佐藤大介(ホテル経営者)の名言

佐藤大介(ホテル経営者)のプロフィール

佐藤大介、さとう・だいすけ。日本のホテル経営者。「星野リゾート・トマム」総支配人。大阪府生まれ、千葉県育ち。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、三井物産ニューヨーク駐在員などを経て星野リゾートに入社。古牧グランドホテル総支配人、青森県総合計画審議委員、星野リゾート・トマム総支配人を務めた。

佐藤大介(ホテル経営者)の名言 一覧

重要なことを、イメージしやすいキーワードを使って、1つのストーリーとして、しっかり心に留めてもらう。それが研修資料で最も大切なこと。


一人ひとりが各自で判断して、お客様に最高のおもてなしをするためには、「何のために働いているのか」を全員で共有する必要がある。


大事なことを伝えるには、信頼し合える人間関係の構築が何より大切。独りよがりではダメ。


私たちの場合、お客様の満足度を高めることが第一で、そのうえで収益を上げて働きやすい職場にすることが目標。


佐藤大介(ホテル経営者)の経歴・略歴

佐藤大介、さとう・だいすけ。日本のホテル経営者。「星野リゾート・トマム」総支配人。大阪府生まれ、千葉県育ち。早稲田大学理工学部建築学科卒業後、三井物産ニューヨーク駐在員などを経て星野リゾートに入社。古牧グランドホテル総支配人、青森県総合計画審議委員、星野リゾート・トマム総支配人を務めた。

他の記事も読んでみる

田岡信夫

ランチェスター法則を俗な言葉で表現すれば「市場占有率拡大の法則は弱い者いじめの法則である」ということに他ならない。つまり、常に弱者に集中攻撃をかけること。これがランチェスター法則の結論である。孫子の兵法で言うところの「勝ちやすきに勝つ」ということである。


松本淳志

求めるのは、やはり誠実である人材です。そして何か1つでもいいから、キラリとしたものがある人ですね。技術に限らず、人柄や笑顔でもいい。何かの光る長所を持っていれば、それを活かせる仕事が必ずあります。


久米信行

モチベーションを高めるために大切だと思っていることが二つあります。「脳のパラボラ力」と、「心のズームカ」です。

  1. パラボラ力とは、いろいろな興味関心をキャッチできるアンテナのこと。このアンテナがひとつしかないと、仕事で心配事があったとき、そればかりが気になってしまいます。アンテナが複数あれば、仕事で気になることがあっても、道を歩けば「あ、綺麗な花だ!」「こんな店、あったつけ?」と新しい発見があり、仕事での嫌なことを忘れてしまえます。世の中に興味関心があることがたくさんあると、モチベーションが高まります。
  2. もうひとつのズーム力とは、ひとつのことに焦点を当ててよく見つめ、心から面白がれる力です。

仕事と家を往復するだけでなく、脳のパラボラカと心のズームカを高めることで、自ずと幸せになり、モチベーションが高くなると思います。


吉田松陰

貧賤をもってこれを軽蔑する者は、必ず富貴をもってこれに諂屈(てんくつ)す。
【覚書き|諂屈=へつらい屈すること】


宮田孝一

私は部下に「頑張ってね」とか「ご苦労さん」とは言わず、「一緒に頑張ろう」と声をかけます。私も同じ船に乗っているという気持ちを伝えたいからです。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ

もっとよくなるんじゃないかって、いつまでも考えてしまう。僕はあきらめが本当に悪いんです。


中嶌武夫

お客様から、「中嶌君、いつまでも自転車いじってないでオートバイをやらないか」と言われて、「はい、やります」と。それでオートバイを扱うようになると、「自動車もやれよ」と。そうやって、お客様に導いていただきながらやってきたということなんです。


サイモン・クーパー(経営者)

お客様は常に変化しています。だからこそ、その変化を素早く把握して、自らも変わっていくことが重要なのです。


及川光博

以前は目立ちすぎるから、排除された。ところが、それを逆手に取って、「どうせ目立つんだったら、とことん目立ってやれ!」という気概でバンドや演劇で目立ってみたら、うまくいった。


奥脇洋子

いまはメールの時代だけに、じかに人と話すことは「生きた言葉」を身につける絶好の機会です。話すことから生まれる気づきや知恵、喜びや活力、そういうことがコミュニケーションのもたらす楽しみであり価値なのです。


カーリー・フィオリーナ

部下に選ばせる必要などない、上から押し付ければいいというのは無能なリーダーである。チーム一人一人が現状を認識し、このままでは駄目だ、何かを変えようと切実に思わなければ改革は始まらない。


井上智洋

AIの時代になっても必要とされる人材になるためには、感性と悟性を磨くこと。悟性とは、言い換えれば「思考能力」。思考能力を鍛えるには、様々な思考パターンを頭にインプットしていくことがまず必要です。そうした思考のパターンを身につけるためによい学問分野として、数学、哲学、計算機科学(プログラミング)、経済学などが挙げられます。感性や悟性は実用的な勉強だけでは身につきません。欧米では社会のリーダーを育てるために、歴史や哲学などのリベラルアーツの教育を重視しています。


熊坂隆光

社長に就任して以来、私が社員に言っているのは「IT時代でも新聞社はアナログが勝負だ」ということです。新聞社はIT産業の最先端技術を取り入れ、IT化が進んでいます。さはさりながら、アナログが最も大切な会社でもある。新聞づくりがIT化されたといっても、パソコンが取材をしてくれるわけではありません。パソコンが1軒1軒営業に回って「産経新聞をご購読下さい」とやってくれるわけでもありません。やはり記者が夜討ち、朝駆けをしたり、普段からつき合いのある取引先、役所、警察をまわってネタを取ってくる。営業マンにしても、ガード下の焼き烏屋で1杯やりながら、企業の広告担当者とコミュニケーションを図って広告を取ってくる。IT機器は、こうしたことを代行してはくれません。ですから、電子新聞の時代、IT化の時代といっても、新聞社の基本はやはりアナログなんです。


岡本太郎

自分は内向的な性格で、上手く話しもできない。友人でもできないと悩んでいる人が多い。だが、内面的であることは決して悪いことではない。そう思い込んでいるから暗くなり、余計、内向的にしているんじゃないだろうか。内面的ということを、マイナスと考えたり、恥じちゃいけない。


水口和彦

部下への進捗確認は、タイミングが大事です。よくあるのは、期限が近づいた頃に「あと2日だけど大丈夫か?」と確認するやり方です。これはあまりお勧めしません。なぜなら、こう質問された部下は、多少状況が悪くても、あと2日で挽回する前提で「大丈夫です」と憶測で答えるものだからです。正しい進捗確認は、スタート日に確認することです。仕事の遅れは、スタートの遅れが原因であることがほとんどです。あらかじめ仕事のスタート日を部下と合意しておき、その日のスケジュールに「○○さんの仕事のスタート確認」と書き込んでおけば、その日に忘れずに確認できます。もし、予定どおりスタートできていなければ、その事実をもとに具体的な対策を指導できるメリットもあります。このように、確認する日を決めておけば、「任せたあの仕事は大丈夫だろうか」といつも心配する必要はありません。


ページの先頭へ