佐藤正忠の名言

佐藤正忠のプロフィール

佐藤正忠、さとう・せいちゅう。経済誌『経済界』主幹・社主。秋田県出身。小学校代用教員、リコー社長市村清の私設秘書などを経てフェイス出版(のちの経済界)を設立。著書に『まず動け そこから道が拓けていく』『社長対会長 その確執の深淵を衝く』『経営者心得帳 変化して良いもの、変化してはいけないもの』。

佐藤正忠の名言 一覧

出会いを大切にすることから人生は始まる。


よき先輩とよき友人のある限り、この人生に絶望することはない。


私は、人と人の出会いを大切にしたい。そしてそれを、大事にしてゆきたい。そこから初めて、実り多い人生が開けるのではなかろうか。


佐藤正忠の経歴・略歴

佐藤正忠、さとう・せいちゅう。経済誌『経済界』主幹・社主。秋田県出身。小学校代用教員、リコー社長市村清の私設秘書などを経てフェイス出版(のちの経済界)を設立。著書に『まず動け そこから道が拓けていく』『社長対会長 その確執の深淵を衝く』『経営者心得帳 変化して良いもの、変化してはいけないもの』。

他の記事も読んでみる

中村貞裕

オンタイムでもオフタイムでも、人脈を広げ、たくさんの人と接していると、自分の中にフックができます。すると、何かをプロデュースしたいと思ったとき、自分のフックにひっかかったものを掘り下げれば、それが昼の仕事にもつながります。


久住昌之

求められるままに仕事をしてきたらこうなった、という感じです。それは30代になっても変わらず、36歳のときにスタートした『孤独のグルメ』も、編集者からの依頼です。いまも考え方は変わりません。求められたことをひとつひとつこなしていくだけです。


田中仁(経営者)

強い経営者とは真剣勝負をくぐり抜けた人。真剣勝負とは読んで字のごとく真剣なので、負けたら斬られて死にます。そこを斬られずに生き残った人は強い。


神宮司巧

位置情報の活用領域は、いまだ未知数。顕在化していないサービスや市場にも視野を広げ、あらゆる可能性を探っていきます。


原田泳幸

大切なのは「シーケンス(順序)」です。土台がないのに柱は建たないし、柱がないのに壁は張れません。ある戦術を実行するためには、その戦術が実行できるための環境を整えておかなければなりません。パズルをひとつひとつ組んでいくように、戦略実行のシーケンスを考えるのが経営戦略というものです。


澤上篤人

投資なんて安く買って高く売るだけのこと。どんなに立派な理論やテクニックを学び、精緻な業績予想を立てたところで、暴落相場の安値を買えなければ話にならない。そう、暴落相場を「待ってました」と買えるかどうかだよ、大事なのは。


周防正行

映画にしたいと切実に思えるテーマに出会える感性がなくなるのでは、という不安はあります。今回も見つかるまで11年かかりました。でも、それはそれでしょうがない。そのときは潔く別の道を探すしかないですね。上手くいってもいかなくてもそれが自分の実力です。死ぬまでそう言える自分でいたいと思います。


藤澤信義

自分が熟知しているビジネスに手を伸ばすべき。熟知していればこそ、いろいろなアイデアを組み合わせ、リスクも消化できる。


萩本欽一

もともと才能もあるうえとことん努力した人は、自分の限界を知ったら潔く認められる。こういう人の周りには、もちろんあふれるほどの運が漂ってくる。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

ある人間が持つ目標の数は、ひとつか2つが適量ではないでしょうか。2つなら「ひとつはやろうかな」という気になりますが、5つもあると全部嫌になってしまい、ひとつもモノにならない。そういうものだと思います。


仲村トオル

僕らの仕事は台詞を覚えることがゴールではありませんが、まず覚えないことには仕事が始まらない。だから、覚えたところがスタート地点なんです。


堀紘一(コンサルタント)

複数の言語を習得すべきかどうか迷う人は多いだろう。そもそも語学に中途半端は禁物だ。そこそこできる程度など、ことビジネスの現場においての活用に限っていえば何の役にも立たない。もし英語がそこそこできるのなら、むしろそちらを深め、「とてもできる」レベルを目指すべきだ。ただし、ビジネスで通じる英語のレベルとなると、最低5万語を覚えなければならない。文法は多少いい加減でも構わないが、このくらいのボキャブラリーがないと十分な意思疎通ができない。


馬場正尊

いま最も面白いと思っているのはズバリ職場、つまりワークスペース、オフィスの設計です。ワークプレイスは人生の半分近くを過ごす場所にもかかわらず、ここ数十年でほとんど進歩がありません。だからこそ、可能性が大きいと思ったのです。


ドワイト・アイゼンハワー

指揮官はまず楽観的であることが重要である。指揮に自信と情熱と楽観の匂いがなければ、勝利はおぼつかない。


田中稔哉

単純な知識なら誰でもインターネットで検索でき、博学というスキルが陳腐化したように、時代は移り変わります。プロティアン・キャリア(変幻自在なキャリア形成)を意識すれば、自身の能力を分解して説明する能力と、環境の変化に反応できる能力を身につけられるため、どんな場所に行ってもサバイブできるようになるのです。


ページの先頭へ