能性を信じる「自由な生き方」は教えてくれないからです。私がなぜそれを知っているかと言うと、両親が教えてくれたからです。私は幸い、彼らの生き様から「どんなことでもできるし、何をしてもいい」ことを学びました。


大田友昭

父からは経営について何も教わっていませんが、今思えば、それが良かったのかもしれません。


有川真由美

スキマ時間が5分程度ということも多いので、5分でできることリストを用意しておくといいでしょう。しばらく連絡をとっていない人にメールを送信したり、大事なお客さまにお礼のはがきを書いたり、案外、いろいろなことができます。


川西諭

市場平均に連動するような金融商品に分散投資をして長期保有をする人が、長期で見ると最も成績がいい。収益率を平均すると、アクティブ派はパッシブ派に負けてしまう。


石川康晴

いまは販売員が服の説明をするだけの店にはお客様は満足しない時代です。koeがプロデュースする音楽が聴けたり、koeがプロデュースする食事ができたりする。ファッションだけだと年に3~4回の来店かもしれないが、食と音楽とファッションを足して、年に10回以上来店してくれれば、ブランドとお客様との関係がより強くなる。koeの渋谷はお客様との関係構築をさらに強固にするための、体験型ストアなのです。「ニューリテイル」と呼んでいますが、新しい小売の概念を作っていきたい。洋服という領域からライフスタイルという領域に変え、より顧客との関係性を高めたいというのが一番の狙いですね。


俣野成敏

なかには上司に尋ねることをためらう人もいるようですが、学校の試験とは違って、自分が理解できるまで何度でも質問していいのがビジネスマンの特権です。学校の試験では、「問題がわかりにくいので解説してください」とは言えませんが、仕事でなら、「あなたの要求に応えたいので、足りない点を指摘してください」と説明を求めることができます。いわば「カンニングOK」なのです。締め切りの時点で100点に到達するように、上司とゴールイメージをすり合わせながら仕事を進めていくと良いと思います。


木瀬照雄

クレームに対応する形で機能を改良するのは一種の対症療法であり、過去の成功体験の延長線上にものごとを考えているにすぎません。しかし、そもそも商品が何のために存在するのかと発想できれば、思考は具体的な未来へとつながっていきます。


田中史朗

スクラムハーフというポジションの魅力は、ゲームをコントロールできるところです。体の大きな選手や足の速い選手がいるので、彼らに指示を出して効率的に動いてもらい、ディフェンスやアタックを仕掛けていく。特に攻めて前に出ていく時にはスペースもよく見えるので、フォワードやバックスを投入していきながら試合をコントロールしている実感があります。ただ、その感覚をつかむまでは苦労しました。