名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤安信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤安信のプロフィール

佐藤安信、さとう・やすのぶ。日本の弁護士。「東京大学大学院」教授。早稲田大学政治経済学部政治学科在学中に司法試験に合格。ハーバード大学法学修士取得、ロンドン大学法学博士取得。国連難民高等弁務官、国連カンボジア暫定統治機構、欧州復興銀行、名古屋大学大学院国際開発研究科助教授などを経て東京大学大学院総合文化研究科教授を務めた。

佐藤安信の名言 一覧

仕事をするうえで一番大切なことは、初志を忘れないこと。誰でも今の仕事に就くときには何かしらの強い思いを持っていたはず。


ビジネスの世界でも、いかにその国や地域の人に受け入れられるかが大事だと言われますが、法律もそれと同じ。


ビジネスパーソンでも部下や後輩が育つことはうれしいし、それが会社の成長にもつながるはず。私は弁護士としては挫折だらけですが、教え子のなかから次代を担う人材が育ってきたことに手ごたえを感じています。


私がこの道に入るきっかけは、私が通っていた都立富士高校で起きた放火事件です。当時、定時制の29歳の青年が逮捕されたのですが、私も傍聴していた裁判で自白を強要されたと訴えた。2週間ずっと座らされて尋問され、肉体的にも精神的にも拷問といえるような状況で嘘の自白をしてしまったというのです。このとき、警察に不信感を抱き、人権というものに目覚めた。弁護士になった1年目にはバックパックを背負い海外の難民キャンプを訪ねたり、人権侵害を受けた被害者に会ったりしました。


佐藤安信の経歴・略歴

佐藤安信、さとう・やすのぶ。日本の弁護士。「東京大学大学院」教授。早稲田大学政治経済学部政治学科在学中に司法試験に合格。ハーバード大学法学修士取得、ロンドン大学法学博士取得。国連難民高等弁務官、国連カンボジア暫定統治機構、欧州復興銀行、名古屋大学大学院国際開発研究科助教授などを経て東京大学大学院総合文化研究科教授を務めた。

他の記事も読んでみる

矢部浩之

上(の世代)の方、パワーありますからね。同じように頑張っていくしかないですよ。ヘンに攻撃せんでもええし、萎縮しなくてもいい。


村上太一

私も普段エバーノートで管理している情報を、年に一度か二度見返して整理していますが、時間を置くと要不要が判断しやすくなります。半年経って、その間に一度も使わなかったら、さすがに「これは必要ない」と判断できるでしょう。これを定期的に繰り返していけばいいだけです。


國分文也(国分文也)

我々は世界中で仕事を行っていますが、一つひとつを落とし込んでいけば、地域社会の非常に小さな世界の集合体なのです。小さな仕事でもいいから、そこの地域や住民に対して価値を提供することが大切であり、もし貢献できていないというのであれば、仕事をやる意味がありません。


高城幸司

今の時代、自分の野心をあからさまにしていると嫌われる。むしろ、家族のため、社会のためなど自分以外の何かのために一生懸命に働いている姿を見せている人が好かれる。


植田辰哉

褒めるときは、日常の何気ない場面でさりげなく褒めることを大切にしています。たとえば、練習に対する姿勢が見違えるように変わった選手がいるとします。そういう選手には、練習後に廊下ですれ違ったときなどに「最近、頑張ってるね。期待してるよ」というふうに、ふと思い出したかのように言葉をかけて去っていったりします。わざわざ選手を部屋に呼び出して褒めるとなると大げさになりますが、日常の何気ない場面を利用すれば、こちらも声をかけやすいし、選手にとっても印象深いものになると思います。


鹿田尚樹

本をただ漠然と読むだけではもったいない。目的意識のある読書を心がければ、かけた時間やお金以上のリターンを得ることは十分可能です。


冨山和彦

頭に血が上ると、冷静な判断は不可能になります。私も頭に血が上っている状態で即断即決し、失敗した経験が何度もあります。


小路明善

社内の風通しが良いであるとか、組織ではそれぞれ支え合うといった企業風土ができていないと、社員から見ても、社会から見ても、価値ある企業とは言えない。


二宮雅也

地域が活性化し、地域で存在感を示すことが、持続的成長には必要。


福原裕一

開店前の朝礼では「ハッピー&サンクス」という当社独自のコミュニケーション・メソッドを活用しています。これは、過去24時間以内の出来事で、自分が幸せだと感じたこと、感謝したいと思ったことを、一人一人発表するものです。「こんなサービスをしていて、お客様にありがというと言われ、とても嬉しかった」など、何でも構いません。


赤塚保

商品開発で大事なのは、職人に任せっきりにしないことです。つくるプロであっても、外で売れている商品まで勉強していないことがあります。当社ではおはぎを始めるにあたって、百貨店の担当者にお願いして全国の美味いおはぎを相当数集めてもらい、製造日の同じものを賞味しました。


佐藤文男(人材コンサルタント)

私の場合は、将来的な起業を考えていたので、若いうちにマネジメント能力を身につけられてよかった。