名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤洋平(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤洋平(経営者)のプロフィール

佐藤洋平、さとう・ようへい。日本の経営者。法人専門弁当配達チェーン「やどかり弁当」などを展開する「GLUG」社長。慶應義塾大学卒業後、コンサルティング会社を経てGLUGを設立。

佐藤洋平(経営者)の名言 一覧

通常の弁当だと、基本の食材数は10品目ほど。しかし当社の弁当は40品目の食材が入っています。品目を多くしたことで、栄養バランスを考える方や「ちょっとずつ食べたい」といった女性からの支持が特に高くなりました。見た目の彩りが豊かになる点も、非常に好評を博しています。


市役所があって警察署があり、消防署や税務署、病院、そして大きい国道が通るというように、日本というのは街の造りが大体どこも一緒なのです。ですから立地によっての売上が変動することは、ほとんどありません。こうした点も、このビジネスの特長だと思います。


大手の飲食チェーンも法人への宅配を行っていますが、大手の場合は効率化が重視されるため、お弁当の配達個数や金額に制限がかかってしまうのです。たとえば、「10個以上・5000円以上」頼んでくれたら届けます、というようにです。当社はそこで取りこぼされた法人需要を獲得していこうとしたからこそ、強みを発揮することができたのです。創業当時スタッフが2名しかいませんでしたが、配送ルート上にあるお客様であれば、1個からでも配達していました。そうすることで注文確率を上げていったのです。


佐藤洋平(経営者)の経歴・略歴

佐藤洋平、さとう・ようへい。日本の経営者。法人専門弁当配達チェーン「やどかり弁当」などを展開する「GLUG」社長。慶應義塾大学卒業後、コンサルティング会社を経てGLUGを設立。

他の記事も読んでみる

池田貴将

不安なら、「自分の潜在意識は、いま進めている仕事の準備不足を感知しているのかも。もう一度、計画をチェックし直そう」と受け止める。あるいは、迷ってしまって決断できないなら、「判断のための情報が不足しているんだな。もっと資料を集めよう」と考える。どうしてもやる気が起きないときは、「いまやっている作業が生産的ではない、と潜在的に感じているんだな。よし、やり方を根本的に見直してみよう」。このように、一般には「ネガティブ」とされる感情も、きちんと向き合えば、自分の成長のために役立つ意味を読み取ることができるのです。


磯崎功典

自分の意見を「はい、わかりました」と無条件に受け入れ、実行する人を求めるトップもいるかもしれませんが、それは非常に危険です。もしそのトップが100%正しい判断をできる神様のような人なら別ですが、現実には難しいと思います。


熊谷直彦(経営者)

50年にわたる商社マン人生に区切りをつけ、思うことがひとつあります。国際化とはいったい何かということです。会社生活の3分の1以上を海外勤務で過ごしたお前が何を言うかと笑われるかもしれませんが、日本と日本人の国際化はどうも「出ていく国際化」に重みを置きすぎてきた気がしてならないのです。いま、日本に求められているのは「内」なる国際化、「受け入れる国際化」です。


内藤誼人

物事をスッパリと白か黒かで分けてしまうような話し方は、よくない。断定的な口調、決めつけるような発言をすると、聞かされる相手は、ムッとすることが心理学のデータからわかっているからである。ほかにいくらかは考える余地があるようなあいまいさを残しておくのがポイントだ。断定的な話し方は鼻につく。


吉田たかよし

受験ではケアレスミスが命取りになりますが、問題文に指をさせばこれを防げます。人間の脳には、ヤリやキバから身を守るため、尖ったものの先端に注意を向ける性質があり、指を差せば集中力が自動的に高まるのです。右利きの方は、試験中、左手が余っているので、重要な箇所を左手で指しながら解けば、効率良くケアレスミスを防げます。


榎本博明

自分の内側からわいてくるものをじっくり醸成し、発酵させることができる内向型は、現状の問題を提起し、本当の議論ができて、反対意見を述べられる。そういう人が、これからの時代には必要になってくる。


河合敦

黒船来航による騒動を肌で体感した衝撃が彼らを「志士」に変え、明治維新を達成させたともいえる。


和田由貴

辛いことは続かないし、たとえ無理矢理続けてもストレスだらけの生活になってしまったら意味がありませんよね。だから長く続けて成果を出すには、できるだけ自然に無理なく節約できる仕組みを、まず作ってしまうことが近道。


水口弘一

旧野村財閥の創始者・野村徳七が昭和16年に日本で初めて投資信託を手がけた時も、役員会では全員が反対しました。そのとき、野村徳七は「新しい事業はみんなが賛成してはうまくいかない。少なくとも八割が反対するくらいの事業に価値がある。もし、元本保証ということが引っ掛かるのなら、私財を投じて保証する」と言い切って、投資信託に乗り出しました。この気概と度量が大切なのではないでしょうか。


横山清

子供には読み書きそろばんの技能と、人間関係をきちっと保てる対応力、多少のことにへこたれない強い気持ちを身につけさせよう。そうすれば田舎であろうと、都会であろうと夢はどこでも持てるはずです。自分の始末は自分でする。自分のエサを自分で稼ぐ。これができればどこでも楽しく生きていけます。大切なことは、その生きる技術を大人がきちんと子供に身につけさせることです。