名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤康光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤康光のプロフィール

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

佐藤康光の名言 一覧

自分のペースをいつも完璧に維持できるわけではありません。でも、どんな状況にあっても、その時点のベストで戦わなければいけない。


誰かや何かのせいにするのではなく、すべてを受け入れたうえで最善の戦い方をすることが大切。


修業時代からやってきたことは、間違っていないと思うんです。恐らく生まれ変わってまたプロ棋士になったとしても、同じやり方をするんじゃないかな。


佐藤康光の経歴・略歴

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

私だって皆さんと同じように、大きな家や車といった人生のぜいたく品が好きだ。だが私の場合、そうした物を買うのに働く必要はないし、借金漬けにもならない。私はまず、自分のお金を賢く使う方法を学ぶのに必要な時間を費やし、一生懸命に働いて、私の支出を賄うだけのキャッシュフローを生み出してくれるビジネスを築いたり、その他の投資をしたりする。マイホームや車も、こうした「富」が私に買ってくれる。私はお金のためには働かない。お金が私のために働いてくれる。


塚越寛

自分一代で何かを成し遂げようとする思いが「野心」であり、一代ではとてもできない大事業を次代につないでいく、祈りのようなものが「志」である。


大賀昭司

PB(プライベートブランド)は、当社として自信を持ってお客様にお勧めする商品です。中小メーカーとタイアップして、原材料から製造方法までコストを抑えられる方法を一緒になって考えます。


村山大

私は顧客から、多い日には30件もの電話がかかってきます。保険のことから相手の仕事、プライベートにいたるまで様々な相談の電話です。電車で移動していては、こうした電話にすぐには出られません。しかし車移動であればリアルタイムで対応することができます。電話に必ず出てくれる営業マンと、いつも電話がつながらない営業マンだったら、前者に相談したくなりますよね。頼りがいのある営業マンだと思ってもらえれば、結果として契約で差をつけることができるのです。これが車移動の大きなメリットです。


戸田覚

書類ひとつとっても、どのようなつくり方をすれば時間を短縮できるか、どんなツールやアプリケーションを活用すればもっと効率的にできるかを真剣に考える。そうやってひとつひとつの仕事を効率化して、1分1秒でも活用できる時間を生み出していくことで、いまのように月45本の連載をこなせるようになり、趣味や遊びにも時間を使うことができるのだと思います。


上野和典

私は定時に仕事を終えると、好奇心のおもむくままに街をぶらつきます。行列ができている店があればとりあえず並び、隣に座った人に話しかけたりもします。社長になってからは車で移動する機会が増えたので、ときにはわざわざ帰りのラッシュの電車に乗ることもあります。とにかく社内にいてはわからないことを積極的にやっています。


高坂勝

お店を始める時は、最低限、いくら収入があれば暮らせるか計算しました。それ以上は稼がない、忙しくしたくなかったので。


堀之内九一郎

いつでも連絡して会える友達がたくさんいるほうが、間違いなく楽しい。私が寂しがり屋だからとくにそう感じるのかもしれませんが、一匹狼を気取る生き方よりも仲間を増やす生き方のほうが、豊かな発想が生まれやすいと思う。


堀内康隆

日本のリユース市場は成長していますが、取引経験者はまだ4割程度といわれます。ネットを介した顔の見えない取引に不安を感じている初心者や未経験者は少なくないでしょう。行き慣れた店で従業員と対面で取引できる安心感は、変わらない当社の強みです。それを生かしながら、デジタル化も進めて競争力のあるサービスをこれからも作っていきます。


石田淳(コンサルタント)

やる気や意志だけでは続けられないのが普通です。だから、続けられる仕組みや環境づくりをすることが重要なのです。


倉益幸弘

組織の一体感を出すための日常業務に対する会議に限れば、会議とは課題に対して議論し、組織としての方針や方向づけを決定し、参加者全員でコンセンサスを得るのが本来の姿です。目標をどこに置くのか、そのために起こりうる問題は何か、解決にはどのような方法があるかといった仕事の段取りをしっかり行うことが大事。


大西賢

JALは公的な航空運送事業者であるという意識が強すぎたため、民間企業として利益を生み出さなくてはならないという意識が乏しかった面があります。これからは、この両面をしっかりとにらんで経営をしていかなければなりません。