名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

佐藤文男(人材コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤文男(人材コンサルタント)のプロフィール

佐藤文男、さとう・ふみお。日本の人材コンサルタント。「佐藤人材・サーチ」社長。一橋大学卒業後、日商岩井(のちの双日)、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券、ブリヂストンなどを経て東京エグゼクティブ・サーチに入社。同社常務取締役を務めたのち独立し佐藤人材・サーチを設立。

佐藤文男(人材コンサルタント)の名言 一覧

自分がそこの会社で何をしたいのか、将来どうしたいのか、という目的なしに会社を移っても意味がない。その目的がより問われる時代になってきた。


会社に不満があるという理由で、安易に転職や起業を考えるのは危険。不満を払拭するには、今の会社でできることをやり尽くすことが鉄則。


私の場合は、将来的な起業を考えていたので、若いうちにマネジメント能力を身につけられてよかった。


大企業から小企業へ転職して、給料は一時的には下がったし、大企業に比べて知名度のない会社で営業面で苦労しました。でも「将来起業する」という目的があったから乗り越えられた。皆さんも働く目的を再確認してみて下さい。


海外転勤の時も、現地に行った後もいろんな周囲の声はありました。でも、あまり聞いていなかった(笑)。というのも、人生には選択肢がたくさんありますが、最終的に行き着く場所は同じだと思っているんですよ。それならチャレンジした方が面白いぞ、と。


佐藤文男(人材コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤文男、さとう・ふみお。日本の人材コンサルタント。「佐藤人材・サーチ」社長。一橋大学卒業後、日商岩井(のちの双日)、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券、ブリヂストンなどを経て東京エグゼクティブ・サーチに入社。同社常務取締役を務めたのち独立し佐藤人材・サーチを設立。

他の記事も読んでみる

沼田昭二

製造業や小売業は、たとえ不況期になっても「安かろう、悪かろう」では相手にされません。安くても確かな品質を求めるのが、いまの日本の消費者の特性だからです。そのため安全性を絶対としたうえで、プロの利用に耐えうる品質を追求し、一方で製造コストと流通コストを下げることで利益を確保してきました。


樋口廣太郎

大きい声を出して、いつも元気にニコニコしていれば、たいていのことはうまくいく。


安藤美冬

いつでもどこでも同じように仕事ができるようになるには、「会社のデスクに戻らないと仕事ができない」という状況ではいけません。そのためには、机周りを整理して、資料などを廃棄したりデータ化したりする必要があります。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

危機から見事に復活した企業は多数あります。復活に際してカギを握るのが人材です。人材面で経営者は3つのポイントを肝に銘じるべきです。

  1. やる気のある社員を見つけること。
  2. やる気のある社員の意欲を挫かないこと。
  3. 社員のやる気を維持するため、自ら手本を示すこと。

加藤俊徳

30代から40代は、脳が自分らしく個性化していく時期です。その一方で、仕事に慣れ、徐々に新鮮味がなくなってくる時期でもあります。この大事な時期に、いかにいろいろな経験を積み、脳を鍛えられるかが、その後の人生を決めます。


冨安徳久

大きなビジョンを描くのは大事なことです。ビジョンを日本一と定めておけば、そのためにどのようなミッションを成し遂げねばならないのかが自ずと見えてくる。そして、それを細分化し、地道にクリアしていくのです。


横田雅俊

アプローチをすぐ諦めてしまう部下をモチベートするには、組織的な取り組みだけでなく、上司の個人的な働きがけも重要だ。ただし、こうすれば必ず部下はやる気を出すという万能の方法はない。一人一人やる気を感じるポイントが異なるので、それぞれに適した動機づけを考える必要がある。


白洲次郎

プリンシプルは何と訳してよいか知らない。「原則」とでもいうのか。日本も、ますます国際社会の一員となり、我々もますます外国人との接触が多くなる。西洋人とつき合うには、すべての言動にプリンシプルがはっきりしていることは絶対に必要である。


小川浩平

日本人が鑑定し、値付けしていることへの信頼性もありますが、アジアでは「大黒屋」が1つのブランドともなっており、うちの販売タグが付いていれば、それだけで信用されます。万が一にも偽物だったら、買い戻しの保証もあります。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

聞くことの大切さを痛感してから、身近にいる聞き上手な人を観察してみた。すると、共通点が見えた。聞き上手の人はみんな「話させ上手」なんだ。どうやったら、相手は気持ちよく話ができるか。それを考えれば、聞くコツは見えてくる。大事なことは、相手がリラックスして自分のペースで話せる状態をつくること。必要なのはホスピタリティ。つまり、おもてなしの精神ということだよね。


永田雅一

「羅生門」のヴェネツィア国際映画祭グランプリ受賞に、同業者も大部分は拍手を送った。ところが日が経つにつれて、「あれはまぐれ当たりだ。フロック(まぐれ)だろう」という声が、外国人からでなく日本人から出た。そこでまた、私の闘志が湧いた。「みていろ、もういっぺんとってやる」。今度は明らかに映画祭出品を意識して「地獄門」をつくった。それが見事にカンヌで大賞を獲得したのである。


山内溥

皆さん、任天堂の戦略とか秘密とか、なにか特別の大層なものがあると思って、それを期待されているようですが、そんなものはない。このビジネスがいつまで続くのか、次をどうするのか、あるいは長期戦略とか、そんなもの何もない。