名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤安太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤安太のプロフィール

佐藤安太、さとう・やすた。日本の経営者。おもちゃメーカータカラの創業者。米沢工業専門学校化学工業科卒業。タカラの前身である佐藤ビニール工業所を創業。その後、数々のヒット玩具を製造し、おもちゃの王様の異名を持った。山形大学大学院 理工学研究科ものづくり技術経営学専攻博士課程に入学し、86歳で博士号を取得した。そのほか、山形大学工学部客員教授、福島工業高等専門学校客員教授、財団法人日本玩具文化財団名誉理事長、特定非営利活動法人ライフマネジメントセンター理事長などを務めた経営者。

佐藤安太の名言 一覧

どうやってヒットを生み出してきたのかと、よく聞かれます。ひらめきに頼ってきたので、本当のところはよく分かりません。


ヒットするおもちゃには、「ピカ、カックン、スー」という法則がありました。子供は欲しいおもちやに出合うと、「ピカ」と目を見開き、「カックン」とうなずいて、「スー」と手が伸びる。そんなおもちゃを作ろうと、子供の感性を見抜く努力をひたすらしてきました。


あれはまったく偶然のヒット商品です。そもそも私はダッコちゃんという名前になったことすら知りませんでした。どうしてあんなものが売れたのか、いまだによく理解できません。
【覚書き|大ヒットしたダッコちゃん人形のヒットの秘訣を聞かれての発言】


70年前の敗戦で、日本はいったん滅びました。それでも、目に見えない武士道に通じる国民の深い精神性を基盤に、復興を成し遂げました。経済的な豊かさを手に入れた今、国民の「幸せ」と「徳」を実現する精神文化を新たな国家目標として掲げて、世界をリードしてほしい。


佐藤安太の経歴・略歴

佐藤安太、さとう・やすた。日本の経営者。おもちゃメーカータカラの創業者。米沢工業専門学校化学工業科卒業。タカラの前身である佐藤ビニール工業所を創業。その後、数々のヒット玩具を製造し、おもちゃの王様の異名を持った。山形大学大学院 理工学研究科ものづくり技術経営学専攻博士課程に入学し、86歳で博士号を取得した。そのほか、山形大学工学部客員教授、福島工業高等専門学校客員教授、財団法人日本玩具文化財団名誉理事長、特定非営利活動法人ライフマネジメントセンター理事長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

永守重信

売り上げは企業にとって、人間に例えると血液。まず売り上げが先行しないと利益は出てこない。利益率を上げれば、利益が上がるという意見もあるが、売り上げを先行して伸ばすことが全体の業績回復のキーになってくる。


阿刀田高

人生において「よい出会い」はめったにない。同じメンバーであっても、本当に充実した1時間なり2時間なりを過ごすということは極めて少ない。双方の心理状態、健康状態、天候など、いろんなことが影響しているからだ。そうである以上、良い出会いは大切にしなければならないし、良い出会いを持つために努力することは、生きていくうえで最も大切なことだと言っていい。


江上剛

上司に悪い情報を入れて、褒められたためしがありますか?普通は怒られます。それを経験的に知っているから、部下は悪い情報をなかなか上げようとしないのです。


竹内一郎

書籍から学ぶのも結構ですが、その前に、自分の周りを見渡したほうが勉強になることもあると覚えておきましょう。


北島康介

不安がなかったわけではありません。でも、そこはなるようにしかならないと開き直って、やれることをすべてやろうと思いました。良くも悪くも前さえ向いていれば、何か1つでもできることが見つかるかもしれない。


藤井孝一

予定は隙間なしに詰め込まず、必ず余白を残しておくことも重要です。そうしないと緊急な仕事が発生したときに対応ができず、予定そのものが破たんしてしまいかねないからです。


林成之

自己保存本能は人間にとって大切なものですが、失敗するかもしれないという否定語は、この自己保存本能に過剰反応を起こさせて、脳の働きにブレーキをかけてしまいます。コツコツ努力するとは、一歩一歩着実に努力しようということであり、この言葉の背後には失敗しないよう慎重に事を運ぼうという意識が隠れています。それゆえ、コツコツやるという人は、自分が現在持っている以上の力を発揮することが難しいのです。


佐々木常夫

良い習慣は才能を超える。良い習慣は続けることが大事。


松岡修造

引退した時、次に何を目標に過ごせばいいか僕も迷いました。最初の1~2年はあらゆることにチャレンジしました。何もかもが初めての経験で、思うような出演の仕方ができず悩んだこともありましたが、自分を知るうえでは大事な期間でした。


生田正治

与えられたポストや器の中だけで考えても限界があります。ときには上司とぶつかってでも、大きく構え、大事を成すべきだと思います。


澤田秀雄

新しい試みをするときは、上がまずやって見せ、それから教えて実行させることが大事。


さかなクン(宮澤正之)

自分の知識の中で答えられないこと、文献でも調べられないことが出てきたら、ためらわず専門家の先生に電話をします。お相手が、お会いしたことがない先生でも。