名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐藤有美(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤有美(経営者)のプロフィール

佐藤有美、さとう・ゆみ。日本の経営者。「経済界」社長。

佐藤有美(経営者)の名言 一覧

今と昔では、会社の置かれる状況はまるで違う。過去の常識は現在の非常識。この時代の流れをしっかり把握しておかないと、経営につまずいたときに会社として社会的責任を負うことになる。


時代は新しくなっているのに、古い鎧を脱げない経営者は取り残される。新しい視点で提案や主張をしたときに、長いものに巻かれたり、反対派に屈するようでは、何もできません。


会社はいろんな人がいて成り立っています。でもバラバラではうまくいかない。社長と社員が同じ方向を向いたとき、初めて大きく成長する。


「旧」の部分を知らないと新たなこともできない。


マーケティングも昔と違って顧客満足にすごく重点を置くようになったので、トップダウンの手法はなかなか通用しなくなってきました。


一度できあがったものを変えるのは大変。長年にわたり染みついた慣行を変えるとなると大きな抵抗力が働く。


世代が違うからこそ面白かったり、教えてもらったりすることはありますよね。手塩にかけて社員を育て、後世に伝えることは大切だと思います。


フェース・トゥ・フェースは大切。相手の息遣いや目の動きで分かることも多い。


自分とは違う価値観を知ることで、新しいアイデアが生まれることもある。


義務で料理を作っていた時はあまり好きではありませんでした。でも好きな時に料理をするようになったらとっても楽しくなって、今ではストレス解消になっています。


ひとつずつコツコツとカタチにしていく社員たちの姿を見ていると、父が起業した理由が分かる気がします。ひとりの力では限界があることでも、個人の力を集結すれば短時間でスムーズに事が運ぶのですから、チームワーク効果を垣間見ることができるのは、経営者冥利に尽きるものです。


お客さま感覚でものごとを考えるのは女性のほうが優れていると思うので、雇用形態にかかわらず、どんどん女性のアイデアを取り入れたほうがいいと思います。人を見る目も女性のほうがシビアですし。


「役職が人を育てる」と私の父もよく話していました。私も社長になってから経営や人の生かし方を現場で覚えましたし。これは笑い話ですが、私の社長就任が決まったとき、「娘が社長で大丈夫か?」と不安がる社員たちを前に、父は「バカ野郎! 経理部長はできなくても社長はできるんだ!」と怒鳴ったんです(笑)。ひどいですよね。


佐藤有美(経営者)の経歴・略歴

佐藤有美、さとう・ゆみ。日本の経営者。「経済界」社長。

他の記事も読んでみる

ウォルト・ディズニー

私は偉大なアーティストでも、偉大なアニメータでもない。私の周りには、いつも私より優れた技術を持った人たちが私の代わりに働いている。私の仕事は新しいことを考え出すアイデアマンだ。


山田義仁

製造ラインでは、その生産物がしっかり作れる信頼性が求められます。安かろう悪かろうではダメなんですよ。もし何か事故が起こったときのマイナスのダメージが大きいですから、入れ替えるラインの制御の設備を安いものに変えるということに対しては、現地企業もすごく慎重です。


石井一久

ピッチャーが一人前に育つプロセスでは、場数を踏むことが大切。打たれたときには、なぜ打たれたかを振り返り、次に活かすことで成長できる。


小宮一慶

コンサルティング業を続けるうちに、成功する人が共通して持つ資質や要素に気づきました。「能力」「熱意」「考え方」。この3つの掛け算で成功できるかどうかが決まります。


佐久間庸和(一条真也)

私は社員とのコミュニケーションを一番大切にしています。定期的に現場を回っては、サンレーのダジャレ王(笑)として、気軽に現場スタッフに声をかけます。1300人を超える社員と顔と名前もすべて覚えています。全社員の誕生日に私自身がバースデーカードを書き、記念品とともに贈っています。


野口敏(話し方)

日ごろからいい気持ちを笑顔で伝える習慣を持つことで、やがて自然な笑顔がつくれるようになります。たとえば、同僚から何かをしてもらったら「ありがとう」とちゃんと相手のことを見てお礼を言ったり、レストランの食事がよかったら、ウェイターさんに「美味しかったですよ」と伝えたりするといったことです。


鈴木高広

イモが育つには、光合成を行うための太陽光が必要です。ただし通常、イモは地表の畑に苗木を植えて育てる。いわば平屋建て。だから、太陽光は上空から地表に真っ直ぐ当たる部分(面)しか太陽光を利用できない。しかし、イモは太陽光全体の6%もあれば、光合成をするほど生命力が高く、食用ではそれで十分だったんです。ただ生産効率は悪いですよね。「じゃあ平屋をマンションにしたら、うんと生産効率があがるのでは?」と考えた。「多層栽培」とはそういうことなんですよ。平地にそのまま苗木を植えず、格子状に仕切った植木鉢にイモの苗を隙間なく植える。さらにそれをスチールラックで何段にも重ねました。まさにマンションですよ。


定保英弥

人材をきちんと育成してレベルを上げていけば、サービスの質も上がり、お客様の数も増えます。お客様の数が増えれば、売り上げも増え、利益も確保できるので、また施設改修や人材育成に再投資できます。この理想的なサイクルをしっかりと回すことが非常に重要であり、その土台となる人材育成を頑なに進めていきたいです。そうすれば、外資系との競争にも勝ち残っていけると思っています。


茂木友三郎

個々の企業の付加価値が積もり積もると、経済成長につながります。GDP(国内総生産)のかなりの部分は、企業の付加価値の総和です。顧客の創造はすべての原点になるといっていいでしょう。


亀井勝一郎

徒党というものは一面からいえば孤独に耐え得ざる精神の休憩所だ。


伊藤守

私が最初に米国人コーチに言われたことは「後継者は誰にするんですか」ということでした。45歳といえば、一般的にはまだこれからという年代です。急に聞かれてもわかりません。「まだ決めていません」と答えると、そのコーチは「じゃあ、次回会う時までに遺書を書いておいてください」と言いました。「遺書を書け」と言われて初めて、後継者を考えることにリアリティが湧いてきました。


田原総一朗

趣味は全くないです。あえていうなら、人と会うこと。ネットの時代になってから、さらに人と会うことが楽しくなりました。言葉というのは、あくまでも表現のワン・オブ・ゼムに過ぎません。直接会って表情を見れば、言葉だけでわからないものが伝わってくる。だから僕は、フェース・トゥ・フェースに徹底的にこだわります。


伊藤一郎(経営者)

想像力がない人がリーダーになると、目先の起きたことだけに絆創膏を貼るようなことしかしなくなってしまう。


長谷部誠

自分は運がいい方だと感じています。でも、運は待っていても来ない。たぐり寄せるものだと思う。苦しい思いとか頑張った奴に運がついてくると考えている。だから選択を迫られたときに、いつも難しい方を選ぶんです。


戸塚隆将

一方的に指示をするのではなく、「君ならどうする?」「その結論に達した理由は何?」と、こまめに問いかけましょう。これは部下育成と同時に、自分を鍛える効果もあります。