名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

佐藤洋治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤洋治のプロフィール

佐藤洋治、さとう・ようじ。日本の経営者。「ダイナムジャパンホールディングス」社長。東京出身。早稲田大学商学部卒業後、ダイエーを経て、家業の佐和商事(のちのダイナム)に入社。ダイナム社長・会長、ダイナム総合投資社長、ダイナムホールディングス社長などを務めた。

佐藤洋治の名言 一覧

先輩の後ろ姿を見せることが最高の自己啓発につながる。


未来に対する夢を持つ。この夢と希望があれば、現状がどんなにつらくても、超えることは可能。


消費者の立場に立つ、というところが大事。


経営には浮き沈みがありますから、経営者の見方も、その時々によって変わるもの。


あなた方が、あなた方の未来を決めることができるのだ。それをどう料理するかはあなた方次第だ。


どの組織でも弱いところを強化することが一番。その組織の評価が高くなるからです。


人はすべて、壁の中でものを考える習慣があると思います。一つは自己の壁。自分にとってプラスかマイナスかで行動しています。その壁をどう「卒業」していくかが重要。


いかに将来の夢を持ってもらうか、というところが研修において一つの大事なところ。


ビジネスは1つの手段で、これが全部ではない。ビジネスは何のために存在しているのかを考えていくと、世界の平和や、皆が安心して暮らせる世界であってこそのものだということが基本になくてはいけない。


研修のインストラクターは社員の中から選抜で指名して、どんどんやらせています。インストラクターをやると、その人にとってはとても勉強になるのです。


教え方は専門的でなくても、拙くてもいいのです。一生懸命、このことを皆さんに伝えたい、ということが伝わることが一番なのです。一緒に寝泊まりをして、一緒に飯を食いながら、ずっとやり続けていく。これが、教育の一番大事なところだと思います。


人材育成の最大の目標は、自己啓発に尽きると思うんです。だから教材を含めて、会社が与えるのは、自己啓発のきっかけ・機会を与えているだけ。


一番弱い科目の点数なら、何倍も点数を上げることができます。90点取っていたら、どんなに頑張ってもあと残り10点です。でも20点しかないとそれを80点にすることができるなら点数は4倍になります。


少なくとも上に立つ人は謙虚でなくてはいけない。分かったようなつもりで断定して、こうだああだと言ったとしても、この経済活動自体も分からないことばかり。だから最善の策はどうだろうかと幅広く意見を求めていく姿勢が大事だ。


今、非常に殺伐として夢がなくなっている社会になっていますから、どういうふうにこの世界が変わっていくか、今ちょうどターニングポイントというか、今までやってきたことの作り直しが必要になっているのだと思う。


地球上にいるすべての人間が同じ立場にあるのだろう、という思いが年々強くなってきました。偉い人も、偉くない人もいないし、交流を進めていくときだと。これは国も、同じだと思います。偉い国も、偉い国もない。


今すぐ世界を変えることは不可能ですが、今の若い人たちが「これはおかしい」と考え、行動を起こしていくきっかけになればと。世界がいずれお互いに助け合い、平和で調和が取れた世の中になるべきだという夢と希望を持ち続けることができれば、20年、30年のスパンで、その方向に進んで行くことはできると思います。ここに教育の夢があると考えています。その夢を共有するのが(ワンアジア)財団の仕事なんです。


佐藤洋治の経歴・略歴

佐藤洋治、さとう・ようじ。日本の経営者。「ダイナムジャパンホールディングス」社長。東京出身。早稲田大学商学部卒業後、ダイエーを経て、家業の佐和商事(のちのダイナム)に入社。ダイナム社長・会長、ダイナム総合投資社長、ダイナムホールディングス社長などを務めた。

他の記事も読んでみる

柴山政行

いい人材とは何か。その定義は会社によって異なるはずです。明確な基準なくしては満足できる採用などできるわけがありません。どのポジションに適した人材が必要なのかを明確にしない限り、採用は成功しないし、採用された人も不幸です。


金井英之

留守番電話にメッセージを吹き込むときに、言葉に詰まったり、話しづらいと感じたりするのは、相づちがないからです。普段はあまり意識することがないかもしれませんが、相づちは、会話の潤滑油です。


田中辰巳

罪の変化(合法だったものが違法になること)がわかっていないと、自らの罪を軽く考えてしまう。ひとたび問題が起きると大変なバッシングを受け、信頼を失い、商品が売れなくなる、ということへの認識が甘くなってしまう。多くの企業が窮地に陥っている一番の原因がそこにある。これを防ぐには他社の事例を「対岸の火事」にせず、疑似体験や仮想演習をして「他山の石」にするしかない。


松野小百合

現地の事情に詳しい現地の人と一緒に汗をかきながらビジネスをしないと絶対にうまくいかない。


中村貞裕

僕のブームの定義は、1番でなくて良いということ。2番目でも3番目でも、マラソンでいう1位集団に入っていればいいし、またそこの場所で初めてならOK。


野口吉昭

仕事の遅い人は、考えずに悩む傾向があります。考えることと、悩むことは似ているようですが、まったく違います。考えることができる人は、自分の中に明確な判断の基準があり、決断した理由を論理的に人に対して説明することができます。一方、悩むだけの人は判断基準を持っていないために、問題の周辺をぐるぐるとまわり続け、必要に迫られて仕方なく決断したあとも、本当によかったのだろうかと悩み続けます。仕事のスピードを上げるには論理的な思考ができることが大前提です。


大西洋

買い物をする場所が多様化する現在、百貨店にはよりきめ細やかな接客や、より質の高いサービスが求められます。店休日の導入や営業時間の短縮を決めたのも、現場がより活力をもって働ける環境をつくることで、新しい時代の百貨店のモデルづくりに挑戦するためです。


ジョン・ル・カレ

わからない人はわからなくていい。わかる人だけがわかればいい。


ムンク

病魔と狂気と死とが、私のゆりかごを見守っていた黒い天使。


野村均

我々は量や規模で勝負する会社だとは思っていない。外部に対する間口は他の企業に比べて狭いかもしれないが、その分、我々と接点をいただいているお客様には120%、150%のご評価、信頼をいただいて、次の仕事につなげていこう。


望月圭一郎

街の中のどんな仕事でも取っていけるくらいの間口を持った会社になっていこうという考え方の下で事業領域を広げてきました。結果、ラックランドを含めてグループ17社で、人々の生活における空間に何でもかかわれるくらいの間口になってきました。ですから環境変化にも対応できる体制になってきたことを実感しています。


林成之

常に全力投球すること。自己管理が求められる環境で、妥協せずにやり遂げ、結果を出せるのは、普段から損得抜きに全力投球する習慣を身につけているから。損得を気にした途端、失敗したくないという自己保存の本能が生まれ、脳が持つ力を最高に発揮できなくなります。