名言DB

9490 人 / 112001 名言

佐藤安信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤安信のプロフィール

佐藤安信、さとう・やすのぶ。日本の弁護士。「東京大学大学院」教授。早稲田大学政治経済学部政治学科在学中に司法試験に合格。ハーバード大学法学修士取得、ロンドン大学法学博士取得。国連難民高等弁務官、国連カンボジア暫定統治機構、欧州復興銀行、名古屋大学大学院国際開発研究科助教授などを経て東京大学大学院総合文化研究科教授を務めた。

佐藤安信の名言 一覧

仕事をするうえで一番大切なことは、初志を忘れないこと。誰でも今の仕事に就くときには何かしらの強い思いを持っていたはず。


ビジネスの世界でも、いかにその国や地域の人に受け入れられるかが大事だと言われますが、法律もそれと同じ。


ビジネスパーソンでも部下や後輩が育つことはうれしいし、それが会社の成長にもつながるはず。私は弁護士としては挫折だらけですが、教え子のなかから次代を担う人材が育ってきたことに手ごたえを感じています。


私がこの道に入るきっかけは、私が通っていた都立富士高校で起きた放火事件です。当時、定時制の29歳の青年が逮捕されたのですが、私も傍聴していた裁判で自白を強要されたと訴えた。2週間ずっと座らされて尋問され、肉体的にも精神的にも拷問といえるような状況で嘘の自白をしてしまったというのです。このとき、警察に不信感を抱き、人権というものに目覚めた。弁護士になった1年目にはバックパックを背負い海外の難民キャンプを訪ねたり、人権侵害を受けた被害者に会ったりしました。


佐藤安信の経歴・略歴

佐藤安信、さとう・やすのぶ。日本の弁護士。「東京大学大学院」教授。早稲田大学政治経済学部政治学科在学中に司法試験に合格。ハーバード大学法学修士取得、ロンドン大学法学博士取得。国連難民高等弁務官、国連カンボジア暫定統治機構、欧州復興銀行、名古屋大学大学院国際開発研究科助教授などを経て東京大学大学院総合文化研究科教授を務めた。

他の記事も読んでみる

長谷川慶太郎

本業一筋に技術の開発と生産者の合理化で飯が食える時代は終わったということを私は言いたい。とくに技術系の経営者にはその本業主義が根強くあるが、そうであっても投機を異端視してはいけない。財テク、投機を企業経営の邪道と考える経営者はもはや化石人間。大波に乗らなければ倒産か世捨て人になる。


塚田彊

会社をリタイヤした後の人生を、「第2の人生(セカンドライフ)」や「余生」と言うのをやめよう。今や平均余命は約20年間もあるのだ。単なる余生ではもったいない。私は、「アナザー・ファーストライフ(もうひとつのファーストライフ)」こと呼ぶことにしている。


コシノジュンコ

はじめは福島の伝統工芸を世界に発信する「フクシマ」ブランドを作るプロジェクトでしたが、ブランドありきではなく、伝統の技術を生かし、そこにデザインをプラスすることで、新しい感性の民芸品が出来上がってきました。これからも会津木綿を使った若手デザイナーによるコンペなど、伝統工芸とデザインのコラボレーションを進め、福島の人たちを支援していきます。


三村明夫

中小企業は決して弱い存在ではないです。一つは意思決定が早い。景気が悪いときに大企業がやらないような将来の投資をやった中小企業もたくさんある。


徳岡邦夫

大人は若者に、夢に向かってまっすぐ走ることを期待しがちです。しかし、迷走こそ若者の特権なのですから、ときには小休止することがあってもいいはずです。大切なのはまっすぐ走り続けることではなく、目標を見失わないこと。指導する側も「頑張りが足りない」と責めるばかりではなく、「何度立ち止まったって、また挑戦すればいい」と教えることも必要ではないでしょうか。


森川亮

同じ人がずっとトップに居続けるのはいいことではありません。


山口周

「この局面で求められるクオリティは何点なのか」を見極めて、出力を調整することが大切。常に全力投球していては、評価されないムダな仕事が発生しますし、ここぞというときに力を発揮することもできなくなってしまう。


岩瀬大輔

日本のサラリーマンは往々にして、社内でしか通用しない特殊技能のようなものばかり身につけています。終身雇用の時代ならまだしも、これらの時代は外に出て新たな職場を見つけなければならない可能性も高いのです。そのときに、社内ポリティクス(社内の政治的駆け引き)は通用しません。就業時間後はできるだけ社外の人と会い、他流試合を通じて、いつ労働市場に出ても通用するような力をつけたいものです。


本田健

1億円を貯めたければ、まず1億円を使うべきです。20代のうちに1億円使うのは困難ですが、ある程度の期間をかけて1億円を自分や社会のために使うのです。大雑把に言うと、それが3億円になって返ってきて、1億円は税金、1億円は投資分、残りの1億円が手元に残ります。


榊原英資

30代はその働き方、過ごし方でその後の人生の方向性が定まる重要な時期です。ただ上から与えられた仕事をこなすだけなんてとんでもない。組織から離脱をせずに、許容してくれるギリギリのところで好きなことを追求してみたらいい。それが結局、自分にとっても組織にとっても一番プラス効果の大きい働き方になると思います。


石原司郎

リユースショップにとって、買い取りは経営を行う上での生命線。


音尾琢真

ドラマ『陸王』で城戸監督役を演じることが決まる前に、実は読んでいたんです。わりと脂ぎったイメージだったので、演じられるか心配でした(笑)。池井戸さんの作品は、いつも読んでいて映像が見えてきますね。役作りで青山学院大学陸上競技部の原監督にお会いしたんですが、選手を見る目がすごく鋭いんですよ。すべてを見抜こうとする目なんだなと。池井戸さんにお会いしたら、やっぱり目が鋭かった。常に観察している目。だからこそこういう作品が書けるんですね。