名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤栄作(政治家)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤栄作(政治家)のプロフィール

佐藤栄作、さとう・えいさく。日本の官僚(鉄道)、政治家。内閣総理大臣。山口県出身。東京帝国大学卒業後、鉄道省に入省。運輸省次官などを務めたのち政界に進出。内閣官房長官、自由党幹事長、内閣総理大臣などを歴任した。また、非核三原則の提唱でノーベル平和賞を受賞。

佐藤栄作(政治家)の名言 一覧

人間は口は一つ、耳は二つだ。まず、人の話を聞け。人間関係をうまくやるコツだ。


佐藤栄作(政治家)の経歴・略歴

佐藤栄作、さとう・えいさく。日本の官僚(鉄道)、政治家。内閣総理大臣。山口県出身。東京帝国大学卒業後、鉄道省に入省。運輸省次官などを務めたのち政界に進出。内閣官房長官、自由党幹事長、内閣総理大臣などを歴任した。また、非核三原則の提唱でノーベル平和賞を受賞。

他の記事も読んでみる

福田千里

石橋をたたいて渡るような細心の注意は必要であるが、いったん安全だと見極めたら、思い切って渡るべきである。 【覚書き|上記発言は社長就任スピーチでの言葉。先輩で元大和証券社長の平賀敏氏に教えを受けた「細心大胆」を社訓とすると宣言し、その後につづけた言葉。】


杉道助

(境のタオル会社を任された当時、タオルを重さで値付けされていて、問屋に卸すとき重さを増やすため水を含ませる業界慣習があるのを見て)私はこれではいけないと思い、自分の会社でまず改革の火の手をあげた。第一に水を打つのはやめて、タオル1ダースの目方はいくらとする、誤差一割以内は認めるなどの規格を定め、もし間違った場合は支配人が全部責任を負うという差紙を製品に貼って売り出した。つまりいまの品質表示みたいものだ。このため包装のまま目方をいちいちはからずに取引できるようになり、以後、この方法が普及した。


島本久美子

当社のサイトは毎月3500万件もの検索件数があります。これは業界ナンバーワンです。そこで使われたキーワードやデータから何が求められているかを分析して、自社のサービスや、世界に散らばっている写真家たちの撮影テーマにフィードバックをかけています。そういった検索データによるニーズ分析とフィードバックが、実は当社の最大の強みではないかと思っています。


虚淵玄

(仮面ライダーの)伝統といっても、なんせプロデューサーから提示されたお題が「フルーツ」「錠前」「鎧武者」ですからね。このお題をクリアした『仮面ライダー』を作らないといけない。実際の仮面ライダーの現場はそんなに伝統に縛られる場所じゃなかった。ホン読みの後半になったときに、むしろ伝統にこだわっていたのは自分かもしれないなと。終盤にプロデューサーや監督から「まさかそんなに仮面ライダーが好きだったなんて」と言われましたからね(笑)。


秋沢淳子

失敗したら「海よりも深く」反省をして、あとは忘れます。楽しいことや、やらなくてはいけないことを考えるようにしています。


三谷宏治

結局はどの方法を選んでもそれほど変わりません。自分の選んだものを信じて、続けることの方が大事です。いったんひとつのことに取り組んだら、他のものは見ないようにするのです。


松岡修造

大切なのは失敗しないことではなく、同じ失敗を繰り返さないということです。


奥野宣之

仕事で行き詰まったとき、ノートをペラペラめくっていると、過去の記録がアイデアの源泉になる場合もある。


松井忠三

平常心で努力し続ければ、解決の本質に迫れる。


天野篤

特別な環境で普段通りの手術ができるかどうか。責任は重いですが、自分なら必ず成功できると言い聞かせていましたね。
【覚え書き|天皇陛下の手術をしたときを振り返っての発言】