名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

佐藤廣士(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤廣士(経営者)のプロフィール

佐藤廣士、佐藤広士、さとう・ひろし。日本の経営者、工学博士。神戸製鋼所社長。大分県出身。九州大学大学院修士課程冶金学専攻修了後、神戸製鋼所に入社。技術開発本部材料研究所表面制御研究室長、技術開発本部材料研究所長、技術開発本部開発企画部長、取締役、執行役員、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

佐藤廣士(経営者)の名言 一覧

金がないなら知恵を出そう。


実際にお客さんと話してみると、今どこに不満があるのか、どんなものが欲しいのかがよく分かる。


下を向いていたら前が見えない。トップはふんぞり返らない程度に頭を上げて前を向き、先を見通すことが大事。


トップが深刻そうな表情をしていてはいけません。組織全体がうつむいてしまいます。平然と大丈夫だという顔をしていなければならない。


つらいときほどニコッとしよう。私は若い頃から心がけてきました。


営業マンと研究者が一丸となって新しい仕事に挑む気風は神戸製鋼の強み。


各開発担当者の熱意や努力に対してマネジメント層には、オンリーワン製品に育つかどうかを判断する眼力、成果が出ることを待つ度量が求められています。


神戸製鋼はニッチな製品の積み重ねで、連結売上高1兆6000億円の規模に成長した企業です。ひとつひとつの製品の市場が小さいからこそ、自分たちの事業を守り、かつ成長させようという各担当者の使命感、責任感が強いのだと思います。


価値観や風土が違う組織がシームレスに連携するためには、共通の理念や目標が必要になります。我々の共通目標は、「すべての道はオンリーワン製品づくりへ」と明快です。


技術が高度化・成熟化する時代では、部署の壁を越えた連携、他社との連携など、いろいろな形の連携が重要になってきます。テクノロジー・ブレイクスルー(技術突破)から、テクノロジー・フュージョン(技術融合)の時代になったと思います。


我々はグループ経営を展開しており、幅広い分野の製品を手掛けています。新しい技術であっても、どこかの部門で対応可能なほど事業が幅広いので、新規案件も受け入れられやすいのだと思います。


既存のオンリーワン製品の競争力を維持するためには、まずはお客様との密なる意見交換が重要です。もう一歩進んだ対策としては、お客様のところにエンジニアを送り込み、お客様と一緒に新しい素材や部品の開発に取り組む活動を行っています。


中期計画において、我々はオンリーワン製品の連結売上高比率を35%から40%に高めることを目指しています。その実現のためには、現在のオンリーワン製品を改善しつつできるだけ延命させること。そして次のオンリーワン製品を開発することが重要です。


不易流行で変えてはいけないものは「極める」姿勢でしょう。原料は時代や価格の変動によって変わってもいいが、材料を加工して製品に仕上げるところは不易なのです。


新しいアイデアのすべてが成功に至るわけではありません。「千三つ」の世界でしょう。農業でも10の収穫を得るには1000の種をまくといいます。ならばそんな無駄はせず、はじめから10の種をまけばいいではないかというとそうではなく、1000の種をまくから最後に10が残る。最初の1000の種を大事にするからこそ、オンリーワンの製品や技術が生まれるのです。


神戸製鋼には「IT mk3」という画期的な製鉄法があります。既存の高炉法では8時間かかる銑鉄製造を約10分に短縮し、コストも製造規模も圧縮でき、需要の増減に柔軟に対応できるのです。これは10年前、一人の技術者のある発見から始まります。当時、鉄は溶鉱炉でつくるのが常識で、まったく理解されませんでした。それでも諦めずに続けた研究が環境の変化とともに評価され、花開きました。


神戸製鋼では他社が容易に真似できないオンリーワン製品や技術に力を入れています。チタン製品もそのひとつです。とくに航空機用では世界的な評価を得ています。しかし、60年前に一人の技術者が試験的に始めたときは見向きもされませんでした。それでも技術者とその仲間は実験を続けました。最初に種をまいた人たちの思いと行動がなければ、世界に誇る神戸チタンは生まれませんでした。


自分の仕事だからと一人で抱え込んでしまうのはいけません。誰かに手伝ってもらうことで、短時間でより質の高い成果が出せるかもしれないからです。


神戸製鋼所は事業領域が多岐にわたります。それぞれの部門が自分のことばかりを考えていては、小さな事業体の単なる寄せ集めで終わってしまう。組織に横串を通し、連携することが大事です。


