名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤榮治(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤榮治(経営者)のプロフィール

佐藤榮治、さとう・えいじ。日本の経営者。「ブルーチップスタッフ」社長。福島県出身。福島大学卒業後、理研ピストンリング工業、森谷トラベルエンタープライズなどを経てトラジャルスタッフ(のちのホスピタリティ)、ブルーチップスタッフを設立。

佐藤榮治(経営者)の名言 一覧

私達の紹介で就業派遣先が決まった方々はダイヤモンドを超えるほどの輝きを放つ笑顔を返してくれます。この喜びを共有することこそが我々の仕事のやり甲斐であると思っています。


「人から後ろ指を指されるようなことだけはするな」。喜寿(77歳)を迎えた今も、経営者として旅行業界向けの派遣業を行う私の頭から消えない祖母の言葉です。やましいことをしていればいつかは自分に跳ね返ってくる。物心つく前から祖母は私にこのことを口酸っぱく言っていました。


佐藤榮治(経営者)の経歴・略歴

佐藤榮治、さとう・えいじ。日本の経営者。「ブルーチップスタッフ」社長。福島県出身。福島大学卒業後、理研ピストンリング工業、森谷トラベルエンタープライズなどを経てトラジャルスタッフ(のちのホスピタリティ)、ブルーチップスタッフを設立。

他の記事も読んでみる

川又克二

小さなジャンプをヒントにして、大きなジャンプに変えていくことが大切という気持ちをもって、未来に目を向ける積極的な若者に話をすることが多かった。


ダン・ケネディー

『伝えたいことを伝え、伝えて、ちょっと違う形でもう一度伝えて、さらにちょっと形を変えてもう一度伝えて、それから、何を伝えたかを伝える』スピーチでもセミナーでもそうしているし、セールスレターでもそうしている。


山崎将志

「自分の仕事で、社会が抱える問題を解決するには、何をすればいいのか」。日々それを意識することが、本当に求められる問題解決力を身につける第一歩ではないでしょうか。


安藤宏基

マーケティングは、いわばアートですよ。論理構成は立てるけど、消費者のメンタルモデルは違う。一人一人の心は矛盾だらけなので、いくら社会心理学的に分析しても詳細までは把握できません。例えば中核の商品は縮小傾向でも、カップヌードルごはんなど部分的には拡大しているものもある。あとは勘所ですな。カップ麺から袋麺に需要がシフトしているといった動きは、肌感覚で分かります。


西村英俊

コンサルタントや金融機関の人たちは、会社の外形を見てすぐに整形をしたがる。内実の病巣や仕組みの不具合をじっくり根本から治すことなんか時間がかかってまだるっこしいと思うのでしょう。これは手術だからやったそのときは良く見えるが、根本治療ではないから必ずすぐほころぶ。


黒川光博

和菓子の原材料は小豆、寒天、和三盆糖など。私たちの取引先には、手作業で丹精込めて作ってくださる生産者の方が多くいらっしゃいます。虎屋では原材料について知識や理解を深めるため、製造に関わる社員を対象に、現地で「原材料体験研修」を実施しています。マイナス10度ぐらいになる冬の寒空の下、手作業で行う寒天作りを手伝ったり、西表島でサトウキビの刈り取りを行ったりしています。


三木雄信

私の場合は、「孫正義氏ならどうするか」を考えます。ソフトバンク時代、孫社長とは24時間ほとんど一緒でしたから、「こういうとき孫社長ならこうするだろうな」と大体イメージできます。孫社長になったつもりで考えると、焦りや不安などの感情から解放されて、フラットな状態で考えることができるのです。閉塞した自分の頭では思いつかなかったようなアイデアを思いつくことがあります。プレッシャーを感じる逆境のときこそ、別の人の頭になってみるのがお勧めです。その相手は、身近な上司でも先輩でも構わないと思います。


玉塚元一

慶応ラグビーには「花となるより根となろう」という言葉があります。バックスの選手が華々しいトライを決めたとします。そのプレーが実現したのは、プロップという最前線の選手がスクラムで相手フォワードと組み合い、ボールをかき出した努力があったからで、この根っこの仕事が大事なのだと。ラグビーの精神は私の人間形成の基礎になっています。


石井淳蔵

ブランドづくりがないと、顔の見えない顧客相手のプロセス・マネジメントはできない。成熟期に対応したマーケティングをやるためには、まずもってブランド構築が必要なのだ。


ケタン・パテル(経営者)

日本企業の残念なことのひとつに、日本国内でしか意思決定ができない点が挙げられます。インドにいる日本人がリスクを取ることができないため、タイミングを逃すことにもつながります。ぜひローカルで意思決定するようになっていただきたい。


白井一幸

チームとして満足な結果が残せないのは、選手ではなく指導者の責任。


天毛伸一

モノ作りには時間がかかりますし、良いモノができてもすぐ売れるとはかぎりません。すると、心が折れるし、食べていけないから、やめてしまう会社も多い。だからこそ、松下幸之助さんも言うように、モノ作りで成功するためには、成功するまでやめなければいいのです。