名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐藤弘志の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤弘志のプロフィール

佐藤弘志、さとう・ひろし。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。神奈川県出身。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てブックオフコーポレーションに入社。取締役企業戦略室担当、店長、ブックオフメディア社長、ブックオフコーポレーション執行役員などを経て社長に就任。

佐藤弘志の名言 一覧

人のために汗をかき、愚直に努力する人間が評価される。この企業風土が揺らがなければ、我々の会社も揺らぐことはないと思っています。


坂本(孝・創業者)から「誰と一緒に仕事しているのですか」とよく言われていたのですが、町田中央通り店店長をしていたとき、まさにその部分がすっかり飛んでいました。新しい試みばかりに目がいって、「俺はこの企画を成功させれば、名が上がるぞ」とばかり考えていた。でもそれはリーダーではありません。リーダーは一緒に働くスタッフから信頼されないといけません。


自画自賛になってしまうのですが、ブックオフには斜に構えた評論家や口だけで努力をしない人は見当たりません。人のために汗をかく人ばかりです。今後は、この強みを生かしながら、組織やチームとして動いていけるようにしたい。


ブックオフのような会社は滅多にないと思うんですよ。経営計画発表会などで、若い社員が大の大人の心を打つことができる。そんな会社を私は他に知りません。怖いのは、業績も良くて、新しい事業も行っているが、根幹の文化や創業者の思いは薄れてしまっている、ブックオフをそんな会社にしてしまうことです。


うちのマネージャーは30代が中心で、ある程度仕事についてわかっていますし、見えてきています。やりたいこともあって、方法論も持っている。僕が彼らにしていることは、もうちょっとスピード上げたほうがいいよ、と言うことくらい。どうしても保守的になりがちなところで、促す程度です。チラシなど細かいディテールに関しては言わなければ言わないほど結果がいいんです。人が育っているからこそできたことです。


これ以上は口出しをしちゃいけないラインがあることを実感しています。言いたいことはたくさんあるけれど、あまり細かいことを言うとスタッフが萎縮してしまう。どのあたりでやめておくのが一番結果がいいか、感覚的にですがわかってきたように思います。


ブックオフの現場には負けん気みたいなものがありまして、自立して動けるリーダーが30人います。この30人は創業者の坂本孝さんの置き土産なのですが、彼らが本当によく動いてくれて救われましたね。ここ目指して行くよ、と言ったらグッとついてきてくれる。これからの攻め方は自分や経営陣が考えなければならないことですが、彼らのためにも攻め方を間違えないようにしないといけません。


単価を上げて、売上げを上げるのはいいんですが、その後必ず客数が落ちてしっぺ返しがあります。その一方で値段を下げると粗利率が落ちます。社内では尾根道と言っていますよ。右に落ちたら粗利率が落ち、左に落ちたら客数が落ちてしまう。その間の細いラインを取っているような状況ですね。


佐藤弘志の経歴・略歴

佐藤弘志、さとう・ひろし。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。神奈川県出身。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てブックオフコーポレーションに入社。取締役企業戦略室担当、店長、ブックオフメディア社長、ブックオフコーポレーション執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

分林保弘

M&Aを仲介するにあたり、心掛けているのは、「売り手よし、買い手よし、世間よし」という三方よしです。これは近江商人の教えですが、実は私の母の実家が近江商人です。


山下聰(経営者)

グローバルの本質はローカルにあり。


杉原博茂

業績面では、日本オラクルは4期連続の増収を続けており順調に成長しています。このため、社員が課題を意識しにくい時期だと考えています。現実に成果が出ているし、多くの人は自分の成功体験に自信を持っているわけですから。


山口真導

節税対策が必要なほど利益が出ているのであれば、普段はできない「投資」に資金を振り分けるべきです。その場合「投資」の結果として、付随的に節税ができるので、一石二鳥ということになります。


内藤忍

会食などをしたときに帰り際に、「今日は来て良かったな」とか「お土産をもらったな」と相手に感じてもらうのが理想です。お土産というのは、何も折詰に入ったお菓子を用意することではありません。相手が欲しい情報を提供したり、人を紹介したりすることが、本当に喜ばれるお土産になります。あるいは、食べることが好きな相手なら、食通なら誰もが「おいしい!」と絶賛する店に連れて行きます。それだけで相手は、「この人とつき合っていれば良いことがありそうだ」と思うはずです。あまり打算的になっては逆効果ですが、相手を手ぶらで帰さずに、「得たものがあった」と感じてもらうように努力することが、次に会うチャンスへとつながっていくのです。


ソロー(ヘンリー・デイヴィッド・ソロー)

悪の葉っぱに斧を向ける者は1000人いても、根っこに斧を向ける者は1人しかいない。


伊藤瞭介

専業メーカーが存続し続けるための2つの条件

  1. 絶対にリストラをしないこと。新しい価値を生み出すことができるのは、尖った才能を持つ人材であり、彼らが最大の財産なのです。
  2. 安易な株式上場を避けること。ひとたび上場すると、市場から「成長し続けること」を求められます。経営者が短期の業績や株価ばかりを気にするようになると、とにかく数字を伸ばそうと、新鮮味に欠ける商品を次々と投入することになりがちです。

ジャック・ナトン

振り返ると、厳しい経営環境の国を任されることが多かったですね。ブルガリアで初めて現地法人の社長になった2か月後に、リーマンショックが起きました。トルコへの赴任も、製薬会社が薬価引き下げを迫られている厳しい時期でした。ロシア法人の社長に着任した時は、ルーブルが数週間のうちに対ドルで50%も急落したタイミングでした。だから現在、日本で高額の薬価に吹く逆風にも動じていません。


横山進一(経営者)

問題点を明確にできるのならば、それをできない理由とせずに解決策を一緒に考えるべきだと思います。つまり「どうやったらできるのか」という「イエス」の方向から入るべきだということです。実践するより、批判する方が楽です。それに、問題点は指摘しやすい。問題点は必ずあるものですから。


つんく♂

小さいことに思えるけど、単調な仕事から何をプラスアルファとして学べるか、そこが成長できるか否かの分かれ目です。


橋本孝之

IBMも社内で育てることのできない人材は、外部から採用します。ただしその場合も優れた人材だから採用するというのではなく、こういうビジネスがやりたいが、それにはこういうスキルを持った人材が必要だということを明確にしてから採用しています。日本企業の場合は先に人がいてその人に仕事をあてがおうとしますが、それとは反対のことをやっているわけです。


高橋がなり

うまくいかない時って、みんな即効性のあることをしたがりますよね。損を出したらそれを一気に取り戻そうとする。できないことをやろうとするんですよ。だから、どんどん追い詰められちゃう。そんなときは、目標を思い切り落とすんです。100万円の契約が必要なら1万円にするとか。それを確実に達成して、自信をつけることがまずは大事。自信がつけば上向いていくんです。


福島保

知人に「自分の強みを持たないと器用貧乏で終わる」と指摘され、やりたい仕事を考えました。DM(ダイレクトメール)作成への挑戦を決め、上司に「とにかく1回つくらせてほしい」と直訴しました。


岡倉天心

強力な思想というものは同時代の思想を論破するとともに、これに続く時代の動きを支配するものだ。


藤井清孝(経営者)

成長の確認の仕方は人それぞれですが、ベクトルは自分の外に向けておいた方がいいでしょう。自分が得たものよりも、自分以外の何かにどれだけ貢献できたかを目安にすれば、他人からのフィードバックで自分の成長を実感できるのです。