名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤安弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤安弘のプロフィール

佐藤安弘、さとう・やすひろ。日本の経営者。キリンビール社長。早稲田大学商学部卒業後、キリンビールの前身である麒麟麦酒に入社。その後、不動産事業開発部長、取締役経営企画室長、常務取締役関連企業部長、専務取締役等を経て、社長に就任。

佐藤安弘の名言 一覧

歯を食いしばって奮闘する覚悟がない人は、いまの時代にトップに立つ資格がないと思います。経営者が難しい問題に腰が引けていないかどうか、いざとなると逃げだしたりしないかどうか、皆がその姿勢を注視しているのです。


1990年から経営企画を担当していたのですが、そのころから当社の固定費の高さ、損益分岐点の高さが気になっていました。何としてもこの問題を片づけて、しっかりと利益を計上して競争力を再強化しない限り、次の時代は訪れない。と感じていたんです。


いまや発泡酒は、ビールと発泡酒を合わせた総需要の4割を占めるまで市場が拡大しています。あのとき、メンツにこだわって参入を見送っていたらどうなっていたか。発泡酒への参入は正解だったと心から思っています。


痛みを伴う改革を先送りすればするほど傷口は開いてしまう。熟慮に熟慮を重ねたうえで、当初は3工場で予定していた工場閉鎖を4ヶ所に増やし、自ら足を運んで説得に回りました。最初に訪れた東京工場では、最前列で女性社員が泣き出してしまいまして。私自身、新入社員の時に工場研修に行ったのが、稼働したばかりの最新鋭拠点だった東京工場でした。感慨もありましたし、やはりつらかった。


工場の閉鎖はできればやらないに越したことはない。とはいえ、ライバルと比べて製造原価で負けている問題は、現場の努力や5%10%の経費削減だけでは解決しないのです。


どんなに強いブランドを誇っていても、それが永遠に続くことなどありえません。企業の寿命にも似たところがあって、戦後の高度成長を謳歌した優良企業ほど、設備も人も過剰に抱え込んで苦しんでいるのが実情です。


どんなに強いブランド力を誇っていても、それが永遠に続くことなどありえません。
【覚書き:発泡酒への参入を決意した時の言葉。当時、「ラガービール」は長期的に不振が続き、「一番搾り」もなかなか売り上げが伸びない状況で新たな道に進むことを決断した言葉】


佐藤安弘の経歴・略歴

佐藤安弘、さとう・やすひろ。日本の経営者。キリンビール社長。早稲田大学商学部卒業後、キリンビールの前身である麒麟麦酒に入社。その後、不動産事業開発部長、取締役経営企画室長、常務取締役関連企業部長、専務取締役等を経て、社長に就任。

他の記事も読んでみる

堀紘一(コンサルタント)

「行くも地獄、戻るも地獄」といった局面のとき、僕はこう思うようにしている。「ちょっと待てよ。これは今日中に結論を出さなくちゃいけないのか?」。つまり、期限を考えるのだ。明日でもいいということになれば、そのまま帰宅して風呂に入って寝てしまう。翌日になると、気分が爽やかになって問題の受け止め方が変わっている。悩みが悩みではなくなっていることが多いのだ。


俣野成敏

なかには上司に尋ねることをためらう人もいるようですが、学校の試験とは違って、自分が理解できるまで何度でも質問していいのがビジネスマンの特権です。学校の試験では、「問題がわかりにくいので解説してください」とは言えませんが、仕事でなら、「あなたの要求に応えたいので、足りない点を指摘してください」と説明を求めることができます。いわば「カンニングOK」なのです。締め切りの時点で100点に到達するように、上司とゴールイメージをすり合わせながら仕事を進めていくと良いと思います。


松本秀男(ほめる達人)

上司から学ぶものがあれば、スゴイと思った気持ちを素直に言葉に出して伝えよう。それで上司が前向きな気持ちになってくれたら、より多くのノウハウを積極的に伝授してくれるようになる。自分自身にもメリットが大きい。


藤田寛之

最近流行りの根拠のないプラス思考で、自分はできる、君ならできると考えても意味はない。積み上げのない嘘っぱちで上がっていけるほど、勝負の世界は甘くない。


藤尾益雄

社長就任から3年目、白血病だと診断されました。その後は再発せず「命をいただけた」と感じています。市場の急激な縮小や病気のこともあり「時間がない」と危機感を持っています。コメだけでなく食に関して商流の川上、川中、川下を垂直統合してバリューチェーンを作りたい。食のプラットフォーマーを目指しています。


岡本欣也

大きな数字には、受け手の心を揺さぶる力がある。相手が「具体的には知らないけど、すごいんだよね」と認識している事柄を、具体的な数値で表現することで驚きを与えることができる。


谷正人

デイトナ時代の不採算店舗のプロジェクトで販売の現場からPRや仕入れなどもして、私自身それが一番の経験になった。様々な業務を担当することでお客様の気持ちも分かるようになる。よく「店舗が増えてきたら、非効率でそんなことできない」と周りからは言われるのですが、そんなことはなくてむしろ昔より今の方が社員のレベルが高くなっています。


小倉広

いいことも悪いことも、結局は自分のしたことが回りまわって戻ってくるのです。


松村誠一(経営者)

私は経営に日本企業ならではの良さも残していきたいと思っています。当社の社員には長く勤続してもらいたいし、たとえ転職してもその人の成長に役立てる企業でありたいと思っています。そしてなにより、当社の事業である育児と介護という分野を通じて社会に貢献しているという誇りを社員に持ってもらえるような経営をしていきたいと思っています。


吉田たかよし

うつ病に対して上司が担う最大の任務は、部下の言動をよく観察し、初期の段階で見つけ出すことです。見落としていけないのは、連休明けに有給休暇が増えるという現象です。「子供が熱を出した」「実家で急用ができた」など、毎回、もっともらしい理由をつけて有給休暇を取るわけですが、何度か続いた場合、本当はうつ症状で出勤できなくなっているケースが多いということは医者の間で常識になっています。風邪をひきやすく治りにくい場合も要注意です。うつ病になると免疫力が低下するため、ちょっとしたことで風邪をひきます。さらに回復も遅れ、症状がおさまるまでに1週間以上もかかる場合も多いのです。そんな部下がいたら、単なる体調不良だと決めつけず、うつの可能性も考慮に入れるべきです。


島田晴雄

いま、社会は傷つきやすく壊れやすくなっています。行け行けドンドンの時代は終わり、知恵を使って助け合う必要が高まっている。知恵と工夫で対応していかないといけない。


酒井秀樹

上場企業の経営者になったからといって、とくにいいことはありませんが、大企業の経営者や著名な学者、有能なコンサルタントに簡単に会えるのはありがたいことです。私はそうした機会を通じて知識を吸収してきました。