名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤康行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤康行のプロフィール

佐藤康行、さとう・やすゆき。日本のコンサルタント、心の専門家。「YSコンサルタント」「心の学校グループ」代表。北海道出身。トップセールスマン、レストラン経営者などを経て「YSコンサルタント」「心の学校グループ」を設立。150冊を越える本を執筆。

佐藤康行の名言 一覧

メンタルのことで悩んでいる人に対して、私はむしろチャンスだと伝えたい。悩んでいるのは、人生に対して真剣である証拠。そして、悩んでいるからこそ、それを解決することができる。


ハーバード大学での75年にわたる研究によれば、人間の幸せの最大の基準値は良好な人間関係にあるそうです。コミュニケーション不全が、メンタルの問題を引き起こす原因となっているのです。


人間はすべて満月と同じで欠けた部分などない「まんまる」な存在。欠けているところなどないのだから、何かを足そうとか補おうなどと考える必要はない。こう考え方を変えるだけで、記憶の中のゴミは黄金に変わっていき、闇の世界から愛だけの世界に変わっていく。すると、何をやっても成功し幸せになり、あなたの周りの人達も幸せになっていく。


トラウマだけでなく、たとえば初めて出会った人に抱く第一印象や、何かを始めようとする際に抱く「うまくいきそう」「失敗しそう」という予感なども、過去の記憶に知らず知らずのうちに影響されています。つまり、人間とは、過去の記憶でできているのです。ならば、記憶を変えれば自分を変えることも可能になるのです。どんな過去であっても、それ自体に固定された意味はありません。それをどう捉えるかはあなたの心次第。


人は、苦しい記憶を後生大事に握りしめて、写真を何度も見返すように「この恨みを忘れてなるものか」「私は不幸だ」と思いがちです。その恨みを外に向ける人は周りとの関係を壊していき、恨みを自分に、つまり「悪いのは自分だ」と思い詰める人は、うつになりやすい傾向があります。思考は現実化するという言葉がありますが、まさにそのとおりなのです。


人の心の奥深くには貯蔵庫があり、その貯蔵庫には過去から積み上げてきた記憶が眠っています。その中には光り輝く記憶もあれば、忘れてしまいたいゴミのような記憶、さらにはDNAに刷り込まれた過去からの記憶など様々なものが蓄積されています。大事なのは、そのうちどの記憶を拾い上げるか。もし、ゴミのような記憶ばかりを拾い上げたら、それは生ゴミのように悪臭を発生させ、自分の心はもちろん、周りの人の心も蝕んでいくことでしょう。


根本原因までさかのぼれば、先の戦争にその原因があると私は考えています。日本は第二次世界大戦で誰も望まない戦争に突入した。望まない戦争に人を送り出すには、命令で従わせるしかない。戦後、そうして人を動かしてきた人たちが、同じやり方で会社組織を運営してきた。そんな時代はとっくに終わっているのに、まだその意識が抜けないのが、コミュニケーション不全の遠因だと思います。


上司が部下を「欠けることのない満月だ」と思って接していれば、職場の人間関係は決して悪化しません。たとえば、「本当は能力があるのに、その10%しか使っていない」といった指導なら、部下は素直に聞いてくれるはず。欠けたところばかりを見て、「お前はここが足りない」などと言うから、関係がどんどん悪化するのです。


本来、人間は満月のようなもの。欠けることのない完璧な存在です。でも、その一部が影に隠れてしまうと、三日月のように見えてしまう。では、月は本当に欠けているのかというと、そうではなく、一部が影に隠れているだけ。実際には「まんまる」なのです。でも、そのことに気づかず、その欠けた部分ばかりを気にして不湖を持ったり、欠けた部分をなんとか埋めようとするから、心の悩みは生まれてくるのです。


記憶は「書き換える」ことが可能。上司との関係がうまく築けない人には、両親との関係に問題があった人が多い。たとえば、子供の頃に父親から厳しいしつけを受けており、ときには暴力を振るわれていた。その記憶が潜在意識に蓄積され、上司と接する際にフラッシュバックしてしまうわけです。でもここで、「父親は自分のことを真剣に考えてくれていたんだ」と記憶を書き換えてみる。すると、それだけで周りとの人間関係が変わってきます。苦手だった上司のことも「この人は自分のことを真剣に考えてくれているのだ」と捉えられるようになる。それにより、上司との人間関係も変わってくるのです。


佐藤康行の経歴・略歴

佐藤康行、さとう・やすゆき。日本のコンサルタント、心の専門家。「YSコンサルタント」「心の学校グループ」代表。北海道出身。トップセールスマン、レストラン経営者などを経て「YSコンサルタント」「心の学校グループ」を設立。150冊を越える本を執筆。

