佐藤栄作(政治家)の名言

佐藤栄作(政治家)のプロフィール

佐藤栄作、さとう・えいさく。日本の官僚(鉄道)、政治家。内閣総理大臣。山口県出身。東京帝国大学卒業後、鉄道省に入省。運輸省次官などを務めたのち政界に進出。内閣官房長官、自由党幹事長、内閣総理大臣などを歴任した。また、非核三原則の提唱でノーベル平和賞を受賞。

佐藤栄作(政治家)の名言 一覧

人間は口は一つ、耳は二つだ。まず、人の話を聞け。人間関係をうまくやるコツだ。


佐藤栄作(政治家)の経歴・略歴

佐藤栄作、さとう・えいさく。日本の官僚(鉄道)、政治家。内閣総理大臣。山口県出身。東京帝国大学卒業後、鉄道省に入省。運輸省次官などを務めたのち政界に進出。内閣官房長官、自由党幹事長、内閣総理大臣などを歴任した。また、非核三原則の提唱でノーベル平和賞を受賞。

他の記事も読んでみる

福地茂雄

日本は国家という形は立派にあるけれど、国家としてのアイデンティティがない。日本という国に対する心がぜんぜんない。企業も、世界に冠たる大企業であっても、CSR(企業の社会的責任)をどこかに置き忘れている企業が多い。企業に心が求められていると思うんです。


有田浩之

事務でも仕事は仕事。ビシッとやれ。


三國連太郎

偶然の出会いを重ねてきた僕ですが、自分の経験を踏まえて若い世代に伝えたいのは、「自分の才能にプライドを持つ」ということ。志を高く、誇りを持って突き進むことで、人生を実り豊かにしてくれる出会いを引き寄せて欲しいです。


吉山勇樹

僕も会社員時代に失敗したことがあります。上司に報告書をつくるようにいわれて、1週間かけて20枚の資料をつくった。でも、提出したら「4~5枚でいいんだよ」と。先に相談すれば良かったんです。上司の意図がどこにあるのか、あれこれ考えても時間の無駄。「このようなことでいいのでしょうか?」と聞いてしまえば瞬時に明確になりますからね。つくってから報告するより、先に相談した方がいい。ときには報連相よりも相連報でいくという柔軟な発想が大切。


森崎博之

幌筵島(ぱらむしるとう)の資料はあまり多くないんですけど、できる限り集めて読みました。兵士たちは15日の敗戦を知って、絶望の淵に沈んでいました。しかしソ連の侵攻に対して、彼らは再び力を振り絞って立ち上がる。そのとき、彼らは一体どんな気持ちだったのか。今回の公演で伝えたいのは、彼らの思いです。あの時代にああいう人たちが生きていて、そして何を考えていたのか。思想的視点を超えて、ドキュメンタリーでも再現ドラマでもなく、演劇として伝えたいと思いました。彼らを演じることで、その心がどこに向かっていたのか、考え抜いていきたいと思います。


おちまさと

ただ奇をてらった企画書がいいわけではありません。大切なのは与えられた課題の枠内の中で「ふり幅」をできるだけ大きくすることです。「ありそうでなかった」企画を出すことが重要なのです。そこで市場調査をしたり、相手にヒアリングをして本当に望んでいる課題について考えます。その枠の中で、他が思いつかない解決策を盛り込んだ企画なら通るでしょう。


弘兼憲史

おそらくいい上司というのは出来上がった姿ではない。悪戦苦闘してもがいている状態が、周りから見るといい上司に見えるのだ。その意味で気持ちの上では発展途上上司であり続けることがより大事なのではないのかとぼくは思う。「転石、こけを生ぜず」ということわざがある。だからいい上司になんてなろうと思わなくていい。ぼくはそう思う。


山下淳一郎

経営者は、考えることが労働であり、成果を上げることが仕事。何を考えるかで結果は決まる。


宮嶋宏幸

販売の喜びとは、まずお客様から直接感謝の言葉をいただける点。それから、結果が数字で表れるので、過去の実績や他店と比べることが容易だということ。ゲームをやっている感覚を毎日味わえるのです。もうひとつ、品ぞろえやディスプレイに自分の創意工夫が発揮できて、それに対する反響を自分で確認できる。大きくいうと、この3つです。


岩瀬大輔

夜の自由な時間では、社内との付き合いと社外の付き合いのどちらに重きを置くべきか。これは意見が分かれるところですが、私は社外の人との付き合いを大事にすべきだと考えています。


鈴木修

社長が(ワンマン経営ではなく)チーム・スズキでやりたいと聞いてどう思ったか? それは新しい方向でいいんじゃないかと。でも、賛成したから異論がなかったと考えられては困りますね。一番の懸念はチーム・スズキってのは小田原評定につながりかねないということなんですよ。戦国時代に豊臣秀吉に小田原城を攻め込まれた際に城中では結論の出ない会議が繰り返されたように、何も決められない、ということでは困る。まあ、お手並み拝見ですな。もちろん、私も四役会議のメンバーですから意見は言いますよ。でも、決めるのは合議制。それは新社長が誕生した時からやっていますよ。一方の考え方として民主主義ではありますからね。明治天皇もおっしゃってましたね。万機公論に決すべし、とね。天下の政治は世論に従って決定しなきゃならない。でも、小田原評定にならんようにやらないと。ならんように指導はしていきます。


青山文平

頭にあるのは、次はもっといいものを書くことだけです。そのためには殻を閉ざすことなく、世界に対して己を開いて刺激を受け続け、考え続けなければなりません。


伊藤羊一

商品のコピー(キャッチコピー)でいえば、お客様に商品を欲しいと思わせて買ってもらうとか、会社の方針を変えてもらうとか。結局、聞き手に動いてもらうためにやっている。ならば聞く側が内容を明確にイメージできないと、動くわけがない。


出原洋三

品質を重視する日本企業は、お金をかけすぎて利益を上げづらい問題があります。逆に欧米企業にはコスト重視で、品質が十分でない場合があります。大事なのは顧客が求める品質とコストのバランスです。


林野宏

確かなのは、「従来通り」では、もはや生き残れないということ。


ページの先頭へ