佐藤洋二の名言

佐藤洋二のプロフィール

佐藤洋二、さとう・ようじ。日本の経営者。総合商社「双日」社長。熊本県出身。長崎大学経済学部卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。経理・財務畑を主に歩む。日商岩井米国法人財経・管理ゼネラルマネージャー、日商岩井執行役員、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

佐藤洋二の名言 一覧

信頼を得るためには、目の前の仕事に誠実でいることが大切。


未熟であっても、どんな苦境に立たされても、相手の信頼を得られれば発展していける。


専門性とは実践で身に付けていくもの。さらに、状況に合わせて自在に使いこなせるよう整理されてこそ、引き出しの多い人材になれる。


專門性を磨くことで、ビジネスを推進する人脈をも呼び寄せることができる。


佐藤洋二の経歴・略歴

佐藤洋二、さとう・ようじ。日本の経営者。総合商社「双日」社長。熊本県出身。長崎大学経済学部卒業後、日商岩井(のちの双日)に入社。経理・財務畑を主に歩む。日商岩井米国法人財経・管理ゼネラルマネージャー、日商岩井執行役員、取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

森川亮

僕たちは今も、あくまでコミュニケーション(に関連した事業をやること)が大事で、それを失ったら僕たちではなくなってしまうと思うんです。なので、必ずLINEというコミュニケーションとつながって、それが豊かになったり、楽しくなったりするようなシナリオがちゃんと作れるかどうかですね。


村上憲郎

いま現在の仕事を踏み台と考えたり、自分の将来のために利用するというのは悪いことのように感じる方もいるかもしれません。しかし、現在の仕事をいい加減にやれといっているわけではないのです。いい加減な仕事をしてしまったら、それは職務履歴にはなりません。あるプロジェクトに参加したという経歴があったとして、その人がチームに貢献したのか、それともただそこにいるだけの人だったのかは採用担当者に一発で見抜かれます。


矢部輝夫

いかなる職業であっても、その職業に誇りを持ち、一生懸命にやっている人は素晴らしい。


樋口廣太郎

経営は謙虚な心で。これは私の持論です。トップが謙虚に人の話を聞こうと心がけていれば、部下は自然に心を開き、貴重な知恵や情報を提供してくれるようになります。悪い情報を打ち明けてくれるようになれば、なおさらしめたものです。それらは改革の筋道さえ示してくれる資産です。


眞保智絵(鳥海智絵)

社長選任の理由を聞いたことはありませんが、「自分ができること、できないこと」をわきまえているからかな、と思ったことはあります。得手不得手が分かっているから、過信して何でも思うように進めてしまうこともないし、自分がやることを見極めたうえで、他人に任せるべきことは任せられる。「こいつなら無茶はしない」と思われたのかもしれません(笑)。


元谷外志雄

なぜ他社に先駆けて土地の手当てができるかというと、即断即決だからです。朝、土地を見に行って、その日のうちに事業プランをつくらせる。これはいけるとなったら、夕方には土地所有者に会い、キャッシュで購入します。これがアパの強みです。これを繰り返していると土地情報が最初に当社に入ってくるようになる。入ってくるから買う。この好循環ができています。


矢矧晴一郎

がむしゃらに仕事をこなしているだけでは、効率の悪い部分が出てしまいます。重要なのは、仕事の全体像を把握し、見通しを立てること。


越智直正

経営者は自分一人が技を磨いていてもダメ。人を動かす方法を勉強しなはれ。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

経営者、そしてゲーム作家の立場から「よかったなあ」と思うことがひとつあります。それは、ひたすら未知なるものに挑戦できたことです。


小林昌裕

今、副業がかってないほど注目されています。理由の一つは政府が「働き方改革」の実行計画に「副業・兼業の推進」を掲げるなど、国家ぐるみで副業を促進していること。ただ、こうした動きを待つまでもなく、多くのビジネスマンが勤務先一本に収入を依存している状態に危機感を抱き始めたことが、その大きな理由でしょう。


佐藤琢磨

チャンスは誰にでも平等にあると思いますが、自分にとって適切なタイミングで巡ってくるとは限らない。であれば、自分でチャンスを取りに行くしかない。


河村亮

一流選手は例外なく、記憶力に優れている。プロ野球でいえば、松井秀喜さんや高橋由伸さんは驚くほど記憶力がいい。引退後、「松井さんの思い出に残るホームランを振り返る」という企画があったのですが、ほとんどのホームランを放った打席を覚えていました。「あの広島戦ね。相手投手は佐々岡さん。二塁ランナーは仁志さんだった」などと、そのときの状況を即答できるのです。対戦相手や味方のランナー、現在の点差やアウトの数、風の向きなど、あらゆる情報を把握したうえで、「次は一球見るか。それとも打ちにいくか」と結果を出すために必死で考え抜いている。だからこそ、情報が脳に刻まれるのだと思います。


有田秀穂

長くストレス下にさらされると、脳はフリーズし、ストレスに対し無駄な抵抗をしなくなります。ただ、表面的には何も感じていないようで、実際には視床下部にある「ストレス中枢」が興奮し始め、脳の下垂体を介して副腎皮質という部分からストレスホルモン、別名「コルチゾール」を分泌させます。コルチゾールは、免疫力の低下やストレス性の高血圧・肥満・糖尿病を引き起こし、ついにはうつ病を発症することがわかっています。


荒木香織

ラグビー日本代表のメンタルコーチとして、1年目に立てた目標は「勝ちの文化を作る」こと。つまり、結果を出すために、モチベーションを常に高く保つこと。そこで、徹底したのが「日本代表として、世界と戦うことを意識する」ことです。それまでチームは、「日本代表」として勝った経験がなかった。国にもっと誇りを持ち、国を代表する自分たちに自信を持ってほしいと考えました。そこで注目したのが「国歌斉唱」です。強豪チームは試合前、涙を流しながら大きな声で国歌を歌い、自分たちを奮い立たせている。一方、日本チームは国歌が流れている間、下を向き、歌っていない選手もいた。ここに差があると、選手との話し合いの中で気が付いたんです。


津田秀晴

優秀な営業マンというのは、接客時の心のコンディションに気を遣っていることに気づく。たとえばある営業マンは、どうも気分が乗らない商談の日は、朝に散歩やジョギングをして、あえて気持ちをリフレッシュさせてから顧客のもとへ出かけるという。気分や心のありようは、隠そうと思っても相手に伝わってしまう。だからこそ、顧客を元気にする前に、自分自身が元気になるコンディションづくりを心がけているのである。これは、明るい声で接する、ハキハキとした口調で話すといった態度を無理につくるより、本物の爽やかさ、明るさをつくって商談に臨むほうが、はるかに相手に伝わるということだろう。そうやって、接客時の心のコンディションづくりに気を遣えば、顧客を元気にさせる話す姿勢というものも、徐々に身についていくはずである。


ページの先頭へ