名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤康人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤康人のプロフィール

佐藤康人、さとう・やすひと。日本の代理店構築コンサルタント。「プライスレス」社長、「一般社団法人日本代理店協会」理事長。中央大学商学部会計学科卒業後、建設会社、外資系生命保険会社、営業アウトソーシング会社などを経てプライスレスを設立。

佐藤康人の名言 一覧

何か革新的なアイデアで営業成績を良くできないか、と毎日思い悩んでいるよりも、コツコツと改善をすることが結果的には近道になる。


やる気のある集団を作れないのは、そもそも「売りたい」と思えるような仕組みが作れていなかったり、自信を与えていないから。


数字にすると、本部と代理店間のコミュケーションも今までより格段に良くなる。抽象的な議論は少なくなり、具体的な戦略・戦術・日々の活動の話がしやすくなる。


数値化・見える化のメリットは、比較・分析できるようになること。数字を出してみて、なぜココの数字が低いのだろうかと着眼することができれば、その原因を探って改善することで数字が良くなる。


仕組みづくりに関しては、数字にできることはすべて数字にして、見える化することが重要。感覚的に分かっていても数字化してみると意外な発見があります。


1人の営業スタッフの1日の動き、1週間、1か月の動きを示して、平均で何件売れています、ということが言えることが必要です。こうした売れる仕組みを作るには、一人一人の営業力ややる気にフォーカスするのではなく、仕組みに注目しなければなりません。


佐藤康人の経歴・略歴

佐藤康人、さとう・やすひと。日本の代理店構築コンサルタント。「プライスレス」社長、「一般社団法人日本代理店協会」理事長。中央大学商学部会計学科卒業後、建設会社、外資系生命保険会社、営業アウトソーシング会社などを経てプライスレスを設立。

他の記事も読んでみる

勝谷誠彦

野党が駄目なのはつらい顔をしてつらさばかり訴えるところ。やらなきゃいけないことはたくさんある。それをどうやるかが大事で、つらいことでも明るく楽しくやればいいんですよ。


山崎将志

キャリアは「社長・役員を目指す」「部課長レベルで満足する」「会社を辞めて独立する」の3択で考えるといい。目指す役職に応じて高める知識やスキルが違うので、それに早く気づき、準備をしておくことが大切。


伊藤喜之

「どんな大物でも必ず困っていることがある」という前提で人を観察すると、相手が困っていることが意外と簡単に見つかるもの。


吉貴寛良

目指すのはラーニング・オーガニゼーション。学習し、成長する組織。組織のパフォーマンスは個人のパフォーマンスの集積。社員には「あなたたち一人ひとりが学習し、同じ仕事を去年より少しでもうまくできるようにならないと、会社全体のアウトプットは変わらない」と口を酸っぱくして言っています。


加藤智治

コンサルタントとして初めて人前に立ってプレゼンをしたとき、緊張もあって上手くできませんでした。その原体験があるからこそ、いまでも人前で話すときは周到に事前の準備をするし、落ち着いて見える立ち姿やマイクの持ち方まで研究を重ねました。


松下雋

会社では、できる人に仕事が集まりがちです。全部引き受けていては大変なことになるのですが、忙しい忙しいといいながら意外にそれを楽しんでいる人がいるのも事実です。俺しかできないと言いながら抱え込んでしまうのです。こういうタイプは、仕事を他人に任せることが怖いのです。ひとつでも仕事を誰かに渡してしまうと自分のポジションを取られてしまうのではないかという強迫観念から、なかなか手放せません。


内藤誼人

大切なのは、「自分がまず心を開くこと」。そうすると、相手も心を開いてくれます。「犬好きの人には犬のほうから寄ってくる」と言いますが、人間も同じ。人が好きでおしゃべりが好きで、この人どんな人かな、趣味が合うかな、そんな楽しい気持ちでいると相手にも伝わります。逆に面倒くさいな、怖いな、といった気持ちも全部伝わってしまう。どんなに表面上、言葉を取り繕っても相手は話してはくれません。


栗原博

B5サイズのノートに最新ニュースに対する自分の考えや意見、事業アイデア、講演で話すことなどを簡潔にまとめています。自宅に早く帰った時や土日の空き時間に書くことが多いですね。


菊原智明

営業レターには、3つのステップがあります。まず、お客様との信頼関係を築くためのアプローチレター。次にお客様を商談にまで引き上げるレスポンスレター。最後に、商談中のお客様を逃がさず、契約に持ち込むためのクロージングレターです。なかでも最も重要なのがアプローチレターです。ひと言でいえば、お客様に送る手紙やお役立ち情報ですが、ここでの目的は、お客様との信頼関係を築くこと。お客様に自分の持っている情報を与えることだけを考えるのがポイントです。


要はる

私にとって働くこととは、お金をいただくこと。というと、ちょっと味気ない回答かもしれません。でも私は、お金は人間が生み出した魔法のようなものだと思っているんですお金を使えば、生きるために必要な品物を手に入れ、家族を養うことができる。誰かを助けることが出来るし、逆に不幸にすることもできるかもしれない。万能ではないけれど、自分や他人の人生を変える可能性を秘めた、魔法のようなもの……。つまり、私にとって働くということは、「魔法を手に入れること」です。そう考えて、いままでなんとか働いてきました。


川内正直

前提を揃えれば、コミュニケーションのズレが解消され、人間関係も改善されるはずです。


松川孝一

私の仕事の中で最も時間がかかり、リスクになりえるのは、予定している事業やプロジェクトに合わせて人材を調達育成することですが、適任者を見つけるのに半年から一年を見込んで行動します。もっとも、すぐに適任者が見つかった場合、プロジェクトスタートまでにタイムラグが生じるという危険性もあります。しかし、採用した人物が優秀ならばその間も仕事が回ってきますし、回ってこなければこちらからその人のためにプランを用意しておけばいいのです。