佐藤和則(経営者)の名言

佐藤和則(経営者)のプロフィール

佐藤和則、さとう・かずのり。日本の経営者。「サウンドファン」社長。福岡県出身。中央大学卒業後、富士ゼロックス、サン・マイクロシステムズ、デルコンピュータ、アスクルを経てビジネスコンサルタントとして独立。その後、音のバリアフリースピーカー「ミライスピーカー」を開発。

佐藤和則(経営者)の名言 一覧

今、スタッフみんなで大きな夢を見ています。自分たちが生きてきた証を残し、後世に役立てるなら、これくらいの苦労は何ともない。


資金は集まるまでやり続ければ、絶対に集まる。信念と情熱があればなんとかなる。


諦めなければ、たどり着ける。


必要以上にテンションを上げると落ちやすいので、イメージする世界に向かい、淡々と積み重ねていきます。


大学卒業後、好きな英語を活かせると思ったので、外資系企業に就職し、その後も外資を渡り歩きました。会社はプロジェクトを変わるくらいの意識しかありませんでした(笑)。


多忙やストレスがたたって体調を崩しました。結果としてはそれで良かった。少しのんびりしながら復帰をしているかたわら、在宅や個人でできるビジネスを一から学び、かっこよくいえば、内省と自己研鑽の期間になりましたから。非接触骨伝導効果スピーカーの基礎となる技術も、この時期の巡りあわせから始まりました。


最初から「すごい技術だ」と信じ、ブレることはなかった。資金繰りで苦労する中、いろんな人が現れては消えたし、「怪しげなスピーカー」と言われたこともあった。既存の価値観で測れないビジネスがこれほど大変だとは思わなかったけれど、広めることに貪欲になってからは加速度的に導入が進んだ。


当初、周囲の反応は冷たかったですが、フェイスブックで情報を発信し続けるうちに、応援してくれる人が増えました。資金繰りに苦しみ、4回増資する中、見知らぬ人まで出資を申し出てくれるようになりました。


佐藤和則(経営者)の経歴・略歴

佐藤和則、さとう・かずのり。日本の経営者。「サウンドファン」社長。福岡県出身。中央大学卒業後、富士ゼロックス、サン・マイクロシステムズ、デルコンピュータ、アスクルを経てビジネスコンサルタントとして独立。その後、音のバリアフリースピーカー「ミライスピーカー」を開発。

他の記事も読んでみる

ジミー大西

絵を描くときには必ずヘッドフォンで爆音で音楽を聴くんです。そうすると集中できて周りのことが気にならなくなる。


坂根正弘

うちの会社では、開発部門と生産部門が同居している工場を「マザー工場」と呼んでいます。ちなみに、アセンブリ(最終的な組み立て)だけをやっている工場はチャイルド工場です。栃木県小山市にエンジンや油圧のコンポーネント(個別部品)の工場があり、そこから車で30分ほどの真岡市に車両生産工場があります。小山に開発部隊を置いていたのですが、この30分の距離が大きかった。ほかの工場に比べアクションが遅いんです。だからすぐに開発部隊を真岡に移しました。


立川談慶

人間の失敗の集大成が落語。「世の中、失敗でできているぞ」と言い切っちゃっている。落語のいろいろなネタによく出てくる「与太郎」という人物がいる。ちょっと抜けていて、いろんな騒動を巻き起こすんだが、彼にフォーカスすると、社会の処方箋が見えてくる。僕らが生きている現実の世の中は成功するのが当たり前で、うまくいくのが前提だ。日本は特に、10時10分発の電車が10時13分にやってくると、皆「遅いな」と怒りだす。でも、落語の世界では与太郎が運転したら、皆が「もしかしたら電車が来ないかもしれない」と思っちゃう。そのレベルに立つと、3分ぐらいの遅れは「どうでもいいや」とゆとりを持って迎えられるだろう。


楠本修二郎

農家、生産者にはもちろん農産物についての知恵があります。一方、都市生活者にもそれを活かすという知恵がある。互いに相手にはない知恵を持っているとしたら、それを混ぜこぜにしてシェアすればいい。「知恵のシェア」もっといえば「叡智のシェア」です。それができるスペースをつくれば、コミュニティはぐっと面白くなります。


