名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤将之(コンサルタント)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤将之(コンサルタント)のプロフィール

佐藤将之、さとう・まさゆき。日本の経営コンサルタント、事業成長支援アドバイザー。「エバーグローイングパートナーズ」代表。東京都出身。米ウェストバージニア州立大学経済学部卒業。セガ・エンタープライゼスを経てアマゾンジャパンの立ち上げに参画。オペレーション部門ディレクターなどを経て独立。著書に『アマゾンのすごいルール』。

佐藤将之(コンサルタント)の名言 一覧

個人の善意に頼る経営では人によって差が生まれ、確立したサービスを顧客に提供できない。


おもてなしとよく聞きますが、提供する側に余裕がなければ本当のおもてなしはできない。大事なことは仕組みづくりなのです。


創業者ジェフ・ベゾスの言葉「カスタマーズ・ルール!(お客様が決める)」、これがアマゾンを象徴しています。徹底した顧客第一主義がアマゾンの企業理念なのです。徹底してニーズに応える選択肢を用意しているだけで、他産業を壊すという意図はないのです。


佐藤将之(コンサルタント)の経歴・略歴

佐藤将之、さとう・まさゆき。日本の経営コンサルタント、事業成長支援アドバイザー。「エバーグローイングパートナーズ」代表。東京都出身。米ウェストバージニア州立大学経済学部卒業。セガ・エンタープライゼスを経てアマゾンジャパンの立ち上げに参画。オペレーション部門ディレクターなどを経て独立。著書に『アマゾンのすごいルール』。

他の記事も読んでみる

中島義道

もしあなたがビジネスマンとして成功したいのであれば、哲学には深入りしないこと。哲学は人を幸せにしないし、反社会的な場合もある。ビジネスに生かしたいのであれば、哲学の健全な部分だけを切り取って利用するのがいい。


赤塚保

美味しいものは飽きが来ません。130円のおはぎにも最高の小豆を使います。原価率は高くなりますが、数を売れば採算は合うようになります。おはぎが大人気なので、あるショッピングセンターさんから、大福もできるはずだからやってくれ、と頼まれています。柿安がつくったら美味しいはずと思ってくださっているようです。
【覚書き|ショッピングセンターを中心に展開している柿安和菓子部門のブランド「口福堂」で、おはぎを1日2000個売る店舗が現れていることについて語った言葉】


千葉智之

自分を追い込んでやる気を出す方法も効果的です。僕は切羽詰まらないと行動を起こさないタイプなので、仕事にデッドラインをつけて、取り組まざるを得ない状況を意識的につくっています。取りかかる前は面倒に思えた仕事も、いざやってみると気分が乗ってくるケースが多いものです。


関根勤

僕はMなんだよ。いじめられると、どんどんパワーが出てくる。


宮本恒靖

中学、高校時代、学校とサッカーを両立させるために、今やれることは今やる。集中する時と、休む時とのメリハリをつけることの大切さを知りました。そういうことが、今に至るベースになっているように思います。


山崎武也

続けていれば、誰かが認めてくれる。また、誰も認めてくれなかったとしても、忍耐力や自信がつきます。それが人の器を広げる。


喜多村円

世界中にTOTOファンをつくろうと社内に言っているんです。全社に占める海外売上高の割合が2割を超えてきました。日本発祥のTOTOというブランドイメージではなく、「インドのTOTO」「米国のTOTO」といったように、その国に根差した企業になろうと思っています。


中原淳

経験学習をよしとする理論家や実務家は、経験の力を絶対視しがちです。しかし、それは間違いです。


戸松信博

個人的には興味がなくても試してみると、わかることもあります。未知の体験にお金をかけることが、私が使えば使うほど収入が増えてきた秘密です。


西水美恵子

日本に在留する期間は短いですが、メル友たちが全国にいっぱいいます。インターネットで検索して、ブログなどに私の本の感想を書いている方を見つけるとメールを出します。社会人は変な遠慮が出るようですが、高校生や大学生はじゃんじゃんメールを返してくれます。中には小学6年生もいます。日本人は何を考えているのか、ネットエージャーから感触を得ることができます。


石原明

目先の機嫌取りのために甘い顔をするのか、愛情をもって厳しく接することで結果的に好かれるのか。大事なことは、長期的に見てお互いのためになるかということです。人生やビジネスで苦労して、この因果関係がわかっている人は、厳しく接することができるものです。


井上聡(経営者)

ロゴに関してあるチャレンジをしました。自分で作らずに、自分たちが好きな人に作ってもらうことにしたのです。僕ら二人(兄弟)はマーサ・クーパーというアメリカ人写真家の大ファンで、この人はヒップホップやグラフィティといった70年代のストリートカルチャーを最初に見出したことでも知られています。彼女がたまたま、本の出版イベントでデンマークに来ると知った。そこで(弟)清史がそのサイン会の列に並んで、「僕たちのロゴを書いてください」とその場で頼んだのです。彼女もとても喜んでくれて、その場で書いてくれたのが今のロゴです。