他の記事も読んでみる

鎌田薫

地元から一旦、東京など様々な地域で刺激を受け、広い世界を見て、様々な知見を身に付けた人が地元に戻って新たな活力を生み出すという、人的な好循環をつくり出すことが、地方活性化の一番の要だと思います。地域振興には「よそ者、若者、ばか者」が必要だというのはまさにそういうことです。


宮沢文彦

大半の100年企業は不動産による賃料収入を得ることで生き残ってきた。バブル崩壊を体験した日本では「不動産」と聞くと、どうしても投機的なリターンを求める危険な事業というマイナスなイメージが残っています。しかし、東京の不動産こそが、会社が危機に瀕したときに、会社の危機を救うための大きな武器になるの。


伊集院静

前の女房(夏目雅子)の死の直前、好きな食事をさせたいと銀座に買い物に出かけました。でも最後に飲ませてやりたいと思ったワインは、お金がなくて買えませんでした。天下の女優に中程度のワインを飲ませてやることができなかったのです「もう少し高いワインを飲ませてやりたかった」。彼女が死んだ後、悔やみながら、ある決心をしました。「自分が死ぬまでの間に、二度とお金に揺さぶられない人生を歩む」と。その時に自分にお金があろうとなかろうと、どんなに現金を積まれても「それがどうした」と微動だにしない。そうした姿でいられる人間になると。同時に一切の物欲を捨てましたこれ以上はない命を救えなかった自分には、命以外の物を求めようもないと思ったのです。こう覚悟してからは、不思議なもので自然とお金が入ってくるようになりました。でもお金が入っても全て吐き出すから、税理士からは経費の使い過ぎと注意されます。


戸塚祥太

心躍る現場だけど、その私情が作品に影響しちゃマズイ。仕事は仕事。一番気をつけたのは高ぶる気持ちを抑えることだった。とにかく平常心で自然にカメラに映ることを意識した。空気を邪魔せず、作中の一つのピースとしてはまっていることを願う。


高井伸夫

「一期一会」が大事。どんな相手とも「これが一生に一度の出会い」と捉えるくらいに、丁寧に大切に接しましょう。自分が示す態度が、相手のとる態度。表裏一体です。


石田克史

創業当時、苦労と言えば苦労だったのかもしれませんが、あの時はそれが普通だと思っていました。地道に一つ、一つ、お客様の信頼を勝ち取っていくことで、営業スタッフを採用したり、技術スタッフを採ったりして、会社が徐々に成長していきました。


森雅彦

持続する会社になるために、なぜ規模が必要かというと、経営を任せられる次世代の幹部候補を育てやすいからです。より競争の激しい環境の中で社員を育てるには、少なくとも1万人くらいの規模は必要です。


小田與之彦

加賀屋では女将に加えて、それぞれの客室棟ごとに、接客のグループリーダーがいます。いわばミニ女将です。彼女たちが現場をまとめ、教育係も務めてくれています。


新川義弘

スタッフには、「普段の生活でも若者言葉を使うな」とよく言っています。休憩室で「今日の賄い(まかない)、チョー旨くね?」なんて話をしているスタッフがいたら、すぐに注意します。習慣とは恐ろしいもので、そうした言葉遣いをしていると、お客様の前でも「これ、チョーおいしいですよ」と言ってしまうものです。年配のお客様には礼儀がなっていないと思われてしまいます。


井上康生

全日本柔道男子の監督を引き受けてすぐに着手したのは、意識改革でした。選手とコーチ陣を集め、「これから(リオデジャネイロ)五輪に向けて、チーム一丸となって本気で闘っていく。少しでも覚悟が揺らぐ者がいたら、今すぐここから退場してほしい」と伝えました。全員の目の色が変わったと思います。


中川悠介

私が最初に手がけたのは、美容師を集めてのイベント「美容師ナイト」でした。そこに多くのモデルやアーティストが集まってきて、じゃあその人たちをマネジメントしようという話になった。それで法人化したのです。つまり元をたどればイベントだったものが、アメーバのように広がっていって、今に至るわけです。これもまた、「ものさし」を決めなかったからこそだと思います。


カルロス・ゴーン

一般的に言って、ある企業のイメージを決めるのは大衆であって、企業ではありません。企業にできるのは、これから進む方向を定めて、どうしていきたいかを明らかにするだけです。企業として究極のモデルを設定して「これは理想であって現実に到達するのは不可能でしょう。でも、私たちはこれを目指します」という。できるのはそれだけです。一方、大衆は企業が、そして経営者が何を考え、どんなヴィジョンを持っているかにはあまり関心を払いません。実際の商品や、経営者のパーソナリティを見て何かを感じ取ります。