名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤尚忠の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤尚忠のプロフィール

佐藤尚忠、さとう・なおただ。日本の経営者。お菓子メーカーの明治ホールディングス社長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、明治製菓に入社。明治製菓取締役、常務、専務執行役員などを務めたのち社長に就任。子会社の明治製菓ファルマ、株式会社明治などの取締役も務めた経営者。

佐藤尚忠の名言 一覧

私は、経営者のメインの仕事は目標づくりだと思っています。目標は「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」の3つの兼ね合いだと思います。そして、みんながやりたいことを取り入れた目標をつくらないと、仕事は面白くなりません。


短期の利益を求めて点取り虫になる働き方ではなく、ぜひ、面白い仕事をやりながら、食品と健康のリーダーカンパニーとして世界的な有力企業に勝ち上がっていこうと。これが今回の明治乳業との合併の目標です。


我々の統合が新しいスタイルの統合かどうかはわかりませんが、両社はお客様の生活の充実に貢献するという共通の企業理念を持っています。それを実現するためには、どのような統合の在り方が最適なのか。狭い範囲で、たとえばチョコレート屋とチョコレート屋が一緒になってパッとシェアを増やし、パッとリストラをやって利益を出す。こうした統合は、長い目で見たとき、お客様の生活の充実にはさほど貢献しないのではないか。私はそう思うのです。
【覚書き|明治製菓と明治乳業の経営統合について語った言葉。両者ともに業界1位で業績好調な中で合併を行った】


明治製菓と明治乳業の統合によって、やりたいこと、やれることの可能性がどんどん膨らんでいく感じがしています。そのためのインフラ整備、基盤強化ができました。


佐藤尚忠の経歴・略歴

佐藤尚忠、さとう・なおただ。日本の経営者。お菓子メーカーの明治ホールディングス社長。東京出身。慶應義塾大学卒業後、明治製菓に入社。明治製菓取締役、常務、専務執行役員などを務めたのち社長に就任。子会社の明治製菓ファルマ、株式会社明治などの取締役も務めた経営者。

他の記事も読んでみる

マーク・マコーマック

それまでにないことができる可能性はあるかもしれないと思った。
【覚え書き|アスリートに対するエージェント事業を思いついたときを振り返っての発言】


本多均

高まったモチベーションを維持する工夫もしています。役職はローテーション制で、多くの社員にチャンスを与える仕組みです。また、そのために机の並びは役職に関係なく全員同列です。同時に、社員のモチベーションを下げる要因を知ることも大切です。社員が不安視している要因を一つずつ取り除き、下地を作ることで初めて、モチベーションは上がるからです。


山岡勇二

従来はフロア共有の複合機で書類をスキャンしていましたが、先月ドキュメントスキャナーを導入。A4サイズ以下ならデスクにいながらスキャンできるようになり、仕事がさらにはかどるようになりました。


マックス桐島

人生、まさに競争相手は「今の自分」のみ。昔はこれができたという栄華にしがみつかず、今の自分ができることに焦点を合わせることが大切。


大野直竹

僕はそんなに長いこと、そばで仕えたわけではありませんが、石橋(信夫)オーナーは話した通りにやることを望んでいないでしょう。その通りにすればよいという甘い時代ではないし、ご自身も結構変わり身が早かったですしね。


船間隆行

弊社は「売って終わり」にしたくない。お客様が30年、40年と、安心して家賃をお受け取りいただくために、売上高をむやみに増やさず、安心できる商品を供給することを目指しています。ですから、あえて株式上場もせず、ここまできました。


石渡美奈

ポンポンとテンポの良い会話が心地よい人もいれば、頭の中で確認しながら話す方が理解しやすいという人もいます。この違いに無頓着だと、なかなか会話が深まらないのではないでしょうか。相手と自分ではリズムが違うなと感じたら、なるべく相手に合わせるようにする。これはとても大事なことだと思います。


青野慶久

私はパソコンを立ち上げて、空のテキストファイルに思ったことをどんどん吐きだしています。それを読み返してみると、「なるほど、事実はこれであって、それを自分がこう解釈してしまったから混乱しているんだな」というふうに、冷静に区別ができるようになります。頭の中の言葉を一度ログ(記録)として眺めてみるということが大切です。


中村雅哉

20年以上前ですが、一次産業、二次産業に比べて三次産業があまりに大きくなっていると感じました。それで三次産業は肉体を使うサービス、四次産業は知恵を使う「知識産業」、五次産業は心に訴える「情報産業」と分類し、三次より四次、四次より五次の方が付加価値が高いとみなしたのです。その方向に向かっていくことが企業の成長につながると思ってやってきました。


金美花

考えるのは朝から晩までケーキのことだけ。営業時間が終わってからも北新地のクラブの女性たちに試食してもらいました。そこでおいしいと思っていただければ、彼女たちがお客さんにも広めてくれるからです。そうやって仕事に向き合っていると、社員やアルバイトも認めてくれるようになります。それからは、チームとして機能するようになりました。


ケリー・グリーソン

アルバート・アインシュタインは自宅の電話番号を覚えていなかったと言われる。その理由を尋ねられ、こう答えた。「必要がないからだよ。電話帳を見ればわかることだ」。予定事項リストの1番から1000番までを覚えておこうとするのは、現実的とは言えない。いっそのこと忘れるべきことはすべて忘れてしまうのだ。


長谷川穂積

いまの心境は、自分が納得してボクシングをやればいい、と。挑戦する気持ち、楽しさを感じながら、リングに向かえればいいと思っている。