名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤安信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤安信のプロフィール

佐藤安信、さとう・やすのぶ。日本の弁護士。「東京大学大学院」教授。早稲田大学政治経済学部政治学科在学中に司法試験に合格。ハーバード大学法学修士取得、ロンドン大学法学博士取得。国連難民高等弁務官、国連カンボジア暫定統治機構、欧州復興銀行、名古屋大学大学院国際開発研究科助教授などを経て東京大学大学院総合文化研究科教授を務めた。

佐藤安信の名言 一覧

仕事をするうえで一番大切なことは、初志を忘れないこと。誰でも今の仕事に就くときには何かしらの強い思いを持っていたはず。


ビジネスの世界でも、いかにその国や地域の人に受け入れられるかが大事だと言われますが、法律もそれと同じ。


ビジネスパーソンでも部下や後輩が育つことはうれしいし、それが会社の成長にもつながるはず。私は弁護士としては挫折だらけですが、教え子のなかから次代を担う人材が育ってきたことに手ごたえを感じています。


私がこの道に入るきっかけは、私が通っていた都立富士高校で起きた放火事件です。当時、定時制の29歳の青年が逮捕されたのですが、私も傍聴していた裁判で自白を強要されたと訴えた。2週間ずっと座らされて尋問され、肉体的にも精神的にも拷問といえるような状況で嘘の自白をしてしまったというのです。このとき、警察に不信感を抱き、人権というものに目覚めた。弁護士になった1年目にはバックパックを背負い海外の難民キャンプを訪ねたり、人権侵害を受けた被害者に会ったりしました。


佐藤安信の経歴・略歴

佐藤安信、さとう・やすのぶ。日本の弁護士。「東京大学大学院」教授。早稲田大学政治経済学部政治学科在学中に司法試験に合格。ハーバード大学法学修士取得、ロンドン大学法学博士取得。国連難民高等弁務官、国連カンボジア暫定統治機構、欧州復興銀行、名古屋大学大学院国際開発研究科助教授などを経て東京大学大学院総合文化研究科教授を務めた。

他の記事も読んでみる

渡辺光一郎(渡邉光一郎)

よく「危機の時こそ現場主義」と言います。現場に行って、社員や顧客と対話して起きている問題を把握するというものです。ですが、私はむしろそれは危険な面もあると思っています。現場に行ってただ話し合うだけでは、底流で何が起きているのか、少し先までにらんで顧客のために今、本当にやるべきことは何なのかということは、見えてこないのではないでしょうか。


水越豊

意思決定や議論の際は、何事も数字で定量化して考えることが大切です。数字で測定できないものは改善できないのです。


三浦善司

私にとって手帳は必需品の域を通り越していますね。もはや私の「脳の一部」と言えるかもしれません。


中村獅童(二代目)

人同士の関わりは、その瞬間、瞬間をどれだけ大切にできるか。


宮永俊一

私は迷信深くないが、神に祈るような気持ちだ。自分で判断したことが、少しでも正しい道であってほしい。今、自分がやっていることは100点満点ではないし、そんなにいい点数ではないのではないか。常にそう思いながら、経営をしている。


高倉豊

ブレインストーミングで参加者にアイデア出しを迫っても、最初は批判を恐れて無難なものしか出てこない。しかし、数時間かけて粘り強くブレストすると、しだいに頭が煮詰まってきて「ダメで元々だけど、いっそのことこんな売り方をしてみればどうですか」と突拍子もないアイデアが出てくることがある。こういうアイデアが本質を突いていることが多い。


秋山浩保

人間は、自分の入れ込んでいるやり方を褒められると嬉しいものです。自分のこだわりや意識していることを的確に指摘して褒められるのも嬉しい。やっぱり可愛くなりますよ。人間そういうもんですよね。私も気をつけなくては。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

相手に隙を突かれない、すなわち「説得力のある仕事」ができれば、無用な争いをすることなく、仕事で勝つことだってできるんだ。これは戦わずに逃げる人生とは正反対。たとえ仕事で誰かと対立することがあっても、笑って相手を巻き込んでしまえるようになる。これもホントの話。グッドファイトができた相手は、自分にとって貴重な人脈に変わるんだ。


疋田文明

こうでなければ駄目、というセオリー通りにやっているところは、地方ではほとんどが潰れています。最初から自分で考えてオリジナリティーを持っているところが勝ち組になっている。


宮下奈都

取材で調律師の方に何人かお話を聞いた時、みなさんすごく具体的で、地に足のついた言葉を使われることに驚きました。「感覚です」とか「センスに頼ります」みたいなことを言わないんですよね。ただ、だからといってここを何ミリずらすとか、そういう描写をしてもあまり面白くない(笑)。そこで行われていることを、小説としてどう表せばいいのか。そこが一番悩みましたし、こだわりたかったところでした。

【覚え書き|小説『羊と鋼の森』について】


岩田松雄

私は日々の仕事の中で、何度もミッションについて自分の考えを語りかけました。朝礼で語り、マネジメントレターに書き、日々の会議やミーティングで触れる。また、ミッションに適う行動をしている人を朝礼などで褒めました。こうしてミッションの浸透を図った結果、業績が好転していきました。


樋口武男

私は講演するときに「偉い人なんていない。立派な人になってください」と話します。なぜなら、偉い人は肩書がついたからといって、自分がえらいとは思わないからです。