名言DB

9429 人 / 110879 名言

佐藤大介(ホテル経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤大介(ホテル経営者)のプロフィール

佐藤大介、さとう・だいすけ。日本のホテル経営者。「星野リゾート・トマム」総支配人。大阪府生まれ、千葉県育ち。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、三井物産ニューヨーク駐在員などを経て星野リゾートに入社。古牧グランドホテル総支配人、青森県総合計画審議委員、星野リゾート・トマム総支配人を務めた。

佐藤大介(ホテル経営者)の名言 一覧

重要なことを、イメージしやすいキーワードを使って、1つのストーリーとして、しっかり心に留めてもらう。それが研修資料で最も大切なこと。


一人ひとりが各自で判断して、お客様に最高のおもてなしをするためには、「何のために働いているのか」を全員で共有する必要がある。


大事なことを伝えるには、信頼し合える人間関係の構築が何より大切。独りよがりではダメ。


私たちの場合、お客様の満足度を高めることが第一で、そのうえで収益を上げて働きやすい職場にすることが目標。


佐藤大介(ホテル経営者)の経歴・略歴

佐藤大介、さとう・だいすけ。日本のホテル経営者。「星野リゾート・トマム」総支配人。大阪府生まれ、千葉県育ち。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、三井物産ニューヨーク駐在員などを経て星野リゾートに入社。古牧グランドホテル総支配人、青森県総合計画審議委員、星野リゾート・トマム総支配人を務めた。

他の記事も読んでみる

落合信彦

英語を学ぶときのポイントは、どうして英語を身につけたいのか、その動機付けにあると思う。オレの場合は、アメリカに行きたいというはっきりとした目標があったから必死になれたが、「六本木のバーで外国人とちょっとした日常会話ができればいい」というぐらいの思いでは、当然、たいした英語は身につかないだろう。


庄野直之

営業には、直接の交渉相手ではなく「相手の上司が最終的な相手だぞ」と言っています。なぜなら、窓口の担当者にいくら気に入られても、その上司を説得できなければ買ってもらえないからです。


コリン・アングル

私が最も大事だと考えているのは、実は中期的な開発です。多くの企業でありがちなのは、目先の製品とロングタームの最新技術にばかり労力を注ぐケースです。2年くらいのスパンの中間的な開発に人やお金を割くのを忘れてしまうのです。


森下篤史

中古厨房機器の販売が成功して、いろんな中古販売に手を出しては失敗。どうやら中古じゃなくて飲食にビジネスセンスがあったんだね。それで飲食店の不動産や人材派遣、内装……と仕事の幅を広げ、いまは飲食店の再建に取り組んでいるよ。


辻範明

過去の歴史の尺度だけでものごとを見ていたのでは、世の中の変化についていけない。


小泉光臣

社長のところに日々集まってくる情報だけでは、十分とはいえません。市場の変化の兆し、まだ顕在化していない社内の課題など、本当に必要な情報は、社長へのレポートにまとめる時点でかなり落とされてしまっているからです。それらを補うには、自ら社員の言葉に耳を傾けるしかありません。私が時間を見つけては現場に顔を出すのはそのためです。


高嶋由美子

チームが一番重要なので1+1が5や6になるように考えます。人の弱い部分を指摘するのではなくて、良い部分を生かして、全体のバランスでカバーして、チーム力を強めていくのがいいと思います。


ジェームス・ホーグ

政策決定者たちが、その役回りをメディアに譲りたくないならば、まずみずからの課題が何であるかを、じっくりと明確に見極める必要があろう。テレビに感情的に左右されず、大衆の支持を確実に得られるような戦略を構築することが不可欠である。


和田裕美

私は、メールでも手紙でも、たいてい自分の名前を最初に書きます。「和田裕美です」「こんにちは、和田裕美です」といった具合に。場合によっては、最後に署名の意味で、もう一度、名前を書くこともあります。最後まで読んでもらって、初めて「この人は和田裕美なんだ」とわかるような文章は、相手の時間をよけいに取ることになりますよね。だからこそ、私は最初に名乗る。名刺を最初に渡すのと同じ感覚です。


永守重信

70歳を越えて同級生と集まると、「永守はいいよなぁ。こんなに成功して」と言ってくる人がいますが、「冗談じゃないよ」と笑って返すんです。「若い頃、俺がトラックにモーターを積んで必死に運んでいた時、おまえは道路沿いのテニスコートで彼女と仲良くやっていたじゃないか」と。私はその頃、デートができたとしても夜中の2時(笑)。携帯電話もない時代ですから、電報で待ち合わせするような生活でした。歯を食いしばって働かずに青春を謳歌しておきながら、人生の後半まで悠々自適でありたい。それは、無理な話です。年を取った時に、大雨の中バス停でじっとバスが来るのを待つ人生を選ぶのか、黒塗りの車が迎えに来る人生を選ぶのか。それは、若い時の選択次第。