佐藤廣士(経営者)の経歴・略歴

佐藤廣士、佐藤広士、さとう・ひろし。日本の経営者、工学博士。神戸製鋼所社長。大分県出身。九州大学大学院修士課程冶金学専攻修了後、神戸製鋼所に入社。技術開発本部材料研究所表面制御研究室長、技術開発本部材料研究所長、技術開発本部開発企画部長、取締役、執行役員、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岡島礼奈

人工流れ星は粒の大きさよりも、原料に何を使うかが重要で、素材を工夫しています。工夫については企業秘密です。宇宙関連の技術は、特許で守っても意味がないんです。仮に真似されても、宇宙でやっていることだから特許侵害の証明が難しい。だから秘密にするしかなくて。


髙橋ツトム(高橋ツトム)

不完全だと思っているから、「完璧なもの」を描いてみたいですよね。最後に「描けたなー」と思うことが来るのかどうなのか。死ぬ一日前かもしれないし、そういうふうに思っていないと、そこには行けない。


ジョージ・タナシェビッチ

ゲストに響くのは継続的な新鮮さだと考えています。ここ数年積極的に取り組んできたのは、有名シェフが手がけるレストランによるグルメの充実。そして最新のレーザー技術とジェット噴水を駆使した光と水のショーの導入や、ウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」とタッグを組んだ展示など、エンタテインメント面の強化です。


ティモシー・フェリス

「いつかやる病」はあなたの夢を墓場まで連れていこうとする。「いつか」やりたいことならば、「いま」それをやろう。


永田豊志

資料作りで大切なのは、着手する前に、何をどう伝えるかの「設計図」を思い描くことです。設計図がないままに資料を作り始めると、情報量がやたらと多くなり、複雑な図になりがち。伝えたい情報は、「1図解につき、1メッセージ」に絞り込むのが鉄則です。シンプルさを意識しましょう。


鍵山秀三郎

一番大事なことは、他人から指示、指導されて事をなすのではなく、やはり自らが望んで自分に命令をして活動していくということ。これが人間としての本当の活動であり、そのことによって、真に成長し続けることができるのだと思うのです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

本当の哀れみとは、弱っている人や苦しんでいる人、無力な人たちを理解したうえで、言葉より行いで示すものです。


宮内義彦

オリックスでは、以前から「オリックスの経営陣は『中長期的にこの会社の成長を見届けたい』という株主を重視している」と繰り返し株主に伝えてきました。これは暗に「短期的な投資効率を追求しようとする株主の期待に応えるつもりはない」ということを意味しています。それを許せないと思う方はどうぞ株を売ってくださいという意味です。経営者が株主像を明確に示し続けることで、少しずつでも経営者の思い描く株主像と実際の株主構成とを近づけていく努力は大切だと思います。


田中芳樹(小説家)

『銀英伝』は、なんというか、私に小説の書き方を教えてくれた本ですね。結構実験的なこともやっていまして、そういうことをしても大丈夫だと感じられました。逆説的にいうと『銀英伝』で書けなかったことがやはりあって、それをほかの小説で試してみようとも思えました。それから、意外なところで読者の方々の支持をいただいてびっくりしたり。何気なくオーベルシュタインが老犬を飼っている設定を出したんですけど、これが受けまして(笑)。逆に、受けを狙って書くと駄目なんですね(笑)。だから結局自然に書いて読んでいただくのが一番かなと思いました。そういうふうに、本当にいろいろな意味で先生なんです。


楠木新

左遷から立ち直り、それをチャンスに変えるためには、自らの出世や利益を中心に考える「自己への執着」から、一緒に働く仲間や家族などに対する「他者への関心」に姿勢を移す必要がある。


遠藤章造

この10年、俺が感じていたのは縁の不思議さです。つながりが続く人もいれば、途切れてしまう人もいる。なんでやろうな……と。すごくモヤっとしていた思いを抱えていたんです。それが、この間テレビでご一緒した笑福亭鶴瓶さんのひと言で、すっと晴れていった。鶴瓶さんは「縁は努力だ」と仰っていて、本当にそうやな、と。人に出会うのは縁やけど、努力がなければすーっとなくなっていくもの。どうしても終わった番組のスタッフや演者さんとのつき合いは薄くなってしまい、俺もそれをそのままにしてきたことに後悔があったんです。だから、これから始まる番組、出会った人との縁は今まで以上に努力してつなげていこう、と。それが40代のテーマかなと思っています。


櫻井英明

市場関係者は意外と行間を読み解こうとするもの。このことは覚えておく必要があるでしょう。あるIR担当者さんはこう言います。「短信や説明会資料には、魂を込めて、言葉の表現の中に醸し出すメッセージを注入しながら、細心の注意を払って作成しております」。実は会社側の提供してくれている資料にはこういった心血が注がれているという事実を忘れてはいけないでしょう。