名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤東里の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤東里のプロフィール

佐藤東里、さとう・とうり。日本の経営者。日立マクセル会長。日立製作所副社長を経て日立マクセル社長に就任。Jリーグの柏レイソル社長としても活躍し、同チームを経営面で支えた人物。

佐藤東里の名言 一覧

上手くいっていない組織があると、頭の固い人間を別の部署に移し、頭の柔らかい人間を引っ張ってくる人事を断行しました。その結果、社内に活力が生まれ、半導体部品や精密成型技術などの分野で新発想の技術や製品が開発されるようになったのです。


経営者は会社全体に明るさをもたらすことが必要です。難題が山積していても、どこか良い点に光を当てて、やる気を出させるように心がけています。


近頃、アジアの台頭が目覚ましく、先端品であっても、日本で開発してアジアで量産するというパターンが増えています。開発そのものがアジアに移っていくようであれば、それこそ日本のモノつくりはおしまいです。日本企業が日本を基盤にして生き残っていくためには、他に真似ができない技術や製品の開発が不可欠です。そのために経営者にできることは、発想が柔軟な人間を要所に配置することであると確信しています。


私の判断で、携帯電話などに使われる二次電池(充電できる電池)の事業を立ち上げることにしました。ところが、二次電池の開発が思うように進まないのです。それまで我が社は一次電池(使い捨て電池)の事業である程度の実績を上げていたので、二次電池開発はスムーズにいくと踏んでいたのですが甘かった。あるとき、廊下で出くわした記録メディア担当のキーマン二人に「二次電池はなかなか難しい」と話したら「二次電池は構造的に記録メディアに近いんです」と二人が言うんです。その一言を聞いて「これだ!」と直感し、すぐに記録メディア事業のキーマンを二次電池開発責任者に据えました。そうしたら半年もたたないうちに開発が完了し、その翌年、リチウムイオン二次電池事業が黒字化しました。


月並みですが「変革とスピード」をスローガンに掲げ、既存事業の見直しとテコ入れをやり、企業イメージの刷新を図りました。それまでの「オーディオテープのマクセル」から「コンピュータのマクセル」へと、転換を図ったのです。翌年には黒字回復しましたが、まだまだ先行きに不安を残していたこともあり、新規事業の推進に乗り出しました。


「このままでは会社がつぶれてしまう」。5年前、日立マクセルの社長に就任したときの率直な感想でした。主力製品の成熟化で業績が低迷しており、会社全体に活力がなく、閉塞感が漂っていたのです。これではまずい、何とかしなければと、気がついたら改革に乗り出していました。


佐藤東里の経歴・略歴

佐藤東里、さとう・とうり。日本の経営者。日立マクセル会長。日立製作所副社長を経て日立マクセル社長に就任。Jリーグの柏レイソル社長としても活躍し、同チームを経営面で支えた人物。

他の記事も読んでみる

永守重信

企業の経営者は、赤字になっても自分のせいではないと思っている人が多いのではないか。理由を挙げたらキリがない。でもそんな言い訳をしたり政府にモノ申しても何の解決にもなりません。大企業ならいいかもしれませんが、中小企業なら潰れてしまいます。


竹内謙礼

キャッチコピーと同じように、企画書の文章の流れも、「読む人に興味をもってもらう(引き)」「優位性を伝える(特徴)」「興味をもってもらう(説明)」の3つのブロックを骨組みにすることで、手早く作成できる。


田中孝司(経営者)

ドコモには安心・安全と高い顧客満足度という軸があって、ソフトバンクには孫正義社長の強いリーダーシップと、革新的な企業イメージがあります。ライバルの間で埋没しないためには、ユーザーの信頼を獲得する努力を怠ることはできません。


野村克也

努力に即効性はない。コツコツやるしかない。いつの時代にもいる一流選手と自分は何が違うのか。それを考えながらやるしかない。


ジョン・キム(法学者)

5年先の目標が無駄だと考える理由のひとつは、時代の変化以上に自分が大きく変化するからです。いまの自分の判断能力を過大評価してはいけませんが、未来の自分の判断能力を過小評価してもいけないのです。


小川泰平

取り調べの始まりは、実に穏やかです。何しろ被疑者に話をしてもらわないことには、調べが先に進みません。ですから、ガチガチになっている被疑者の緊張を解き、話しやすい雰囲気をつくることが、取り調べにおける刑事の最初の仕事。その雰囲気づくりのためには、のっけから敵対するのではなく、まず相手との信頼関係を築きます。そこで最も大切なのは、まずこちらから先に相手を信頼すること、悪く言えば信頼するフリをすることなんです。容疑者は嘘をつくもの、隠し事をするもの。それを信頼するというのは、一見おかしなことに思えるでしょう。けれど、隠し事をする人には、頑なに隠そうとする意思とは反対に「話してしまいたい」という心理も働いているものです。


山内溥

これまで同様、楽しさと面白さを模索し続けていくだけだ。その結果優れたゲームができれば望ましい。今後、売り上げの減少があるかもしれないが、それは仕方ないのではないか。岩田聡社長はゲームソフトの企画者出身だから任天堂の中だけでなく、他社の有能な技術者の発想も取り入れて面白いゲームを作るだろう。すぐには難しいだろうが、一年程度経てば私の社長時代からの変化が目に見えて出ると思う。


竹中平蔵

やはりトップの姿勢が大事。リーダーは将来を洞察する力があると同時に、従業員など組織関係者に自分の考えを明確に伝え、説得する力が重要になります。今の優れた経営者はみんな話がとても上手です。


小路明善

PB(プライベートブランド)はやっていませんし、当面そのつもりもありません。我々NB(ナショナルブランド)メーカーの使命は、常にブランド価値を高め続けることにあり、消費者の潜在ニーズを、商品の付加価値として具現化し、消費者がいつでもどこでも購入できる環境を構築することです。これを考えることが重要で、そうでなければ、受託製造のメーカーになればいいだけです。メーカーが持つ小売店への役割は消費者が、感動するレベルの商品を作ることです。


萩原吉太郎

悪いことは全部自分が被るから、処分してくれ。が、ただその前に私の気持ちだけ聞いてもらいたい。
【覚書き|太平洋戦争終結後、追放令違反容疑でGHQで取り調べを受けたときの発言】


村上龍

トップクラスの営業職の人物と『カンブリア宮殿(テレビ東京)』でお会いすると、営業というのは、案外クリエイティブな部分が多い仕事だということがわかります。新規の取引先開拓で「飛び込み営業」などをやらされるのは、確かに大変だし、つらいと思います。ただ、よい商品・サービスを企画・開発するという作業と、よい商品・サービスを売るという作業には、関連性もあり、商品知識やマーケティングの重要性など、共通点も多いのではないでしょうか。顧客開拓から、提案型の営業に変わりつつあるというのが私の印象です。


佐藤可士和

僕の場合は、妻が会社のマネジャーを務めているのですが、彼女が僕とは違う世界から、いろいろな情報を持ってきてくれています。