名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐藤大和の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤大和のプロフィール

佐藤大和、さとう・やまと。日本の弁護士。宮城県出身。三重大学人文学部卒業、立命館大学法科大学院修了。司法試験に合格。レイ法律事務所を設立。テレビなどでも活躍。

佐藤大和の名言 一覧

人は話を聞いてくれる相手に安心感を覚えるもの。何を話すかより「聞く姿勢」に重点を置いて下さい。


必ず握手をすること。日本ではあまり握手を求める人がいないので、自分を強く印象づけたいときにおすすめです。


私の場合、他の弁護士も扱う問題であれば、自分と他の弁護士を客観的に見た際のメリットとデメリットを比較しながら伝えることにしています。そのうえでクライアントに判断を委ねるのです。デメリットを伝えるのは抵抗があるかもしれませんが、至らない部分も正直に話すことで必ず好感度は上がります。


絶対にやってはいけないのは、ライバル企業の悪口だけを言うことです。自分への信頼感を落とす行為になりますし、過度な悪口は「業務妨害」等になることもあります。


あれもこれもと欲張ると、結局何も記憶に残らないという残念な事態を招きます。そこで、日頃から自分の具体的な「売り」を一つ用意しておくこと。名刺に得意分野や資格を書いておくと親切でしょう。


時間を限定してしまうのもお勧め。勉強する時間をあえて「朝の1時間だけ」「通勤の往復2時間だけ」などと限定してしまう。人間は締め切りがあると集中力が高まります。自分を追い込むことで高い集中力が発揮できるのです。


効率的な勉強法のヒントになるのは「一夜漬け」。時間がない中、明日の試験に向けて一つでも多くのことを頭に詰め込もうとする。その勉強法は自然と効率の良いものになっているのです。たとえば、一夜漬けの勉強では教科書を頭から読もうとはせず、まず「答え」を覚え込もうとする人が多かったはず。実はこの方法、大人の勉強においても正解。教科書や参考書を頭から読んでいくより、問題集の解答を読んでいくことで、新しい知識に脳を慣らすことができ、記憶のスピードが高まるのです。


問題集の問題と答えを何回も見ていきます。すると、回数を重ねるうちに、内容が少しずつ頭の中に残っていきます。また、数多くの過去問をこなしていくうちに、同じ問題でもいろいろなパターンで出題されていることもわかってきます。一見違う問題に見えるものも、視点や言い回しを変えただけにすぎないことがわかってくるのです。司法試験であっても、実は、昔から同じような論点が問われており、基本は出題の形を変えているにすぎません。しかし、問題の傾向がわからなければ、解答に時間がかかったり、見当違いな解答をしてしまいます。問題を見た瞬間に出題の傾向を理解し、解答を思いつくことを目指しましょう。


寝る直前と起床直後に問題集をそれぞれ5分間だけパラパラとめくる。これだけでも記憶の定着度がまったく違う。パラパラ「めくる」のは、「読む」のとは違う。「昨日は何を勉強したっけ」「そうだ、こんな問題だった」「ここで引っかかった」と思い出すだけで十分。思い出すことはアウトプットの訓練にもつながり、結果的に短時間で成果を出すことができる。


私が司法試験受験生時代に重視していたのが、「机に向かわない」勉強法でした。散歩をしながら、テレビを観ながら、音楽を聴きながら、問題集や参考書を見ることなく「今日勉強したこと」「昨日見た問題と解答」を思い出すのです。これを繰り返すことで、思い出す力=アウトプット力が鍛えられ、しかも思い出すことによって記憶も強化されます。


