名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤康光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤康光のプロフィール

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

佐藤康光の名言 一覧

自分のペースをいつも完璧に維持できるわけではありません。でも、どんな状況にあっても、その時点のベストで戦わなければいけない。


誰かや何かのせいにするのではなく、すべてを受け入れたうえで最善の戦い方をすることが大切。


修業時代からやってきたことは、間違っていないと思うんです。恐らく生まれ変わってまたプロ棋士になったとしても、同じやり方をするんじゃないかな。


佐藤康光の経歴・略歴

佐藤康光、さとう・やすみつ。日本のプロ棋士。京都府出身。小学1年生から将棋を開始。関西奨励会に入会。17歳でプロ棋士になる。その後、数々のタイトルを獲得。「永世棋聖」の称号を得た。また、日本将棋連盟棋士会長を務めた。

他の記事も読んでみる

中山均

金融機関はあくまでも自立すべきで、絶対に政党色を持ってはいかん。というのがいまに変わらぬ私の信念である。だから私は政治家にはなれないし、またなりたいとも思わない。厳正中立であるべき金融機関が、政党政派に関係することは断じて避けねばならん。


吉越浩一郎

会社に経営理念はいらない。こう述べると顔をしかめる経営者は多いが、私はあえてそう明言しています。とくに日本の会社は、経営者が自分で考えたものではなく、何かの本を読んで拾ってきたような言葉を理念として掲げている場合が多い。学校の作文の宿題ではあるまいし、私に言わせれば、そんな理念はもう最初から落第です。会社において肝心なことは、作文の出来不出来ではない。現に行われている経営の出来不出来が問題なのです。


高城幸司

情報化が進んだ現代では、事前に万全の準備ができない人は、ビジネス社会を生き抜くことは難しいでしょう。営業でも、ひと昔前なら、訪問先で「御社について教えてください」とお願いすれば、こちらの質問に答えてもらえることも多かった。でもいまそんなことを言ったら、下調べもせずなにをしに来たと追い返されてしまいますよね。


前田修司

どうすればチームの足並みを揃えられるか。私なりにたどり着いた答えが、A4サイズのパンフレットでした。開発に着手する最初の段階で、完成品のイメージを1枚の紙にまとめるのです。差別化のポイントがひと目で分かるように、イラストも使ってシンプルに表現するのです。そうすることで、開発から営業まで、目指すべきゴールがはっきりします。


山田真哉

この不況の中、ビジネスマンが優秀な成果を残すのは、非常に難しいことです。しかし見方を変えると、いま成果を挙げられれば、社内で一目置かれることは確実です。ある意味、絶好のチャンスといえるでしょう。


赤羽雄二

リストラや提携など、再建プランを描くことは外部の専門家でもできますが、組織にいるのは人間です。実際に成功させるには、社員の心理を織り込んだ実務プランが必須です。人間心理、社会学を無視した再建などありません。


冨山和彦

100mを10秒で走る人のコーチは大変だけれど、30秒で走る人は真面目にやれば15秒くらいになる。当たり前のことをやっていればいいんですよ。


吉野真由美

私は、生命保険、コンピュータ、英語教材と様々な商品の営業を経験したなかで、交渉を成功させるカギは、気持ちではなく、言葉を「行き渡らせる」ことにあると確信しています。相手の気持ちを慮るあまり、何も言えなくなってはいけませんし、以心伝心だなどと、言葉で伝えることを怠ってもいけません。


尾賀真城

会社の理念を守りながら、ビール、飲料などのグループ企業がもっと生き生きと事業展開しないといけない。厳しい競争環境で経営に苦しむ企業も出てくるかもしれませんが、それを他の事業会社がうまく補い、持ち株会社が支援するように、グループを挙げて支え合える体制を築きたい。


水野学

単にデザインのディレクションをするのが、アートディレクターの仕事ではありません。商品や企画が対象であれば、「どうすればブランドを構築し、ファンを獲得することができるか」「そもそも、長期的にその商品や企業はどうなっていくべきなのか」ということをまず考え、それをもとに具体的なアウトプットまで手掛けるのが、アートディレクターの仕事です。


アユカワタカヲ

自分の経験を振り返ると、成功の要因は「やらないことを決めた」ことだったと思います。不動産投資はこだわろうと思えばいくらでもこだわれる。でも、仕事をしながらだと、どうしても時間が限られる。そこで私は、「いい管理会社を見つけたら、あとは何もしない」と決めた。だからこそ仕事と無理なく両立できたのです。


家次恒

得意分野を進展させ、いかに新たな展開をできるかが勝負。