佐藤東里の名言

佐藤東里のプロフィール

佐藤東里、さとう・とうり。日本の経営者。日立マクセル会長。日立製作所副社長を経て日立マクセル社長に就任。Jリーグの柏レイソル社長としても活躍し、同チームを経営面で支えた人物。

佐藤東里の名言 一覧

上手くいっていない組織があると、頭の固い人間を別の部署に移し、頭の柔らかい人間を引っ張ってくる人事を断行しました。その結果、社内に活力が生まれ、半導体部品や精密成型技術などの分野で新発想の技術や製品が開発されるようになったのです。


経営者は会社全体に明るさをもたらすことが必要です。難題が山積していても、どこか良い点に光を当てて、やる気を出させるように心がけています。


近頃、アジアの台頭が目覚ましく、先端品であっても、日本で開発してアジアで量産するというパターンが増えています。開発そのものがアジアに移っていくようであれば、それこそ日本のモノつくりはおしまいです。日本企業が日本を基盤にして生き残っていくためには、他に真似ができない技術や製品の開発が不可欠です。そのために経営者にできることは、発想が柔軟な人間を要所に配置することであると確信しています。


私の判断で、携帯電話などに使われる二次電池(充電できる電池)の事業を立ち上げることにしました。ところが、二次電池の開発が思うように進まないのです。それまで我が社は一次電池(使い捨て電池)の事業である程度の実績を上げていたので、二次電池開発はスムーズにいくと踏んでいたのですが甘かった。あるとき、廊下で出くわした記録メディア担当のキーマン二人に「二次電池はなかなか難しい」と話したら「二次電池は構造的に記録メディアに近いんです」と二人が言うんです。その一言を聞いて「これだ!」と直感し、すぐに記録メディア事業のキーマンを二次電池開発責任者に据えました。そうしたら半年もたたないうちに開発が完了し、その翌年、リチウムイオン二次電池事業が黒字化しました。


月並みですが「変革とスピード」をスローガンに掲げ、既存事業の見直しとテコ入れをやり、企業イメージの刷新を図りました。それまでの「オーディオテープのマクセル」から「コンピュータのマクセル」へと、転換を図ったのです。翌年には黒字回復しましたが、まだまだ先行きに不安を残していたこともあり、新規事業の推進に乗り出しました。


「このままでは会社がつぶれてしまう」。5年前、日立マクセルの社長に就任したときの率直な感想でした。主力製品の成熟化で業績が低迷しており、会社全体に活力がなく、閉塞感が漂っていたのです。これではまずい、何とかしなければと、気がついたら改革に乗り出していました。


佐藤東里の経歴・略歴

佐藤東里、さとう・とうり。日本の経営者。日立マクセル会長。日立製作所副社長を経て日立マクセル社長に就任。Jリーグの柏レイソル社長としても活躍し、同チームを経営面で支えた人物。

他の記事も読んでみる

田中実(経営者)

銀行員時代にいろいろな会社を見てきた経験から、弱みの補完やリスク管理は得意です。だけど、強烈なリーダーシップがあるわけではない。僕ができる最大のことは、社員が喜びを見いだす環境、働きやすい環境を作ることくらいです。


魚谷雅彦

卒業間近になったとき、非常に印象的な言葉を教わりました。相手をインスパイアするために有効なコミュニケーションの方法の第一は、まず相手の言葉を聞くこと。第二は、自分自身が情熱的に生きていることだと。自分に情熱がなかったら、相手がインスパイアされることなんてあり得ないのだと教わりました。
【覚書き|アメリカのコミュニケーション学校のデール・カーネギー・スクールに通った当時を振り返っての発言】


秦郁彦

宮大工のような仕事をする。歴史家として経験を積むうちに、こう考えるようになりました。細部に意を払いつつ、堅牢な建物を建てる。途中の経過をくどくど説明するよりも、謙虚に、出来上がったもので評価してもらうと。


森田直行(経営者)

長期的な戦いで勝てるチームはどこもチームワークがいい。スター選手は少なくとも、チームワークがいい組織は長期にわたって良い成績を残していけるんですね。リーダーを中心に一体感があり、一致協力の体制が取れています。


坂田大輔

ワールドユースでイングランドやブラジルと対戦したとき、フィジカルの差を痛感した。体をぶつけ合うような1対1の勝負では厳しいと思う。日本人の良さを生かした戦い方をしていかないと、世界とは対等にやりあえないと思う。


中島義道

哲学をやっていて結婚するのは間違っているという意見もあります。確かに妻がいなくても私は生活できます。でもね、妻と子供がいたから、人生が豊かになったとも言える。自分が一番わがままな人間だと思っていましたが、妻と出会って私の次にわがままな存在を知りましたから。


下村勝己

子供の数が減っていくのは、塾市場にとってはプラスではない。むしろマイナス。かといって教育産業が消えるわけではない。その時代のニーズに応えられる塾・予備校は残っていく。


大竹伸一

いつの時代にも変わらず必要であるのがチャレンジ精神です。自分の中にひとつの疑問が浮かんだら、一種類の解釈、一種類の回答によって素直に納得するのではなく、さらに重ねて、4度でも5度でも「なぜなんだ?」「なぜなんだ?」と問い続けることが大事です。


立川志らく

多くの公演をこなし、師匠として20名の弟子を育てる。よほどのことがない限り、今のポジションが揺らぐことはない。これまでと同じように落語をこなせば、代わり映えのない毎日は続くが、「いい落語家になりましたね」と人々から称賛され、人生を終えるだろう。だが一方で、これでいいのかという思いもあった。師匠である談志が、マネージャーを通じて「なんで志らくはもっとスターを目指さないんだ?」とぼやいていたからだ。談志は人気者が好きである。


遠藤功

いくら英語がペラペラでも、コンテンツを持たない薄っぺらな人とは誰も話したいとは思わないでしょう。日本人としての意見をしっかりと持つことのほうが、綺麗な発音にこだわるよりも重要だと私は思います。


樋口泰行

法人向けと消費者向けの両方をやっている会社は、それぞれに求められる文化が違うので、ひとつの会社の中でどう共存させるか。これはひとつの大きなチャレンジです。


大前研一

95年に都知事選に出たけれど、都民は「机をひっくり返してやる!」と言った青島幸男氏を圧勝させた。僕は政治家には向いてなかったんだな。言ったことをやらない人が当選する世界だから合わないわけだ。その後「うちの政党で出馬を」と何回も言われたけど、向いてない、と悟ったのですべてお断りしてきた。運命を人に決められるのは、イヤなんだ。そこで政治ではなくもっと根っこの部分。教育、人づくりから日本を変えようと思ったんだ。


岩沙弘道

かつて、リーダーは「不言実行」が良しとされてきましたが、いまの時代「不言」はだめです。自らが正しいと思う、信念に基づいた価値あることは、言い続けて発信し続ける「有言実行」が何よりも大事。


望月実

「業界No.1」「リピーター率85.5%」「他社製品よりも30%オフ」など、売りになる数字があれば、迷わず採用すべきです。


三ツ木孝

社員が経営者的な感覚で自分の仕事にあたることは、会社のためというよりもむしろ、自分自身の成長に大変役に立つこと。


ページの先頭へ