名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤東里の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤東里のプロフィール

佐藤東里、さとう・とうり。日本の経営者。日立マクセル会長。日立製作所副社長を経て日立マクセル社長に就任。Jリーグの柏レイソル社長としても活躍し、同チームを経営面で支えた人物。

佐藤東里の名言 一覧

上手くいっていない組織があると、頭の固い人間を別の部署に移し、頭の柔らかい人間を引っ張ってくる人事を断行しました。その結果、社内に活力が生まれ、半導体部品や精密成型技術などの分野で新発想の技術や製品が開発されるようになったのです。


経営者は会社全体に明るさをもたらすことが必要です。難題が山積していても、どこか良い点に光を当てて、やる気を出させるように心がけています。


近頃、アジアの台頭が目覚ましく、先端品であっても、日本で開発してアジアで量産するというパターンが増えています。開発そのものがアジアに移っていくようであれば、それこそ日本のモノつくりはおしまいです。日本企業が日本を基盤にして生き残っていくためには、他に真似ができない技術や製品の開発が不可欠です。そのために経営者にできることは、発想が柔軟な人間を要所に配置することであると確信しています。


私の判断で、携帯電話などに使われる二次電池(充電できる電池)の事業を立ち上げることにしました。ところが、二次電池の開発が思うように進まないのです。それまで我が社は一次電池(使い捨て電池)の事業である程度の実績を上げていたので、二次電池開発はスムーズにいくと踏んでいたのですが甘かった。あるとき、廊下で出くわした記録メディア担当のキーマン二人に「二次電池はなかなか難しい」と話したら「二次電池は構造的に記録メディアに近いんです」と二人が言うんです。その一言を聞いて「これだ!」と直感し、すぐに記録メディア事業のキーマンを二次電池開発責任者に据えました。そうしたら半年もたたないうちに開発が完了し、その翌年、リチウムイオン二次電池事業が黒字化しました。


月並みですが「変革とスピード」をスローガンに掲げ、既存事業の見直しとテコ入れをやり、企業イメージの刷新を図りました。それまでの「オーディオテープのマクセル」から「コンピュータのマクセル」へと、転換を図ったのです。翌年には黒字回復しましたが、まだまだ先行きに不安を残していたこともあり、新規事業の推進に乗り出しました。


「このままでは会社がつぶれてしまう」。5年前、日立マクセルの社長に就任したときの率直な感想でした。主力製品の成熟化で業績が低迷しており、会社全体に活力がなく、閉塞感が漂っていたのです。これではまずい、何とかしなければと、気がついたら改革に乗り出していました。


佐藤東里の経歴・略歴

佐藤東里、さとう・とうり。日本の経営者。日立マクセル会長。日立製作所副社長を経て日立マクセル社長に就任。Jリーグの柏レイソル社長としても活躍し、同チームを経営面で支えた人物。

他の記事も読んでみる

尾堂真一

今のリーダーには、メッセージ力が欠かせません。海外でさまざまなリーダーをみてきて、ほんとうにそう感じました。


岩田松雄

大切なのは自分のポジションを意識すること。そして「課長としての自分が求められている仕事は何か」というように、自分の役割を考えること。その上で、課長なら課長の役割を演じ切ることだと思います。


山口真由

人は好きな小説や映画のストーリーなら、どんなに複雑な話でも、かなり細かい部分まで語ることができます。その理由は、小説や映画のストーリーが、頭に記憶しやすい時系列で展開されているからです。


岩本貴

「楽患ナース」は端的に言えば、患者さんの意思決定を支援するサービスです。治療を受ける病院にしろ、治療方法にしろ、患者さんは概して「本当にこの選択でいいのだろうか」と迷うものです。不安もある。そこには何らかの原因があるはずなのですが、本人が気づいていないことも多い。そこをじっくり聞き出し、解決に向けた中立的な助言をするのが看護師資格を持つ医療コーディネーターの役割です。この看護師というのがミソで、医療現場を知るプロであるのと同時に、相手の心のひだまで迫ることができるんですね。


松井忠三

自分から率先して挨拶を習慣化することで、部下たちとの情報共有がぐっとスムーズになる。上司からは有用な情報がたくさん上がれてくるようになる。


三森久実(三森久實)

火災による吉祥寺店の全面改装で借金はさらに膨らみ、資金繰りが難しくなりました。借金を返すためには、いまある店できちんと利益を出しながら、成長することが必要でした。カメのように着実に、ウサギのように速く走らなきゃいけない。相反することを同時に成し遂げなくてはならない難しさを身をもって感じたのはこのころです。
【覚書き|34歳のころに大戸屋吉祥寺店が火災に遭ったときを振り返っての発言】


今泉嘉久

「オフィスは企業の理念を社内外に伝えるメディアだ」と私は考えています。オフィスのデザインを通じて、その企業のビジョンや独自性を広く伝えることができるのです。


林野宏

よく、秀才ばかり雇っても企業は立ち行かないと言いますが、豊富な知識を持つ秀才は大変価値があります。問題は、その知識を知恵に変えることができるかどうかです。企業はスタッフ部門が知識や情報を知恵に変え、現場がその知恵を行動に移し、富に置き換えることで成り立っているのです。


羽生善治

反省の仕方ひとつにしても同様です。ミスをしたり負けたりしたときに、あとから振り返ると、たいてい似たようなところでミスをしているものです。反省はするけれども、それでも、また同じミスをすることはよくあります。そこで「二度と同じミスはしない!」と決意しても、人はすぐ忘れるじゃないですか(笑)。そして、また同じミスをしますよね。結局、癖だから仕方がないのでしょう。ただ、そういう自分の癖を知っておけば、同じミスはするものの、回数は減らせます。完全になくせれば一番いいのでしょうけれども、なかなかそうもいかないなら、頻度を低くすればいい。同じミスを繰り返すとしても、それが月に一回なのか、年に一回なのかでは、まったく影響が違います。一年に一回のミスを三年に一回にできれば大きな成長といっていい。そのくらいの考え方がちょうどいいのではないかと思います。


原口博光(経営者)

これまで当社は、海外企業との付き合いがほとんどありませんでした。状況は改善すべく、ある部下に新規5社と連絡を取って、人間関係を構築して恋と命じました。でも、どうしても交渉が上手くいかないので、部下とともに私も台湾の企業を訪問することにしました。先方の感触は良好。取締役だった私が出向いたことで、当社の本気度を理解してくれたのでしょう。


谷口祥子

年下の相手には、若い世代が得意とする分野について教えを請うと良いでしょう。「このアプリって、どう使うの?」などと尋ねると、相手は目上の人に役立てる喜びを感じるでしょう。


桑原豊(経営者)

私はこれまで何百人もの店長を見てきました。その経験から気づいたのが、業績が好調な店の店長と振るわない店の店長では、話し方に違いがみられます。その違いとは、好調な店ほど「ワンフレーズ」を大事にしているということです。営業中の店舗では、店長とスタッフがじっくり話し合う余裕はありません。でも好調な店の店長は、フロアや厨房でスタッフとすれ違う際に、必ずひと言声をかけます。仕事の話なのに、まるで自分の大好きな趣味についての話をしているかのように、楽しそうに話すんです。もちろん注意することもありますが、多くは褒め言葉です。その店長がいいなと思ったことを自然に口に出しているんです。