名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤安弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤安弘のプロフィール

佐藤安弘、さとう・やすひろ。日本の経営者。キリンビール社長。早稲田大学商学部卒業後、キリンビールの前身である麒麟麦酒に入社。その後、不動産事業開発部長、取締役経営企画室長、常務取締役関連企業部長、専務取締役等を経て、社長に就任。

佐藤安弘の名言 一覧

歯を食いしばって奮闘する覚悟がない人は、いまの時代にトップに立つ資格がないと思います。経営者が難しい問題に腰が引けていないかどうか、いざとなると逃げだしたりしないかどうか、皆がその姿勢を注視しているのです。


1990年から経営企画を担当していたのですが、そのころから当社の固定費の高さ、損益分岐点の高さが気になっていました。何としてもこの問題を片づけて、しっかりと利益を計上して競争力を再強化しない限り、次の時代は訪れない。と感じていたんです。


いまや発泡酒は、ビールと発泡酒を合わせた総需要の4割を占めるまで市場が拡大しています。あのとき、メンツにこだわって参入を見送っていたらどうなっていたか。発泡酒への参入は正解だったと心から思っています。


痛みを伴う改革を先送りすればするほど傷口は開いてしまう。熟慮に熟慮を重ねたうえで、当初は3工場で予定していた工場閉鎖を4ヶ所に増やし、自ら足を運んで説得に回りました。最初に訪れた東京工場では、最前列で女性社員が泣き出してしまいまして。私自身、新入社員の時に工場研修に行ったのが、稼働したばかりの最新鋭拠点だった東京工場でした。感慨もありましたし、やはりつらかった。


工場の閉鎖はできればやらないに越したことはない。とはいえ、ライバルと比べて製造原価で負けている問題は、現場の努力や5%10%の経費削減だけでは解決しないのです。


どんなに強いブランドを誇っていても、それが永遠に続くことなどありえません。企業の寿命にも似たところがあって、戦後の高度成長を謳歌した優良企業ほど、設備も人も過剰に抱え込んで苦しんでいるのが実情です。


どんなに強いブランド力を誇っていても、それが永遠に続くことなどありえません。
【覚書き:発泡酒への参入を決意した時の言葉。当時、「ラガービール」は長期的に不振が続き、「一番搾り」もなかなか売り上げが伸びない状況で新たな道に進むことを決断した言葉】


佐藤安弘の経歴・略歴

佐藤安弘、さとう・やすひろ。日本の経営者。キリンビール社長。早稲田大学商学部卒業後、キリンビールの前身である麒麟麦酒に入社。その後、不動産事業開発部長、取締役経営企画室長、常務取締役関連企業部長、専務取締役等を経て、社長に就任。

他の記事も読んでみる

上野和典

時間がないと思えば集中力も増すものです。社長になってから、私は社員の子供の誕生日に直筆の誕生日カードを送っているのですが、その数は月平均50通です。私はスキマ時間を活用して、1日か2日で一気に書き上げています。会議と会議の間の15分でもトップギアで集中できるのは、これが締め切りのある誕生日カードだからです。誕生日までに発送できなければ受け取る相手に失礼です。差し迫った状況を自分でつくることで、エンジンをかけているのです。


中山讓治(中山譲治)

社員みんなが問題意識を持っていて、いざ問題が起きたときには、立場に関係なくフラットに議論をする。それをリーダーがパパッとまとめて、よっしゃ、そんならこれでいこうやと。失敗したら失敗したで、その失敗をみんなで共有していく。こういうプロセスを繰り返していけば、組織は自然に上手いこと回るようになっていきます。


渡邉美樹

「おまえの仕事があってよかった。ありがとう」という「ありがとう」を集めるのが、僕の人生の目的なんです。政治を通して僕がいままで学んできたことをヨコ展開したほうが、よりたくさんの「ありがとう」を集めることができるのではないかと思ったんですね。


石川光久

アイジーのようなプロダクションにとって、資源は人くらいなので、人の力が発揮できる関係をまず考えています。おそらく僕は、自分や会社に足りない部分を補完するパートナーであれば、迷わず雇い入れるでしょう。どちらか片方が、一方的に吸い取られていると感じるようになると思ったら、お断りするしかない。


畑村洋太郎

失敗した時、「つらい」「苦しい」といった気持ちが生じたらしめたものです。その時、失敗の経験がその人の中に根づきます。すると新しい知識を受け入れる素地ができる。


香山リカ(精神科医)

諦めないことはもちろん大切なんだけど、それを持ちすぎると、夢や希望もいつしか幻想になってしまう。それに、諦めることは必ずしも悪いことばかりではなく、裏返すと、感謝の気持ちにもなる。小さな家しか建てられなくても、「雨露をしのげるだけでもありがたい」と思ったり。


剣持忠

強い商品がないことを反省し、世界一になれるサービスを特定して、世界一にするまで愚直にやり続けようと決めた。


西多昌規

勉強をしても集中力が続かなかったり、仕事を後回しにしたり……。そんな人は多いと思いますが、気にする必要はありません。飽きっぽいのは関心の対象が広く、エネルギーに満ち溢れていることの裏返しだからです。子供が1つのことになかなか集中できないように、好奇心が旺盛な大人はじっとしていられないのです。飽きっぽいのは悪いことではありません。


坂口健太郎

いい人にも嫌な人にもなろうとしていないですね、たぶん。ただ普通にしているだけ。そもそも、人によとらえ方って違うから。すごくいい人の役がきたら、「坂口くんは優しそうだし爽やかだし、ぴったりだね」って言われますし、性格がきつくて冷たい人の役がきても「すごくよくわかる、ぴったりだ」って言われる。自分のことは自分が一番よくわかっているので、そういう反応を聞くと「へえ~そんなふうに感じるんだ」と思いますが、だからといって否定もしませんし。


谷家衛

たった一度きりしかない人生なのだから、自分にしかできない挑戦をしてみないか。


笹川友里

急にニュース原稿を読むことになると、不安になります。間違えないか、舌の回りは大丈夫かなど。不安に思うと、まんまとそのとおりに間違えることが多いと気づきました。


相川秀希

手がけた仕事の中身を他人に説明したり、他人の説明を聞いたりするのも、着眼点を伸ばす良い訓練になりそうです。自分がどんな工夫をして仕事を成功させたのか振り返ったり、他人がどんな着眼点で成果を上げたのか聞いたりすることで、大きな刺激を受けられますから。例えば、独立を目指す人同士が集まり、互いにプレゼンテーションし合う勉強会を開くなどはお勧めです。