名言DB

9413 人 / 110706 名言

佐藤博樹(社会学者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤博樹(社会学者)のプロフィール

佐藤博樹、さとう・ひろき。日本の社会学者。東京大学大学院教授。東京出身。一橋大学社会学部卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程博士課程修了。雇用職業総合研究所(現:独立行政法人労働政策研究・研修機構)研究員、法政大学助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所日本社会研究情報センター教授。専門は産業社会学。人的資源管理、労使関係に関する研究を行っている。

佐藤博樹(社会学者)の名言 一覧

多様なライフスタイルや生き方を受け入れられる職場をつくるのがワークライフバランスの取り組みだ。これは仕事人間を否定するものではなく、個々の社員の価値観や家族の状況に応じて多様な働き方を共存させるものだ。そのため企業には、単に制度を導入するだけでなく、制度を活用しやすい職場にする努力が求められる。


そもそも海外転勤が本当に必要なのか精査することも不可欠だ。転勤は本人にとっても企業にとってもコストがかかる。現地職員で代替できないのか、転勤せずに出張などで済ませられないのか、見直す契機になるだろう。


人材育成を考えるなら、独身比率の高い20代に経験を積ませる。海外勤務に向くかどうか、社員の適性を入社後、早い段階で見極められるメリットもある。


現状では、30代前半の社員を海外に出す企業が多い。これは人材育成を目的とし、国内で複数の部署を経験してから海外に転勤させようと考えるからだ。しかし、30代前半は結婚したり、子育てをはじめたりと転勤が難しい家庭も多い。優秀な人材の流出を招きかねない。人材育成を考えるなら、もっと若いときに海外に行ってもらうのはどうか。


佐藤博樹(社会学者)の経歴・略歴

佐藤博樹、さとう・ひろき。日本の社会学者。東京大学大学院教授。東京出身。一橋大学社会学部卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程博士課程修了。雇用職業総合研究所(現:独立行政法人労働政策研究・研修機構)研究員、法政大学助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所日本社会研究情報センター教授。専門は産業社会学。人的資源管理、労使関係に関する研究を行っている。

他の記事も読んでみる

石破茂

政治家は常に選挙区に帰って地元の会合で「皆さんこうじゃないですか」と語り合うことが大事だと私は思う。何となく、最近は永田町と霞ヶ関とメディアの中だけで政治が完結しちゃっているような気がするんですよ。


佐渡島庸平

新人作家でも、アイデアのレベルが高く、「最高」と評価される漫画を1話なら書けるかもしれない。でも、天才は違う。その「最高」に満足せずに、もっと上、もっと上の「最高」を次々とクリアしていく。


カルロス・ブリト

この会社にコンフォートゾーン(居心地の良い場所)はない。


橘俊夫

我々が何をいくら提供しても、そこで止まってしまうようなお金であるならば初めから出さないほうが良い。それによって結果何が生まれたのかということを誇る財団にしなければならない。


棚橋弘至

焦ってはダメ。昔、ある先輩から「閑に耐える」という言葉を教えてもらいました。レスラーにケガはつきもので、どうしてもしばらく試合に出られないことがあります。そのときに焦ってオーバーワークをすると、治りが遅くなるおそれがあります。だから焦らずに、活躍できるときが来るのを辛抱強く待て、というわけです。


ラース・レビアン・ソレンセン

大がかりなM&Aでは本当の意味での価値を作ることができない。革新的な技術力がなく弱点がある企業が、他社を買収しようとします。そうしてコストを削減し、財務状況が改善したように見せかける。そういった方法では、問題の本質は何も解決しません。


草刈民代

引き受けることに不安はありませんでしたかって訊かれましたが、役になりきることができるかどうか、それだけが私にとっての関心事でした。

【覚え書き|映画『月と雷』に出演することについて聞かれて】


タモリ(森田一義)

人生に勝敗なんてないし、どっちがいいとか悪いとか、そんな判定みたいなことなんてどうでもいいんだ。


藤田田

ロスチャイルドに代表されるように、ユダヤ人は世界経済の頂点に立ち、経済社会を意のままに牛耳っている。経済だけでなく、政治や文化のジャンルでも彼らの力は大きい。当然ユダヤ人に対する反目も強い。しかし、五千年の歴史を持つ彼らの生き方の前では、ほかの民族はまったく歯が立たないのである。


大栗育夫

当社が認められるようになったのは「予定通りの原価で納期を守る」といったメーカーなら当然のことを、マンション施工で実践したから。


津田大介

変わらないのは、日本のよさでもある。日本は何でも長持ちさせることが得意。しかもずっと同じことを続けるわけではなく、大枠を変えずに細かいところを変えて環境の変化に適応していきます。


林信秀

挑戦をすれば、当然失敗することもあります。そのたびに、「百折不撓(ひゃくせつふとう)」の精神を思い出し、常に前を向いて進んでいきたい。そうすれば必ず道は開けると信じています。


カーリー・フィオリーナ

私がベル・システムを選んだ理由の一つは、幹部育成プログラムが整備されていることだった。若手の幹部候補は、あらゆる部署を次々に体験できる。いわゆるアップ・オア・アウト(昇進か、転職か)で、能力を認められれば上へ行けるが、ダメだと判定されれば転職を促される。いいじゃないのと私は思った。いろいろな経験をして成長できる。何が好きなのかわかっていないのだから、たくさんの部門で働けるのは面白い。クビになる可能性は大いにありそうだけれど、貴重な経験だと思えば、それもよし。
【覚書き|ビジネススクール卒業後、ベルシステムに入社を決めた経緯を振り返っての発言】


北条重時

人は必ず死ぬものであり、空しく死んでしまったら、生き残った者から思い慕われることもない。生前の心を慎み深く修養しなければならない。


森山透(経営者)

結局、風通しのいい社風とシンプルな言葉がコミュニケーションを生み出す。当社は正社員が4千人弱で、臨時社員や契約社員などを含めると相当数が働いています。この大きな所帯のベクトルをひとつにしなければならないのですから、シンプルに、コミュニケーション良く、「明るく、楽しく、元気よく」働くことが何より大切なことなのです。