佐藤文男(人材コンサルタント)の名言

佐藤文男(人材コンサルタント)のプロフィール

佐藤文男、さとう・ふみお。日本の人材コンサルタント。「佐藤人材・サーチ」社長。一橋大学卒業後、日商岩井(のちの双日)、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券、ブリヂストンなどを経て東京エグゼクティブ・サーチに入社。同社常務取締役を務めたのち独立し佐藤人材・サーチを設立。

佐藤文男(人材コンサルタント)の名言 一覧

自分がそこの会社で何をしたいのか、将来どうしたいのか、という目的なしに会社を移っても意味がない。その目的がより問われる時代になってきた。

会社に不満があるという理由で、安易に転職や起業を考えるのは危険。不満を払拭するには、今の会社でできることをやり尽くすことが鉄則。

私の場合は、将来的な起業を考えていたので、若いうちにマネジメント能力を身につけられてよかった。

大企業から小企業へ転職して、給料は一時的には下がったし、大企業に比べて知名度のない会社で営業面で苦労しました。でも「将来起業する」という目的があったから乗り越えられた。皆さんも働く目的を再確認してみて下さい。

海外転勤の時も、現地に行った後もいろんな周囲の声はありました。でも、あまり聞いていなかった(笑)。というのも、人生には選択肢がたくさんありますが、最終的に行き着く場所は同じだと思っているんですよ。それならチャレンジした方が面白いぞ、と。

佐藤文男(人材コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤文男、さとう・ふみお。日本の人材コンサルタント。「佐藤人材・サーチ」社長。一橋大学卒業後、日商岩井(のちの双日)、ソロモン・ブラザーズ・アジア証券、ブリヂストンなどを経て東京エグゼクティブ・サーチに入社。同社常務取締役を務めたのち独立し佐藤人材・サーチを設立。

ページの先頭へ