名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤康人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤康人のプロフィール

佐藤康人、さとう・やすひと。日本の代理店構築コンサルタント。「プライスレス」社長、「一般社団法人日本代理店協会」理事長。中央大学商学部会計学科卒業後、建設会社、外資系生命保険会社、営業アウトソーシング会社などを経てプライスレスを設立。

佐藤康人の名言 一覧

何か革新的なアイデアで営業成績を良くできないか、と毎日思い悩んでいるよりも、コツコツと改善をすることが結果的には近道になる。


やる気のある集団を作れないのは、そもそも「売りたい」と思えるような仕組みが作れていなかったり、自信を与えていないから。


数字にすると、本部と代理店間のコミュケーションも今までより格段に良くなる。抽象的な議論は少なくなり、具体的な戦略・戦術・日々の活動の話がしやすくなる。


数値化・見える化のメリットは、比較・分析できるようになること。数字を出してみて、なぜココの数字が低いのだろうかと着眼することができれば、その原因を探って改善することで数字が良くなる。


仕組みづくりに関しては、数字にできることはすべて数字にして、見える化することが重要。感覚的に分かっていても数字化してみると意外な発見があります。


1人の営業スタッフの1日の動き、1週間、1か月の動きを示して、平均で何件売れています、ということが言えることが必要です。こうした売れる仕組みを作るには、一人一人の営業力ややる気にフォーカスするのではなく、仕組みに注目しなければなりません。


佐藤康人の経歴・略歴

佐藤康人、さとう・やすひと。日本の代理店構築コンサルタント。「プライスレス」社長、「一般社団法人日本代理店協会」理事長。中央大学商学部会計学科卒業後、建設会社、外資系生命保険会社、営業アウトソーシング会社などを経てプライスレスを設立。

他の記事も読んでみる

朝倉千恵子

私は一時期、会社を100億円企業にしたいと考えていました。ですから規模を大きく大きくと思っていたのですが、あるときふと気づいたのです。高度成長時代ではない今、生き残るのは必ずしも大きいものではなく、順応性や適応力のあるものだと。そのときから、規模にはこだわらなくなりました。むしろ、「いい会社」にしていきたい、100億円企業ではなく、100年続く本物企業であるいい会社にしたい、と思うようになったのです。


赤塚保正

私は「誠意」という言葉を大切にしております。どんなことがあっても相手に誠意をもって接すれば相手の心は動かすことができる。


孫正義

色んな指標をグラフ化し、時系列化すると、経営状況が一目瞭然となる。


松本晃(経営者)

大事なことは、将来を意識したうえで現状を変えることです。


アレックス・ラミレス

毎日が新しく学ぶ機会。


西山昭彦

35歳頃までは、給料はとことん自分自身への投資に回すべきです。私自身、20代のころから、自分の将来のためになりそうなことにはお金を惜しまない過消費型ポジションををとってきました。だから若いころは、ほとんど貯金がありませんでした。しかし、自己投資をすることで、アウトプットの質は大きく向上し、結果的に社内ベンチャーで会社を経営し、50冊近くの著書を出し、大学教授になることもできましたが、若いころに自己投資をしていなければ、どれも叶わなかったことでしょう。


中西哲生

才能があるからできるのではありません。与えられた課題を、人より多く練習するからできるようになるのです。


古田新太

ドーンと構えてくれる主役がいる舞台では、自分はそのサイドで何をやってもいいんだ。自分が舞台上でイタズラを仕掛けても、この人たちなら受け止めて返してくれる。ほかの役者さんを信頼できるようになったことで、それまでよりも幅が広がり、いろんな役をやらせてもらえるようになったんです。


佐々木かをり

ハプニングがあっても対応できる能力も大切です。突発的な出来事への対応も、仕事のひとつです。クッションの時間を入れて、行動計画を立てることが必要です。


菊川剛

月一回、社長メッセージを日本や世界各地にある事業場・現地法人に配信していますが、これに対する感想や要望が世界中から私のアドレスに入ってくる。これも全て目を通します。一度、ある事業場の社員から「医療機器メーカーなのだから全社禁煙にしたら」という要望が来て、直接、その事業場を訪ねて当人の話を聞きに行ったことがあります。どんな問い合わせであっても黙殺することはありません。要望や意見に対してはメールで返信をしたり、可能であれば、できるだけ直接会う機会をつくります。


和栗清忠

大切なのは顧客と信頼関係を築くこと。例えば「物件の電気が切れた」というような小さな仕事もしっかりこなすことこそが重要だと感じています。


鷲見玲奈

回を重ねるうちに反省会で注意されることが減ってきて。最近では「今日の鷲見さんは、何もないね」といわれたり。それが励みになっています。それでも、たまに「鷲見は番組で、わーわー遊んでるようにしか見えない」と視聴者の方から厳しいご意見を頂くこともあります。もちろんいつも真剣なのですが、まだまだ足りていないのだと思います。