名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

佐藤康人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤康人のプロフィール

佐藤康人、さとう・やすひと。日本の代理店構築コンサルタント。「プライスレス」社長、「一般社団法人日本代理店協会」理事長。中央大学商学部会計学科卒業後、建設会社、外資系生命保険会社、営業アウトソーシング会社などを経てプライスレスを設立。

佐藤康人の名言 一覧

何か革新的なアイデアで営業成績を良くできないか、と毎日思い悩んでいるよりも、コツコツと改善をすることが結果的には近道になる。


やる気のある集団を作れないのは、そもそも「売りたい」と思えるような仕組みが作れていなかったり、自信を与えていないから。


数字にすると、本部と代理店間のコミュケーションも今までより格段に良くなる。抽象的な議論は少なくなり、具体的な戦略・戦術・日々の活動の話がしやすくなる。


数値化・見える化のメリットは、比較・分析できるようになること。数字を出してみて、なぜココの数字が低いのだろうかと着眼することができれば、その原因を探って改善することで数字が良くなる。


仕組みづくりに関しては、数字にできることはすべて数字にして、見える化することが重要。感覚的に分かっていても数字化してみると意外な発見があります。


1人の営業スタッフの1日の動き、1週間、1か月の動きを示して、平均で何件売れています、ということが言えることが必要です。こうした売れる仕組みを作るには、一人一人の営業力ややる気にフォーカスするのではなく、仕組みに注目しなければなりません。


佐藤康人の経歴・略歴

佐藤康人、さとう・やすひと。日本の代理店構築コンサルタント。「プライスレス」社長、「一般社団法人日本代理店協会」理事長。中央大学商学部会計学科卒業後、建設会社、外資系生命保険会社、営業アウトソーシング会社などを経てプライスレスを設立。

他の記事も読んでみる

サミュエル・ジョンソン

金を浪費したり、貯蓄する者は最も幸せな人々である。なぜなら、両者ともそのことを楽しんでいるからである。


小林一雅(小林製薬)

小林製薬の強みは、現場から生まれたアイデアを形に変えていくところにあり、そのサイクルを回すには、人を育てる人事戦略が欠かせません。


河盛好蔵

たとえ自ら意識しないにしても、他人を傷つけるばかりであって、自らは何の犠牲も払わないとしたら、その記憶は終生彼らを苦しめ、それを思い出すたびに穴があれば入りたい悔恨を起こさしめるに違いない。


小暮真久

「お腹を空かせた子供たち」と「メタボに悩む大人たち」を結び付けることで、両者の問題を解決できる。最初にこのアイデアと出会ったときは、「これで世界が変えられる!」と、鳥肌が立ちました。当時の僕は、普通のサラリーマン。普通に働いていましたが、心のどこかに「何かが違う」という感じは否めませんでした。そんなときに出会ったのがこれ。「ずっと探し求めていた天職!」と、何もかも捨てて飛び込んだわけです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

自分の願望にウソをついたり、自分の気持ちにムリをさせていたら、人は絶対に幸せにはなれない。


ジェリー・ドリザス

フォルクスワーゲンはバリューチェーンの価値を高め、人材を育成し、適切な商品を導入し、それを積極的に宣伝するという4つの方策をその国の文化やお客様のレベルにアレンジしながら推進していった結果として、販売台数が増加しているのです。


松下幸之助

僕はものを言いやすかったんだと思います。極端にいえば、今日入った小僧さんでも、僕にものが言えたわけです。僕に注意できたわけですよ。「それは間違ってますよ」「間違いやおまへんか」と、そういうことがたやすく言えたわけです。「そうか、それなら考えてみるわ」と、こうなります。自分で一所懸命考えて、こんなふうにやらないといかんというようなことで気張って、それを押し付けるということはまずなかったです。


柴田励司

仕事の時間を目いっぱい仕事に使わないということが、逆に仕事の質を上げることにつながります。1日に30分でもいい、忙しいときほど意識して仕事から離れる時間を持つようにするといいですね。


中島厚志

多様な人材を活用し、新しい文化や発想が出てくる土壌を社内に作らないと勝負にならない。


山本卓眞

若い社員が仕事に燃えていなければ、突出した技術や製品など生まれません。その意味で最近気になることがあります。日本人があまり働かなくなったことです。これは弊社に限った話ではないと思います。週休二日制が当たり前のようになり、国民の祝日も増えました。それこそ、米企業の社員の方が働いているのではないでしょうか。米マイクロソフトの社員は寝袋を担いで出社していると聞いています。


斎藤広達

世の中の多くの優秀なビジネスマンも、すべての分野に長けているわけではありません。営業力や企画力といったひとつの分野の実力が飛びぬけていて、他は平均点という人がほとんどです。こうした「とがり型」の人材の方が、オールマイティー型の人材より、仕事で成果をあげています。


孫正義

数字という無味乾燥としたものでも、それを徹底的に突き詰めて行くと、遥かに人間味溢れたものになる。