名言DB

9429 人 / 110879 名言

佐藤智恵(コンサルタント)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤智恵(コンサルタント)のプロフィール

佐藤智恵、さとう・ちえ。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。兵庫県出身。東京大学教養学部卒業、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得。NHK報道番組ディレクター、ボストン・コンサルティング・グループ勤務、外資系メディア・エンターテインメント企業エグゼクティブ・プロデューサーなどを経て独立。そのほか、テレビ・ラジオなどのコメンテーター、コロンビア大学経営大学院入学面接官などを務めた。

佐藤智恵(コンサルタント)の名言 一覧

マネジャーは、与えられた仕事をミスなくこなし、現状維持に努める管理者。一方、リーダーは、新しいことを生み出せる人。


減点されないマネジャーが出世すると思いがちですが、最後の最後で企業に評価されるのは何かをやり遂げた人。


逆境に直面した時、そこでやめてしまえば「挫折」になる。結果が出るまでやり続ければ「成功までの過程」になる。


難しいことを難しく話すことは誰にでもできる。常に聞き手のことを考えて、簡単な言葉で伝える習慣を身につけることが大切。


日本人は失敗に弱いと言われています。克服する方法は1つ。失敗経験をたくさん積むこと。ポイントは、失敗してもいい環境で失敗経験を積むこと。


会社での失敗を「個人的な失敗」と捉えずに、「上司や周りも責任を負うもの」と考えましょう。失敗で思い悩んだら、最後は「これで死ぬわけじゃない」と考えればいいのです。


なぜ改めて歴史を学ぶ必要があるのかというと、100年、200年という長期的な視点で物事を見ないと、本質を見失ってしまうことがあるからです。


人の名前と経歴を覚えるのは、リーダーシップの基本中の基本。名前を呼ぶということは「あなたのことを気にかけていますよ」と、相手をリスペクトしていることの表れ。


失敗は価値観を多様化させる。自分の常識とは違う世界があると学べる。


まず現場を見ることは、古今の名経営者がみな行っていることです。たとえば米沢藩の改革で知られる上杉鷹山(ようざん)も、藩主になってまず行ったことが藩内の視察でした。


リーダーは誠実であらねばならないというのが、いまの基本理念。


日本の管理職クラスは、どちらか一方に振れがちですね。現場には滅多に来ないで指示だけをする人と、「現場が大事」といって余計な介入をしてしまう人……。大切なのは現場が活躍できる仕組みを作ったら、あとは任せ切ること。


何かのプロジェクトリーダーを任された時は、部下の提案を「前例がないから」と断らないようにしましょう。その提案がフェイスブックのような大ヒットを生む可能性もあります。最初から否定してしまうのは、非常にもったいない。


世界を変える企業やビジネス、製品やサービスを生み出すためには、失敗を恐れず成長し続けることや、人から信頼を得ることが必要不可欠。成果につながる判断を迅速かつ的確に行う思考や、自己成長を促す習慣なども重要。


ハーバードの面接試験では、受験者が専門知識を誰でも分かる簡単な言葉で説明できるかどうかをチェックします。ビジネスの現場では、社外、分野外の人と仕事をすることがあるので、あらゆる人が理解できる言葉でコミュニケーションを取れなければいけないからです。


優秀な人ほど過去の成功に縛られるという失敗をしやすい。過去の成功は、いまの自分を形作ったものだから誇りに思っても当然。しかし、ビジネスの世界は常に動いており、過去の成功体験が明日に通用しないことも多々ある。


ハーバードの授業ではパソコンやスマートフォンなどの電子機器の使用が禁止されています。授業に集中させるためです教室には窓もありません。集中して考える時間を作るためにも、機械に「使われる」のを避けるためにも、ビジネスパーソンはネット禁止の時間を作った方がいいでしょう。


ハーバードの授業では、事業の未来を予測するとき、「最高のシナリオ」「現状維持」「最悪のシナリオ」の3つのシナリオで考えるように教えます。この3つのシナリオで考えておけば、何が起きても想定内になる。悪い結果が出てもパニックにならず、素早い対応が取れます。


誰でも失敗すれば落ち込みます。でも、その時間は何も生まず、事態は悪化するだけ。可能な限り素早く、できる限りの手立てをするのが最優先。一時的に評価は下がるでしょう。でも、誠実に対応すれば次のチャンスは必ず巡ってきます。


佐藤智恵(コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤智恵、さとう・ちえ。日本のコンサルタント、ビジネス書作家。兵庫県出身。東京大学教養学部卒業、コロンビア大学経営大学院でMBAを取得。NHK報道番組ディレクター、ボストン・コンサルティング・グループ勤務、外資系メディア・エンターテインメント企業エグゼクティブ・プロデューサーなどを経て独立。そのほか、テレビ・ラジオなどのコメンテーター、コロンビア大学経営大学院入学面接官などを務めた。

他の記事も読んでみる

田中雅子(経営学者)

人の心を動かすことができる経営者の、周囲に与える影響は計り知れないものがある。


生田絵梨花

舞台が重なってはいましたが、いろんな方がスケジュールを調整してくださったし、なによりも自分に負けたくないという一心で立ち向かいました。


一圓克彦

インターネットだから簡単、もしくは困難といった偏見は捨てるべきです。ネット市場もリアル市場も最終的に顧客の求めるものは同じなんです。


川村隆

日本の中にいると、自分たちが世界レベルに届いていないということが、実感としてわきにくいんですね。業績が良くなっているように見えているけれども、自分と比べているだけじゃないか、と。過去と現在を比べて、くすぐられているだけなのです。


原晋

常に勝ち続けるためには組織として戦わなければならない。


中野克彦(経営者)

部下には動機づけが大切です。それにはぐっと胸に来るような言葉を投げかけることです。「よし、この親分のためにひとつやってやろうじゃないか」と思わせるような言葉が吐けなければいけない。


大賀昭司

店舗拡大とともに私どもの購買力も大きくなってきました。当然、それだけ取引先一社との取引額も多くなります。当社との取引がなくなることで、相手方の致命傷になるのは好ましくありません。そこで、「他社さんは、これだけの卸値を提示しています。もう少し検討願いませんか」と打診するようにしています。


樋口泰行

物理には慣性という性質がありますね。石を動かすときの力と時間の関係でよく説明されますが、石が大きくなると、力を与えても動き始めるまでに時間がかかる。これと同じで、小さな組織で可能な朝令暮改が、大きな組織ではまったく機能しない。組織階層が増えれば増えるほど、哲学がしみ渡るのに時間を要するわけです。


鈴木貴博(コンサルタント)

同じ商品・サービスでも、A店とB社で料金が異なる理由を考えたり、「なぜこんな低価格でやっていけるのか?」などと考えるだけでも違います。


三谷樹

手帳にシールの使用は女子高生のようだが、色別シールでスケジューリングすれば、わかりやすくて手間が少ない。