名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤康光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤康光のプロフィール

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

佐藤康光の名言 一覧

自分のペースをいつも完璧に維持できるわけではありません。でも、どんな状況にあっても、その時点のベストで戦わなければいけない。


誰かや何かのせいにするのではなく、すべてを受け入れたうえで最善の戦い方をすることが大切。


修業時代からやってきたことは、間違っていないと思うんです。恐らく生まれ変わってまたプロ棋士になったとしても、同じやり方をするんじゃないかな。


佐藤康光の経歴・略歴

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

他の記事も読んでみる

伊藤美恵

クチコミの効果は最初の一人がどれだけ面白がって話すかで決まります。


安藤文男

日本のユーザーは、システム開発においてメーカーやベンダーへの依存度が高いので、我々の理解に基づく提案がお客様にとって最適・最良でないことも多々あるわけですね。その意味では、我々もお客様の事業内容をよく理解して、「こうしたらどうですか?」と提案していくことが大事ですし、お客様の方からも「こういうシステムにしてくれ」と要望してきてほしい。あまり強調すると怒られてしまいますが、お客様との共創でより良いものをつくっていくという考えが大事だと思います。


ミハイル・カラシニコフ

ひとつだけ確かなのは、何か新しいものをつくるには、その分野で何がつくられてきたのかを把握することである。


斉藤惇

太平洋戦争における日本軍を研究した『失敗の本質』という本に書いてあった、日本の陸海軍がなぜ、米国の軍隊に負けたかという説明の原因と全く同じです。残念ながら日本人は変わっていない。日本の中の小さなシマで争う。そこには壁があり、お互いに密告し合ったりしています。日本は基本的に縦割りで、自分は横のことは知らないという態度の結果、経済の競争力を落とし、技術はつくっても中国、韓国に負けるという構図があります。


芦田昭充

人を巻き込むには、とにかくコミュニケーションを重ねるしかありません。私なんか、役員クラスの耳にタコができるくらい、こうだろ、こうだよなと自分の考えを繰り返し伝え続けています。「芦田さん、もういいですよ。わかりましたよ」って相手が言うまでね(笑)。


斎藤敏一

すぐに結果が出ない仕事をしているときには仕事の他にさまざまな、すぐに結果が出るようなことに手を出してみると、精神のバランスが保てるし、その中に仕事のヒントも見つかるかもしれません。私も趣味のおかげで、より会社に貢献できる分野を知ることができました。


渡辺久信

損得なんて考えてたら台湾にも行ってないし、監督だって引き受けていなかった。僕にとってのポイントは、やり甲斐があるかどうか。その一点だけ。


下地寛也

プレゼンは人の心を動かすためのものです。そのためには、「疑問を投げかける」→「結論を伝える」→「理由を加え、納得させる」の順番であることが必要です。ビジネスでは「結論を先に言え」と言われることが多いのですが、プレゼンで結論からいきなり入っても、聞き手からすれば、何の話をしているのかわかりません。結論の前に疑問を投げかけることで聞き手の興味をひき、次に結論で驚きを与え、最後に理由で納得を得るという順番で進めるのがよいでしょう。


森川亮

新しい価値をつくるのは、ある程度内部でぶつかることがあっても、自分で信念を持って何かを生み出す人です。そうした人材が活躍できる場をつくることが大事。


寺島実郎

日本経済の話をするとき、今は株価の話ばかりになっている。株価を高めることがあたかも経済を強くするような錯覚に陥っているが、マネーゲームに傾斜しているうちに足元の虎の子産業が崩れてしまっているのではないか。経済界が真剣に議論しなければいけないのは、株価ではなく技術とプロジェクトの話であるはずだ。


松田譲

研究者はテーマを決めて自分の研究に没頭していれば、周囲とのコミュニケーションに気を配らずにあまり会話をしなくても済むことがあります。しかし、実際に研究テーマを詰めていくには、研究者同士のディスカッションは極めて重要だし、研究の成果を商品化して世に問う際にはメッセージの伝え方で評価が違ってくることもあります。


守安功

ほんの数人が新しいものを生み出し、とんでもない価値を生み出す例はいくらでもあります。モバゲーにせよ、怪盗ロワイヤルにせよ、開発したのは5人ほどのチームですから。