名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤弘志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤弘志のプロフィール

佐藤弘志、さとう・ひろし。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。神奈川県出身。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てブックオフコーポレーションに入社。取締役企業戦略室担当、店長、ブックオフメディア社長、ブックオフコーポレーション執行役員などを経て社長に就任。

佐藤弘志の名言 一覧

人のために汗をかき、愚直に努力する人間が評価される。この企業風土が揺らがなければ、我々の会社も揺らぐことはないと思っています。


坂本(孝・創業者)から「誰と一緒に仕事しているのですか」とよく言われていたのですが、町田中央通り店店長をしていたとき、まさにその部分がすっかり飛んでいました。新しい試みばかりに目がいって、「俺はこの企画を成功させれば、名が上がるぞ」とばかり考えていた。でもそれはリーダーではありません。リーダーは一緒に働くスタッフから信頼されないといけません。


自画自賛になってしまうのですが、ブックオフには斜に構えた評論家や口だけで努力をしない人は見当たりません。人のために汗をかく人ばかりです。今後は、この強みを生かしながら、組織やチームとして動いていけるようにしたい。


ブックオフのような会社は滅多にないと思うんですよ。経営計画発表会などで、若い社員が大の大人の心を打つことができる。そんな会社を私は他に知りません。怖いのは、業績も良くて、新しい事業も行っているが、根幹の文化や創業者の思いは薄れてしまっている、ブックオフをそんな会社にしてしまうことです。


うちのマネージャーは30代が中心で、ある程度仕事についてわかっていますし、見えてきています。やりたいこともあって、方法論も持っている。僕が彼らにしていることは、もうちょっとスピード上げたほうがいいよ、と言うことくらい。どうしても保守的になりがちなところで、促す程度です。チラシなど細かいディテールに関しては言わなければ言わないほど結果がいいんです。人が育っているからこそできたことです。


これ以上は口出しをしちゃいけないラインがあることを実感しています。言いたいことはたくさんあるけれど、あまり細かいことを言うとスタッフが萎縮してしまう。どのあたりでやめておくのが一番結果がいいか、感覚的にですがわかってきたように思います。


ブックオフの現場には負けん気みたいなものがありまして、自立して動けるリーダーが30人います。この30人は創業者の坂本孝さんの置き土産なのですが、彼らが本当によく動いてくれて救われましたね。ここ目指して行くよ、と言ったらグッとついてきてくれる。これからの攻め方は自分や経営陣が考えなければならないことですが、彼らのためにも攻め方を間違えないようにしないといけません。


単価を上げて、売上げを上げるのはいいんですが、その後必ず客数が落ちてしっぺ返しがあります。その一方で値段を下げると粗利率が落ちます。社内では尾根道と言っていますよ。右に落ちたら粗利率が落ち、左に落ちたら客数が落ちてしまう。その間の細いラインを取っているような状況ですね。


佐藤弘志の経歴・略歴

佐藤弘志、さとう・ひろし。日本の経営者。「ブックオフコーポレーション」社長。神奈川県出身。東京工業大学大学院理工学研究科修士課程修了後、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経てブックオフコーポレーションに入社。取締役企業戦略室担当、店長、ブックオフメディア社長、ブックオフコーポレーション執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

田村公正

新しいことにチャレンジしていく創業期からの社風を今一度、喚起したい。


瀬々敬久

起承転結の「結」となるような決定的な出来事に向かって踏み込んでいかないと、いつまでたっても相手との関係性は変化しないと思うし、世の中で起きているいろいろな問題も解決しないと思ってしまう。


川崎亘一

僕ら全員、好きな音楽が違うんです。だから正直理解できない部分もあって(笑)。でも誰かが良いというものを否定するのではなく、何が良いのか自分で探求するようになってからは、一気に音楽性の幅が広がり、さらに音楽を楽しめるようになりました。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金で後悔する人の多くは、家計を長期的な視点から見ることをしていないものです。これはなかなか深刻な問題です。実際、深く考えずに家を買って、わずか数年で手放すことになった人も少なくありません。


大串亜由美

相手が発するキーワードに関連して、自分の話を切り出していきます。そうすると「それなんだよ」とか「実はね」といったふうに、相手の反応も良くなり、会話のキャッチボールが生まれやすいんです。先方も話していて楽しいですから、「この人とはまた会いたい」となるのです。


山田佳臣

自分で発案して、自分でぶつかっていく。そういう仕事に就けば、否応なしに自分を広げざるをえなくなります。


執行草舟

元寇も、日清・日露戦争も、国土防衛戦争という意味では同じですね。日本侵略をたくらむ大国から日本民族を守るという信念にもとづいて戦った。だから、国民は喜んで国に命を捧げ、国は国民に死ねと命ずることができた。ところが、元寇の勝利によって鎌倉幕府が滅んだように、日清・日露戦争に勝ったことによってかえって、大日本帝国の滅亡へとつながってしまった。これもまた歴史の真実です。戦争はすべて悪いという人がいますが、すべてが悪いとはいえない。弱い者をいじめる戦争が悪いのであって、強い者に立ち向かう戦争は少しも悪くない。これは人類の根源的な問題で、強い者に立ち向かう精神を失ったら人類は終わりです。


内田士郎

グローバル化の中で、日本企業のトップや社員はどうあるべきなのでしょうか。私はこの一つの解が「コミュニケーション力」、言い換えれば「異文化を理解する力」、あるいは「人間力」とも言えるかと思います。


勝俣恒久

考えてみてください。会社の顔である社長が、この先の経営を悲観したり、暗くなっていたりしたら、それこそ会社全体が意気消沈してしまいます。
【覚書き|モットーである「明るく・楽しく・元気よく」について尋ねられたときの発言】


宮本健治(経営者)

私利私欲のためでなければ、賛同者は必ず現れる。


國松孝次

仕事という1つのチャンネルだけでなく、趣味の世界や地域社会といった複数のチャンネルを通して多くの人たちと交際すること。そうでないと、人間の幅が狭くなってしまう。世の中の現実は仕事だけでは学べません。


小泉光臣

リーダーには、最後の責任は自分が取るという矜持が必要。