佐藤尚之の名言

佐藤尚之のプロフィール

佐藤尚之、さとう・なおゆき。日本のクリエイティブディレクター、作家。東京都出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、電通に入社。同社でコピーライター、CMプランナー、クリエイティブ・ディレクターなどを務めたのち独立。そのほか「さとなお」名義で食べ歩き系、旅行記の著作を多数執筆。

佐藤尚之の名言 一覧

この際、「消費者=ターゲット」という意識も捨ててしまいましょう。消費者は自分が企画した商品を大きく育ててくれる大切なパートナーなのです。これまでブランドは「商品イメージ」「企業イメージ」という言葉に近かった。しかし、ネット出現後のブランドは「消費者の中に長く維持される愛」に変わったと思います。相思相愛になった消費者の意見を取り入れながら、商品の改良などを行うことで、より長きにわたる愛(ブランド)を育んでいくことができます。


変化した消費者と深くコミュニケーションを取ながら商品の企画・開発を行い、さらに広告、販売、流通、営業まで、すべてに一貫した消費者とのコミュニケーション設計を取り入れていくようにしたいものです。実際に意識の高い企業ではすでにその取り組みが始まっています。


本当に好きなものであるほど、現在の消費者は周囲の親しい人たちに教えたがります。そして、クチコミにせよ、ブログにせよ、信頼している人からの情報であれば、「私も使ってみようか」と素直に受け入れてもらえます。そんな連鎖が、ヒット商品としてブレイクさせていくのです。


心の底から好きな女性がいたら、好きになってもらえるよう努力するだろう。それと同じで、消費者に好きになってもらうには、企画を考えている自分自身が消費者の好みを知ることが重要です。そうすれば、相手は元からこちらを注目してくれます。そして、商品のメッセージも喜んで受け入れ、実際に購入してくれるでしょう。


外に出て調査ができないというのなら、近くにいる同僚や部下に聞いてみたってかまいません。「あれどう思う」と一声かけることで、新しい切り口が見つかるはずです。一番まずいのは、「消費者なんてこんなもの」と知ったかぶりや思い込みをすることなのです。


調査の重要なポイントは、ワン・トゥー・ワン(一対一)で聞くことです。グループ調査だと、他人の意見を意識して本音を語らなくなります。フリーマガジンの「R25」が成功したのも、「日本経済新聞は取ってはいるが、内容がよくわからず、ほとんど読んでいない」「800字程度の記事なら読みたい」という若手ビジネスマンの本音を引き出せたからだと思います。


私は「聞きまくり調査」を行っています。若者向けの新車を企画するのでも、どんなことに関心を持っているのか彼らに聞いてみる。すると「車はデートの必需品ではない」「携帯電話の支払いで精一杯で車など買えない」など意外な答えが返ってくる。そうやって「これでもか」と思うくらい相手を観察していくと、予想外の「落としどころ」「切り口」が浮かんできます。


これまでは商品の企画というと、定量的、間接的なマーケティングデータから消費者のニーズをとらえようとしてきました。でも、その対象は「買わせたい人」の層でしかなく、自ずと限界があります。これからは企画の段階から消費者と直接コミュニケーションをとり、買いたい人の具体的な姿をとらえていくことが大切だと思います。


消費者が変化しても、多くの送り手は意識が変化していません。「いいモノをつくってさえいれば、必ず売れる」という10年以上も前の成功体験を捨てきれない人が、経営の中枢を握っているせいなのかもしれません。確かにいいモノをつくることは重要です。しかし、消費者が買いたいモノとは限らず、それでは疑り深くなっている消費者の心は開けません。


以前は文化、流行、消費などの情報は、新聞、テレビ、ラジオ、雑誌の4大マスメディアによってトップダウンの形で伝えられていました。ところが、いまではネット上で消費者同士が「ホントかな」「私はこう思うよ」などと批評し合い、情報がボトムアップされるようになりました。その結果、作り手がどんなにいいことを言っても、消費者は素直に信じなくなってしまいました。


高度成長の大量消費時代は「モノを買うこと=豊かな生活」で、モノは作れば飛ぶように売れました。「俺はこんな人間だよ」とアピールするだけで、その商品に魅力があれば、いとも簡単にモテました。しかし、低成長期へ転換した現在では「モノを買わないロハス的生活=豊かな生活」へと変化し、作り手は消費者からそっぽを向かれ始めたのです。


新しい商品やサービスを企画していくうえで大切なのは、消費者が様変わりしている点を理解して、作り手・送り手本位から、消費者・受けて本位へ発想を180度転換していくことです。そして、消費者好みの企画を立て、それを商品化し、消費者と相思相愛の関係を築いていく。企画を考えることは、ラブレターをどう書くのか、頭をひねることと相通じるところがあると思います。


佐藤尚之の経歴・略歴

佐藤尚之、さとう・なおゆき。日本のクリエイティブディレクター、作家。東京都出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業後、電通に入社。同社でコピーライター、CMプランナー、クリエイティブ・ディレクターなどを務めたのち独立。そのほか「さとなお」名義で食べ歩き系、旅行記の著作を多数執筆。