佐藤大和の経歴・略歴

佐藤大和、さとう・やまと。日本の弁護士。宮城県出身。三重大学人文学部卒業、立命館大学法科大学院修了。司法試験に合格。レイ法律事務所を設立。テレビなどでも活躍。

他の記事も読んでみる

ナポレオン

指揮官たる一人の愚将は、二人の良将に匹敵する。
【覚書き:命令が錯綜するので、指揮官やリーダーは一人だけに絞れという趣旨の発言】


平井伯昌

「なぜ予測が外れたのか」という分析からマイナス面が見えたら、それをプラスに変える方法を選手と一緒に考えます。そして、再び予測を立て、克服するための練習に取り組み、競技会で検証する。その繰り返しで、徐々にレベルを引き上げていくのです。なかなか思うようにレベルが上がらず、繰り返すうちにまた同じ課題に戻ったりする場合もあります。でも、「予測と検証」を繰り返せば、指導力の精度が磨かれます。そして、方法論の引き出しも確実に増えていく。引き出しが増えれば、もし、大事な場面で選手が調子を崩したとしても、短時間でリカバリーできる確率が高くなります。「予測と検証」は、選手の実力と、指導力を同時にアップできる効果的な手法です。


森川亮

成功した会社によくあるのが、集客力があるから何でも載せちゃえば儲かるだろうみたいな展開です。それって自分たちがやれば何でも成功できると思ってしまうところに大きな課題があるのかな。


小笹芳央

当社のカレンダーでは3カ月を1年と数えています。普通であればそれは4半期ということなのですが、もっと徹底しています。1年というためには、年末年始休暇が必要になります。独自のカレンダーにはその意味で連休が入れられています。3カ月ごとに決算し業績を把握し、目標設定をし評価も行います。ボーナスも3カ月ごとに年に4回になります。すべて3カ月で完結する仕組みにしています。もう間もなく私たちは設立から7周年を迎えますので、ちょうど通算28年目になります。それぐらいスピードのある時間観で動いていきたかったのです。


宇佐美進典

主力事業の取引先から契約を解消された時は大変でした。しかし、それが会社の転機になったのです。「この事業に期待できないなら、新しいことに挑戦しよう!」と考え、アドテクノロジーの基盤となる事業に取り組み始めました。結果的にそれが成功。今ではアドテクが売り上げの半分以上を占めています。


中川具隆

システムもネットワークも世界規模で複数業者を競わせて価格を出していただいているので、国内価格よりも圧倒的に安く済んでいます。


柵木充彦

企業は人がすべてですが、最近、とくに注視しているのはモチベーションをいかに高く持つことができるようにするか、ということです。


山口真由

人は好きな小説や映画のストーリーなら、どんなに複雑な話でも、かなり細かい部分まで語ることができます。その理由は、小説や映画のストーリーが、頭に記憶しやすい時系列で展開されているからです。


渡邉美樹

目先の損得で動いて良いことなど、実は一つもありません。「自分は損をしているな」と思っているぐらいの時が、人生はうまい方向に進んでいることが多いもの。


ロス・ペロー

中国は民主化可能だ。なぜなら我々はあの日本の民主化に成功した。


小川晋平

就寝前、明日のToDoだけは簡単に書きます。あまり深く考えず、問いのような形のメモを書きつける程度です。そうするだけで、夢の中で答えが浮かぶことも多いんですよ。


荒蒔康一郎

これまでは九州での成功例は、北海道にとってはよそでの出来事でしかなかった。ところが、現場の意識が変わってくると、疑問や質問をメールでやり取りすることで、成功のポイントを抽出し、自分の仕事に生かすことで成功体験の伝承が可能になってきた。


寺尾玄

「可能性は誰もが持っていて、いつでも自由に使うことができる」。このことを知っていれば、物事と向き合う時に「できないことはない」と考えられるようになる。こうなれば、不可能と思われていることであっても、当たり前のように挑戦できるようになる。


小笹芳央

「やりたいこと」「やれること」「やるべきこと」の3つの重なりを追い求めることが、個人のモチベーションアップにつながります。モチベーション管理のうまい人は、仕事に取り組むことの意味を理解しています。「これをやり遂げれば自分の成長につながる」と意味づけできる人は、その仕事にエネルギーを注ぐことができるのです。


石田孝

西日本高速道路は関西・中国・四国・九州(沖縄)をカバーしていますが、府県の発展の後押しをするとともに、観光資源の活用に貢献したいです。そして各地域が発展し、そこに仕事がある状態をつくることが大切です。それによって、ユナイテッド・ステイツ・オブ・ジャパン(日本合衆国)、各地域の自立を尊重する連邦国家に日本がなれればいいなと思っています。