名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤和則(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤和則(経営者)のプロフィール

佐藤和則、さとう・かずのり。日本の経営者。「サウンドファン」社長。福岡県出身。中央大学卒業後、富士ゼロックス、サン・マイクロシステムズ、デルコンピュータ、アスクルを経てビジネスコンサルタントとして独立。その後、音のバリアフリースピーカー「ミライスピーカー」を開発。

佐藤和則(経営者)の名言 一覧

今、スタッフみんなで大きな夢を見ています。自分たちが生きてきた証を残し、後世に役立てるなら、これくらいの苦労は何ともない。


資金は集まるまでやり続ければ、絶対に集まる。信念と情熱があればなんとかなる。


諦めなければ、たどり着ける。


必要以上にテンションを上げると落ちやすいので、イメージする世界に向かい、淡々と積み重ねていきます。


大学卒業後、好きな英語を活かせると思ったので、外資系企業に就職し、その後も外資を渡り歩きました。会社はプロジェクトを変わるくらいの意識しかありませんでした(笑)。


多忙やストレスがたたって体調を崩しました。結果としてはそれで良かった。少しのんびりしながら復帰をしているかたわら、在宅や個人でできるビジネスを一から学び、かっこよくいえば、内省と自己研鑽の期間になりましたから。非接触骨伝導効果スピーカーの基礎となる技術も、この時期の巡りあわせから始まりました。


最初から「すごい技術だ」と信じ、ブレることはなかった。資金繰りで苦労する中、いろんな人が現れては消えたし、「怪しげなスピーカー」と言われたこともあった。既存の価値観で測れないビジネスがこれほど大変だとは思わなかったけれど、広めることに貪欲になってからは加速度的に導入が進んだ。


当初、周囲の反応は冷たかったですが、フェイスブックで情報を発信し続けるうちに、応援してくれる人が増えました。資金繰りに苦しみ、4回増資する中、見知らぬ人まで出資を申し出てくれるようになりました。


佐藤和則(経営者)の経歴・略歴

佐藤和則、さとう・かずのり。日本の経営者。「サウンドファン」社長。福岡県出身。中央大学卒業後、富士ゼロックス、サン・マイクロシステムズ、デルコンピュータ、アスクルを経てビジネスコンサルタントとして独立。その後、音のバリアフリースピーカー「ミライスピーカー」を開発。

他の記事も読んでみる

前田利家

人間は不遇になった時、はじめて友情のなんたるかを知るものだ。【覚書き|信長に取り入って権力を手中に収めようとした僧侶を斬り殺し、信長の怒りを買ってしまった時を振り返っての言葉。不遇な境遇になった時こそ、本当の友人、偽物の友人がわかり、友情のありがたさがわかるという趣旨の発言】


大崎洋(大﨑洋)

毎年、東京と大阪で新年の総会を開くのですが、去年までは「変わるものと変わらないものを考えましょう」なんて話をしていました。今年の話は「変化を楽しみましょう」です。これだけ新しいメディアが次々と出てきていよいよ勝負の年になるけれど、変化を恐れるのではなく、楽しんでしまおうと。


ビル・マクナブ

現状でもコストは低いですが、まだまだ改善は続けていく。30年このビジネスをやってきて学んだ教訓は「決して改善を止めてはならない」ということ。


藤田志穂

相手に反対の意見を伝える場合に私がよく使うのが、「私はいままでこう思っていました」というフレーズです。「私はこう思っています」では、相手の言葉を正面から否定する感じになってしまいますが、この言い方なら、相手は「自分の言葉から何かを学んでくれたんだな」と受け取ってくれますよね。実際には、自分の考えを変えるなんてひと言も言っていないんですが、これなら相手が気を悪くすることもないし、自分の意見も相手に伝えることができます。


田岡信夫

「強者の戦略」というのは、商品のナンバーワンを基礎にして、目標としての地域管理に向けて戦略を立案する。つまり、強力な商品というものを持っているかどうかということが強者の条件である。また、占有率の高い地域において強者の立場にある場合は、こうした強い商品を次から次へと投入しないことにはその占拠率を維持できない。


塚本隆史

私は顧客志向、現場思考、未来志向といっていますが、とくにお客様第一主義をよく理解して実践できる人材、変革を恐れない人材がこれからますます重要になってきます。逆にいえば、自分たちの理屈で凝り固まってお客様と接するような人は遠慮したい。


江連三芳

リフォームやリニューアルだけでなく、物件周辺にある生活情報なども丹念に調べ、それを入居希望者に提供することも物件の付加価値を上げるためには重要。


山口悟郎

社員には、「製造、営業が一緒になって物事を考えよう」と話をしています。


小笹芳央

頑張っているのに評価されない場合、おそらく、本人の自己認識と他者から見た本人像との間のギャップが原因でしょう。本人が努力したつもりでも周囲はまだまだ足りないと思っていたり、成果を上げたつもりでも、周囲が求めているものとは違っていたり。両者のズレを修正することが必要ですね。


宇田川建

英語力は一朝一夕では身につきません。ですので上達にスピードを求め過ぎてはいけないと思います。


村上龍

とにかく人生をサバイバルして生き抜くためにはどうしたらいいか、という風に、発想を変えてみたらどうでしょうか。「安定を得る」ではなく「生き延びる」というスタンスで、考えてみてください。


澤田秀雄

自慢じゃありませんが、私は30年間、病気で会社を休んだことは一度もありません。いつも「元気だ」と自分に繰り返し言い聞かせているからです。