名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐藤正浩(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤正浩(経営者)のプロフィール

佐藤正浩、さとう・まさひろ。日本の経営者。「クリエートメディック」社長。神奈川大学法学部卒業後、クリエートメディックに入社。総務部長、取締役執行役員経理部長、管理統括部長、人事部長などを経て社長に就任。

佐藤正浩(経営者)の名言 一覧

どのような製品をつくるのかは、病院、医師と定期的にコミュニケーションを取って、現場からの要望を開発につなげています。


安全で高品質な製品を提供していけば、おのずと数字は付いてくる。


分野に応じて、求められる機能を付加することにこだわっています。そのために、医療現場で必要とされる機能を見きわめ、早急に開発、製品化する努力をしてきました。社員のうち一割弱が研究開発スタッフです。


佐藤正浩(経営者)の経歴・略歴

佐藤正浩、さとう・まさひろ。日本の経営者。「クリエートメディック」社長。神奈川大学法学部卒業後、クリエートメディックに入社。総務部長、取締役執行役員経理部長、管理統括部長、人事部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

羽鳥兼市

もし、日ごろの小さな出来事に困難を感じる人がいるなら、その困難を取り除くよりも、自分の目標について考えてみるべきではないでしょうか。


安田隆夫

振り返ってみると、大きな危機に陥るほど、その後大きく成長した。だから危機はいわば、「成長痛」のようなものだったのかもしれない。


岩田松雄

個人のキャリアという視点で捉えると、いまは大企業に勤める方がリスクは高いと考えることもできます。大企業の仕事は、関わる金額の規模などは大きくとも、業務内容などは細分化されていることが多いからです。事業のほんの一部分しか分からない人材は、外部に出ればほぼ役に立ちません。


白坂亜紀

その子の筋力に見合った重さを少しずつ増やしていくことが大切。逆に仕事に慣れてきた子には独立を促し、腹を括るきっかけも与えます。ただ今は必ずしも独立前提ではなく、一人一人にリーダーになる力を付けてもらうことを意識しています。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

シンプルさは究極の洗練である。


小倉昌男

社員は将棋やチェスの駒ではない。それぞれが自分の生活を豊かにすべく生きている生身の人間である。そして彼らの幸福は、社長の腕一本にかかっていると言ってもいいだろう。社員の家族も含めれば、雇用している人の何倍もの人間の人生を社長は一人で背負っていることになる。


熊切直美

顧客第一主義を中心に据え、お客様が期待している以上のサービスを生み出していくこと。そして、それを真摯に実践できる社員を育てていく。これが継続して実現できれば、未来へ向けてビジネスの可能性はますます広がっていくと確信しています。


エドマンド・バーク

我々が人間の心に発見する最初にして、最も単純な感情は好奇心である。


匠英一

商品やサービスのよさをわかりやすく伝える手法に「メタファー」というものがあります。メタファーとは、簡単にいうと比喩です。たとえば、フラワーショップで「バラ3本300円」と表示されていても、とくに買いたいとは思いませんよね? でも、「パリセット300円」「オードリー風ブーケ300円」という名前がついていると、なんとなく惹かれる。これは、都市や有名人の名前などのイメージを借りることで、商品を魅力的に演出する方法なんです。


ジェフ・ベゾス

数年前、1週間の業務の改善イベントのときにある人物を雇いました。その男性はトヨタなど他の会社で経験を積み、エグゼクティブとしてその業務分野を長年率いてきた人でした。彼はいつも大声で叫びます。社内でその人は「コンサルタント」ではなく、「インサルタント(侮辱し、攻撃する人)」と呼ばれていました。ある部屋にホコリが溜まっていたので私が掃除をしようとすると、彼は言いました「ベゾスさん、私は部屋を清潔に保つことは賛成です。しかし、なぜ箒で掃いているのですか?どうして汚れのもとを取り除かないのですか?」と。ホコリの根本的原因を見つければ、箒で掃く必要はなくなります。原因がたくさんあったので特定することが難しいとわかりましたが、そのメンタリティー、アプローチ、哲学を私たちは日本から輸入して世界中に広めました。まさにカイゼンの哲学ですね。


市村洋文

礼状は通り一遍の内容ではまったく受けません。親しみを覚えてもらえるような中身なら喜んでもらえます。そして、「忙しいなか、よく心のこもった礼状を書いてくれたな」と感心してくれるのです。


林厚見

マッキンゼーに就職したのは、経済にも興味を持ったからです。「なぜつまらない建築物が多いのか。社会構造に問題があるはずだ」と。建築家ではなく「別の道から街を変えよう」というスタンスで、入社しました。


臼井由妃

効率的に時間を使うには、「捨てる」ことも重要です。私は人からの頼まれごとでパンクしそうになっているときに、8秒ルールと呼ぶ自分なりの規則を決めました。たとえば、仕事に関して必要な情報が入ってきたとき、その情報が「MOST(最大限に必要)」か「MUST(絶対必要)」である場合、瞬時に判断して取りおきます。それ以外は、「アクティブに行動しないと成果は出ない」「抱えているものが多いと成果は出ない」「アクティブになるには捨てるしかない」と呪文を唱えて8秒以内に捨てるのです。


渡辺昭彦(経営者)

過去6年ほどで急激に多角化を進めてきたことで、子会社や関連会社、従業員も急激に増えています。表面的には順調に来ている傍らで、セグメント間のすき間やセグメント内での不採算部門もできてきています。それらを今後は整理していく必要があります。早めに整理することによって大きなリスクを回避していきたい。


小柴満信

我々が目指すのは変化に強い、持続的な成長のできる会社です。もともと当社は合成ゴムの国産化を目的として作られた会社です。時代の変化に合わせて、石油化学産業への依存度を下げ、半導体材料などのファインケミカル分野に注力するなどして、事業領域を広げてきました。ライフサイエンス事業、LIC事業への取り組みは、当社が重ねてきた変化の歴史に連なるものです。