佐藤文男(人材コンサルタント)の名言

佐藤文男(人材コンサルタント)のプロフィール

佐藤文男、さとう・ふみお。日本の人材コンサルタント。「佐藤人材・サーチ」社長。一橋大学卒業後、日商岩井(のちの双日)、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券、ブリヂストンなどを経て東京エグゼクティブ・サーチに入社。同社常務取締役を務めたのち独立し佐藤人材・サーチを設立。

佐藤文男(人材コンサルタント)の名言 一覧

自分がそこの会社で何をしたいのか、将来どうしたいのか、という目的なしに会社を移っても意味がない。その目的がより問われる時代になってきた。


会社に不満があるという理由で、安易に転職や起業を考えるのは危険。不満を払拭するには、今の会社でできることをやり尽くすことが鉄則。


私の場合は、将来的な起業を考えていたので、若いうちにマネジメント能力を身につけられてよかった。


大企業から小企業へ転職して、給料は一時的には下がったし、大企業に比べて知名度のない会社で営業面で苦労しました。でも「将来起業する」という目的があったから乗り越えられた。皆さんも働く目的を再確認してみて下さい。


海外転勤の時も、現地に行った後もいろんな周囲の声はありました。でも、あまり聞いていなかった(笑)。というのも、人生には選択肢がたくさんありますが、最終的に行き着く場所は同じだと思っているんですよ。それならチャレンジした方が面白いぞ、と。


佐藤文男(人材コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤文男、さとう・ふみお。日本の人材コンサルタント。「佐藤人材・サーチ」社長。一橋大学卒業後、日商岩井(のちの双日)、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券、ブリヂストンなどを経て東京エグゼクティブ・サーチに入社。同社常務取締役を務めたのち独立し佐藤人材・サーチを設立。

他の記事も読んでみる

遠藤保仁

日本人は、上の人から「これをやりなさい」と指示を出されると、与えられた指示を忠実にこなそうとします。これは日本人の長所でもあるのですが、個性を殺してしまうことにもつながります。サッカーでは、それぞれが「個」を活かしたプレーができないと、局面を打開することができません。だから、あまりに細かい指示を出すのは、日本人選手に対してはマイナスではないかと考えます。


永井浩二(経営者)

昔から一緒に働いた人達に言っているのは「天網恢々(てんもうかいかい)疎(そ)にして漏らさず」という言葉です。本当の意味は「悪事はばれるぞ」ということでしょうけれども、私は「ちゃんとやっていれば、お天道様は見ていてくれるぞ」という意味で敢えて言っています。人間は運、不運、良い時も悪い時もいろいろあるでしょうから。


渡邉英彦

もちろん、カップ麺なんて偽物だという批判もあります。でも、私はやきそばを売っているんじゃなくて、地元の名前を売っているんだから、それでいいと思っています。地元の味を守ろうとか、地元の食材にこだわるという視点も大切だとは思いますが、地産池消だけでは広がりは期待できませんから。
【覚書き|ご当地やきそばカップ麺を発売したことについて語った言葉】


藤本秀朗

かつて渋沢栄一、五島慶太、松下幸之助らが築いた日本の名経営者の伝統は、戦後になってソニーの井深大・盛田昭夫の両創業者をはじめとする世代に受け継がれてきた。彼らに共通するのは、「人をみる目」に優れていたということである。


孫正義

のほほんとやっていたら、あっという間につぶれてしまうのがベンチャーです。ベンチャー企業イコール危なっかしいってことです。


前川正雄

禅は中国から日本に入ってきたものですが、中国の禅と日本の禅はまるで違うものです。中国の禅はひたすら座って思索するだけですが、日本の禅は思索の後に必ず行動を伴います。それが端的に現れているのが剣道や弓道、華道といった日本独自の稽古事の世界です。それらの基礎には禅が存在します。経営もそうで、何かに悩み、その解決策を徹底的に考えた後、その策を試すという行動が不可欠です。


コリン・パウエル

優れたリーダーはビジョンやミッション、目標を設定する。偉大なリーダーは、あらゆる階層の部下に刺激を与え、各自が目的を自分のものとして理解し、真剣に取り組むようにする。こまごました仕事の向こう側に自分たちの目的があると理解させるのだ。


ジェローム・シュシャン

正しいプロセスをきちんと踏めば、自ずと「的」に当たる。偶発的な要因によって、売上げや利益が上がらないこともあります。コントロールできないことに意識を向けていると、つらくなる。しかし、プロセスは自分でコントロールできる。


坂本圭介

社員時代は現場で全力投球でバンバン投げていればよかったんですが、会社のトップになって一番意識したのは「出ていくタイミング」です。部下なら交渉で行き詰まっても「社長に聞いてきます」と時間を稼げますが、トップはそうはいかない。トップは最後に一刀両断する伝家の宝刀のようなもの。そういう戦術・戦略を学ぶ時期になりました。


荘司雅彦

対立が決定的になった場合にモノを言うのは証拠です。日頃からちょっとしたことも記録を取っておくと、いざというときに役立ちます。


三谷樹

手帳の面積は小さい。予定が変わったら消して書き直したほうがいい。消すことができるシャープペンシルがお勧めだ。安物でいい。ぶっといペンなど邪魔なだけである。


ロバート・キヨサキ

人間の脳には、進化の最も早い過程で獲得したといわれる自己保全のために反射的に機能する部分、言い換えれば「無意識的に反応する」働きがある。その脳の働きは、あなたの「最良の友」にも「最大の敵」にもなれる。問題は、ほとんどの人が、その働きの違いをわかっていないために、無意識の反応に操られていることだ。多くの人は、問題に直面すると、その問題に取り組むのではなく、その場からさっさと逃げ出すという反射的な行動をとる。彼らが闘いはじめるのは、追い詰められて、いよいよどうにもならなくなってからだ。


前田新造

企画書を7回やり直しを命じられ、半分ノイローゼ状態でした。そうなると、どこにいても、何をしていても、アイデアのヒントにならないかと思うようになるんです。トイレの中でも、お風呂に入っているときでも、絶え間なく「あんなのはどうだろう。こんなのはどうだろう」と考え続けていますから、寝る間際までアイデアが湧いてくる。あるときは布団の中でハッとひらめく。枕元にメモ用紙を置いていつアイデアが出ても即座に書き留められるようにしていました。


市川典男

オフィスの一部を改装して、企画を練る場所と実験をする場所を同じ空間に配置しました。リーダーがチーム全体を見渡せて、現場の社員同士がより気軽に意見交換や相談をやりやすい環境をつくることにより、商品開発力強化することが狙いです。


中谷美紀

お仕事は、素直に好きな仕事をやっていきたいと思っています。昔は、「カンに頼ってばかりじゃダメ。裏づけのあるものを選ぼう」と理屈っぽく考えた時期もありました。でも結局、自分のカンのほうが冴えていて、それに従ったほうがいい仕事ができることに気づきました。


ページの先頭へ