名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤康光の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤康光のプロフィール

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

佐藤康光の名言 一覧

自分のペースをいつも完璧に維持できるわけではありません。でも、どんな状況にあっても、その時点のベストで戦わなければいけない。


誰かや何かのせいにするのではなく、すべてを受け入れたうえで最善の戦い方をすることが大切。


修業時代からやってきたことは、間違っていないと思うんです。恐らく生まれ変わってまたプロ棋士になったとしても、同じやり方をするんじゃないかな。


佐藤康光の経歴・略歴

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

他の記事も読んでみる

久水宏之

人の心に届く物づくりには物語がある。私心を超えて人々の幸せを願う心が強くあってこそ、自分から変わり、周りも元気にする良循環の道は開かれてゆく。


張琴

リーダーとして大事なのは、自分なりの夢を描き、すべきことを語り、目標達成に向けて周囲の共感と協力を得ることです。


並木昭憲(経営者)

お客さんに感動を与えるには、従業員がまず感動しなければダメ。


本田健

必ず才能はあります。それが卓球の福原愛ちゃんみたいに4歳で見つかる人もいれば、カーネル・サンダースさんみたいに70代で見つかる人もいる。いつ才能が見つかるか、わかりません。人によっては才能が出てくるまで、温泉を掘るみたいに、長く掘り続ける必要があります。でも、そうやって自分の才能を掘ることで、初めて人生が面白いものになる。それを本気でやるかどうかだと思います。


益岡徹

僕もついつい悩んでしまうことがある。そんなときは、わざと単純作業に没頭します。ベランダの植物を、時間をかけて手入れする。表面的にはムダな時間に見えるかもしれないのですが、無心になれるので、つまらないことを考えるのを強制的に休めるんですよね。そんな一見ムダな時間が自分をリラックスさせてくれて、失敗から早く立ち直れるような気がしています。


鍵山秀三郎

幸せに生きるためには、いま生きているこの瞬間、この日をいかに過ごすかが大切です。


田川博己

交流文化事業という事業ドメインの実現に向けてまず取り組んだのが、地域との結び付きを深めることでした。大切なパートナーである地域の方々とともに新しい価値を生み出していくというものです。そのためには、自律創造型社員、つまり、様々な意見に耳を傾けられる人、自分で考えられる人、シナリオを書ける人、そういう人材を育成しなければならない。そのためにはあえて外に出すことも重要です。


村口和孝

若い頃の成功は、何よりも大きな自信になる。


大浦溥

私は若いころ、富士通で中興の祖と呼ばれた岡田完二郎さんの秘書として、彼の物事の決め方をそばで見てきました。岡田さんは周囲の反対を押し切ってコンピュータ産業への進出を決めたわけですが、この決断がなければいまの富士通はありません。私はそういう姿を見ながら育ち、大変貴重な経験をさせてもらいました。次世代の経営者を育てるという意味でも、トップの決断は大切だと思います。


主藤孝司

アイデアを生み出す基本は「シンプル」であること。そして必ず「もととなっている先例(たたき台)」があることだ。実は世の中のアイデアすべてが全くのゼロから生まれ出たものではない。これらのアイデアを新商品にするとき、必ず行われるのが、「足し算」と「引き算」である。