新井見枝香

どれも脈絡なく話が飛んでいるけど、別に狙って書いたわけじゃなくて、いつもこんなふうに妄想ばかりしているから疲れちゃうんですよ。あまりに思考がとめどないから高校生くらいのときに机に自ら頭を思い切り打ちつけたことがあるくらい。どうにかしてストップできないかなって。無理でしたけど。この本(『探してるものはそう遠くはないのかもしれない』)も後先考えずに書いているから、他の人が読んでも共感しづらいんじゃないかとは思っていました。


陰山英男

疲れて頭が回らない状態で働くのは非効率。例えばアイデアを出す時は、ただ時間をかけても意味がない。出てくる時は一瞬だから。「良いアイデア」は、脳がものすごくクリアな状態で生まれます。そんな状態を作り上げるには、やはり「休息」が必須。


鳩山玲人

私のことをハローキティを世界に広めた立役者と評価してくださる方がいますが、私はキャラクターを有名にしたわけではありません。もともとハローキティは海外でも有名でしたから。私は、このダイヤの原石をマネジメントしただけです。


榎本博明

有効なのが部下やチームメンバーへの声かけです。人間は誰もが、「ポジティブ・イリュージョン」を抱いています。これは、自分の能力や業績、性格などを、実際より優秀と評価する認知的な歪みのことです。つまり人間には、自分を過大評価する心理的傾向があるということ。だから職場では、多くの部下が人事評価に不満を持ちます。仮に上司が部下の能力や業績を正当に評価したとしても、本人は実際以上に「自分は優秀だ」と思い込んでいますから、「上司が自分をちゃんと評価してくれない」と不満に思うわけです。そこで重要になるのが、声かけです。上司が部下に「調子はどう?」「頑張ってるね」などと声をかけることで、部下は「自分を気にかけてくれている」と感じて不満は和らぎ、気持ちも前向きになって、モチベーションが高まります。


森下篤史

自分が遠くにいてもお客様が見えたら、店内を走って近づいて大きな声で感じ良く「いらっしゃいませ」とニコニコ挨拶しろ。また「ありがとうございました」と聞こえたらお客様が見えなくても一緒になって言え。掃除の手は早いか、値付けは早いか、陳列は早いかを常に他人と比べて確かめ、人より手が遅かったら家に帰って練習して来い。これを「ニコニコ・テキパキ」という。


澤田秀雄

ビジネスでは数字を毎日見ることが大切です。数字は嘘をつきません。業績が上がったら上がった理由が、下がったら下がった理由が数字に表れます。もちろん、数字をつくっているのは人間ですから、間違えていることもありますし、ときには故意に操作することもあるかもしれません。でも、毎日数字を見ていれば、おかしなところは気がつくものです。


菊間ひろみ

人は文脈で単語を覚えるようにできています。ある研究では、文章の中で20回見ないとその単語を覚えられないそうです。だから、単語は覚えなくていい。読んで意味のわからない単語を虫食い状態で我慢できるかどうか。英語は推察力が肝心なのです。


川村隆

ボラタイル(価格変動が大きいもの)な分野からは距離を置くことも明言した。一例が薄型テレビだ。日立はなぜ得意とは思えない分野に注力するのかと社外から指摘されていた。テレビ事業はその後、海外工場を閉鎖し、電子機器受託製造サービス(EMS)へと切り替えていった。


吉野真由美

駆け引きの名手は、「さみしい」「うれしい」「楽しい」といった喜怒哀楽を要所で取り入れ、相手の感情を揺さぶります。


横田南嶺

私は仏教の経典の中でも『般若心経』に心をひかれます。『般若心経』は最初から最後まで全部が否定。すべてに「空」とか「無」という言葉をつけて否定します。否定して、ではどうすればいいのかというと、期待をしないのです。否定の先に何かあるだろうという期待さえもしない。


北尾吉孝

株式市場には先行性があります。経済の回復を見越して早めに動きます。いち早い決断のためには、そのことも忘れてはなりません。


ページの先頭へ