名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤安太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤安太のプロフィール

佐藤安太、さとう・やすた。日本の経営者。おもちゃメーカータカラの創業者。米沢工業専門学校化学工業科卒業。タカラの前身である佐藤ビニール工業所を創業。その後、数々のヒット玩具を製造し、おもちゃの王様の異名を持った。山形大学大学院 理工学研究科ものづくり技術経営学専攻博士課程に入学し、86歳で博士号を取得した。そのほか、山形大学工学部客員教授、福島工業高等専門学校客員教授、財団法人日本玩具文化財団名誉理事長、特定非営利活動法人ライフマネジメントセンター理事長などを務めた経営者。

佐藤安太の名言 一覧

どうやってヒットを生み出してきたのかと、よく聞かれます。ひらめきに頼ってきたので、本当のところはよく分かりません。


ヒットするおもちゃには、「ピカ、カックン、スー」という法則がありました。子供は欲しいおもちやに出合うと、「ピカ」と目を見開き、「カックン」とうなずいて、「スー」と手が伸びる。そんなおもちゃを作ろうと、子供の感性を見抜く努力をひたすらしてきました。


あれはまったく偶然のヒット商品です。そもそも私はダッコちゃんという名前になったことすら知りませんでした。どうしてあんなものが売れたのか、いまだによく理解できません。
【覚書き|大ヒットしたダッコちゃん人形のヒットの秘訣を聞かれての発言】


70年前の敗戦で、日本はいったん滅びました。それでも、目に見えない武士道に通じる国民の深い精神性を基盤に、復興を成し遂げました。経済的な豊かさを手に入れた今、国民の「幸せ」と「徳」を実現する精神文化を新たな国家目標として掲げて、世界をリードしてほしい。


佐藤安太の経歴・略歴

佐藤安太、さとう・やすた。日本の経営者。おもちゃメーカータカラの創業者。米沢工業専門学校化学工業科卒業。タカラの前身である佐藤ビニール工業所を創業。その後、数々のヒット玩具を製造し、おもちゃの王様の異名を持った。山形大学大学院 理工学研究科ものづくり技術経営学専攻博士課程に入学し、86歳で博士号を取得した。そのほか、山形大学工学部客員教授、福島工業高等専門学校客員教授、財団法人日本玩具文化財団名誉理事長、特定非営利活動法人ライフマネジメントセンター理事長などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

樋口武男

当たり前のことを当たり前にやっていく。それがものすごく難しいことなんです。多くの場合、少し欲をかきすぎて失敗するのだと思います。驕りが一番いけません。


ジャイアント馬場

彼らは基本である1、2、3をきちんと練習しないで、いきなり4とか5をやるんだな。
【覚書き:来日する外国人レスラーの特徴を語った言葉。外国人レスラーは攻撃は強いが防戦になると一気にもろくなる傾向があり、そういう風になるべきではないという趣旨の言葉。】


森田直行(経営者)

経費を可能な限り細かく分けることも大事なポイントだ。決算書を見ていると、ほかの経費項目より「雑費」の方が多い場合がよくある。経営の実態を良くつかむためには、膨らんだ経費の項目を細分化することが必要である。すでにある項目についても可能なものは分ける。光熱費の項目があれば、それをガス代、燃料代、電気代、水道代といった具合に分けていく。こうすることによって、どの部分を削減しなければならないのかを可視化することができる。


熊谷正寿

当時、東証一部上場を目前にして、上場審査があったために1年間何も出来なかった。他のIT企業が猛烈に攻めているのを横目に我慢していたので、溜まっていたものがポーンと出てしまったのです。やはり身の丈を考えず、無理をしてはいけないということでしょうね。しかし、その後で猛勉強して、あの出来事をきっかけに本当の経営者になれた気もします。

【覚え書き|消費者金融事業の失敗で倒産寸前になった当時を振り返って】


岸良裕司

出世した同期と自分の差が、ほかの人から見て明らかな差でないなら、「同期が評価され出世した」と悩むより、「明らかな差がない現実をどう変えるか」を考えた方が生産的ではないでしょうか。ケタ違いの「圧倒的な成果」を示せば、おのずと状況は変わるはずですから。


垣内俊哉

歩けなかった病室での悔しい思いがギュッと凝縮されて、いま前に進むパワーになっているのかなと思います。


松尾貴史

メディアリテラシーというのは、いまの日本人にとってすごく大事なテーマ。いくら物が豊かで情報化社会が進んでも、デタラメな情報が氾濫していたら社会的な生活を送っている国とは言えません。情報を吟味する感覚を、五感を総動員して培っていかなければいけない。


柳井正

スポーツは才能によって結果が左右される面が少なからずありますが、ビジネスは違います。一般の人がチームを組んで取り組めば、偉大なことができる。それができるのが、ビジネスの世界です。


佐々木常夫

運命は選択できない。選択したとしても、それが良い結果につながるとは限らない。与えられた環境の中で、目の前の仕事に全力を尽くすことが大切。


島正博

創造性は顧客を思いやる心からも生まれる。そうした心の部分がこれから一番大切になる。


菅野智之

初めてプロの世界を経験した正直な感想としては、「しんどかった」ですね。アマチュアの時とは違って、年間を通して試合をしたのは初めてでしたから。その意味では、前年に1年間浪人をして、自主練習をした時間が役に立ったと思います。プロ入り後をイメージして、ひたすら準備をしていたんです。まず、自分の基礎を見直しました。体力作りからじっくりと取り組んだのです。


中山マコト

企画の人脈というと、その道のプロが頭に浮かぶかもしれませんが、灯台もと暗しのたとえのように、身近なところに宝の山が眠っていることが多いのです。仕事上では関係のない他部署の人間だからこそ、自分には想像もつかないネタをもっています。また、その人の知り合いまで広がりができれば、あなたのネタの発掘ソースは、飛躍的に増えるはず。人づき合いを大切にするというのは、社内の処世術のみならず、企画術でもあるのです。