名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤尚忠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤尚忠のプロフィール

佐藤尚忠、さとう・なおただ。日本の経営者。お菓子メーカーの明治ホールディングス社長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、明治製菓に入社。明治製菓取締役、常務、専務執行役員などを務めたのち社長に就任。子会社の明治製菓ファルマ、株式会社明治などの取締役も務めた経営者。

佐藤尚忠の名言 一覧

私は、経営者のメインの仕事は目標づくりだと思っています。目標は「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」の3つの兼ね合いだと思います。そして、みんながやりたいことを取り入れた目標をつくらないと、仕事は面白くなりません。


短期の利益を求めて点取り虫になる働き方ではなく、ぜひ、面白い仕事をやりながら、食品と健康のリーダーカンパニーとして世界的な有力企業に勝ち上がっていこうと。これが今回の明治乳業との合併の目標です。


我々の統合が新しいスタイルの統合かどうかはわかりませんが、両社はお客様の生活の充実に貢献するという共通の企業理念を持っています。それを実現するためには、どのような統合の在り方が最適なのか。狭い範囲で、たとえばチョコレート屋とチョコレート屋が一緒になってパッとシェアを増やし、パッとリストラをやって利益を出す。こうした統合は、長い目で見たとき、お客様の生活の充実にはさほど貢献しないのではないか。私はそう思うのです。
【覚書き|明治製菓と明治乳業の経営統合について語った言葉。両者ともに業界1位で業績好調な中で合併を行った】


明治製菓と明治乳業の統合によって、やりたいこと、やれることの可能性がどんどん膨らんでいく感じがしています。そのためのインフラ整備、基盤強化ができました。


佐藤尚忠の経歴・略歴

佐藤尚忠、さとう・なおただ。日本の経営者。お菓子メーカーの明治ホールディングス社長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、明治製菓に入社。明治製菓取締役、常務、専務執行役員などを務めたのち社長に就任。子会社の明治製菓ファルマ、株式会社明治などの取締役も務めた経営者。

他の記事も読んでみる

盛田昭夫

自由経済の原則とは何か。それは、誰もがどんな商売でも自由にできるということである。誰でもできるということは、必ず競争が伴うということでもある。したがって、競争に負けた会社はつぶれざるを得ないから、是が非でも競争に勝たなければならない。


小田禎彦

顧客ニーズの変化の手がかりにしているのが、お客様アンケートです。その中には、顧客が求める良いサービスとは何なのかを考えるためのヒントがたくさん詰まっています。


三浦しをん

一つ何かに興味がわくと、そこから芋づる式に新しい世界に出会いますよね。結婚式で、大量の缶からをたくさん引きずって走っていく車があるじゃないですか。あれみたいに、どんどん増える好きなものをがらんがらん引きずりながら歩いているから、もう大変(笑)。世界が広がったおかげで書けることもありますけど。ただねえ、好きなものがたくさんあると毎日忙しくて大変なんです。寝てる時間もなければ仕事している場合でもない。でも働かないと推しに貢げないという……最近は、私はお布施(?)をするために働いているんだなって、解脱の(?)境地に至っています。


内山俊弘

過大な期待はせず、現実を踏まえた上で、必要性を突き詰める。アライアンスに限りませんが、中途半端なことはやりたくないですね。


高岡浩三

日本のホワイトカラーの生産性は海外諸国に比べて圧倒的に低い。その原因は主に、マネジメント層にある。管理職が部下に余計な仕事をさせるから、いつまで経っても生産性が上がらないのだ。


中野裕哲

起業して経営が安定するまでの最大の難所は、1~2年目。安定した売り上げ入金がないにも関わらず、毎月の固定費は流出し続けるこの時期。不毛な荒野が広がる谷に例えて、起業支援の世界では、デスバレーともいわれます。ここで資金が底を尽き、倒れてしまう起業家のなんと多いことか。そのほとんどは、楽観的な売り上げ予測、キャッシュフロー予測がもたらす弊害です。


斉藤惇

無難なことしか行わないなら、組織は黄昏を迎えざるを得ない。


古賀稔彦

与えられた目標ではなくて、自らが課した目標じゃないと意味がない。いまの自分がどうなりたいのかを本人に考えさせ、自分の口からしっかり言わせる。それを自分の手で書いて、日常で目につく場所に置く。常に目標を意識することが、自分を変える力になるはず。


ウォーレン・バフェット

大事なのは、自分が好きなことを飛びきり上手にやること。お金は副産物にすぎない。


岡崎富夢

入社3年目に大手設計事務所への特販チームができ、そこに抜擢されました。僕だけが大手の設計を攻略できたので、思い切って社長に「年上の優秀な人を3人付けて僕に特販チームを任せてくれたら、絶対に会社として成功させます」と直訴しました。すると、社長も「やってみろ」と言ってくれました。


桃谷誠一郎

経営再建のときに大きかったのは創業者・桃谷政次郎の理念や思いを従業員と共に再認識できたことだ。政次郎の伝記をたまたま見つけた。それを皆で読むことで、桃谷順天館が創業以来大事にしている“美しくなりたい女性の役に立つ”ということを、共通の理念にできた。


串戸一浩

お客様の要望は確かに「予算」にもあるけど、本当はその奥に「予算はないが、長くつき合える技術力の高い取引先と仕事したい」というニーズが隠れていることがあるんです。それを見落として、言葉を額面通りに受け取ってはいい関係は築けません。