名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

佐藤東里の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤東里のプロフィール

佐藤東里、さとう・とうり。日本の経営者。日立マクセル会長。日立製作所副社長を経て日立マクセル社長に就任。Jリーグの柏レイソル社長としても活躍し、同チームを経営面で支えた人物。

佐藤東里の名言 一覧

上手くいっていない組織があると、頭の固い人間を別の部署に移し、頭の柔らかい人間を引っ張ってくる人事を断行しました。その結果、社内に活力が生まれ、半導体部品や精密成型技術などの分野で新発想の技術や製品が開発されるようになったのです。


経営者は会社全体に明るさをもたらすことが必要です。難題が山積していても、どこか良い点に光を当てて、やる気を出させるように心がけています。


近頃、アジアの台頭が目覚ましく、先端品であっても、日本で開発してアジアで量産するというパターンが増えています。開発そのものがアジアに移っていくようであれば、それこそ日本のモノつくりはおしまいです。日本企業が日本を基盤にして生き残っていくためには、他に真似ができない技術や製品の開発が不可欠です。そのために経営者にできることは、発想が柔軟な人間を要所に配置することであると確信しています。


私の判断で、携帯電話などに使われる二次電池(充電できる電池)の事業を立ち上げることにしました。ところが、二次電池の開発が思うように進まないのです。それまで我が社は一次電池(使い捨て電池)の事業である程度の実績を上げていたので、二次電池開発はスムーズにいくと踏んでいたのですが甘かった。あるとき、廊下で出くわした記録メディア担当のキーマン二人に「二次電池はなかなか難しい」と話したら「二次電池は構造的に記録メディアに近いんです」と二人が言うんです。その一言を聞いて「これだ!」と直感し、すぐに記録メディア事業のキーマンを二次電池開発責任者に据えました。そうしたら半年もたたないうちに開発が完了し、その翌年、リチウムイオン二次電池事業が黒字化しました。


月並みですが「変革とスピード」をスローガンに掲げ、既存事業の見直しとテコ入れをやり、企業イメージの刷新を図りました。それまでの「オーディオテープのマクセル」から「コンピュータのマクセル」へと、転換を図ったのです。翌年には黒字回復しましたが、まだまだ先行きに不安を残していたこともあり、新規事業の推進に乗り出しました。


「このままでは会社がつぶれてしまう」。5年前、日立マクセルの社長に就任したときの率直な感想でした。主力製品の成熟化で業績が低迷しており、会社全体に活力がなく、閉塞感が漂っていたのです。これではまずい、何とかしなければと、気がついたら改革に乗り出していました。


佐藤東里の経歴・略歴

佐藤東里、さとう・とうり。日本の経営者。日立マクセル会長。日立製作所副社長を経て日立マクセル社長に就任。Jリーグの柏レイソル社長としても活躍し、同チームを経営面で支えた人物。

他の記事も読んでみる

カリン・スローター

一筋縄ではいかない謎解きが物語の中心にくるよう、いつも心がけています。と同時にリアリティがあって興味深いキャラクターを生み出すよう、力を注いでいます。この両要素が備わり、「次に何が起こるだろう?」と読者が思わずにいられないようなストーリーであるかどうかが、私にとってもとても重要です。


渡辺明(渡邊明)

当然、相手は自分の先方やパターンを研究してきます。その裏をかけば自分に有利な状況がつくりやすくなる。


松本晃(経営者)

海外の食品メーカーは儲かっていますが、米国でスーパーを覗いても、商品の値段が高いわけではありません。むしろg当たりで比べてみると日本よりずっと安い。私の分析では、日本の食品企業は製造と流通段階で利益が6ポイントずつ削られている。だから日本メーカーは、海外勢の15%よりずっと低い平均3%とでしょう。例えば、世界中の企業を見ていると改めて思いますが、営業担当者全員にオフィスを用意しているのは日本ぐらいですよ。


松野恵介

私は老舗呉服問屋で「いいモノならば売れる」時代から「モノが余っていて売れない」時代への変遷期を経験しました。その中で苦しみながら「売る側の思いをぶつけるだけでは売れない。顧客が何を求めているのかを知らなければならない」という要点をつかみました。


似鳥昭雄

新しい担当者は今までと同じことをするなと言っています。今までと同じことを繰り返すだけなら3か月単位で交代してもらいます。実際、3か月で交代して辞めていった人もいますが、3か月でできなかったら1年経っても、10年経ってもできません。当社の社員にはそれくらいの心構えで仕事に取り組んでほしいと思っています。


竹中平蔵

リスクには、「リスク認識」「リスク軽減」「リスク反応」「再構築」という4つの段階で対応するものです。特に被害は、リスクへの認識と軽減をどの程度やっていたかによって違ってきます。


向谷匡史

人間関係というのは、自分という船の船底にこびりついたフジツボや牡蠣殻のようなもの。人生という海原を渡っていくうちにどうしても付着してしまうものですが、気になるなら自分で削ぎ落とせばいいんです。


宮内義彦

今日のオリックスは、ただ一瞬の姿でしかなく、明日にはもう変わっていなければならない。企業とは、過去をしっかりと理解し、それにとらわれず、正しい変化を遂げる挑戦を続けてこそ成長できる。


高橋和志(造船技師)

私はこの地で踏ん張るつもりです。鍋や釜のようなものからでも製品に仕上げて、気仙沼で作ったものを全国に発信する。そうでなければ復興の意味がないですから。いろんな意見があるだろうけど、私は、復興ってその地域が自立してやらなきゃ意味がないと考えています。
【覚書き|東日本大震災で大きな被害を受けた地元気仙沼の復興活動について語った言葉】


久野康成

価格競争に陥る商品販売をしている時点で終わっている。自分にしかできないオンリーワンを見つけ出し、顧客との関係づくりを行うしかない。


村山康夫

大変だったのは合併に伴う人材配置の問題でした。出身会社のバランスを取るという風潮が強い中、私は新会社の将来にとっては適材適所の人材を優先すべきだと主張したのです。今日なら当然の考えともいえるでしょうが、当時は「融和が一番大事な段階なのに」との反応が大勢でした。


上釜健宏

業績が好調だからこそ、風土改革を思い切りやった方がいい。