名言DB

9429 人 / 110879 名言

佐藤正忠の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤正忠のプロフィール

佐藤正忠、さとう・せいちゅう。経済誌『経済界』主幹・社主。秋田県出身。小学校代用教員、リコー社長市村清の私設秘書などを経てフェイス出版(のちの経済界)を設立。著書に『まず動け そこから道が拓けていく』『社長対会長 その確執の深淵を衝く』『経営者心得帳 変化して良いもの、変化してはいけないもの』。

佐藤正忠の名言 一覧

出会いを大切にすることから人生は始まる。


よき先輩とよき友人のある限り、この人生に絶望することはない。


私は、人と人の出会いを大切にしたい。そしてそれを、大事にしてゆきたい。そこから初めて、実り多い人生が開けるのではなかろうか。


佐藤正忠の経歴・略歴

佐藤正忠、さとう・せいちゅう。経済誌『経済界』主幹・社主。秋田県出身。小学校代用教員、リコー社長市村清の私設秘書などを経てフェイス出版(のちの経済界)を設立。著書に『まず動け そこから道が拓けていく』『社長対会長 その確執の深淵を衝く』『経営者心得帳 変化して良いもの、変化してはいけないもの』。

他の記事も読んでみる

尾崎元規

発売前には、受け入れ性テストを行います。そこで最低6割以上の評価を取らなければいけません。届かなければ、発売を延期してでも達するまでやり直すことを今でも忠実に守っています。


石塚しのぶ

企業文化を醸成するには、会社の社会的な存在意義と価値観を明確に定め、そのプロセスにできるだけ多くの社員を巻き込むことが大切。


後藤紘儀

品質の高さやリーズナブルな価格設定、スピード感の3点を特に重視しています。当社が手掛けるのは、管理会社からの紹介案件がほとんどです。管理会社に私たちを選んでいただくために、強みを持つことが欠かせません。


秋田正紀

松屋の社員は、昔から、どちらかというとおとなしめの性格をした人間が多い。みんな、人柄はすごくいいが、遠慮がちなところがある。したがって社員がもっとチャレンジ精神をもつことで、大きな仕事に積極的に取り組んでくれることを期待したい。


三谷宏幸

富や名声は、結果であって目的ではない。成功の物差しをしっかり決め、ときに厳しいことを言っても、心ある経営者になりたい。


黒川光博

虎屋には代々伝わる家訓のようなものがあるのだろうと思われているかもしれませんが、そのようなものはありません。社長を継ぐまで先代の父を手伝ってきましたが、いざ継ぐとなると責任の重さを改めてひしひしと感じたものです。虎屋をどう導いていくべきか、私はひとつの考えに至りました。「家訓がないということは、何をやってもいい。時代を読んで自由にしっかりやれ」という意味だろう、と。


中西敦士

協力者のほとんどは僕と同年代で30歳前後。会社勤めでバリバリ仕事をしていても「このままでいいのか」と考え込む時期ですね。何か新しいことをやってみたいと。そこへ「世界初の商品を開発する」という話か来たのですから、タイミングが良かったのかもしれません。


菊間ひろみ

私の経験でも、長く英語に触れていなかった40~50代の人が、再び勉強を始めて、英語で電話やプレゼンができるようになった例は珍しくありません。記憶力が多少落ちても、英語を習得するのは十分可能です。むしろ、英語を学ぶのは40歳からのほうがいいぐらいです。


榎本博明

自己効力感とは、「自分はできる」という自信。自己効力感があればためらいなく仕事に着手できますが、「無理かも……」と思えば手が止まってしまいます。自己効力感を高めるうえでも、小さな成功体験を積み重ねることが有効。もうひとつ、他人と自分を比較しないことも重要です。他人を意識して劣等感が刺激されると、自己効力感が損なわれる原因になります。


柴山和久

従来型の日本の組織は縦割り社会で、階層ごとに議論を進めるから意思決定のスピードも遅くなりがちです。スピーディーに事業を展開するためには、情報共有と組織のフラット化が不可欠。Slackをフル活用して情報をできるだけガラス張りにしているのも、ワンフロア制を大切にしているのも、Slackに登録しているハンドルネームに「さん」をつけて呼び合っているのも、そうした考えによるものです。いちいち肩書き付きであて名を害かなければならないような「メール文化」には、もう戻れないですね。