名言DB

9429 人 / 110879 名言

佐藤洋平(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤洋平(経営者)のプロフィール

佐藤洋平、さとう・ようへい。日本の経営者。法人専門弁当配達チェーン「やどかり弁当」などを展開する「GLUG」社長。慶應義塾大学卒業後、コンサルティング会社を経てGLUGを設立。

佐藤洋平(経営者)の名言 一覧

通常の弁当だと、基本の食材数は10品目ほど。しかし当社の弁当は40品目の食材が入っています。品目を多くしたことで、栄養バランスを考える方や「ちょっとずつ食べたい」といった女性からの支持が特に高くなりました。見た目の彩りが豊かになる点も、非常に好評を博しています。


市役所があって警察署があり、消防署や税務署、病院、そして大きい国道が通るというように、日本というのは街の造りが大体どこも一緒なのです。ですから立地によっての売上が変動することは、ほとんどありません。こうした点も、このビジネスの特長だと思います。


大手の飲食チェーンも法人への宅配を行っていますが、大手の場合は効率化が重視されるため、お弁当の配達個数や金額に制限がかかってしまうのです。たとえば、「10個以上・5000円以上」頼んでくれたら届けます、というようにです。当社はそこで取りこぼされた法人需要を獲得していこうとしたからこそ、強みを発揮することができたのです。創業当時スタッフが2名しかいませんでしたが、配送ルート上にあるお客様であれば、1個からでも配達していました。そうすることで注文確率を上げていったのです。


佐藤洋平(経営者)の経歴・略歴

佐藤洋平、さとう・ようへい。日本の経営者。法人専門弁当配達チェーン「やどかり弁当」などを展開する「GLUG」社長。慶應義塾大学卒業後、コンサルティング会社を経てGLUGを設立。

他の記事も読んでみる

ジェフ・ベゾス

業務改善についても、トヨタ自動車がリーン生産方式の一部として広めた手法を早くから採用しています。現在、我々は世界中で1週間にわたる改善イベントを実施しています。


別所諒

会社の文句を言っていると、無意識に会社のことをよく思えなくなり、自然と会社や上司の考えを前向きにとらえなくなる。ときに批判的になり、上から求められた仕事や苦手な仕事から逃げ始める傾向があります。つまり、「会社」でなく、「自分」の損得で仕事をするようになるのです。そんな人が一番、会社にとってはやっかいになる。ダントツの成果を出す社員ならまだしも、そこそこ成果を出しているくらいでは、陰口が命取りになります。


鎌田浩毅

講義ではライブで学生に話して、面白いものであることが最優先なんです。立派な講義ノートをつくっても、読み上げるだけの講義では活きていない。聴いている学生はつまらないんです。


野坂英吾

一般論としてリユース品が売れると新品が売れなくなると言われますが、事実は違うようです。リサイクルによってクローゼットの中が片付くと、スペースが空いて新しい購買意欲が湧きます。リユースのマーケットは、世の中に出てきた新品を循環させていくのが使命です。


大原光秦

ノルマがあると協力する気持ちは生まれない。担当営業マンが不在の時にサービスが行き届かないでは非効率。でも、ノルマがないとみんなが協力するため、いつ誰が接してもお客様は心地よい。だから来たくなるし、買いたくなるんです。


村井満

私が本を読む最大の目的は、知識や教養を得ることではなく、「感じる」こと。内容はもちろん、紙の感触や字体、さらには匂いなども含めた五感の体験ですね。ですから、昔ながらの活版印刷の本にはとても心惹かれます。


宮内義彦

「ヒト・モノ・カネ」といった経営資源には限りがあり、できるだけ効率的に活用しなければなりません。その役割を担うのに、株式会社ほどふさわしい存在はありません。非効率でよければ誰がやってもいいわけで、経済的果実を効率的に社会に還元するからこそ会社というものの存在意義がある。この前提に立つと、赤字企業は社会的に不要ということになります。


加護野忠男

選択と集中に人々の目が奪われるのは、集中には効果が早く出て、華々しいという特徴があるからである。選択と集中は企業が危機にあるとき採用されることの多い戦略である。非常時の戦略であるといえるかもしれない。実際に、選択と集中は急激な業績回復をもたらすことが多い。いわゆるV字回復である。不採算事業の売却によって直接的に利益回復が見込めるだけでなく、戦略分野に資源を集中することによって、そこでの利益の改善にもつながる。


ロバート・キヨサキ

「それを買うお金はない」と言ってしまうと、私たちの頭脳は電源がオフになり眠ってしまう。「どうすれば買うことが出来るだろう」と問うと、頭脳にスイッチが入り働き始める。


齋藤孝(教育学者)

ここぞという戦いに勝つためには、単に地道な努力を重ねるだけでは十分ではない。その努力は何のためにしているのかを常に意識することも重要。