名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤文男(人材コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤文男(人材コンサルタント)のプロフィール

佐藤文男、さとう・ふみお。日本の人材コンサルタント。「佐藤人材・サーチ」社長。一橋大学卒業後、日商岩井(のちの双日)、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券、ブリヂストンなどを経て東京エグゼクティブ・サーチに入社。同社常務取締役を務めたのち独立し佐藤人材・サーチを設立。

佐藤文男(人材コンサルタント)の名言 一覧

自分がそこの会社で何をしたいのか、将来どうしたいのか、という目的なしに会社を移っても意味がない。その目的がより問われる時代になってきた。


会社に不満があるという理由で、安易に転職や起業を考えるのは危険。不満を払拭するには、今の会社でできることをやり尽くすことが鉄則。


私の場合は、将来的な起業を考えていたので、若いうちにマネジメント能力を身につけられてよかった。


大企業から小企業へ転職して、給料は一時的には下がったし、大企業に比べて知名度のない会社で営業面で苦労しました。でも「将来起業する」という目的があったから乗り越えられた。皆さんも働く目的を再確認してみて下さい。


海外転勤の時も、現地に行った後もいろんな周囲の声はありました。でも、あまり聞いていなかった(笑)。というのも、人生には選択肢がたくさんありますが、最終的に行き着く場所は同じだと思っているんですよ。それならチャレンジした方が面白いぞ、と。


佐藤文男(人材コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤文男、さとう・ふみお。日本の人材コンサルタント。「佐藤人材・サーチ」社長。一橋大学卒業後、日商岩井(のちの双日)、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券、ブリヂストンなどを経て東京エグゼクティブ・サーチに入社。同社常務取締役を務めたのち独立し佐藤人材・サーチを設立。

他の記事も読んでみる

菊川剛

出社して、資料集めなど人に依頼する仕事をメールなどで全部指示し、その後に自分の仕事にとりかかる。そうすれば自分の仕事をしている間に、依頼しておいた仕事も片付くという寸法です。


西村晃(経済評論家)

自分自身の時間の使い方と時間感覚を知ることが、時間管理の第一歩です。


魔裟斗

最後の試合は、これが魔裟斗だとみんなの記憶に残る試合をすると決めたのです。それには派手に打ち合ってKO勝ちするしかないでしょう。それに、この試合は次の人生の土台作りでもあるのです。大きな土台をつくっておかないと、気持ちよく次のステージには行けませんから。
【覚書き|引退試合前に今までで一番ハードな練習をしている理由を聞かれての発言】


三浦善司

財務的な考え方だけでは冒険できない。リスクを勘案しつつ、アグレッシブに動くことも大切だ。


吉永泰之

スバルは、昔から「いいクルマをつくっている」という評価をいただいてきました。しかし、その評価が必ずしも売上げに結びついてきませんでした。その理由をひと言でいえば、お客様が求めるクルマをつくろうという意識が低かったのです。たとえば、現在、米国で人気の高い「レガシィ」は、以前のモデルではアメリカ人のお客様が乗ると、正直いって車内が狭かった。そういうご不満も寄せられていました。しかし、かつてのスバルはそうしたお客様の声に耳を傾けようとしてきませんでした。これではいかんということで、車高、車幅、車長のいずれも一回り大きくしてグローバルサイズに変更したのです。これはほんの一例にすぎませんが、このようにお客様の視点に立ってさまざまな修正を加えたことが、爆発的な売行きにつながったのです。


伊藤喜之

人を助けるためには、なにもすごい才能が必要なわけではない。相手より少しだけ秀でた知識や能力があれば助けられる。友達の知恵や才能を借りたっていい。


水野和敏

私がエンジニアとしてずっと考えてきたのは「人のために自動車はどうあるべきか」ということ。たとえば、GT-Rは一部のマニアが格好よさや速さを誇るような自動車ではない。はっきり言って、そんな低次元のクルマは誰にでも造れます(笑)。時速300kmでタイヤがバーストしてもディーラーまで普通に走れて、時速200kmで激突しても乗っている人が死なないのがGT-Rです。


岩田松雄

社会や企業など、自分以外のものにやりがいを求めるのではなく、物事を「自分起点」で考えてほしい。自分のやりたいことを実現するにはどうすればいいか、常に頭を動かすことが大切です。


小池龍之介(小池龍照)

自分の心を分析すると、それだけで、問題から抜け出して、山の上からすっきり見渡すような感じになります。


松本晃(経営者)

「情報収集したり、知識を蓄えたりすること」と「頭で考えること」。2つのバランスが大事。1日の予定をやりくりして、「考える時間」を積極的に捻出することをお勧めします。ビジネスパーソンとして成長できますから。


森川宏平

技術立社を旗印とする昭和電工の源流に戻る時期がきた。


得丸英司

昔に比べて今の60代、70代の方は運動能力も高い。脳の機能にしても頭の回転の速さこそ若い人にはかないませんが、知識や経験を生かす知能は中高年になっても成長を続けると言われています。新しいことに取り組むのに、けっして遅すぎることはありません。ところが新しいことはできないという先入観があると、自分自身でネガティブになってしまっていまいます。