名言DB

9412 人 / 110637 名言

佐藤尚忠の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤尚忠のプロフィール

佐藤尚忠、さとう・なおただ。日本の経営者。お菓子メーカーの明治ホールディングス社長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、明治製菓に入社。明治製菓取締役、常務、専務執行役員などを務めたのち社長に就任。子会社の明治製菓ファルマ、株式会社明治などの取締役も務めた経営者。

佐藤尚忠の名言 一覧

私は、経営者のメインの仕事は目標づくりだと思っています。目標は「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」の3つの兼ね合いだと思います。そして、みんながやりたいことを取り入れた目標をつくらないと、仕事は面白くなりません。


短期の利益を求めて点取り虫になる働き方ではなく、ぜひ、面白い仕事をやりながら、食品と健康のリーダーカンパニーとして世界的な有力企業に勝ち上がっていこうと。これが今回の明治乳業との合併の目標です。


我々の統合が新しいスタイルの統合かどうかはわかりませんが、両社はお客様の生活の充実に貢献するという共通の企業理念を持っています。それを実現するためには、どのような統合の在り方が最適なのか。狭い範囲で、たとえばチョコレート屋とチョコレート屋が一緒になってパッとシェアを増やし、パッとリストラをやって利益を出す。こうした統合は、長い目で見たとき、お客様の生活の充実にはさほど貢献しないのではないか。私はそう思うのです。
【覚書き|明治製菓と明治乳業の経営統合について語った言葉。両者ともに業界1位で業績好調な中で合併を行った】


明治製菓と明治乳業の統合によって、やりたいこと、やれることの可能性がどんどん膨らんでいく感じがしています。そのためのインフラ整備、基盤強化ができました。


佐藤尚忠の経歴・略歴

佐藤尚忠、さとう・なおただ。日本の経営者。お菓子メーカーの明治ホールディングス社長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、明治製菓に入社。明治製菓取締役、常務、専務執行役員などを務めたのち社長に就任。子会社の明治製菓ファルマ、株式会社明治などの取締役も務めた経営者。

他の記事も読んでみる

竹内一郎

相手が求めていることに対する受信力の低い人には、往々にしてある特徴があります。それは、しばしば「話しかけないでオーラ」を発しているということ。周囲との関わりを避けようとするのは、自分だけの時間が心地よいからです。自分の席から動こうとしない上司、部下を自席に呼びつける上司も同様。本人は威厳を見せているつもりでも、自分の縄張りから出ようとしない人は、「小物」の印象を与えるだけです。


三宅久之

じつは私は、子供の頃から気が弱く、引っ込み思案なんですよ。新聞社に入社し、希望していなかった政治部に配属された時は、おっかない政治家の担当にされたのが嫌で、半ベソをかきながら、取材に出かけていた。また、引き受けたくない仕事を頼まれても、断るに断れず、いつも後悔していました。しかし、この気の弱さがあったから、政治の世界で50年以上やってこられたのかもしれません。たとえば、どの仕事でも中途半端に済ませる度胸がなく、一生懸命やっていた。だからこそ多くの政治家と信頼関係を築きあげられたのだと思います。


アナカルシス

酒杯の一杯目は健康のため、二杯目は快楽のため、三杯目は放縦のため、最後のものは狂気のために飲む。


豊田昌洋

タテホ工業の再建に取りかかったとき、言葉で何を言ってもダメだろうと考えて、まずは工場の施設を新しくすることにしました。当時、最も売れていた電融マグネシアの工場にあった十数基の釜を一新する一方、別の工場に13基あった電融炉を6基に集約することにしました。設備投資は約30億円です。当時タテホの売上高が約50億円ですから大変な投資です。あちこちから文句を言われましたが、この投資をしなければ会社は潰れると考えました。次第に、タテホの社内も前向きな雰囲気になりました。


