名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤尚之の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤尚之のプロフィール

佐藤尚之、さとう・なおゆき。日本のクリエイティブディレクター、作家。東京都出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、電通に入社。同社でコピーライター、CMプランナー、クリエイティブ・ディレクターなどを務めたのち独立。そのほか「さとなお」名義で食べ歩き系、旅行記の著作を多数執筆。

佐藤尚之の名言 一覧

この際、「消費者=ターゲット」という意識も捨ててしまいましょう。消費者は自分が企画した商品を大きく育ててくれる大切なパートナーなのです。これまでブランドは「商品イメージ」「企業イメージ」という言葉に近かった。しかし、ネット出現後のブランドは「消費者の中に長く維持される愛」に変わったと思います。相思相愛になった消費者の意見を取り入れながら、商品の改良などを行うことで、より長きにわたる愛(ブランド)を育んでいくことができます。


変化した消費者と深くコミュニケーションを取ながら商品の企画・開発を行い、さらに広告、販売、流通、営業まで、すべてに一貫した消費者とのコミュニケーション設計を取り入れていくようにしたいものです。実際に意識の高い企業ではすでにその取り組みが始まっています。


本当に好きなものであるほど、現在の消費者は周囲の親しい人たちに教えたがります。そして、クチコミにせよ、ブログにせよ、信頼している人からの情報であれば、「私も使ってみようか」と素直に受け入れてもらえます。そんな連鎖が、ヒット商品としてブレイクさせていくのです。


心の底から好きな女性がいたら、好きになってもらえるよう努力するだろう。それと同じで、消費者に好きになってもらうには、企画を考えている自分自身が消費者の好みを知ることが重要です。そうすれば、相手は元からこちらを注目してくれます。そして、商品のメッセージも喜んで受け入れ、実際に購入してくれるでしょう。


外に出て調査ができないというのなら、近くにいる同僚や部下に聞いてみたってかまいません。「あれどう思う」と一声かけることで、新しい切り口が見つかるはずです。一番まずいのは、「消費者なんてこんなもの」と知ったかぶりや思い込みをすることなのです。


調査の重要なポイントは、ワン・トゥー・ワン(一対一)で聞くことです。グループ調査だと、他人の意見を意識して本音を語らなくなります。フリーマガジンの「R25」が成功したのも、「日本経済新聞は取ってはいるが、内容がよくわからず、ほとんど読んでいない」「800字程度の記事なら読みたい」という若手ビジネスマンの本音を引き出せたからだと思います。


私は「聞きまくり調査」を行っています。若者向けの新車を企画するのでも、どんなことに関心を持っているのか彼らに聞いてみる。すると「車はデートの必需品ではない」「携帯電話の支払いで精一杯で車など買えない」など意外な答えが返ってくる。そうやって「これでもか」と思うくらい相手を観察していくと、予想外の「落としどころ」「切り口」が浮かんできます。


これまでは商品の企画というと、定量的、間接的なマーケティングデータから消費者のニーズをとらえようとしてきました。でも、その対象は「買わせたい人」の層でしかなく、自ずと限界があります。これからは企画の段階から消費者と直接コミュニケーションをとり、買いたい人の具体的な姿をとらえていくことが大切だと思います。


消費者が変化しても、多くの送り手は意識が変化していません。「いいモノをつくってさえいれば、必ず売れる」という10年以上も前の成功体験を捨てきれない人が、経営の中枢を握っているせいなのかもしれません。確かにいいモノをつくることは重要です。しかし、消費者が買いたいモノとは限らず、それでは疑り深くなっている消費者の心は開けません。


以前は文化、流行、消費などの情報は、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌の4大マスメディアによってトップダウンの形で伝えられていました。ところが、いまではネット上で消費者同士が「ホントかな」「私はこう思うよ」などと批評し合い、情報がボトムアップされるようになりました。その結果、作り手がどんなにいいことを言っても、消費者は素直に信じなくなってしまいました。


