佐藤慎次郎の名言

佐藤慎次郎のプロフィール

佐藤慎次郎、さとう・しんじろう。日本の経営者。「テルモ」社長。東京都出身。東京大学経済学部卒業、デューク大学でMBAを取得。東亜燃料工業(のちのJXTGエネルギー)、朝日アーサーアンダーセンなどを経てテルモに入社。執行役員経営企画室長、心臓血管カンパニー統括、上席執行役員、常務などを経て社長に就任。

佐藤慎次郎の名言 一覧

海外の現場にも足を運び、自分の目で見て肌で感じ、リスクを取る覚悟をする。それが社員に安心感を持たせ、つらい局面の打開につながった。


新たなイノベーションが起きている。従来と同じことを続けるだけでは成長は望めない。研究開発体制を改めて強化し、イノベーション力を高めていく。新しいものを生み出す努力を続けていることこそテルモの強み。


将来の成長の布石となる3つの買収を実現させました。買収では「中長期の戦略に適合するのか」「財務的に健全なのか」に加えて、「当社の企業文化とマッチするかどうか」を最も重視しています。


学生時代からの趣味は落語です。落語は人生の悲喜こもごもが学べる。


私は医療とは全く異なる業界を歩んできました。医療業界は専門性が高く、特殊な世界と思われがちです。最初から業界にいなかったのは確かに不利な面もあります。しかしここ5年ほどで、医療業界は大きく変化しており、外の世界を見てきた経験はむしろ強みになります。


世界中の医療現場に、テルモというブランドを浸透させたい。製品の品質、迅速な納品や営業体制、丁寧なアフターサービスなど、全てを含めたトータルクオリティーで勝負します。そのために大事なのは人づくり。新入社員の段階から能力を磨かせます。


佐藤慎次郎の経歴・略歴

佐藤慎次郎、さとう・しんじろう。日本の経営者。「テルモ」社長。東京都出身。東京大学経済学部卒業、デューク大学でMBAを取得。東亜燃料工業(のちのJXTGエネルギー)、朝日アーサーアンダーセンなどを経てテルモに入社。執行役員経営企画室長、心臓血管カンパニー統括、上席執行役員、常務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

上昇志向というのは、「妥協しないでやり遂げることでの達成感」の積み重ねによって育まれるもの。


高田明(ジャパネットたかた)

今を一生懸命生きていれば、必ず挑戦しなければならないことに遭遇します。それを乗り越えることで人は成長しますし、悔いの無い人生だったと思うことができる。


加藤浩次

前回は「スベりたくない」気持ちが強すぎてわかりやすい笑いに走ってしまった。ただ、そうやって守りに入った部分ほど、あまりお客さんのウケが良くなかった。何でもそうなんでしょうけど、「ひよったらダメ」ってことなんでしょうね。だから今回はガンガン攻めて、好き勝手にやる予定です。


ビル・ゲイツ

私は質疑応答の時間が好きだ。それによって、何が人々の感性に訴えるのか、人々が何に不満を持っているのかがわかるからだ。


松下幸之助

社員一人ひとりが、“社員という稼業”の経営者であれ。


齋藤匡司

私が大学院生だった80年代当時はバイオテクノロジーの全盛期。私は人工細胞工学研究に従事し、本気でノーベル賞を目指していました。でも、次第に自分は研究職には不向きだと思うようになりました。研究室にこもるより、外で活動する方が私には合っていたのだと思います。


古川裕倫

たとえば遅刻を叱る場面。まず挨拶、雑談から入り、「最近電車がよく遅れるよな」と環境を言った後に、遅刻の事柄に触れます。これで部下が反省すれば、話は終わり。それでも遅れるなら行為をしっかり叱り、ダメなら自己管理能力を問う。ここまででストップし、人格を否定してはいけません。


井村雅代

「これでいいのかな」と思ったら、コーチに確認すればいい。遠慮する必要などありません。そのためにコーチがいるのですから。


マーク・ハード

周囲はひとつの要因を抜き出して、その企業に関する物語をつくりたがりますが、経営者はひとつだけを選ぶことはできません。実際の当社の業績から、私のことを人材に投資し成長を重視する経営者ということもできれば、投資を絞りコストダウンに力を注ぐ経営者と判断することもできるわけです。いずれか一方のレッテルを張った方がわかりやすいということなのでしょう。


太田彩子

「営業部女子課」のイベントや企業研修の講師などの仕事で、連日全国を回っています。移動に次ぐ移動なので、疲れを溜めないためには、荷物の軽量化が必須。基本的に1~2泊の出張が多いので、スーツケースはコンパクトなRIMOWAの2輪を愛用しています。29Lで、飛行機で移動するときにも機内に持ち込めるサイズです。持っていけるものも限られるので、最もかさばる衣類は圧縮袋で小さくし、ストッキングなど現地で買えるものは可能な限り基本的に持っていかないようにしています。また、書類や資料のペーパーレス化も大事。事前にデータを送り、印刷は先方に依頼。先方からいただく場合も、できる限りデータで受け取るようにしています。


林野宏

少なくとも年間5、6%の金利でも会社を回していけるようでなければ、まともな経営とは言えない。


菅野寛

学生には、「ビジネスというのは、卒業して社会に戻ればただちに成功させることができるなどという、甘いものではない」ということを、たびたび話すようにしています。もちろん、分析の武器としての「サイエンス」の習得は必要です。しかし、武器の使い方を覚えても、戦いに勝てる保証はありません。


迫俊亮

ファンド企業から送り込まれるプロ経営者の多くは、名だたるトップファーム出身のエリートだったりします。素晴らしい方が大勢いますし、そこに問題はないとは思うのですが、私の場合は彼らとは違う生き方をしてきました。彼らが決して出会っていないような人とも親交を深めてきました。それが今になって、リーダーシップの部分でも、BtoCのビジネスにおいても有効に生きているような気がするんです。「どれだけ数多くリーダーを経験したか」も大切でしょうけれど、それとはまた違う意味で「どれだけ多様な人たちとふれ合ってきたか」というのも、リーダーシップには重要なことだと考えています。


紀田順一郎

社会というところは、短期間に見ればアンフェアなところもある。しかし、長期的に見ればフェアなものだ。それだけに努力さえしていれば、必ず誰か一人は見ていることを忘れるな。


稲盛和夫

企業の根幹がズレたらガタガタになる。


ページの先頭へ