名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

佐藤智恵(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤智恵(コンサルタント)のプロフィール

佐藤智恵、さとう・ちえ。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。兵庫県出身。東京大学教養学部卒業、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得。NHK報道番組ディレクター、ボストン・コンサルティング・グループ勤務、外資系メディア・エンターテインメント企業エグゼクティブ・プロデューサーなどを経て独立。そのほか、テレビ・ラジオなどのコメンテーター、コロンビア大学経営大学院入学面接官などを務めた。

佐藤智恵(コンサルタント)の名言 一覧

マネジャーは、与えられた仕事をミスなくこなし、現状維持に努める管理者。一方、リーダーは、新しいことを生み出せる人。


減点されないマネジャーが出世すると思いがちですが、最後の最後で企業に評価されるのは何かをやり遂げた人。


逆境に直面した時、そこでやめてしまえば「挫折」になる。結果が出るまでやり続ければ「成功までの過程」になる。


難しいことを難しく話すことは誰にでもできる。常に聞き手のことを考えて、簡単な言葉で伝える習慣を身につけることが大切。


日本人は失敗に弱いと言われています。克服する方法は1つ。失敗経験をたくさん積むこと。ポイントは、失敗してもいい環境で失敗経験を積むこと。


会社での失敗を「個人的な失敗」と捉えずに、「上司や周りも責任を負うもの」と考えましょう。失敗で思い悩んだら、最後は「これで死ぬわけじゃない」と考えればいいのです。


なぜ改めて歴史を学ぶ必要があるのかというと、100年、200年という長期的な視点で物事を見ないと、本質を見失ってしまうことがあるからです。


人の名前と経歴を覚えるのは、リーダーシップの基本中の基本。名前を呼ぶということは「あなたのことを気にかけていますよ」と、相手をリスペクトしていることの表れ。


失敗は価値観を多様化させる。自分の常識とは違う世界があると学べる。


まず現場を見ることは、古今の名経営者がみな行っていることです。たとえば米沢藩の改革で知られる上杉鷹山(ようざん)も、藩主になってまず行ったことが藩内の視察でした。


リーダーは誠実であらねばならないというのが、いまの基本理念。


日本の管理職クラスは、どちらか一方に振れがちですね。現場には滅多に来ないで指示だけをする人と、「現場が大事」といって余計な介入をしてしまう人……。大切なのは現場が活躍できる仕組みを作ったら、あとは任せ切ること。


何かのプロジェクトリーダーを任された時は、部下の提案を「前例がないから」と断らないようにしましょう。その提案がフェイスブックのような大ヒットを生む可能性もあります。最初から否定してしまうのは、非常にもったいない。


世界を変える企業やビジネス、製品やサービスを生み出すためには、失敗を恐れず成長し続けることや、人から信頼を得ることが必要不可欠。成果につながる判断を迅速かつ的確に行う思考や、自己成長を促す習慣なども重要。


ハーバードの面接試験では、受験者が専門知識を誰でも分かる簡単な言葉で説明できるかどうかをチェックします。ビジネスの現場では、社外、分野外の人と仕事をすることがあるので、あらゆる人が理解できる言葉でコミュニケーションを取れなければいけないからです。


優秀な人ほど過去の成功に縛られるという失敗をしやすい。過去の成功は、いまの自分を形作ったものだから誇りに思っても当然。しかし、ビジネスの世界は常に動いており、過去の成功体験が明日に通用しないことも多々ある。


ハーバードの授業ではパソコンやスマートフォンなどの電子機器の使用が禁止されています。授業に集中させるためです教室には窓もありません。集中して考える時間を作るためにも、機械に「使われる」のを避けるためにも、ビジネスパーソンはネット禁止の時間を作った方がいいでしょう。


ハーバードの授業では、事業の未来を予測するとき、「最高のシナリオ」「現状維持」「最悪のシナリオ」の3つのシナリオで考えるように教えます。この3つのシナリオで考えておけば、何が起きても想定内になる。悪い結果が出てもパニックにならず、素早い対応が取れます。


誰でも失敗すれば落ち込みます。でも、その時間は何も生まず、事態は悪化するだけ。可能な限り素早く、できる限りの手立てをするのが最優先。一時的に評価は下がるでしょう。でも、誠実に対応すれば次のチャンスは必ず巡ってきます。


