名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤将之(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤将之(コンサルタント)のプロフィール

佐藤将之、さとう・まさゆき。日本の経営コンサルタント、事業成長支援アドバイザー。「エバーグローイングパートナーズ」代表。東京都出身。米ウェストバージニア州立大学経済学部卒業。セガ・エンタープライゼスを経てアマゾンジャパンの立ち上げに参画。オペレーション部門ディレクターなどを経て独立。著書に『アマゾンのすごいルール』。

佐藤将之(コンサルタント)の名言 一覧

個人の善意に頼る経営では人によって差が生まれ、確立したサービスを顧客に提供できない。


おもてなしとよく聞きますが、提供する側に余裕がなければ本当のおもてなしはできない。大事なことは仕組みづくりなのです。


創業者ジェフ・ベゾスの言葉「カスタマーズ・ルール!(お客様が決める)」、これがアマゾンを象徴しています。徹底した顧客第一主義がアマゾンの企業理念なのです。徹底してニーズに応える選択肢を用意しているだけで、他産業を壊すという意図はないのです。


佐藤将之(コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤将之、さとう・まさゆき。日本の経営コンサルタント、事業成長支援アドバイザー。「エバーグローイングパートナーズ」代表。東京都出身。米ウェストバージニア州立大学経済学部卒業。セガ・エンタープライゼスを経てアマゾンジャパンの立ち上げに参画。オペレーション部門ディレクターなどを経て独立。著書に『アマゾンのすごいルール』。

他の記事も読んでみる

高畠靖雄

中学時代の柔道の先生が卒業間際に贈ってくれたのが、「人生、迷ったら困難な方を選びなさい」です。これまでの人生を振り返っても、楽な道を選んで良いことはないと実感しています。この言葉は常に頭の片隅にあり、何かを決断する時の指針になっています。


本田健

好きなことをやるのに、待つ必要はありません。自分が好きなことなら、何時間やっても疲れないし、頑張らなくても自然と深掘りすることもできます。最初は単なる趣味でも、やがてそれがお金に結びつく可能性は十分あります。今こそ自分の「天職」と出合うチャンスなのです。


奥正之

月曜から金曜日の日中は、銀行の内外でお客様に会ったり、会議に出たりすることが多いのですが、毎日一時間、一人でじっくりものごとを考える時間を確保するよう、秘書に言っています。とくに金曜日は2時間、その週の出来事を振り返り、考えを整理する時間に充てています。


中村獅童(二代目)

先輩方の姿を見てきたから、僕も常にチャレンジ精神を失わないようにしています。古典を守りつつ、自分たちの世代だからこそできる新しいことを探さないといけないと思う。


テリー伊藤

「ライバルに恵まれると、その選手は伸びる」というのはスポーツ界の鉄則だ。もちろん、ほかの世界でもそれは同様である。しかし、誰が見てもわかるようなライバルだけでなく、意外なところにライバルを定めることが偉業を生むことがある。


樋野興夫

誰にでも、天から定められた使命や役割があります。それが世界中から認められるような偉業だとは限りません。誰かの父として、母としての役割もあるでしょう。つまり、「社長」「役員」などの肩書を取り払って、自分を認めることが、人生を肯定して後悔を残さないための第一歩なのです。


柳井正

商売とは成功したと思った時点でダメになります。成功はマンネリ、保守化、形式化、慢心を生むからです。だから企業の存続発展のためには、小さい失敗をどんどんすべきだと思います。致命的な失敗をする前に、ちいさい失敗を何回もして、それを財産にとらえて次に生かすのです。失敗して、転んで、起き上がる。その繰り返しの中で学んでいかなければいけない。最悪なのは失敗を恐れて立ち止まったり、ためらって何もしないことです。


伊集院静

何かを成し遂げたければ、自分は途上だと考える。ひたすら目的地を目指す。そこに至って得られる実りにこそ、人生の価値があると思う。


槍田松瑩

私たちの時代も、新入社員として仕えた上司の仕事を通して、お辞儀の仕方から始まって、人との接し方、仕事への姿勢などすべてを真似していくことから始めました。自分たちがどれだけ若い人たちに影響を与えるかを自覚することは、自らを律することにつながるはずです。


野村文吾

社長の父にアドバイスを求めても、何も教えてくれませんでした。すべてを自分で考えなければならなかった。


小泉光臣

問題は現場にあるし、解決策もそこにある。


中島平太郎

CD規格化のための懇談会を設立したところ、オランダのフィリップスが独自開発のディスクとプレーヤーを持って日本の音響メーカーを訪ねてきました。ディスクの開発では先を進んでいたフィリップスでしたが、デジタル処理回路の部分では明らかにソニーの方が先を進んでいました。ただ、世界で2社がずば抜けていたのは事実で、共同でCDの標準化に取り組むことを提案しました。