名言DB

9490 人 / 112001 名言

佐藤大介(ホテル経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤大介(ホテル経営者)のプロフィール

佐藤大介、さとう・だいすけ。日本のホテル経営者。「星野リゾート・トマム」総支配人。大阪府生まれ、千葉県育ち。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、三井物産ニューヨーク駐在員などを経て星野リゾートに入社。古牧グランドホテル総支配人、青森県総合計画審議委員、星野リゾート・トマム総支配人を務めた。

佐藤大介(ホテル経営者)の名言 一覧

重要なことを、イメージしやすいキーワードを使って、1つのストーリーとして、しっかり心に留めてもらう。それが研修資料で最も大切なこと。


一人ひとりが各自で判断して、お客様に最高のおもてなしをするためには、「何のために働いているのか」を全員で共有する必要がある。


大事なことを伝えるには、信頼し合える人間関係の構築が何より大切。独りよがりではダメ。


私たちの場合、お客様の満足度を高めることが第一で、そのうえで収益を上げて働きやすい職場にすることが目標。


佐藤大介(ホテル経営者)の経歴・略歴

佐藤大介、さとう・だいすけ。日本のホテル経営者。「星野リゾート・トマム」総支配人。大阪府生まれ、千葉県育ち。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、三井物産ニューヨーク駐在員などを経て星野リゾートに入社。古牧グランドホテル総支配人、青森県総合計画審議委員、星野リゾート・トマム総支配人を務めた。

他の記事も読んでみる

安藤広大

部下を無駄に褒めるな。部下を褒めるのは期待を大きく上回った結果を出した時のみ。100%を達成するのは当たり前。そこで褒めてしまっては、100%達成は凄い事だと勘違いして、部下の更なる成長を阻害する事になります。


守安功

大学院時代は航空宇宙工学を専攻して、スクラムジェットエンジンの研究をしていました。航空機に使われるエンジンで、マッハ10のスピードが出ます。研究の道を諦めた理由は2つあります。当時、そのエンジンは実用化に30年かかるといわれていました。30年かけてひとつのことに取り組んで、仮に途中でダメになったとしたら、ちょっと怖いですよね。それよりも、もっと早く結果が出ることをやったほうがいいと考えて研究職をやめました。もうひとつは、実力で勝負できるところがいいなと。


成毛眞

私は本を巡る状況は、江戸時代の昔からずっと変わっていないと思います。すなわち、頭がいい人、仕事ができる人はみんな本を読んでいる。そうでない人は本を読まない。それだけの話です。


松本晃(経営者)

従業員の給料は、会社にとって「費用」ではなく「投資」です。その意味で、給料は会社にとって設備投資よりも大事な投資なのです。だから、儲かれば返す。当たり前のことです。そうすれば、皆もっと頑張ります。


深田剛

ベンチャーは「ここまでは出来ないな」と思わせることが大切です。そうすれば大企業は自分で参入せずに、一緒に組むほうがいいと思います。


ヘラクレイトス

博識は分別を教えない。


仲暁子

育て方としては、「思い切って任せる」のが一番いいと私は思います。主幹事業で派手に転ばれるのは辛いので、まずはサイドプロジェクトから。小さく転べる余裕を残し、自分で気づきを得ながら学んでもらう。言われたことをこなすことより、自分自身で考え、行動し、成否にかかわらず何らかの結果を出すことにやりがいを感じるタイプが多いこの世代には、このアプローチが特に効果的な気がします。


森川亮

パソコン向けにサービスを提供してきた私たちが、フィーチャーフォン向けにサービスを開発しようとした時、正直に言えばうまく結果は出せませんでした。でも、愚直に取り組んできたことが結果的に技術的なノウハウや経験、他社の分析力などの蓄積につながりました。これらがスマホ向けに割り切ったサービス開発に集中することで、一気に花開いた結果だと思っています。


桜田厚(櫻田厚)

私たちは創業以来、とにかく面倒なことばかりしてきました。他社と違うところがあるとしたら、そこだと思います。


益本康男

私は取引先であった豊田合成に頼んで、「カイゼン」を教えてもらおうと何度も三河まで足を運びました。そこである方に言われたのが、「トヨタ方式はクボタには出来ない」ということでした。私は腹が立って、なんでクボタに出来ないのか理由を聞くと、トヨタのカイゼンはトップ自らが陣頭指揮をとってやると言う。つまり、社長が現場に行った時にゴミが落ちていたら自分で拾うし、汚れていたら社長が自分で拭くところから始まったというわけです。それを益本さんのところの社長がやりますかと言われたのです。これには納得で、内心悔しくもありました。しかし、私がトップになって、そこから改善していけばクボタにも出来ないことはないとも思いました。
【覚え書き|係長として栃木工場再生プロジェクトを担当した当時を振り返っての発言】


石川康晴

常に問題意識を持って、主力事業の周辺にある未開拓の「ホワイトスペース」を探し、挑戦を続けることが「稼ぐ力」につながる。自分で考えて、行動できる自立人に、企業はしかるべきポストと報酬を与える。稼ぐ力を秘めた人に投資をしたい。


岡田甲子男

運は生かさないといけません。