佐藤正午の名言

佐藤正午のプロフィール

佐藤正午、さとう・しょうご。日本の小説家、エッセイスト。長崎県出身。『永遠の1/2』で作家デビュー。すばる文学賞、山田風太郎賞、直木賞を受賞。

佐藤正午の名言 一覧

誰かの意見を聞いて、それをそのまま取り入れるわけではないですが、新しいアイディアを思いつくきっかけにはなります。自分ではない誰かの思考をあいだに挟むことで、一人ではたどりつけなかった一段高い場所から景色を見ることができるんです。


小説家になりたいという衝動があったというより、たくさんの小説に触れているうちに自分でも書いてみたいなと思いたちました。でもこのときの応募作は、ストーリーの起伏もたいしてなかったですし、タイトルも覚えていません。書いてみたことで自分の文章がうまくないのも自覚して、その後、いろいろな作品を読みながら学んでいった気がします。丸谷才一さんの文章をお手本にしていた時期もありました。


自分からなりたいと思った職業は小説家以外になかったし、大学をやめたころは、文章を書いて食べていけたらどんなに幸せだろうと思っていました。それが現実になったんだから、幸せなことですよね。当時はなにも感じていなかったけど、ふりかえれば、よく編集者たちも佐世保まで通ってくれたと思います。編集者に恵まれて直木賞までいただけて、僕は本当に果報者です。


『Y』あたりから、ストーリー展開を気にするようになりました。その2年前に出した『取り扱い注意』という本が全然売れなくて、小説を書くのをやめようと思ったくらいショックだったんです。しかも、読んでくれた数少ないひとりの編集者には「これじゃ売れませんね」と言われて(笑)。自分では他の作品と同じくらい手をかけて世に送り出した作品ですし、今でもだめだと思っているわけではないんですが、売上に結びつかないのだから何か理由があるのだろう、このままではいけないんだろう、と考えを改めるきっかけになりました。具体的には、それまで誰にも相談せずにひとりで書きあげていたのをやめて、書きだす前の思いつき段階で、友人や編集者に意見を聞いてみるようになったんです。


最近とても面白い小説を読んだんですよ。とある作家さんによる文庫本の上下巻。体力の衰えてきた最近では一冊読み切るのも時間がかかるのに、興奮のあまり2日で全部読み終えてしまった。そのなかに並木道が登場するんですが、それが欅なのか銀杏なのか、詳細は一切書かれていなかったんです。作中の重要なシーンとして何度も描かれるので、それが少し気になって。というのも、きっと僕なら並木の種類や葉の色づきなど、情景を細かく描写するだろうなと思った。もちろん並木道がどんなものであろうと重要なのはそこで起きる出来事だから、関係ありません。現にその小説は描写がなくても十分に面白いし、その点が物語の質をなんら損ねるものではなかった。だとしたら、僕が積み重ねてきた描写にはなんの意味があったのだろう、もしかして僕の書き方はくどいだけで間違っていたのだろうかなどという思いがふとよぎりました。もちろん正解なんてないんでしょうが、今後も小説を書き続けていくうえで、考えさせられる一件でした。


僕の書いている小説のエピソード、そのひとつひとつはありえない話ではありません。たとえば『身の上話』の主人公・ミチルは、不倫相手にくっついてふらっと地元を出て行ってしまう。それ自体は僕の知人女性の実体験がもとになっています。その先で、たまたま宝くじで高額当選していることに気がついた彼女は、東京に居つくことを決めるのだけど、日本中のどこかで誰かが当選しているのだから、これもまた起こりうる話。さらに殺人事件に巻き込まれることについても、理由なく誰かが殺されてしまうことが簡単に起きる世の中ですから、なんら不思議ではありません。だけど、どれもたいていの人の日常からはかけ離れているから、事実をそのまま羅列するだけでは「こんなのありえない」と言われてしまう。はずみで駆け落ちするのならば、そのはずみがどういう経緯で起きたのかを何ページもかけて読者に説明して初めて、読者は「ああ、だからこういう事象に至ったのか」と納得してくれる。それを成すのが小説であり、嘘を本当に見せるということだと僕は思っています。


特別なことは何もなかったと思いますよ。どこにでもいる普通の子供でしたし、友達と一緒に図書館へ行くことはあったけど、読んでいたのも『怪盗ルパン』や『シャーロック・ホームズ』などみんな夢中になっていたものが多かった。むしろ身体を動かすことのほうが好きで、中学のころは軟式野球ばかりやっていました。小説をちゃんと読むようになったのは、野球をやめた高校時代から。人と違っていたことがあるとすれば、受験勉強が苦にならなかったことくらいかな(笑)。決まった目標があるので、それをクリアするためにコツコツやるのは得意だった。だから成績はいいほうだったと思います。


