名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤治子(madame H)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤治子(madame H)のプロフィール

佐藤治子、さとう・はるこ。日本のファッションデザイナー。パタンナー、既製服のデザイナー、英国のハイブランド再生などに携わったのち、お直しサロン「REMODE(リモデ)」を設立。また、「madame H」の名で各種メディアやブログでファッション関連の記事・書籍を執筆。

佐藤治子(madame H)の名言 一覧

「ファッションは自分を相手に伝えるメディア」だと私は考えています。ブランドや金銭的な価値観、色や形などの感覚、季節やコーディネートを楽しむセンスも表せます。


体形に合った服は、その人のシルエットを際立たせるだけではなく、不思議と品格も映し出すもの。


「たかが服、されど服」。オフィスのドレスコードは曖昧になりつつありますが、自分の体形に合っていて、オフィス環境や仕事の内容にもマッチするスタイルの服を身につけると、背すじがきりっと伸び、自分の気持ちにスイッチを入れてくれます。


日本人の多くはひと回り大きめを選びがちですが、これは太って見えるため逆効果。反対にピチピチすぎると、「若作り感」や「無理している感」が否めません。足のサイズや形に合わない靴を買わないのと同じで、シャシもきちんと体形に合わせましょう。


数あるファッションアイテムの中でも「白シャシ」は、最も自分を雄弁に語るアイテム。シンプルな形に加えて、白色のレフ効果が加わることで、顔全体を明るく見せてくれます。スーツ、パンツ、スカート……と、どんな服や色にでも合う基本アイテムですし、男女を問わず、フォーマルでもカジュアルでも選べる。40代以降の男女こそ、白シャツを着こなすと、きりっとした色気を出せると感じています。色柄のシャシとは違い、シンプルだからこそ、選び方や着こなしにオシャレ偏差値が表れるのです。


佐藤治子(madame H)の経歴・略歴

佐藤治子、さとう・はるこ。日本のファッションデザイナー。パタンナー、既製服のデザイナー、英国のハイブランド再生などに携わったのち、お直しサロン「REMODE(リモデ)」を設立。また、「madame H」の名で各種メディアやブログでファッション関連の記事・書籍を執筆。

他の記事も読んでみる

御手洗冨士夫

企業人も自らある程度のリスクをとりつつ、市場を切り拓いていく覚悟が求められている。


船津浩三

システム開発の上流工程から参画できることに強みがあります。お客様の業務内容まで理解している金融に強い技術者が多いからこそ可能になっていることです。


安渕聖司

満足してはもったいない。人間の能力はいつまでも上がっていくものです。


高田明(ジャパネットたかた)

今を生きなくては未来はない。


石井淳蔵

リサーチ専門部門がないと、やるべきリサーチをやらずにパスしてしまう。コンセプト、パッケージ、試作品、広告コピーなどなど、新商品が導入されるまでに多くのリサーチが行われるが、時間がない費用がないという理由でいくつかのリサーチをなしですますことが起こる。


堀田力

いろいろな人の力を借りたい、誰の力でも借りようと思って接していると、同じように情熱や信念を持っている人が共鳴して集まってきてくれる。「一緒にやってやろう」と飛び込んできてくれる頼もしい仲間がどんどん増えていきます。


加治敬通

「寝ても醒めても新たな試み」を20年かけ、今回の改装で121回やり続けてきたことの成果です。
【覚書き|「どうしたらこんな店ができるのか」という質問に対しての返答】


ケリー・マクゴニガル

「言っていること」と「やっていること」が一致しなかったら、自分で自分の首を絞めることにもなる。「言っていること」をやっているとき、人は強くなれる。


リチャード・カールソン

私たちが体験することは、すべて私たちの思考が生みだしたものなのである。イライラしたり、くじけてしまったりするのも、みんな自分の思考、考え方のせいなのだ。私たちは前向きに考えられないのは周囲が悪いのだと考えてしまう。そして環境を変えようとするのである。あなたがそれにどう対処するかは、いつでもあなたがどう考えるかによるのである。


内藤忍

最初からひとつひとつ積み上げていこうとすると、負担が大きすぎて挫折の原因になりかねません。まず全体を小さく分割し、自分にとって都合のいい部分から始めれば仕事への着手は容易になります。