名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤洋平(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤洋平(経営者)のプロフィール

佐藤洋平、さとう・ようへい。日本の経営者。法人専門弁当配達チェーン「やどかり弁当」などを展開する「GLUG」社長。慶應義塾大学卒業後、コンサルティング会社を経てGLUGを設立。

佐藤洋平(経営者)の名言 一覧

通常の弁当だと、基本の食材数は10品目ほど。しかし当社の弁当は40品目の食材が入っています。品目を多くしたことで、栄養バランスを考える方や「ちょっとずつ食べたい」といった女性からの支持が特に高くなりました。見た目の彩りが豊かになる点も、非常に好評を博しています。


市役所があって警察署があり、消防署や税務署、病院、そして大きい国道が通るというように、日本というのは街の造りが大体どこも一緒なのです。ですから立地によっての売上が変動することは、ほとんどありません。こうした点も、このビジネスの特長だと思います。


大手の飲食チェーンも法人への宅配を行っていますが、大手の場合は効率化が重視されるため、お弁当の配達個数や金額に制限がかかってしまうのです。たとえば、「10個以上・5000円以上」頼んでくれたら届けます、というようにです。当社はそこで取りこぼされた法人需要を獲得していこうとしたからこそ、強みを発揮することができたのです。創業当時スタッフが2名しかいませんでしたが、配送ルート上にあるお客様であれば、1個からでも配達していました。そうすることで注文確率を上げていったのです。


佐藤洋平(経営者)の経歴・略歴

佐藤洋平、さとう・ようへい。日本の経営者。法人専門弁当配達チェーン「やどかり弁当」などを展開する「GLUG」社長。慶應義塾大学卒業後、コンサルティング会社を経てGLUGを設立。

他の記事も読んでみる

大村浩次

トップである私が誰よりも働くのは当然です。


大朏時久

昇格すると、お客様を見ることより「自分を見て欲しい、褒めて欲しい」と思いがちです。私たちは「お客様の方向を見ることを忘れてはいけない」と胆に銘じさせています。


村田昭治

必要なのは、やりぬく粘り、あきらめない根気、燃えるファイトをもった突進力だ。そのパワーが市場からの最良の見返りを手にする途(みち)を拓く。


柿木厚司

ある程度の規模がなければ鉄鋼業は成り立っていきづらい。世界の中でボリューム感のあるプレーヤーであり続ける必要がある。


森川宏平

うまくいくかわからなくても、人が行っていない方法を見つけることを重視してきました。もちろん、うまくいかないことも多くありました。だからこそ最初に徹底的に調べて、どんな反応があって、みんなはどういう考え方で作っているのかを把握します。そうしていると、既存の製法の欠点というか、ここはおかしいと感じる部分が出てくるので、それをつなぎ合わせていくと、新しい発想が浮かんでくることがありました。


菅原洋平

仕事のパフォーマンスを上げるには、「睡眠の質」を高めることで、疲れがとれたすっきりした状態をとり戻さねばならないのです。


山中宏

私は初心忘れるべからずを座右の銘にしている。私の言う初心とは百年前の創業者の志のことである。創業者の精神をみずみずしく持ち続けてこそ、発展の機会がある。


鈴鹿可奈子

大学の友人たちに八ッ橋をあげると、「いつもよく食べてるよ」と言ってくれるのは他府県の人ばかり。地元京都の人たちは、「ああ、有名なお土産よね」と少し引いてしまいます。でも、そういう人に勧めてみると、おいしいと喜んでくれて、後々お店にも買いに来てくれますだから、お土産物として敬遠せずに、もっと八ッ橋のおいしさそのものを知ってもらいたいのです。


高山善司(髙山善司)

我々が住宅地図のデータを長年作り上げてきたことも非常に高い参入障壁となっており、そのために投資してきたとも言える。それでも社員にはいつも「あぐらをかくな」と言っている。


生月誠

結局やらなければいけない仕事なら、ムダに考える時間を見直して、とりあえず取り掛かるクセをつけるとことが大切。スタートが早ければ、たとえ人よりは遅くても、いつもの自分の終了時間より絶対に早く終わる。


瀧本哲史

革新とは、覇気ある非エスタブリッシュメントが、エスタブリッシュメントから支援を引き出した時に起きる。例えば、明治維新の陰には、若い下級武士たちを引き立てた藩主たちの存在があったように。


古田英明

20代後半で手柄を急ぐ必要はないのです。勝負のときは、これからの人生でいくらでもあります。それに、信頼関係を養う作業を続けていれば、仕事の成果はいつの間にか出ているものです。また、そうした人材には「35歳転職限界説」など、決して関係ありません。