名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤智恵(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤智恵(コンサルタント)のプロフィール

佐藤智恵、さとう・ちえ。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。兵庫県出身。東京大学教養学部卒業、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得。NHK報道番組ディレクター、ボストン・コンサルティング・グループ勤務、外資系メディア・エンターテインメント企業エグゼクティブ・プロデューサーなどを経て独立。そのほか、テレビ・ラジオなどのコメンテーター、コロンビア大学経営大学院入学面接官などを務めた。

佐藤智恵(コンサルタント)の名言 一覧

マネジャーは、与えられた仕事をミスなくこなし、現状維持に努める管理者。一方、リーダーは、新しいことを生み出せる人。


減点されないマネジャーが出世すると思いがちですが、最後の最後で企業に評価されるのは何かをやり遂げた人。


逆境に直面した時、そこでやめてしまえば「挫折」になる。結果が出るまでやり続ければ「成功までの過程」になる。


難しいことを難しく話すことは誰にでもできる。常に聞き手のことを考えて、簡単な言葉で伝える習慣を身につけることが大切。


日本人は失敗に弱いと言われています。克服する方法は1つ。失敗経験をたくさん積むこと。ポイントは、失敗してもいい環境で失敗経験を積むこと。


会社での失敗を「個人的な失敗」と捉えずに、「上司や周りも責任を負うもの」と考えましょう。失敗で思い悩んだら、最後は「これで死ぬわけじゃない」と考えればいいのです。


なぜ改めて歴史を学ぶ必要があるのかというと、100年、200年という長期的な視点で物事を見ないと、本質を見失ってしまうことがあるからです。


人の名前と経歴を覚えるのは、リーダーシップの基本中の基本。名前を呼ぶということは「あなたのことを気にかけていますよ」と、相手をリスペクトしていることの表れ。


失敗は価値観を多様化させる。自分の常識とは違う世界があると学べる。


まず現場を見ることは、古今の名経営者がみな行っていることです。たとえば米沢藩の改革で知られる上杉鷹山(ようざん)も、藩主になってまず行ったことが藩内の視察でした。


リーダーは誠実であらねばならないというのが、いまの基本理念。


日本の管理職クラスは、どちらか一方に振れがちですね。現場には滅多に来ないで指示だけをする人と、「現場が大事」といって余計な介入をしてしまう人……。大切なのは現場が活躍できる仕組みを作ったら、あとは任せ切ること。


何かのプロジェクトリーダーを任された時は、部下の提案を「前例がないから」と断らないようにしましょう。その提案がフェイスブックのような大ヒットを生む可能性もあります。最初から否定してしまうのは、非常にもったいない。


世界を変える企業やビジネス、製品やサービスを生み出すためには、失敗を恐れず成長し続けることや、人から信頼を得ることが必要不可欠。成果につながる判断を迅速かつ的確に行う思考や、自己成長を促す習慣なども重要。


ハーバードの面接試験では、受験者が専門知識を誰でも分かる簡単な言葉で説明できるかどうかをチェックします。ビジネスの現場では、社外、分野外の人と仕事をすることがあるので、あらゆる人が理解できる言葉でコミュニケーションを取れなければいけないからです。


優秀な人ほど過去の成功に縛られるという失敗をしやすい。過去の成功は、いまの自分を形作ったものだから誇りに思っても当然。しかし、ビジネスの世界は常に動いており、過去の成功体験が明日に通用しないことも多々ある。


ハーバードの授業ではパソコンやスマートフォンなどの電子機器の使用が禁止されています。授業に集中させるためです教室には窓もありません。集中して考える時間を作るためにも、機械に「使われる」のを避けるためにも、ビジネスパーソンはネット禁止の時間を作った方がいいでしょう。


ハーバードの授業では、事業の未来を予測するとき、「最高のシナリオ」「現状維持」「最悪のシナリオ」の3つのシナリオで考えるように教えます。この3つのシナリオで考えておけば、何が起きても想定内になる。悪い結果が出てもパニックにならず、素早い対応が取れます。


誰でも失敗すれば落ち込みます。でも、その時間は何も生まず、事態は悪化するだけ。可能な限り素早く、できる限りの手立てをするのが最優先。一時的に評価は下がるでしょう。でも、誠実に対応すれば次のチャンスは必ず巡ってきます。


佐藤智恵(コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤智恵、さとう・ちえ。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。兵庫県出身。東京大学教養学部卒業、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得。NHK報道番組ディレクター、ボストン・コンサルティング・グループ勤務、外資系メディア・エンターテインメント企業エグゼクティブ・プロデューサーなどを経て独立。そのほか、テレビ・ラジオなどのコメンテーター、コロンビア大学経営大学院入学面接官などを務めた。

他の記事も読んでみる

リンダ・グラットン

世界を知るには、いろんな国を見たり、仕組みを学ぶだけではなく、自分と違う何かを受け入れることです。つまり、世界の一員になる必要があるのです。


俣野成敏

その体験でさらに意識が変わった。会社員という立場を守るより、ビジネスマンとしてどこに行っても稼げる自分を作ればいいんだと。リスクをとるからリターンが手に入ると知った。

【覚え書き|会社員時代、社内ベンチャーを成功させたときを振り返って】


広津崇亮

生物を使ったほうが素晴らしい結果を得られる場合もあるんです。最近は「AIを使うともっと凄いことができますか?」という質問を受けますが、私からすると線虫そのものがAIより凄いので、生物を使ってもっと凄いことができますよ、とお答えしています。


谷原誠

ところで、これを読んでいるあなたは、「質問の効用」をどんなときに実感しますか?
……いま私の質問を読んで、あなたはとっさに質問の答えを考えてしまったと思います。よほどひねくれた人でない限り、それが自然な反応です。じつは、これこそが質問の機能なのです。質問することは相手の思考を支配することです。


堀場厚

失敗したり、修羅場をくぐったりした経験はむしろ価値あること。そうした経験を積んだ人がそれ相応のポストに就くと、リスク管理がしっかりできる。弊社の役員は、失敗した人間だらけですよ(笑)。


菊原智明

お客様に納得して買っていただきたいと熱心に勉強する営業マンほど、いきなり商品説明をし始めるようなミスを犯しがちです。まずはアイスブレイクで、警戒心を解いてもらう必要があるのです。


冨安徳久

学歴も取り得も無いと諦める人がいますが、どんな仕事にも本気で経験したからこそ見えてくるやりがいや生きがいがあり、それが天職に繋がることがあるのです。


小山薫堂

そのプロジェクトによって誰かが幸せになるのでなければ、多大な時間とエネルギーを費やしてやる意味がないし、自分自身も楽しくない。


宮坂学

今まで当社は新事業を追加しながら成長してきました。今後も新しい挑戦を続けます。その一つが日本のEC市場でトップに立つこと。競争は厳しいですが、諦める必要はないと思っています。国内の物販のうち、ネットを介して売買される比率は日本はまだ5%程度。将来、20%ぐらいまではいくでしょう。まだ勝負はついていません。


山城徹也

弊社では、契約時はもちろん、契約以降のおつきあいも大切にしています。それゆえ、その場の関係しか構築できないような営業マンは必要としません。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

先端のことしか語れないアートディレクターほど、退屈な人はいません。アートディレクションには、コンテクスト(文脈)とカルチャーの中身の両方が、非常に大事です。


馳星周

人間のやることなんて千年たってもそれほど変わっていないはず。とくに政治の世界はそう。自分の欲しいものを手に入れるために、相手のほしがっているものを差し出す。それが政の基本。