名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤正浩(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤正浩(経営者)のプロフィール

佐藤正浩、さとう・まさひろ。日本の経営者。「クリエートメディック」社長。神奈川大学法学部卒業後、クリエートメディックに入社。総務部長、取締役執行役員経理部長、管理統括部長、人事部長などを経て社長に就任。

佐藤正浩(経営者)の名言 一覧

どのような製品をつくるのかは、病院、医師と定期的にコミュニケーションを取って、現場からの要望を開発につなげています。


安全で高品質な製品を提供していけば、おのずと数字は付いてくる。


分野に応じて、求められる機能を付加することにこだわっています。そのために、医療現場で必要とされる機能を見きわめ、早急に開発、製品化する努力をしてきました。社員のうち一割弱が研究開発スタッフです。


佐藤正浩(経営者)の経歴・略歴

佐藤正浩、さとう・まさひろ。日本の経営者。「クリエートメディック」社長。神奈川大学法学部卒業後、クリエートメディックに入社。総務部長、取締役執行役員経理部長、管理統括部長、人事部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

川口盛之助

その場しのぎの打ち手を積み上げても、他に先んじた革新的な価値は生まれません。時代の底流を見抜く深い洞察こそ、ビジネスを成功に導く一番の近道なのです。


原谷隆史

辛いと思う仕事を長時間続けているとストレスは増大します。そこで大事なのが、仕事のコントロールということです。仕事の内容やペースを自分である程度コントロールできると、ストレスの度合いがずいぶん違うのです。デスクワークだと、気分が乗ってきたら一気に片付けるとか、疲れてきたから一休みするとか、自分のペースで仕事をすることも可能でしょう。そういう働き方の方が効率もよく、それほどストレスにもなりません。


和田秀樹

カッとなっている瞬間は前頭葉に血流がいかない脳の窒息状態。だから、ツバを飲み込むとか、深呼吸をすれば血流を回復させて、怒りのレベルを下げる効果がある。あるいは、怒っているときに気持ちが和むような家族の写真や、子供の絵など、自分が笑顔になるためのアイテムを用意しておくのも手。


神野元基

大事なのは、好きなことをとことんやらせること。子供が関心のあるものを聞いて、目標を設定させて、目標を達成するために必要なことを考えさせ、PDCAを回していく。それによって目標を達成したり、近づいた実感を得られれば、子供は自信とチャレンジ精神を手に入れて自ずと能動思考になっていく。


星野佳路

施設はオープンして終わりではなく、絶えず進化させていかなければなりません。その際、遠く離れた本社が主導して、「この施設ではこんな魅力を発信しよう」とコントロールしようとしても無理ですから、現地スタッフが進化させやすいテーマを設定することが大切です。この「現地発の進化」こそが、本部主導でコントロールする西洋ホテルチェーンとは違って、私たちのような日本旅館ネットワークでは重要です。現地発でそれぞれに進化するからこそ、お客様がわざわざその地まで足を運んでくださるのです。


安井豊明

企業にとって、販売の現場をすべて外部委託するのは、自社のブランドや製品の良さを伝える最前線を任せることであり、信頼関係が不可欠です。お客様との接点である重要な場をお任せいただく以上、我々は顧客の期待に常に応えなければなりません。


堀義人

長期的成功でまず大きなことは、人間力があるかどうかです。何のために自分がこの事業をやるのかという動機から始まって、どういった志や倫理観をもって事業を行っているのか、自分の事業に対する使命感は何か、あるいは、度量の大きさ、どんな場面でも冷静沈着に意思決定ができるという力、人を巻き込んでいく能力に至るまで人間力の部分が大きいと思います。


佐藤オオキ

僕は、モチベーションはコントロールできないと考えています。だから、好きなおかずを選べるビュッフェのように、やりたい仕事を自由に選べる状態にしておけばモチベーションは落ちにくいし、飽きない。1つのプロジェクトの作業をやり続けるのはつらいけど、複数のプロジェクトを同時並行で取り組むメリットは、まさにその「飽きない」ということなんです。


小笹芳央

どれだけ立派な戦略案やIT環境、潤沢な資金があったとしても、それらを生かすも殺すも最終的にはそこで働いている人たちの気持ち、「モチベーション」です。


前田義徳

部下を持った人たちが、その部下を自分以上の人間にしようと努力しない限り、その管理者自体の発展の限界がもうすでにあらわれているのだ。管理者の最も考えなければならないことは、自分の部下のすべてを自分以上の人間に培ってゆく、その努力である。


冨安徳久

感じの良い笑顔や心地良い時間を周囲の人々に与える。それが周りから与えていただくことに繋がっていく。


松本晃(経営者)

愛社精神などというものは無意味なものであり、意味があるのは、会社とのあいだに交わす契約だ。この仕事をいつまでにやると約束したら、確実にその約束を果たす。それが契約というものだ。