井岡一翔

練習量では誰にも負けないと思う。とにかく自分で納得がいくまで練習する。納得のいく練習をやりきってから、リングに上がる。練習をしないでいると、不安なんです。不安があるから練習する。練習すると不安も減っていく。


中村繁夫

出張というのは、部下育成の絶好のチャンス。社内ではどうしても慌ただしく時が過ぎていきますが、出張中は空き時間が多いので、仕事の合間合間にいろいろなことを伝えられます。また、時にはホテルでゆっくり酒を飲み交わしながら、より深い話もできるでしょう。そして何より、24時間寝食を共にすることで、部下との間の絆も深まります。


前刀禎明

一番よくないのは、情報収集・整理マニアになってしまうことです。最近はさすがにスクラップブックを作るような人も減っていると思いますが、各種のアプリを使って情報を収集・整理しようとする人も多いようです。では、いったいそのうちどのくらいの情報があとで必要になったかを考えてみれば、おそらくそのために使った時間はほぼ無駄になっていると気づくはずです。


福沢諭吉

理論的に見込みがあれば試みるべきです。やってもみないで、まずその成果を疑うような人は、勇気ある人とは言えません。


渡邉美樹

大体、この会社は、儲かるから、儲かりそうだからで事業をはじめたことなんて今まで一度もないんです。外食事業だって、儲かりそうだからやったわけじゃない。そこに「出会い」「ふれあい」「やすらぎ」を提供したい。お客様の思い出と関わりたい。という想いがあったから。農業だってそう。お店に来るお客様が安心して口にできる安全な野菜を提供したかったから。環境もそうです。全部好きで始めたことなんです。


辻野晃一郎

ソニーでVAIOデスクトップパソコン事業の責任者になったとき、不採算事業の責任者になるとはどういうことかを痛烈に思い知らされました。私が事業を引き受けた段階ですでに三桁の赤字でしたから、会議では前任者の残したこの数字のせいで責め立てられ、頭を土足で踏みつけられるような思いがしました。実績のない新任部長が何をいっても説得力がないので、とにかく黙って結果を出そうと覚悟を決めました。


羽生善治

本当に勘は大きいですよ。結局序盤の定跡などは皆プロですから同じですし、研究している量も同じです。終盤、例えば5手詰め、7手詰めなど詰ます力は同じですよね。違うといったら中盤の場面ですね。よくいい手か悪い手か判断がつかない場面での着手、その手がいいのか悪いのかは後で調べてみなければ分からないんですけど、そのあたりの勘に頼んで指さなければならない2、3手で決着がついているということが非常に多いんです。


荒蒔康一郎

社長就任直後は、何よりもまず社員との直接対話を心がけた。社長就任を打診されたとき、キリンはすでに苦境に陥っていた。そこから回復を図るためには、どこに問題があるのかをつかむ必要がある。取引先への挨拶回りをするかたわら、地方の支社や工場にもこまめに足を運んだ。


福地茂雄

どのポストにあっても、私は疑問があるとすぐに現場に出掛け、自分で確認するようにしています。NHKでは、解説委員室でどんな議論がなされているのか、選挙の開票速報に欠かせない出口調査はどうやって行っているのか。知らないことがあると現場を訪ね、自分で確認するようにしていました。これは職員たちを信用している、していないの問題ではなく、自身の目で見て、現状のやり方でいいのかどうかを自分なりに判断したいからです。現場主義で行動して自分なりの見解を持っていれば、何を言われようと確信を持って答えることができます。「~と聞いていますよ」じゃ説得力がありませんからね。


澤田秀雄

大変は大変ですが、できない再建はほぼないと思います。地方であっても、どこであっても、やり方次第で変わるのではないかと思います。ハウステンボス再建は難しい山だったら登ってみたいという気持ちもありチャレンジしましたが、やってよかった。


滝野一征

CEOになると、リスクを取る決断を迫られることばかり。ビジネスの仕方やコスト、時間を含む経営資源についても、大局的に考えなければいけない。