名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐藤治子(madame H)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤治子(madame H)のプロフィール

佐藤治子、さとう・はるこ。日本のファッションデザイナー。パタンナー、既製服のデザイナー、英国のハイブランド再生などに携わったのち、お直しサロン「REMODE(リモデ)」を設立。また、「madame H」の名で各種メディアやブログでファッション関連の記事・書籍を執筆。

佐藤治子(madame H)の名言 一覧

「ファッションは自分を相手に伝えるメディア」だと私は考えています。ブランドや金銭的な価値観、色や形などの感覚、季節やコーディネートを楽しむセンスも表せます。


体形に合った服は、その人のシルエットを際立たせるだけではなく、不思議と品格も映し出すもの。


「たかが服、されど服」。オフィスのドレスコードは曖昧になりつつありますが、自分の体形に合っていて、オフィス環境や仕事の内容にもマッチするスタイルの服を身につけると、背すじがきりっと伸び、自分の気持ちにスイッチを入れてくれます。


日本人の多くはひと回り大きめを選びがちですが、これは太って見えるため逆効果。反対にピチピチすぎると、「若作り感」や「無理している感」が否めません。足のサイズや形に合わない靴を買わないのと同じで、シャシもきちんと体形に合わせましょう。


数あるファッションアイテムの中でも「白シャシ」は、最も自分を雄弁に語るアイテム。シンプルな形に加えて、白色のレフ効果が加わることで、顔全体を明るく見せてくれます。スーツ、パンツ、スカート……と、どんな服や色にでも合う基本アイテムですし、男女を問わず、フォーマルでもカジュアルでも選べる。40代以降の男女こそ、白シャツを着こなすと、きりっとした色気を出せると感じています。色柄のシャシとは違い、シンプルだからこそ、選び方や着こなしにオシャレ偏差値が表れるのです。


佐藤治子(madame H)の経歴・略歴

佐藤治子、さとう・はるこ。日本のファッションデザイナー。パタンナー、既製服のデザイナー、英国のハイブランド再生などに携わったのち、お直しサロン「REMODE(リモデ)」を設立。また、「madame H」の名で各種メディアやブログでファッション関連の記事・書籍を執筆。

他の記事も読んでみる

坪田信貴

「したいことがわからない、とくに夢も目標もない」という人もいるでしょう。しかし「それなら勉強など不要」と決めつけるのは間違いです。したいことがないなら、「人が求めていること」をすればいいのです。このアプローチは、生半可な「夢」より大きな可能性を持っています。誰かのニーズこそ、すなわちビジネスチャンスだからです。ぜひ、周囲の不満や不便を掘り起こしてみてください。たとえば、会社の情報管理システムの煩雑さに皆が悩んでいるなら、「プログラミングを学んで、自らシステムを構築する」というのもいいでしょう。どんな分野も、1年もかけて学べば一定のレベルに達するもの。そうなれば周囲にとって貴重な人材になれます。


高田明(ジャパネットたかた)

事業を譲渡するのは覚悟がいる。逆に言えば、私は覚悟があるから社長を交代した。不安は無いかといったら、当然不安もあります。だけど次の社長を信じたら期待もあるではないですか。


堀場雅夫

タイの友人は、週末に必ず日本米を自分の子供に食べさせているそうです。「現地のタイ米との味の違いを理解させるためだ」と言っていました。「日本米はこんなに美味い。だからタイ人はもっと頑張らないといけない」と教えているんです。


大栗育夫

当社が認められるようになったのは「予定通りの原価で納期を守る」といったメーカーなら当然のことを、マンション施工で実践したから。


松本秀幸

英語学習が始められるか否かは、時間がない、お金がかかる、何から始めていいかわからないといった勉強を始められない理由を取り除けるか次第。


松本晃(経営者)

早く帰れるようになると、人にもよりますが、変わる人間は大きく変わります。ビジネススキルを学ぶ人もいれば、教養を深める人もいる。メタボな人はジムに行って健康になるなど、それぞれが考えて行動し始めますよ。人間としての成長を考えれば、家族との団らんに時間を充てるのにも、大きな意味がある。朝はみんなバタバタしていて、家族でゆっくり食事をする時間なんてないのですから。おかげで弊社の「フルグラ」が売れているんですけどね(笑)。


山田英二(コンサルタント)

ビジネスの土着化には、既存製品の海外営業や現地生産とはアプローチがまったく異なる。まったく新しい事業を始めるくらいの意気込みで、長期的展望を持ち、慎重かつ粘り強く取り組む必要がある。


戸田覚

時間管理の下手な人は、時間の見積もりをしないまま「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」と仕事を抱え込んでしまうので、「とにかく忙しい」「時間がない」と時間に追われることになります。そして、期日に遅れるまで「遅れる」ことが予測できないので、結局は仕事のいくつかを期日に間に合わせることができなくなってしまうのです。


サミュエル・スマイルズ

人を偉大ならしめるものはすべて労働によって得られる。文明とは労働の産物である。


松井道夫

どう変わるのか、答えは誰も教えてくれません。しかし、シグナルはあります。自分の頭でしっかり考えて、それを信じて決断することです。少なくとも、この路線で行けば将来必ずこうなるという時代ではないことだけは認識している必要があります。


三浦雄一郎

今年5月、70歳7カ月でエベレスト登頂に成功しました。いままでの最高齢記録を更新し、いろんな人から「すごいですね。どうしたら70歳までそんな力が出せるんですか」と言われるんですが、私の答えはいつも決まっています。「皆さんにもできるんじゃないですか。できますとも」と。


柳井正

日本人が海外で働く場合もローカル化してもらう。たとえばニューヨークに行く人には「ニューヨーカーになれ」とよく言うんです。外国人の経営者と対等に話ができて、その人達を使わないといけないので、日本人とつるんでいるようではどうしようもない。


佐々木大輔(経営者)

これまでの会計ソフトはパソコンにインストールして使うタイプだったので、データも個社の中に閉じていました。しかしクラウド化すれば、会計データを使って新しい価値を生み出すこともできます。たとえば、freee上にあるデータをそのまま使って、銀行から融資を受けることができるようになるかもしれません。データを分析した人工知能が経営のアドバイスをしてくれるというサービスもありえます。そうすれば、どんな人でも簡単に経営ができるようになるかもしれない。


金井誠太

私は、「次はこんな設計構想で……」と言ってくるアテンザ(当時はまだ車名はありません)の開発の人間に「まだ目標が低い」とか「自社比では改善していても他社に勝ってると言えるの? もっと研究したら」とか言っていたわけです。まあ、言う方は楽なんです(笑)。それでも、かつてのむなしい開発作業……目標はその都度その都度作り、予想外の事態が多発して手戻りが発生、さんざん苦労して出してみたら売れない、という、誰も幸せにならない仕事を繰り返すのだけはもう嫌でした。先になすべきことを徹底的に考え抜いておこう、と気合いを入れたとき、「目標設定にミスがあれば、後で何をやっても取り返せない」と気づき、作ったのがこのベンチマークのプロセスです。だから、誰に恨まれようとも譲れません。何とかこう、仕事を、製品を、価値のあるものにしたいと思っていた。


孫正義

負債の絶対額は基本的に問題ではなくて、償却前の営業利益に対して何倍まで借り入れるかが一番大事と思っています。