佐藤榮治(経営者)の名言

佐藤榮治(経営者)のプロフィール

佐藤榮治、さとう・えいじ。日本の経営者。「ブルーチップスタッフ」社長。福島県出身。福島大学卒業後、理研ピストンリング工業、森谷トラベルエンタープライズなどを経てトラジャルスタッフ(のちのホスピタリティ)、ブルーチップスタッフを設立。

佐藤榮治(経営者)の名言 一覧

私達の紹介で就業派遣先が決まった方々はダイヤモンドを超えるほどの輝きを放つ笑顔を返してくれます。この喜びを共有することこそが我々の仕事のやり甲斐であると思っています。


「人から後ろ指を指されるようなことだけはするな」。喜寿(77歳)を迎えた今も、経営者として旅行業界向けの派遣業を行う私の頭から消えない祖母の言葉です。やましいことをしていればいつかは自分に跳ね返ってくる。物心つく前から祖母は私にこのことを口酸っぱく言っていました。


佐藤榮治(経営者)の経歴・略歴

佐藤榮治、さとう・えいじ。日本の経営者。「ブルーチップスタッフ」社長。福島県出身。福島大学卒業後、理研ピストンリング工業、森谷トラベルエンタープライズなどを経てトラジャルスタッフ(のちのホスピタリティ)、ブルーチップスタッフを設立。

他の記事も読んでみる

籠屋邦夫

プレゼンや講演の前には、電車の中や喫茶店での休憩時間などのスキマ時間を使って、思いついた内容を付箋に書いておきます。そして、記入済みの付箋がたまったら、並べてみて整理するのです。こうすると、短い時間で自分の考えを整理できます。


加藤進(住友商事)

目先の短期的利益や会社が求めるスペックに自分を合わせるだけではいけない。受け身ではなく、将来行ありたい、こうあるべきという姿を描く。そして実現するために困難な壁にもぶち当たっていく精神力が必要だ。


石川康晴

ビジネスモデルが20年以上変わっていない業種でも、ITの力を使えば、売り上げを伸ばす余地がまだある。


大橋悦夫

サラリーマンによくみられるのは、その日の夕方までに終わらせなくてはいけない仕事を必死になって終わらせても、翌日には別件の期限が迫っていて、またゼロから焦って仕事をする羽目になる、などといった事態。子供のころ、夏休み最後の8月31日は、宿題に追われてたいへんだった人もいるかと思います。それが毎日続いているような状態ですね。「つねに時間に追われている気がして、やる気が出ない」と感じるのも当然でしょう。このように感じるのは、仕事に縛られているから。仕事には期限があるのは当然ですが、時間に縛られることによって、我慢したり妥協したり、自分を抑えることになり、徐々にやる気を削がれてしまっているのだと思います。こんな状態を改善するには、自分が仕事をコントロールするしかありません。たとえば、7月10日が提出期限なら、7月7日を自分の期限に設定して、それまでに仕事を終わらせるようにする。そうすれば、仮にその日のうちに完成しなかったとしても、本来の期限までにはまだ余裕があるので、自分を責めることもなければ、誰かにとがめられることもありません。むしろ、「明日が期限というわけでもないのに、前倒しで仕事している俺ってすごい!」という前向きな気分になれるはずです。


青木美知子

女性は「大義」よりも、その場に貢献しようという意識が男性より高い傾向があるので、自分が本当に尊敬できる上司のためなら頑張ってくれます。


荻上チキ

偏っていないメディアなどそもそもない。そして特定のメディアが「偏向している」などといわれることに疑問を感じる。メディアとは人のコミュニケーションを媒介するものなので何らかのメッセージ性があるものです。


荒井邦彦

お客様の中で頻繁に買収をしている会社がありました。その会社がM&Aの前後で劇的に変わっていくんです。その姿を見て、企業がダイナミックに変わっていくきっかけがM&Aなんだと思ったんです。


北島康介

水泳一色だった今までの自分をリセットしたかったんです。競泳の世界にいると視野が限られて、物事を自己中心に捉えてしまう。環境を変えれば今まで見えていなかったものが見えるかもしれない。自分の状態や考えを把握し、何に向かってどうすべきか。人生の節目に、じっくり考えたかった。でも、日本では何をしても注目され、ストレスを感じてしまう。とにかくストレスフリーな環境が必要でした。場所はどこでもよかった。

【覚え書き|単身でロサンゼルスに渡ったことについて】


山本寛(経営学者)

人がやる気を起こすのはワクワク感があるとき。新しいことに直面したり、やったことのないことに挑戦するときにワクワク感は生まれます。目標を見出せず、中だるみしている社員にワクワク感を取り戻させるために会社がやるべきことは、「変化の刺激」を与えることです。要所要所で変化の刺激を与えていかなければ、社員の成長は停滞し、その結果として、会社、組織の成長も望めなくなるのです。中だるみしている中堅社員は、表面上はやる気のなさ、成果の停滞といった問題を抱えていますが、経験も豊富で実行力も備わっているため、うまくマネジメントすれば戦力となり得る存在です。


稲盛和夫

どんな事が起ころうと、自分が立てた計画は達成しようという強固な意志、強い思いが大切。


木村達哉

英語がより重要になるのは、社会に出てから。受験テクニックだけなく、一生使える生きた英語を教えたい。


尾崎裕

関西経済は、電子部品や工作機械などを中心に、製造業の輸出が好調を維持しています。「もの」が動けば裾野の取引も活発になる。そういう点では、中小企業も波及効果を享受しているといえます。インバウンドにおいても同様で、恩恵があるのは、何も大手だけではありません。商店街や個店でも知恵を出し、しっかりと対応できている店は繁盛しています。


安藤宏基

会社組織は効率を追求します。これはこれで大切なのですが、効率ばかり追求していると、社員がいわゆる金太郎アメになってしまいます。同じことを考えている人間ばかりの方が、意思決定のスピードが速いですから。しかし、金太郎アメ社員しかいない組織は、環境変化への対応力が弱い。


久恒啓一

かつて私は、会社まで1時間以上かかる千葉県の佐倉に引っ越しました。佐倉は始発が出る駅なので、会社までゆっくり座っていけるのです。この自由な1時間の間に、仕事の準備や読書、知研(知的生産の技術研究会)の資料の読み込みなど、様々な作業をこなすことができました。この聖なる時間があったからこそ、現在の私があるといっても過言ではありません。


鈴木喬(経営者)

儲けることより、損しないことのほうが、会社の存続にとっては重要。私も、「絶対売るぞ」と思う一方で、もう一人の自分は売れなかったとき逃げる(撤退する)算段をいつもしています。


ページの先頭へ