名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤弘志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤弘志のプロフィール

佐藤弘志、さとう・ひろし。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。神奈川県出身。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てブックオフコーポレーションに入社。取締役企業戦略室担当、店長、ブックオフメディア社長、ブックオフコーポレーション執行役員などを経て社長に就任。

佐藤弘志の名言 一覧

人のために汗をかき、愚直に努力する人間が評価される。この企業風土が揺らがなければ、我々の会社も揺らぐことはないと思っています。


坂本(孝・創業者)から「誰と一緒に仕事しているのですか」とよく言われていたのですが、町田中央通り店店長をしていたとき、まさにその部分がすっかり飛んでいました。新しい試みばかりに目がいって、「俺はこの企画を成功させれば、名が上がるぞ」とばかり考えていた。でもそれはリーダーではありません。リーダーは一緒に働くスタッフから信頼されないといけません。


自画自賛になってしまうのですが、ブックオフには斜に構えた評論家や口だけで努力をしない人は見当たりません。人のために汗をかく人ばかりです。今後は、この強みを生かしながら、組織やチームとして動いていけるようにしたい。


ブックオフのような会社は滅多にないと思うんですよ。経営計画発表会などで、若い社員が大の大人の心を打つことができる。そんな会社を私は他に知りません。怖いのは、業績も良くて、新しい事業も行っているが、根幹の文化や創業者の思いは薄れてしまっている、ブックオフをそんな会社にしてしまうことです。


うちのマネージャーは30代が中心で、ある程度仕事についてわかっていますし、見えてきています。やりたいこともあって、方法論も持っている。僕が彼らにしていることは、もうちょっとスピード上げたほうがいいよ、と言うことくらい。どうしても保守的になりがちなところで、促す程度です。チラシなど細かいディテールに関しては言わなければ言わないほど結果がいいんです。人が育っているからこそできたことです。


これ以上は口出しをしちゃいけないラインがあることを実感しています。言いたいことはたくさんあるけれど、あまり細かいことを言うとスタッフが萎縮してしまう。どのあたりでやめておくのが一番結果がいいか、感覚的にですがわかってきたように思います。


ブックオフの現場には負けん気みたいなものがありまして、自立して動けるリーダーが30人います。この30人は創業者の坂本孝さんの置き土産なのですが、彼らが本当によく動いてくれて救われましたね。ここ目指して行くよ、と言ったらグッとついてきてくれる。これからの攻め方は自分や経営陣が考えなければならないことですが、彼らのためにも攻め方を間違えないようにしないといけません。


単価を上げて、売上げを上げるのはいいんですが、その後必ず客数が落ちてしっぺ返しがあります。その一方で値段を下げると粗利率が落ちます。社内では尾根道と言っていますよ。右に落ちたら粗利率が落ち、左に落ちたら客数が落ちてしまう。その間の細いラインを取っているような状況ですね。


佐藤弘志の経歴・略歴

佐藤弘志、さとう・ひろし。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。神奈川県出身。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てブックオフコーポレーションに入社。取締役企業戦略室担当、店長、ブックオフメディア社長、ブックオフコーポレーション執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

西浦三郎

現在、銀座の地価は上がっています。でも、これからは、銀座だからといってそれほど上がらないでしょうし、場所によっては下がるところもあると思います。重要なのは、これからの不動産は面ではなく点で考えるということです。たとえば表通りに面していても、これが角地だったら、ショーウインドーを2面取ることができるため、価値が高い。このように、銀座という面で考えるのではなく、その中でもどこに位置しているかによって、物件の価値は大きく異なります。ですから我々は価値のある物件を仕入れていく。そうすれば、オフィス需要は減っていったとしても、インバウンド需要を取り込むなど、成長のチャンスはいくらでもあるはずです。


森川亮

ビジネスにおける人脈は、やはりどこか「貸し借り」がベースにある。相手が喜ぶことをこちらから提供すると、自分が困った時や頼み事をしたい時に、相手が助けてくれるもの。


ドナルド・トランプ

私たちはみなビジネスマン、ビジネスウーマンである。あなたがアートを愛していてアートではお金が稼げないとしたら、やがて世の中はすべて、アートでさえもビジネスなのだと悟るだろう。


唐鎌謙二

相手によって態度を変えないことは信頼につながる。


日色保

低迷していた事業部の立て直しを任されたとき、とにかく現場を回って「外を向いて、前を向こう」と言って回りました。「我が信条(ジョンソン・エンド・ジョンソンの企業理念集)」に立ち返り、顧客のもとを訪ね、我々にできることは何かと問うことから始めました。


永守重信

経営は、成績がよければできるものではありません。やはり「気概」とか「執念」が必要なのです。成績のよい人が成功できるなら、日本の大企業は軒並み業績がいいはずですが、そうはなっていないのが証拠です。


笹氣健治

残業しなければ上司に嫌われるとか、職場に居場所がなくなると考えるのは、本当はおかしな話です。現に残業しなくても組織でうまくやっている人はいるもので、残業しないと評価が下がるというのは、あなたの思い込みにすぎないのです。上司や職場への依存が進むと、評価されるためには残業が必要という固定観念が生まれ、残業しないという選択肢が頭のなかから欠落していきます。「仕事だから仕方がない」と自分に言い聞かせながらたびたび残業をしている人は、この「人依存」の入り口にいるのではないかと疑ってみる必要があるでしょう。


佐々木久美子(経営者)

本気で福岡という街を良くしたいと考えている会社があってもいい。それは、人々の生活を良くするサービスを作るということと根っこでは同じこと。


廣瀬禎彦

「ああしろ」「こうしろ」といちいち部下に指示することが、上司の仕事ではありません。上司に求められるのは「段取り力」です。段取り力というのは、部下に仕事の目的を明確に示して、それを具体的なタスクにブレイクダウンしていき、段取りをつける能力のことです。つまり、上司には目的と現状をつなぐ論理を構築できることが必須なのです。


出口治明

大事なのは、いつも都合よく風が吹くわけではないと知っておくこと。そして、吹く瞬間を逃さずに捉えること。


前田健太

何のために投げ込みをするか。僕は意味が見いだせないんです。投げ込めば投げ込むほど何かが良くなるならいくらでも投げますけど、そうではないので。


吉山勇樹

仕事にハプニングやトラブルはつきもの。それを前提にしたスケジュールを組まなければ、パンクしてしまうのも当然。リスクを考慮したうえでのスケジュール設定は非常に重要。1日8時間働くとしたら、5時間でできる予定にとどめておく。あるいは、1時間で終わると見積もった仕事でも、1.5時間とっておく。こうした余裕をもったスケジュールのほうが、結局早く仕事が終わることが多い。