名言DB

9425 人 / 110833 名言

佐藤康光の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤康光のプロフィール

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

佐藤康光の名言 一覧

自分のペースをいつも完璧に維持できるわけではありません。でも、どんな状況にあっても、その時点のベストで戦わなければいけない。


誰かや何かのせいにするのではなく、すべてを受け入れたうえで最善の戦い方をすることが大切。


修業時代からやってきたことは、間違っていないと思うんです。恐らく生まれ変わってまたプロ棋士になったとしても、同じやり方をするんじゃないかな。


佐藤康光の経歴・略歴

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

他の記事も読んでみる

関幸彦(経営者)

一体感が生まれたのは、やはりグループ全体の活動の原点に経営理念があり、普段から「何のために仕事をしているのか」ということが追求されていたからです。そう考えると、現場のリーダーである私の役割というのは、突発的な修羅場にあっても経営理念を忘れることなく、関係者全員の秘めた使命感のスイッチを思い切り入れ直すことだったのではないかと思います。


伊藤良二

マッキンゼーに入った年、新人研修に参加しました。研修でマッキンゼーをつくった男といわれる、マービン・バウアーから「自分ならではのバリューをどう定義するか」と一人一人聞かれました。それを常に意識しろという問いかけなのですが、駆け出しだった私には衝撃的でした。当時ビジネス経験も少なく、会計士の試験に合格したばかりだった私は「財務知識を軸にクライアントの問題点を考えること」としろろもどろに答えた覚えがあります。


茂木健一郎

人間は自分の脳内にどのような情報が詰まっているか、意外と把握していないものです。それが、人に話している過程で浮上してくることもあれば、逆に相手から質問されることで新しい発想に誘導されることもあります。


澤田秀雄

小さな器では、小魚しか入れません。一方で海は、サメもクジラも小魚もプランクトンも、すべてを受け入れています。企業も同じように、優秀な人もそうでない人も、ときに手を抜く人も、みんな受け入れてこそ大きくなることができる。


藤井美保代

資料や書類をきれいに収納するのも大切ですが、いざというときにうっかり持ち出すのを忘れてしまったり、探し出すのに時間がかかったりするようでは意味がありません。シンプルな仕組みで整理することがポイントです。


中原淳

部下を育てるためには、部下にとって耳が痛いこともきちんと伝えて、軌道修正を繰り返すことが必要。自分だけで正しい方向に走っていける部下はいません。上司が教えることは不可欠。


藤岡頼光

最初は必要な知識を手に入れようと、経営学の本や有名な経営者が書いた本をたくさん読みました。ただ、本を読み漁ったあと、「読書だけでは良い経営者になれない、限界がある」という結論にいたりました。


牛島信

日ごろから株主との信頼関係を築いておくことは、いわば買収防衛策の王道です。


高田純次

他の人たちが、はっきりしたギャグや言葉で勝負しているとしたら、俺の場合はそういう言葉と言葉の間にある行間を泳いできたようなもの。それがよかったのかも。ただし、これはそうやって行間の味わいみたいなもので勝負してきたということじゃなくて、むしろはじめから「勝負を避けてきた」ということかもしれない。ネタで勝負をしてきたら、ひとつやふたつはヒットを飛ばし、もっと売れた可能性はある。でも、逆にそんな時期があったら、いまの年齢までテレビに出ていられなかったんじゃないかとも思う。まともなネタ勝負をしてこなかったのは、意外に賢い生き方だったってことにもなる。もっとも、そうやって生き残ってきたのは緻密な計算では全然なくて、単なる流れだからあんまり参考にはならないけれど。


遠山正道

商売が生活者に受け入れられるかどうかは、とにかくやってみないと分かりません。それをリスクがあると表現するなら、何もできなくなってしまう。