他の記事も読んでみる

守屋洋

百回戦って百回勝ったとしても最善の勝ち方ではない。戦いわないで敵を屈服させるのが最善の勝ち方なのだと孫子は言う。なぜだろうか。二つくらい理由を上げることができる。

  1. 武力で相手を屈服させようとすれば、相手だって負けたくはないから必死で反撃してくる。そうなると、どんなにうまく戦っても味方に必ず損害が出る。損害が大きければ勝ったとしても褒められない勝ち方である。できれば、損害ゼロで目的を達する。そんな勝ち方が望ましい。
  2. 状況が変われば、今日の敵は明日の友となる可能性がある。そんな相手を当面の敵だからといって、散々痛めつけて屈服させるのは、長い目で見て得策ではない。

アラン(哲学者)

死におそわれるのは生者のみであり、不幸の重荷を考えるのは、幸福な人たちのみである。


夏野剛

僕も上司に対して「僕の使い方を誤っている」と思ったことがあります。赤ペンを手にとり、一字一句に修正を入れるかのような指示だったのです。これは、マネジメントとしてはまったく的を得ていません。僕のやる気は、任せてもらったときにスイッチが入るのですから。細かく指示を出す上司は、ただ自分の地位を誇示したいだけなのです。


高井昌史

やはり芸術は大事です。コロンビア大にはたしかファッション関連の学科もあると思いますが、東大でファッションなんて考えられません。ルイ・ヴィトンやシャネルといったブランドをつくったのはみな西洋人で、それを我々東洋人が買う。ああいうブランドをプロデュースできるような人は、まだ日本では育てられないですね。


ハロルド・ジェニーン

最高経営者の第一の役割は、いわばチームのクオーターバックとして、ゴールポストはどこにあるか、そしてそこへ到達するにはどうするのが最善かをチームの全員に示し、しかるのちに率先してそのプレーへとチームを導くことだ。
【覚書き|クオーターバックはチームの司令塔の役目をするアメリカンフットボールのポジション】


高岡浩三

「キットカット」の期間限定商品のアイデアが生まれたのは、コンビニのビジネスモデルに対応するためだ。コンビニは商品の回転が速く、新製品を出しても2か月で売上げのピークを迎え、早ければ3か月で棚から外れる。そこで私は、このサイクルを逆手に取り、様々な味の「キットカット」を2か月間の期間限定で発売していくというアイデアに辿り着いた。


吉田徹(政治学者)

リーダーシップを発揮する前提として、それについていく人々のフォロワーシップがあるんです。フォロワーの要求とリーダーの応答から成り立つアクションがリーダーシップなのです。リーダーシップが発揮できるかどうかは、我々の側にも責任がある。


原晋

陸上競技で一番大切なのが規則正しい生活ですが、監督命令だと思ったら絶対に腹落ちしません。うちのチームは朝5時に起きて、夜は10時門限の10時15分消灯なのですが、やらされ感があるとぎりぎりになったり、門限を破ったりしてしまう。自分目身が「箱根で勝つ」という目標を持ち、そのために必要なんだと思っていたらそんな行動はしません。結果が出はじめるとより自己管理しようという意識になりいつも以上に早く帰って体を休めようという思考になるのです。


高見和徳

その地域で現在売れている商品が本当に求められているモノなのかを見定めることがボリュームゾーンへのアプローチには重要。


高岡浩三

他人より短い人生であるならば、他人の2倍の速さで人生を駆け抜けよう。
【覚書き|祖父、父がともに42歳で亡くなっており、遺伝的に短命なのではないかと思い至ったときに誓った言葉】


養老孟司

他人は互いにわかり合えないものです。わかり合えないからこそ、言葉があるのです。


澤田秀雄

私はこれまで多くの会社を見てきました。発展している会社はオフィスや工場、レストランのキッチンが綺麗です。レストランが汚いところにお客さんは来ないし、汚い工場は発展していません。


小林陽太郎

石油ショックのとき、当社は国内コピー機市場でのシェアを大きく落としました。それまで60から70%のシェアを握っていたのに、50%をあっさり割り込んでしまった。攻勢を仕掛けてきたのは、後発メーカーのリコーさんでした。なぜリコーに顧客を奪われたのか。直接の原因はリコーが安くて優秀な製品を投入してくる中で、当社が安易に値上げしたことにあります。不況が深刻化し、顧客企業の経営も苦しくなっているのだから、本当はぐっと我慢すべきでした。
【覚書き|小林氏の当時の役職は営業担当常務】


吉野彰

IT化以前というのは、船便で何ヶ月もかけて送られて来る欧米の論文を参照しているだけでも、論文を手に入れられないほかのアジア諸国に比べたら、日本の産業研究というのは有利な側面がありました。そういう時代には大学の研究室に足を運んで、先生方に話をうかがっても、まだ、あんまり外に出ていない情報を得ることができた。でも、今はネットに最新の論文がいつも載っているという時代なので、日本の優位性は相対的には低下しましたね。競争相手になる国がうんと増えて、実力で勝つしかない時代になりましたから。


サム・ウォルトン

他社から学ぶことこそ成功への近道。私がやったことの大半は、他人の模倣である。


ページの先頭へ