佐藤智恵(コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤智恵、さとう・ちえ。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。兵庫県出身。東京大学教養学部卒業、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得。NHK報道番組ディレクター、ボストン・コンサルティング・グループ勤務、外資系メディア・エンターテインメント企業エグゼクティブ・プロデューサーなどを経て独立。そのほか、テレビ・ラジオなどのコメンテーター、コロンビア大学経営大学院入学面接官などを務めた。

他の記事も読んでみる

午堂登紀雄

自分の成長のためや人との関係を円滑にするためのお金を出し惜しむのは、人生をシュリンク(委縮)させるだけです。たしかに会社と自宅を往復しているだけの人はお金が貯まるでしょう。会社帰りに勉強会に参加する人は貯まりません。でも、後者の人生の方がはるかに広がるということは、誰もがわかっていることです。


宮内義彦

有事の際に何を考えどう動くか、正しい判断を下すことが、経営者の最大の仕事でしょう。経営者の判断一つで会社を潰してしまうこともありますから。外部環境に悩まされる時期もありましたが常にベストを尽くしてきました。


内藤誼人

自分の決めた締め切りの期限を守るには、危機意識を持つことが必要です。数年後、リストラに遭うのではないか。現在勤めている会社や業種は衰退しているのではないか。ライオンに狙われる草食動物のように不安や恐怖におびえる臆病さこそが、むしろいまのやる気に火をつけるんです。


宮内義彦

なぜイノベーティブな経営者が企業の中から出てこないのか。それはコーポレートガバナンス(企業統治)が機能していないからです。投資家や金融機関、社外取締役など外部のプレッシャーがないために、下から順繰りに上がる人事が増える。業績不振で退任する経営者が後継を指名するなど、日本の企業ぐらいのものでしょう。


立石剛

ビジネスそのものは、目的を果たすための手段でしかありませんが、逆にいえば、やってみたいと思うビジネスから、自分がそこにどんな意義を感じるかを探り出すことができます。例えば、文章を書く仕事がしたいという場合にも、企画を立てることが楽しいのか、何かを表現することに喜びがあるのかなど、その奥底に様々な意義が隠されています。


塚越寛

未上場企業なら、利益が出なくても構わないとも思っている。人件費を支払った上で、利益がゼロになったのであれば、何ら恥じることはない。それでも残った利益は「残りカス」だ。わざわざカスをひねり出すために、従業員の幸せを犠牲にする必要性はどこにもない。利益などというものは、その程度のものだ。


佐々木常夫

人は何のために働くのでしょうか。それは自分を成長させ、ひいては社会に何らかの貢献をするためです。たくさんのお金を得るとか、地位を得る、名誉を得るといったところには、本質的な幸せはありません。それはあくまでも自分自身の欲を充たすという部分的な快感でしかない。しかし、人のため、世のために貢献するというところには、全人的な点から非常に大きな喜びがあります。自分が少しずつ成長し、世の中への貢献度を高められる喜びほど大きいものはほかにない。


渋沢健(渋澤健)

かつては投資銀行やヘッジファンドでトレーダーなどをしており、短期的な投資を行っていました。価格の上げ下げという投資も、これはこれで刺激のある魅力的な仕事だったのですが、39歳の時に子供が生まれたことが転機になりました。それまでは自分の成長を軸として考えていましたが、子供の誕生によって次世代のために何かを残したい気持ちが芽生えたのです。


及川光博

ブレずに己を信じて道を進むのか、もうまったくもって流れに身を任せて生きるのか。どっちかだと思う。


大久保幸夫

20代から作品を発表し続け、大きく画風を変えながら80代まで現役であり続けた葛飾北斎をイメージしてください。専門領域にさらに広がりを追求し続けた生き方は、トッププロへの道そのものです。


新浪剛史

おすすめしたいのは歴史研究です。歴史を学ぶと、社会や組織が同じような失敗を繰り返してきたことがよくわかります。以外にも人類はまるで成長していないのです。たとえば旧日本軍を組織論から分析した『失敗の本質』からは、組織の硬直化を招くものは情緒であるという普遍的な知見が得られます。


森下洋一

仕事を任すのは人を育てるため。いざ任すとなると想像以上の勇気が要る。しかし、部下の成長を心から楽しみにして、ぐっと我慢しながら見守っていかなければならない。