名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤智恵(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤智恵(コンサルタント)のプロフィール

佐藤智恵、さとう・ちえ。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。兵庫県出身。東京大学教養学部卒業、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得。NHK報道番組ディレクター、ボストン・コンサルティング・グループ勤務、外資系メディア・エンターテインメント企業エグゼクティブ・プロデューサーなどを経て独立。そのほか、テレビ・ラジオなどのコメンテーター、コロンビア大学経営大学院入学面接官などを務めた。

佐藤智恵(コンサルタント)の名言 一覧

マネジャーは、与えられた仕事をミスなくこなし、現状維持に努める管理者。一方、リーダーは、新しいことを生み出せる人。


減点されないマネジャーが出世すると思いがちですが、最後の最後で企業に評価されるのは何かをやり遂げた人。


逆境に直面した時、そこでやめてしまえば「挫折」になる。結果が出るまでやり続ければ「成功までの過程」になる。


難しいことを難しく話すことは誰にでもできる。常に聞き手のことを考えて、簡単な言葉で伝える習慣を身につけることが大切。


日本人は失敗に弱いと言われています。克服する方法は1つ。失敗経験をたくさん積むこと。ポイントは、失敗してもいい環境で失敗経験を積むこと。


会社での失敗を「個人的な失敗」と捉えずに、「上司や周りも責任を負うもの」と考えましょう。失敗で思い悩んだら、最後は「これで死ぬわけじゃない」と考えればいいのです。


なぜ改めて歴史を学ぶ必要があるのかというと、100年、200年という長期的な視点で物事を見ないと、本質を見失ってしまうことがあるからです。


人の名前と経歴を覚えるのは、リーダーシップの基本中の基本。名前を呼ぶということは「あなたのことを気にかけていますよ」と、相手をリスペクトしていることの表れ。


失敗は価値観を多様化させる。自分の常識とは違う世界があると学べる。


まず現場を見ることは、古今の名経営者がみな行っていることです。たとえば米沢藩の改革で知られる上杉鷹山(ようざん)も、藩主になってまず行ったことが藩内の視察でした。


リーダーは誠実であらねばならないというのが、いまの基本理念。


日本の管理職クラスは、どちらか一方に振れがちですね。現場には滅多に来ないで指示だけをする人と、「現場が大事」といって余計な介入をしてしまう人……。大切なのは現場が活躍できる仕組みを作ったら、あとは任せ切ること。


何かのプロジェクトリーダーを任された時は、部下の提案を「前例がないから」と断らないようにしましょう。その提案がフェイスブックのような大ヒットを生む可能性もあります。最初から否定してしまうのは、非常にもったいない。


世界を変える企業やビジネス、製品やサービスを生み出すためには、失敗を恐れず成長し続けることや、人から信頼を得ることが必要不可欠。成果につながる判断を迅速かつ的確に行う思考や、自己成長を促す習慣なども重要。


ハーバードの面接試験では、受験者が専門知識を誰でも分かる簡単な言葉で説明できるかどうかをチェックします。ビジネスの現場では、社外、分野外の人と仕事をすることがあるので、あらゆる人が理解できる言葉でコミュニケーションを取れなければいけないからです。


優秀な人ほど過去の成功に縛られるという失敗をしやすい。過去の成功は、いまの自分を形作ったものだから誇りに思っても当然。しかし、ビジネスの世界は常に動いており、過去の成功体験が明日に通用しないことも多々ある。


ハーバードの授業ではパソコンやスマートフォンなどの電子機器の使用が禁止されています。授業に集中させるためです教室には窓もありません。集中して考える時間を作るためにも、機械に「使われる」のを避けるためにも、ビジネスパーソンはネット禁止の時間を作った方がいいでしょう。


ハーバードの授業では、事業の未来を予測するとき、「最高のシナリオ」「現状維持」「最悪のシナリオ」の3つのシナリオで考えるように教えます。この3つのシナリオで考えておけば、何が起きても想定内になる。悪い結果が出てもパニックにならず、素早い対応が取れます。


誰でも失敗すれば落ち込みます。でも、その時間は何も生まず、事態は悪化するだけ。可能な限り素早く、できる限りの手立てをするのが最優先。一時的に評価は下がるでしょう。でも、誠実に対応すれば次のチャンスは必ず巡ってきます。


