名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤和則(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤和則(経営者)のプロフィール

佐藤和則、さとう・かずのり。日本の経営者。「サウンドファン」社長。福岡県出身。中央大学卒業後、富士ゼロックス、サン・マイクロシステムズ、デルコンピュータ、アスクルを経てビジネスコンサルタントとして独立。その後、音のバリアフリースピーカー「ミライスピーカー」を開発。

佐藤和則(経営者)の名言 一覧

今、スタッフみんなで大きな夢を見ています。自分たちが生きてきた証を残し、後世に役立てるなら、これくらいの苦労は何ともない。


資金は集まるまでやり続ければ、絶対に集まる。信念と情熱があればなんとかなる。


諦めなければ、たどり着ける。


必要以上にテンションを上げると落ちやすいので、イメージする世界に向かい、淡々と積み重ねていきます。


大学卒業後、好きな英語を活かせると思ったので、外資系企業に就職し、その後も外資を渡り歩きました。会社はプロジェクトを変わるくらいの意識しかありませんでした(笑)。


多忙やストレスがたたって体調を崩しました。結果としてはそれで良かった。少しのんびりしながら復帰をしているかたわら、在宅や個人でできるビジネスを一から学び、かっこよくいえば、内省と自己研鑽の期間になりましたから。非接触骨伝導効果スピーカーの基礎となる技術も、この時期の巡りあわせから始まりました。


最初から「すごい技術だ」と信じ、ブレることはなかった。資金繰りで苦労する中、いろんな人が現れては消えたし、「怪しげなスピーカー」と言われたこともあった。既存の価値観で測れないビジネスがこれほど大変だとは思わなかったけれど、広めることに貪欲になってからは加速度的に導入が進んだ。


当初、周囲の反応は冷たかったですが、フェイスブックで情報を発信し続けるうちに、応援してくれる人が増えました。資金繰りに苦しみ、4回増資する中、見知らぬ人まで出資を申し出てくれるようになりました。


佐藤和則(経営者)の経歴・略歴

佐藤和則、さとう・かずのり。日本の経営者。「サウンドファン」社長。福岡県出身。中央大学卒業後、富士ゼロックス、サン・マイクロシステムズ、デルコンピュータ、アスクルを経てビジネスコンサルタントとして独立。その後、音のバリアフリースピーカー「ミライスピーカー」を開発。

他の記事も読んでみる

吉田博一

需要の伸長にあらかじめ対応できるよう、生産体制の拡充を進めています。装置産業では、需要が生まれてから基盤を強化しても競争に勝つことはできませんから。


芦田昭充

当社の社長だった相浦紀一郎が業界団体の日本船主協会の会長を兼務したとき、私はその会長秘書をしていました。相浦は移動中の車の中で、「いま世界中で動いている船は何隻かね」「では、飛行機の数は?」などと次々質問してきました。スピーチするのに必要なデータとしてです。最初は答えられない場面が多かったので、以後、必死に手帳に書き込んでおくようになりました。担当分野だったコンテナだけでなく、世界の海運という目線でものごとを考えるようになりました。


星野源

出口のないトンネルを歩いているような恐怖感を経て、次第に光が見えるようになり、気がつけば外に出ていて、今まで自分が音楽で開けたことのない扉を開けている。切迫感と不安感で心はいっぱいなのに、やったことがないことを試すのはワクワクして楽しい。トンネルを抜ける快感をバンドメンバーと共有できると、絆のようなものがまた一つ生まれ、チーム感も深まる。


横井啓之

世間には「若いうちは自分がやりたいことにどんどん挑戦するべきだ」と言う人が多いですよね。僕もそう思います。でも忘れてはいけないのは、自分の力で商売するということは、並々ならぬ決意と覚悟が問われるということ。当然リスクがついて回るし、何かを犠牲にすることが必ず求められます。私の場合、それが「青春時代」、あるいは家族と過ごす充実した時間だったわけです。毎日、仕事に明け暮れましたから。


及川智正

今がとても良い時代だということを理解せねばなりません。周囲にも「良い時代だ」と声を大にして言うべきです。皆が「良い時代」と言えば絶対に良くなります。情熱を持ってやりたいことに挑戦すれば、何でも出来る楽しい時代なのです。


岩瀬昌美

私もチャットツールをよく使っています。電話の場合、言った、言わないの問題に発展しかねないのでメッセンジャーやメールなど文字で会話に履歴が残るものを使うようにしています。とはいえ、メールやメッセンジャーだと文字だけなので無機質な言葉になりがち。緊急時や謝罪時、何か問題があるときは電話で連絡します。


平本あきお

やることの明確化のためには、タスクを「チャンクダウン」することも大事。たとえば「起業」というタスクがあっても、何をすればいいのかがわかりませんから、どんどん先送りしてしまうでしょう。「起業に必要なスキルを学ぶために、スクールの説明会の日程をネットで調べる」というアクションなら具体的ですから、スケジュールに入れることができます。やるべきことの抽象度を落とすのです。


澤田秀雄

人が変わるには時間がかかります。ただ、お願いするだけではなく、結果を見せることで味方は増えていくのです。


高岡浩三

相手の「心の問題まで考える」ことは、これからのビジネスに欠かせない。


松本晃(経営者)

当社では経営トップから現場まであらゆる段階の社員が「自分は今期、これだけの仕事(目標)を達成する」と約束する。ほとんどの仕事は数値にして示し、その結果で報酬のかなりが決まる。もちろん職位によってその程度は異なるが、約束に対してそうやって責任をとるのである。


塚田彊

会社のため、家族のため、生産人口として燃焼し、成果を上げることは素晴らしい人生だ。ファーストライフの充実が大切なことに異論はない。しかし、人生はそれだけではない。定年後、ファーストライフでは望めなかった、もう一つの人生を設計したらいい。20年間という長い時間を趣味や晴耕雨読のみで過ごせるものではない。


海老原嗣生

働き方改革について議論する際、欧米を理想とする人が多い。ただ、私は欧米の会社も数多く見てきましたが、実際には数々の問題があります。たとえば日本では人事部に配属され、給与を手がけることになったとしても、その後は労務や教育など、自然と仕事の幅が広がっていくものです。一方、欧米では企業主導の異動はないからポストは変わらず。だからこそ、自らポストを取りにいける人はいいけれど、そうでない人はずっと一労働者のまま。普通の人は年収も日本よりもかなり低い。それが、欧米の現実です。一方、日本では黙っていてもいろいろな仕事を与えてもらえますし、仕事は少しずつ難しくなり昇給もする。つまり、自然とキャリアアップしていける仕組みがある。それは日本企業の強みだと思います。