名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐藤洋二の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤洋二のプロフィール

佐藤洋二、さとう・ようじ。日本の経営者。総合商社「双日」社長。熊本県出身。長崎大学経済学部卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。経理・財務畑を主に歩む。日商岩井米国法人財経・管理ゼネラルマネージャー、日商岩井執行役員、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

佐藤洋二の名言 一覧

信頼を得るためには、目の前の仕事に誠実でいることが大切。


未熟であっても、どんな苦境に立たされても、相手の信頼を得られれば発展していける。


専門性とは実践で身に付けていくもの。さらに、状況に合わせて自在に使いこなせるよう整理されてこそ、引き出しの多い人材になれる。


專門性を磨くことで、ビジネスを推進する人脈をも呼び寄せることができる。


佐藤洋二の経歴・略歴

佐藤洋二、さとう・ようじ。日本の経営者。総合商社「双日」社長。熊本県出身。長崎大学経済学部卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。経理・財務畑を主に歩む。日商岩井米国法人財経・管理ゼネラルマネージャー、日商岩井執行役員、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

水野敬也

僕が本作りを好むのは、時間を捧げれば実力以上のものが出せるからです。即興での僕の実力は80だったとしても、みんなでアイデアを出しまくって推敲すれば20を積み増しして100にできる。しんどい作業ですが、読者に喜んでもらって褒められたい気持ちが勝ちますね。


宮内義彦

「物言う株主」は企業や経営者にとっては目先はうるさい存在ですが、中長期的には企業の欠陥を補い、経営の失敗を未然に防止してくれるありがたい存在です。経営者に最も緊張感を与えるのは株主からの直接のプレッシャーです。それが経営効率を高め、官僚的な経営者を排除する契機になります。


澤田道隆

我々は、技術開発をして、基礎研究の成果をたくさん持って戦いに臨んでいきます。ただ、スモールマス化が進む製品は、感性を中心に訴求する商品が多いので、革新的な技術がなくても強いブランドを作れる可能性があります。全ての分野で勝てるかどうかは分かりません。ただ、我々も脳科学や感性研究など、心に響かせる研究にも挑んでいます。


いっこく堂

通勤電車に揺られる毎日を過ごしている人、街で僕に声をかけてくれた人。誰もが、目には見えない思いを抱えながら生きています。そんな多くの人たちに、一時でも癒しになるような時間を届けること。それが芸を生業にする人間の基本です。


斎藤広達

30歳までに鼻をへし折られた経験がない人は、ぬるま湯に浸かっている証拠です。将来、苦労しないためにも、早い時期に武者修行をして、謙虚にマネする姿勢を身につけるべきでしょう。


川西修

会社の課題をやり遂げるというのは、パート、アルバイトまでが「なぜやるのか」ということが伝わる仕組みをつくらなければならない。


成毛眞

私は学習塾にお金と時間をかけるのはムダだと思います。高学歴ブランドを手に入れるために東大や早慶に行ったところで、安泰とは限らないからです。就職は多少良いかもしれませんが、就職後の人生には影響しません。だから、目的もなく進学したところで価値はないのです。私の周囲には、東大卒の人が何人もいますが、自分の子供を東大に行かせようとしている人をほとんど見たことがありません。それは、ただ単に東大に行かせても意味がないとわかっているからでしょう。子供を教育するなら、別のことにお金をかけるべき。音楽やスポーツをさせて子供の才能が開花する手伝いをしたり、海外に留学させて見聞を広めてもらうほうが、よほど子供の人生が豊かになります。少なくとも、何も考えずに漫然と学習塾に通わせるのは、親も子供も不幸になるだけです。


ハーマン・サイモン

インダストリー4.0は「顧客により高い価値を提供するもの」だと私は解釈している。世間で語られている「デジタル化」はそれを達成するための道具にすぎず、目的でもなければ心でもない。


舛成孝二

僕はフィルム全部を思ったように作りたいのに、画が描けない以上、画に関しては絶対に人に頼らなきゃいけない。だから、その部分でコンプレックスやもどかしさとかは、やっぱりありますね。


澤田秀雄

お客さんをリピーターにするには、「いつ来ても楽しい」という印象をもっていただく必要がある。


午堂登紀雄

いい情報を、よく調べもしないでスルーしてしまっている人が多いのではないでしょうか。情報を入手したら、そこからさらに一歩踏み込んで調べるという習慣が、金持ちと貧乏な人の違いだと思います。


本田幸大

何のために働くか。それは社会のお役に立つためです。そのためにも、いい人間関係が構築されていなければなりません。我々が社会の構成員であるお取引様の役に立って初めて売り上げとして利益が返ってきます。


溝口勇児

多くのスポーツクラブを見てきましたが、ひざや腰などを悪くして健康を損なう人が多くいます。成人病で亡くなった方の大半は運動不足や心理的要因に加えて、食生活がとても大きく影響していると感じます。栄養に対する意識を高めることがアンチエイジングの近道なのではないでしょうか。


鳥原隆志

タスクの優先順位をしっかり判断し、その他の8割を捨てることができれば、時間的な余裕が生まれ、重要なタスクだけでなく、想定外のトラブルにも落ち着いて対処できるようになる。


増田宗昭

僕のポリシーは、日本人が持っている利他の心を大切にすること。つまり人を浮かび上がらせて自分が浮かび上がるということ。利他の心は、グローバルで評価される一番の根源。つまりビジネスでいうと顧客中心主義。