名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤弘志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤弘志のプロフィール

佐藤弘志、さとう・ひろし。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。神奈川県出身。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てブックオフコーポレーションに入社。取締役企業戦略室担当、店長、ブックオフメディア社長、ブックオフコーポレーション執行役員などを経て社長に就任。

佐藤弘志の名言 一覧

人のために汗をかき、愚直に努力する人間が評価される。この企業風土が揺らがなければ、我々の会社も揺らぐことはないと思っています。


坂本(孝・創業者)から「誰と一緒に仕事しているのですか」とよく言われていたのですが、町田中央通り店店長をしていたとき、まさにその部分がすっかり飛んでいました。新しい試みばかりに目がいって、「俺はこの企画を成功させれば、名が上がるぞ」とばかり考えていた。でもそれはリーダーではありません。リーダーは一緒に働くスタッフから信頼されないといけません。


自画自賛になってしまうのですが、ブックオフには斜に構えた評論家や口だけで努力をしない人は見当たりません。人のために汗をかく人ばかりです。今後は、この強みを生かしながら、組織やチームとして動いていけるようにしたい。


ブックオフのような会社は滅多にないと思うんですよ。経営計画発表会などで、若い社員が大の大人の心を打つことができる。そんな会社を私は他に知りません。怖いのは、業績も良くて、新しい事業も行っているが、根幹の文化や創業者の思いは薄れてしまっている、ブックオフをそんな会社にしてしまうことです。


うちのマネージャーは30代が中心で、ある程度仕事についてわかっていますし、見えてきています。やりたいこともあって、方法論も持っている。僕が彼らにしていることは、もうちょっとスピード上げたほうがいいよ、と言うことくらい。どうしても保守的になりがちなところで、促す程度です。チラシなど細かいディテールに関しては言わなければ言わないほど結果がいいんです。人が育っているからこそできたことです。


これ以上は口出しをしちゃいけないラインがあることを実感しています。言いたいことはたくさんあるけれど、あまり細かいことを言うとスタッフが萎縮してしまう。どのあたりでやめておくのが一番結果がいいか、感覚的にですがわかってきたように思います。


ブックオフの現場には負けん気みたいなものがありまして、自立して動けるリーダーが30人います。この30人は創業者の坂本孝さんの置き土産なのですが、彼らが本当によく動いてくれて救われましたね。ここ目指して行くよ、と言ったらグッとついてきてくれる。これからの攻め方は自分や経営陣が考えなければならないことですが、彼らのためにも攻め方を間違えないようにしないといけません。


単価を上げて、売上げを上げるのはいいんですが、その後必ず客数が落ちてしっぺ返しがあります。その一方で値段を下げると粗利率が落ちます。社内では尾根道と言っていますよ。右に落ちたら粗利率が落ち、左に落ちたら客数が落ちてしまう。その間の細いラインを取っているような状況ですね。


佐藤弘志の経歴・略歴

佐藤弘志、さとう・ひろし。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。神奈川県出身。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てブックオフコーポレーションに入社。取締役企業戦略室担当、店長、ブックオフメディア社長、ブックオフコーポレーション執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

将来についてわかっている唯一のことは、今とは違うということだ。
The only thing we know about the future is that it is going to be different.


内藤誼人

人に好かれたいのなら、自分の身体には絶えず気を配った方がいい。身体の調子が悪いと、自分では気づかないうちに、言葉が荒っぽくなってしまったり、険しい顔になってしまったり、相手の冗談をつまらないと感じてしまうものである。もっと明るく振舞わなきゃと思っても、身体が言うことを聞いてくれないからだ。


山口悟郎

もし経費を削減すれば、一時的に高い利益率になるが、売上を伸ばさなければ、いくら利益率を維持できても、評価されない。利益率が同じでも、売上が伸びていなければダメだ。


吉岡隆治

ワッと売れたものはワッと消える。トレンドとはそういうもの。


久水宏之

自分中心の利害や損得で動きやすい、と同時に、やむにやまれぬ気持ちで、損得抜きに誠実に他に尽くすことができるのも人間である。後者の場合は、相手の側や全体の側に重心をおいた関わり方であるために、判断もより適切で他とも協働ができ、成果も上がる。だから、その方が大切だ、という本心はありながら、往々にして目先の快苦に流されるのも私たちの傾きである。経営者は、そのような心の動きを掌握し、選択の意思に働きかけることによって幹部や社員が人間として成長するための良き縁となることもできる存在である。


谷繁元信

「見る力」「読む力」「決断力」「我慢する力」「コミュニケーション力」「優しい心」「鬼の心」この7つを兼ね備えていれば、監督として完璧です。


森田勉(経営者)

営業マンは自信に満ちあふれてないと魅力がない。商談の最後には、「任せてください。一生懸命やります。間違いありません」ときっぱり言い切るんです。それくらい毅然とした態度を取れなければ、信頼されないし、大きな仕事は取れません。


ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン

良心とは認識の生が保証する幸福のことだ。認識の生とは、世の中の苦しみにもかかわらず幸福であるような生のことだ。世の中の楽しみを断念しうる生のみが幸福なのだ。世の中の楽しみは、この生にとって、たかだか運命の恵みにすぎない。


マザー・テレサ

すぐにお国にお帰りなさい。家に帰って家族を大切にしなさい。
【覚え書き|「世界平和のために私たちは何をしたらいいですか」という問いに対する返答】


リチャード・ニクソン

偉大な指導者は、必ずしも善良な人ではない。


津曲孝

言われたことを素直に一所懸命やっていると、人が喜んでくれるので、もっと喜んでもらいたいと頑張る。ですから、経営も、美味しいお菓子を作ってお客様に喜んでもらいたいという単純な思いだけです。


辻庸介

最初に始めたのは、「マネーブック」というお金をテーマにしたソーシャルサービス。自分の資産をオープンにすれば、他のユーザーの資産を匿名で閲覧できるというものです。お金に関する有効な教育法の1つは、うまくいっている人の手法を学ぶこと。どんな資産逆用によってどれくらいの儲けや損が出ているかを閲覧できるサービスだったんですが、1日の利用者数が10人ほどにしか伸びず大失敗。すぐに閉鎖しました。マネーブックからSNS的な要素を取り除いたのが、現在、個人向けに提供している自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」です。おかげさまで、利用者数は500万人を突破しました。振り返ると、お金の情報の「シェア」は、ちょっと早すぎたのかもしれない。ただ、今でもニーズはあると考えているので、またいつか再挑戦してみようと思っています。