佐藤大介(ホテル経営者)の名言

佐藤大介(ホテル経営者)のプロフィール

佐藤大介、さとう・だいすけ。日本のホテル経営者。「星野リゾート・トマム」総支配人。大阪府生まれ、千葉県育ち。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、三井物産ニューヨーク駐在員などを経て星野リゾートに入社。古牧グランドホテル総支配人、青森県総合計画審議委員、星野リゾート・トマム総支配人を務めた。

佐藤大介(ホテル経営者)の名言 一覧

重要なことを、イメージしやすいキーワードを使って、1つのストーリーとして、しっかり心に留めてもらう。それが研修資料で最も大切なこと。

佐藤大介の名言|イメージしやすいキーワードを使う

一人ひとりが各自で判断して、お客様に最高のおもてなしをするためには、「何のために働いているのか」を全員で共有する必要がある。

佐藤大介の名言|「何のために働いているのか」を全員で共有する必要がある

大事なことを伝えるには、信頼し合える人間関係の構築が何より大切。独りよがりではダメ。

佐藤大介の名言|大事なことを伝えるには、信頼し合える人間関係の構築が何より大切

私たちの場合、お客様の満足度を高めることが第一で、そのうえで収益を上げて働きやすい職場にすることが目標。

佐藤大介の名言|お客様の満足度を高めることが第一

佐藤大介(ホテル経営者)の経歴・略歴

佐藤大介、さとう・だいすけ。日本のホテル経営者。「星野リゾート・トマム」総支配人。大阪府生まれ、千葉県育ち。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、三井物産ニューヨーク駐在員などを経て星野リゾートに入社。古牧グランドホテル総支配人、青森県総合計画審議委員、星野リゾート・トマム総支配人を務めた。

ページの先頭へ