佐藤康人の名言

佐藤康人のプロフィール

佐藤康人、さとう・やすひと。日本の代理店構築コンサルタント。「プライスレス」社長、「一般社団法人日本代理店協会」理事長。中央大学商学部会計学科卒業後、建設会社、外資系生命保険会社、営業アウトソーシング会社などを経てプライスレスを設立。

佐藤康人の名言 一覧

何か革新的なアイデアで営業成績を良くできないか、と毎日思い悩んでいるよりも、コツコツと改善をすることが結果的には近道になる。


やる気のある集団を作れないのは、そもそも「売りたい」と思えるような仕組みが作れていなかったり、自信を与えていないから。


数字にすると、本部と代理店間のコミュケーションも今までより格段に良くなる。抽象的な議論は少なくなり、具体的な戦略・戦術・日々の活動の話がしやすくなる。


数値化・見える化のメリットは、比較・分析できるようになること。数字を出してみて、なぜココの数字が低いのだろうかと着眼することができれば、その原因を探って改善することで数字が良くなる。


仕組みづくりに関しては、数字にできることはすべて数字にして、見える化することが重要。感覚的に分かっていても数字化してみると意外な発見があります。


1人の営業スタッフの1日の動き、1週間、1か月の動きを示して、平均で何件売れています、ということが言えることが必要です。こうした売れる仕組みを作るには、一人一人の営業力ややる気にフォーカスするのではなく、仕組みに注目しなければなりません。


佐藤康人の経歴・略歴

佐藤康人、さとう・やすひと。日本の代理店構築コンサルタント。「プライスレス」社長、「一般社団法人日本代理店協会」理事長。中央大学商学部会計学科卒業後、建設会社、外資系生命保険会社、営業アウトソーシング会社などを経てプライスレスを設立。

他の記事も読んでみる

太田彩子

電話営業で大切なことは、「売ろうとしない」こと。一日に何本もの営業電話がかかってくる相手は、「営業のニオイ」が感じられた瞬間に嫌気が差してしまいます。話を聞いてもらうためには、相手にとってのメリットを伝え、「話を聞いても損はなさそう」と思ってもらえることが肝心です。


ぬやまひろし(西沢隆二)

若者よ、身体を鍛えておけ、美しい心が、たくましい身体に、からくも支えられる日が、いつかは来る。
その日のために、身体を鍛えておけ、若者よ。


千本倖生

困難や危機に際して小手先の対策をとったり、右往左往したりしてはいけません。後退して原点に戻ることが非常に大事です。


原田泳幸

目先の数字を落としてでも、将来の成長の足を引っ張るところは切っておく。元気なうちにです。つまり「手術で元気になる」ではなく「元気になったから手術を受けられる」というシーケンス(順序)なんです。


竹内清文

自分が持ち物をいかにフル活用していないか、洋服で確かめてみよう。持っている洋服をクローゼットの左側に寄せ、着たら右に移す。すると1か月後、左側に残ったままの洋服が多いことに、きっと驚くだろう。


坂根正弘

多言をもって語るよりも、客観的な数字を示して伝えた方が、相手にすぐ伝わる。


古橋広之進(古橋廣之進)

僕はハンディを抱えているので人の何倍もやらなければダメだと考え、人が5やれば10やる、10やれば20やるというように人の倍々とやっていった。


渡邊陽一

売り上げを伸ばしている起業家を分析してみると、多くが自社商品を持っています。オリジナルの商品がほしいと考えていた時、あることに閃いたのです。インターネットと講演、これだ! 自分の中では、まさに大きな金脈を掘り当てた瞬間でした。


ジョン・D・ロックフェラー

金を稼げるだけ稼ぎ、維持できるだけ維持し、与えられるだけ与えるのは男の義務である。


山崎将志

なかなか起業できない人に、どうして起業したいのかと聞くと、「一国一城の主になりたい」「誰にも指図されず自由に働きたい」「今の会社の人間関係が不満だから」といった理由を挙げる。どういう会社をつくりたいかは後回しなのだ。こういう人に手を差し伸べる人はいないと心得たい。


荻原博子

毎月3万円を積み立てれば、10年後には360万円です。単純ですが、この積み重ねは大きい。投資うんぬんは、そうしたまとまったお金ができてからの話です。まずは借金を減らし、楽にお金が貯まる仕組みをつくりましょう。


盛田昭夫

メーカーというものは、売ることまで責任を持つべきだ。


榊原健太郎

日本人には素晴らしい妄想力があります。未来を徹底的に妄想し尽くしたとき、そこに未来のベンチャー企業の姿が見え隠れしているのです。


澤田秀雄

組織が大きくなればなるほど、目標や夢は伝わりにくくなります。やり方は時代に合った若い人間に任せますが、ポリシーとか考え方を組織に浸透させていくことは、これからも続ける必要があります。


出口治明

ピントは様々な理由でズレますが、理解力が乏しいか、時分の価値観に染まっているケースが多いのではないでしょうか。物事を正しく客観的に捉えられなければズレますし、「これだ!」と過信していてもズレます。


ページの先頭へ