何か小説に使えそうだと思ったら、あてがなくてもメモしますね。たとえば、そのうち食べようと思って自宅にラーメンやスナック菓子を買い置きしておくでしょう。食べずにほったらかしにおくと家族が勝手に食べちゃうんだけど、そういうとき、僕はいつも怒るんです。だって、いつかくるんですから、食べるべきときが。僕はそのときを待っているだけで、存在を忘れているわけじゃない。メモも同じで、いつか必ずくる使う日のためにストックしておく。もちろん未だに使わずにいる古いメモがありますが。そのときが来るまで寝かせておきます。


佐藤正午の経歴・略歴

佐藤正午、さとう・しょうご。日本の小説家、エッセイスト。長崎県出身。『永遠の1/2』で作家デビュー。すばる文学賞、山田風太郎賞、直木賞を受賞。

他の記事も読んでみる

ビル・グロース

未熟なギャンブラーは2~3ドル勝っただけで得した気になり、カードが不利に転じた時にはすべてを使い果たす。


藤井義彦

グローバル化が進み、コンプライアンスがますます重要になるなどビジネス環境が急速に変化かつ複雑化する中で、企業トップには、スピードを上げて戦略を策定、実行することが強く求められるようになりました。大きな夢、ビジョンを示し、それに社員全員を巻き込み、戦略を実行し、成果をあげなければなりません。


竹内俊昭

花王らしさとは理屈っぽいところ。研究開発、マーケティング、販売戦略まで徹底して理屈を積み重ねていく。「なぜいいのか」を繰り返すことで、納得感が生まれる。販売の現場でも、商品の魅力をきちんと伝えるため、理屈っぽく説明する。


松浪健四郎

大事なのは自分の弱点を理解すること。下半身が弱ければ下半身を強くする。皆と同じことをやっても意味がない。自分を自分で把握しておかないと強くはなれない。


小山昇

たとえ万の学びを重ねても、実行されなければ何の結果も生まない。学ぶことが目的ではない、実践が目的。ここを取り違えないこと。


榊原節子

「稼ぐ」「貯める」「管理・投資する」「使う」というお金の大事な側面を理解し相互にバランスよく発達させることが大切です。貯めることが得意な人は使うことに躊躇しがちであり、その逆に使うことが得意な人は貯めることが苦手だったりします。


田中和彦

会社の先行きに不安を感じたら、できることはふたつしかありません。ひとつは、会社の業績不振や不景気といった不安の原因をなくすために、自力で頑張ること。そしてもうひとつは、たとえいまの会社を離れたとしても、どこでも通用する人材になることです。


岩瀬大輔

起業家は会社の利益を追求するだけじゃなく、社会と共生したり貢献する姿勢を示さないとリスペクトされません。そこに気づいた人は、僕らの世代でもTシャツじゃなくてスーツを着ていますし、文化・芸術の保護にも積極的です。楽天社長の三木谷浩史さんは最近、東京フィルハーモニーの理事長になられた。そこは先をいかれています。


松井忠三

「わけあって安い」というコンセプトは哲学ですから変えるわけにはいきません。しかしサブコンセプトは変えていかないと時代に遅れていきます。


蓑宮武夫

私はソニーという会社から大きな影響を受けてきましたが、その中でも最も大きかったのが「高い志と信念を持つ」という意識です。


小室淑恵

会議では「メンバーの発言を否定しない」というルールを自分に課してください。「そんなの意味ないだろう」などと否定的な発言はNGです。どんな意見も「なるほど、それもあるね」と、すべてホワイトボードに書き出してください。メンバーは、自分の発言が拾い上げられることで、「認められた」と感じます。すると、いつもは黙っていた人も積極的に発言し、アイデアを出すようになります。メンバーの意識が変わり、チームの生産性が確実にアップします。


山口多賀司(経営者)

ダメだ、ダメだと机上の空論ばかり叫ぶのではなく、解決策をつくりだす方向に進むべきだ。


熊坂隆光

いくら良い装置があっても、最新鋭のIT機器を使っても、アナログの部分を大切にしなければ、良い新聞は出来ない。インターネットの時代だから新聞の役割は終わったといった論調になっていますが、インターネットのニュースにしても、特ダネは誰かがアナログ的手法で取ってこなくてはいけないわけです。


服部謙太郎

国内の時計業界は、長年積み重ねられた古い体質が残っているが、時計自体が変化しているので、それに対応できるような身軽な体質づくりを要求される。【覚書き:商品の低価格化が進む中で改革の意気込みを語った言葉】


濱田秀彦

ウソつきのレッテルを貼られ落ちぶれていく人がいる一方「ウソも方便」と使いこなし、人からの信頼も厚く成功していく人がいる。その違いはどこから生まれるのか。部下のミスを自らの過ちだと報告するといった、他者を慮っての配慮のウソは、結果としてついた人の株を上昇させていました。


ページの先頭へ