佐藤智恵(コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤智恵、さとう・ちえ。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。兵庫県出身。東京大学教養学部卒業、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得。NHK報道番組ディレクター、ボストン・コンサルティング・グループ勤務、外資系メディア・エンターテインメント企業エグゼクティブ・プロデューサーなどを経て独立。そのほか、テレビ・ラジオなどのコメンテーター、コロンビア大学経営大学院入学面接官などを務めた。

他の記事も読んでみる

野口吉昭

本を読んでいると、「この人の分析は鋭いな」とか、「この人の考え方には共感できるな」という著者が一人ぐらいは見つかるものです。その著者を師匠にすればいいんです。師匠を見つけたら、師匠がものごとを見るときの判断基準は何かを意識しながら、その師匠の本をしっかり読みこむ。すると、師匠の判断軸が自分のものになります。そして今度は師匠の判断軸を借りてほかの本を読みながら、そこに少しずつ自分なりの考えを加えていき、自分独自の判断軸をつくっていくわけです。


加藤夏希

実は、公開前は、あまり見ないようにしているんです。公開後にお客さんと一緒に映画館で楽しみたくて。初見は、どうしても「ひとり反省会」になっちゃいますね。「あそこはもっとできた」とか。でも、そうやって悔しがれるのは、お芝居への情熱が続いている証拠。


宗次徳二

名古屋市の外れに夫婦で開いた喫茶店で出したカレーが人気メニューになり、壱番屋の出店を始めてからも、お客様に感謝する気持ちを忘れませんでした。「ニコニコ、キビキビ、ハキハキ」という接客をなにより大事にしたからこそ、ここまで成長できたし、デフレだからといって値下げもせずにいられるんです。


大垣尚司

本来、いいローンというものはなく、より悪くないローンしかないんです。家を買うときに欲しいのは、ローンではなく家でしょう。住宅が欲しいから、仕方なくローンを買っているだけです。消費者が欲しくない商品を積極的に売ろうとすること自体、間違っています。


大倉忠司

トリキウェイ(社員向けに鳥貴族の経営の考え方をまとめたもの)では「王道経営」や「適正価格」「永遠の改善」といった経営戦略の前に、第1番目の項目として「正しい人間」であれというメッセージを載せています。社員一人ひとりの人生の指針としても活用してほしいからです。


平田雄一郎

新しいことに挑戦すれば、必ず失敗もする。だが、それがいい。準備不足が原因の失敗は良くないが、新しいことに挑んでした失敗を責めることはしない。責めれば社員が挑戦しなくなり、社員の成長が止まってしまうからだ。


保坂隆(精神科医)

いつもイライラしている人というのは、交感神経がオンになっている時間が長くなります。すると血管が収縮し、血圧が高くなり、動脈硬化が進んで「心筋梗塞」や「くも膜下出血」などのリスクが高まります。一方で平穏な人というのは、自律神経のバランスがいい。日中は交感神経が働いて活動的になりますが、夕方には副交感神経のスイッチが入って、食事、入浴を経てとてもリラックスし、いい眠りにつきます。当然、病気にかかりにくくなります。


林文子

市長と言えども完ぺきな人間ではないのですから、「これはわからない、だから教えてくださいね」と言う気持ちを持つべきです。私はわからないことはわからないと言うし、助けてもらったら本心から部下の方々にありがとうございますとお礼を言います。ところがリーダーシップをとる人は完璧でなくてはならないと思い込み、弱みは見せられないと虚勢を張りがちです。


浦沢直樹

毎回毎回、毎ページ白い紙が来るじゃないですか。これ埋められなかったらどうしようとか、全然気に入った絵が入れられなかったらどうしようとか、新人が白い紙に向かうのも、ベテランが白い紙に向かうのも、基本同じみたいな気がする。


石橋貴明

秘訣と言うほどのことじゃないかもしれないですけど、ひとつ挙げるとすれば「好きだ」ということですね。僕らはテレビでお笑いをやっていることが好きなんですよ。

【覚え書き|コンビ結成35周年について】


村上龍

考えることを放棄している人が増えているように思う。これは生きる上で非常にリスキーなこと。


安田佳生

やる気を失っている人というのは「この仕事は自分にとってどんな意味を持つのか」「自分にとって仕事とは何か」といった根本的な問いに答えを出さないまま、仕事に向かっているケースが多い気がします。自分の中に答えがないから、自分でも気づかないうちに迷いが生じて、仕事に対する情熱をしぼませてしまうのです。