高度成長の大量消費時代は「モノを買うこと=豊かな生活」で、モノは作れば飛ぶように売れました。「俺はこんな人間だよ」とアピールするだけで、その商品に魅力があれば、いとも簡単にモテました。しかし、低成長期へ転換した現在では「モノを買わないロハス的生活=豊かな生活」へと変化し、作り手は消費者からそっぽを向かれ始めたのです。


新しい商品やサービスを企画していくうえで大切なのは、消費者が様変わりしている点を理解して、作り手・送り手本位から、消費者・受けて本位へ発想を180度転換していくことです。そして、消費者好みの企画を立て、それを商品化し、消費者と相思相愛の関係を築いていく。企画を考えることは、ラブレターをどう書くのか、頭をひねることと相通じるところがあると思います。


佐藤尚之の経歴・略歴

佐藤尚之、さとう・なおゆき。日本のクリエイティブディレクター、作家。東京都出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、電通に入社。同社でコピーライター、CMプランナー、クリエイティブ・ディレクターなどを務めたのち独立。そのほか「さとなお」名義で食べ歩き系、旅行記の著作を多数執筆。

他の記事も読んでみる

能町光香

自分がこんなにしてあげたのに、と思う時点で気配りではありません。ただの自己満足です。相手ありきの気持ちで貢献してこそ、いつの日かミラクルのようなテイクがあるものですよ。


川野幸夫

改善活動の仕組みはパートナーさんの働きがいにもつながります。小売業の喜びは、自分たちの努力がお客様の反応として返ってくることにあります。経営学者のピーター・ドラッカー氏はこう語っていました。「統制や命令による仕事では、喜びは得られない」。まさにその通りで、主体的に働くことで、喜びは生まれます。


ジャン=パスカル・トリコワ

私たちは100か国以上で事業展開していますが、一方で非常にローカルな存在であるとも考えています。工場や物流センター、研究拠点を各国に設置し、ローカルなお客様が望むものをすぐに提供できる体制を整えていますから。今、確かに世界はグローバル化からローカル化する傾向があるかもしれません。それはローカル展開を進めている私たちにとってはチャンスと捉えることもできます。


山口拓朗

嫌な話題に触れられると、「その話はしたくありません」と、ついシリアスな反応をとりたくなるものです。しかしそれでは会話が止まり、気まずい空気が漂ってしまいます。そこで、この場面は「笑う」のが正解。恋人に振られた直後に「彼女いないの?」と聞かれたらグサリときますが、「あはは、僕はどうもうまくいかないんです」と明るく返すこと。次いで、「そういえば課長はこの前、○○くんの仲人をされていましたね」など、別の話題に流れそうな質問をすると良いでしょう。


奥村綱雄

ひとつ上の仕事をやれ。社員は主任、主任は課長の、課長は部長の、部長は役員の、それで初めて大きな仕事ができる。


中島孝志

教材の営業マン時代、ある会社に売り込みに行ったのですが、うちは必要ないという返事。そこでいろいろ質問していくと、教材そのものに問題があるわけではなく、教育業務を担当する人手不足が原因だとわかりました。そこで、教育関連のる提案をしたところ、一転、拒絶していた相手が購入してくれました。相手の隠れた問題点やニーズを引き出すには、適切に質問することが大事だということを痛感しました。


山口喜三

家業を継ぐとき、会長には、「大事なのは小さくなろうが続けること」と言われました。「正しく受け継いで、進化させて伝える」ということが一番の役目だと考えています。


小池百合子

私は英語だけでなく、アラビア語という別の文化圏の言葉を学びましたが、世界の見方が大きく変わりました。その意味で、「英語プラスアルファ」が必要だと思います。私はアラビア語を英語で勉強しましたが、その結果、アラビア語を勉強した分、英語の語彙も増えていった。


斎藤悦郎

私はカリスマ経営者にはほど遠いので、チームで勝ちにいく集団を目指します。


中田卓也

お客さんはモノでもサービスでも、その価値を買うようになっている。


ジャック・マー(馬雲)

デジタル社会に入り、変化が非常に早い。変化に対応する能力、変化を好きになるという楽観的な心構えを持った上で、変化を正確に捉えることが非常に大事です。それが成功に結びつく重要な精神だと思います。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

アートディレクターは、世界をどう理解しているか、ということが問われます。