佐藤大和の名言

佐藤大和のプロフィール

佐藤大和、さとう・やまと。日本の弁護士。宮城県出身。三重大学人文学部卒業、立命館大学法科大学院修了。司法試験に合格。レイ法律事務所を設立。テレビなどでも活躍。

佐藤大和の名言 一覧

人は話を聞いてくれる相手に安心感を覚えるもの。何を話すかより「聞く姿勢」に重点を置いて下さい。


必ず握手をすること。日本ではあまり握手を求める人がいないので、自分を強く印象づけたいときにおすすめです。


私の場合、他の弁護士も扱う問題であれば、自分と他の弁護士を客観的に見た際のメリットとデメリットを比較しながら伝えることにしています。そのうえでクライアントに判断を委ねるのです。デメリットを伝えるのは抵抗があるかもしれませんが、至らない部分も正直に話すことで必ず好感度は上がります。


絶対にやってはいけないのは、ライバル企業の悪口だけを言うことです。自分への信頼感を落とす行為になりますし、過度な悪口は「業務妨害」等になることもあります。


あれもこれもと欲張ると、結局何も記憶に残らないという残念な事態を招きます。そこで、日頃から自分の具体的な「売り」を一つ用意しておくこと。名刺に得意分野や資格を書いておくと親切でしょう。


時間を限定してしまうのもお勧め。勉強する時間をあえて「朝の1時間だけ」「通勤の往復2時間だけ」などと限定してしまう。人間は締め切りがあると集中力が高まります。自分を追い込むことで高い集中力が発揮できるのです。


寝る直前と起床直後に問題集をそれぞれ5分間だけパラパラとめくる。これだけでも記憶の定着度がまったく違う。パラパラ「めくる」のは、「読む」のとは違う。「昨日は何を勉強したっけ」「そうだ、こんな問題だった」「ここで引っかかった」と思い出すだけで十分。思い出すことはアウトプットの訓練にもつながり、結果的に短時間で成果を出すことができる。


私が司法試験受験生時代に重視していたのが、「机に向かわない」勉強法でした。散歩をしながら、テレビを観ながら、音楽を聴きながら、問題集や参考書を見ることなく「今日勉強したこと」「昨日見た問題と解答」を思い出すのです。これを繰り返すことで、思い出す力=アウトプット力が鍛えられ、しかも思い出すことによって記憶も強化されます。


効率的な勉強法のヒントになるのは「一夜漬け」。時間がない中、明日の試験に向けて一つでも多くのことを頭に詰め込もうとする。その勉強法は自然と効率の良いものになっているのです。たとえば、一夜漬けの勉強では教科書を頭から読もうとはせず、まず「答え」を覚え込もうとする人が多かったはず。実はこの方法、大人の勉強においても正解。教科書や参考書を頭から読んでいくより、問題集の解答を読んでいくことで、新しい知識に脳を慣らすことができ、記憶のスピードが高まるのです。


問題集の問題と答えを何回も見ていきます。すると、回数を重ねるうちに、内容が少しずつ頭の中に残っていきます。また、数多くの過去間をこなしていくうちに、同じ問題でもいろいろなパターンで出題されていることもわかってきます。一見違う問題に見えるものも、視点や言い回しを変えただけにすぎないことがわかってくるのです。司法試験であっても、実は、昔から同じような論点が問われており、基本は出題の形を変えているにすぎません。しかし、問題の傾向がわからなければ、解答に時間がかかったり、見当違いな解答をしてしまいます。問題を見た瞬間に出題の傾向を理解し、解答を思いつくことを目指しましょう。


佐藤大和の経歴・略歴

佐藤大和、さとう・やまと。日本の弁護士。宮城県出身。三重大学人文学部卒業、立命館大学法科大学院修了。司法試験に合格。レイ法律事務所を設立。テレビなどでも活躍。

他の記事も読んでみる

川越達也

店で接客をするとき、お話をしている方の年齢層、性別といった属性はもちろんですが、僕がとくに気にかけるのは声のボリューム、スピード、間、そして声のキーです。その四点から相手の話し方の波長、リズムを観察したうえで、それに合わせていく。スピーディに話す人にはこちらもスピーディに返し、低いトーンでゆっくり話す方ならこちらの話し方のリズムもゆっくり、穏やかに。これが基本です。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

伊勢丹に入社したてのころ、ある会合に参加した帰り道に、同席した上司から「おまえは人を楽しませる話が何ひとつできないのか。こんなやつ連れてくるんじゃなかった」とボロクソに言われた。私はその会合の出席者の最年少で、経験が浅いこともあって、たしかに何を話してもウケなかった。だが、言われっ放しでは腹の虫がおさまらない。いまに見ていろ。そこで一念発起し、必死になってトークの技術を磨いた。


横川竟

お客さんは常に新しい価値を求めています。


澤田道隆

自宅では週に10冊くらいのペースで本を読みます。本には赤ペンで気になったフレーズに下線を引いたり自分の考えを書き込んだりしています。読後はこれらの書き込みをパソコンに入力して破棄します。入力したメモは3年分あり、時々検索して読み返します。「あの時はこう考えていたのか」と改めて発見することが多く、思考の整理に役立ちます。


藤野英人

業績が上がってから従業員に報いるのではなく、先に高い報酬を支払い、従業員のやる気を高めて仕事をしてもらう。そんな発想の転換も必要だ。人件費をコストではなく投資と考えるべきだ。日本はこれだけ人手不足感が深刻なのに、賃金が上がらない。異常な状態だと見ている。今期は上場企業の4社に1社が過去最高益を更新する見通しで、企業業績は好調だ。賃金の支払い原資ができた今だからこそ、もっと従業員に還元しなければならない。人口減は先進国に共通する課題だが、とりわけ日本は今後、労働人口が急速に減少する。人材の価値がこれまで以上に高まる時代が来るのは、そう遠い将来ではないはずだ。


佐治敬三

とにかくワクワクしながら仕事をしてみろ。そうじゃないと人生は面白くならないぞ。


高岡正次

モノ作りは、常に世のため、人のためにと考え行動し、お客様に喜んでもらう姿をイメージすることが大切。


中井政嗣

経営も教育も、マラソンではなく駅伝だ。きみたちが人に支えられてきたこと、してもらったことを、やる気のある次の人たちにバトンタッチしてあげたいと思わないか。
【覚書き|同社の経営幹部たちに語った言葉】


小倉広

お金を生むのは人を動かす仕事です。たとえば米俵を一人で一俵担げる人はすごいが、人を使って百俵担がせる人はもっとすごい。一人だけの作業と人を動かす仕事では、圧倒的なパフォーマンスの差が生じるし、当然ながら稼ぐ額も違ってきます。


飛山一男

真っ暗な闇夜もいつかは明ける。だが、明けるのを待って行動したのでは遅すぎる。夜明けを見越して暗いうちから積極的な事業展開を図ることが大切。


野村克也

勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。


長嶋茂雄

チームコンダクター(指導者)って言うのはいつも顔色をよくしとかんといけないのです。コンダクターが暗い顔でいたんじゃしょうがない。体調を良くしていつも元気いっぱいなところを見せないと選手はついてこないし、チームも元気がなくなるもんです。


横田英毅

お客様から感謝されることが社員の満足につながる。それを延々とやり続けるディーラーをつくろう。


樋口泰行

経営の視点で、いま押すべきボタンはどれなのか、常に考えています。同時に、ビジネスは社員と一心同体になってやりたい。まだ、ソフトウェアという切り口から、マイクロソフトの現場を十分に分かっているわけではありません。そういう意味では、社員の苦しみや嬉しさを、現場の一員として共有したいという気持ちが強いです。
【覚書き|日本マイクロソフトのCOOになったときの発言】


大山健太郎

思いを語れば、それの実現に向けて周囲が知恵を出したり、協力してくれたりするものです。


ページの先頭へ