名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤博樹(社会学者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤博樹(社会学者)のプロフィール

佐藤博樹、さとう・ひろき。日本の社会学者。東京大学大学院教授。東京出身。一橋大学社会学部卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程博士課程修了。雇用職業総合研究所(現:独立行政法人労働政策研究・研修機構)研究員、法政大学助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所日本社会研究情報センター教授。専門は産業社会学。人的資源管理、労使関係に関する研究を行っている。

佐藤博樹(社会学者)の名言 一覧

多様なライフスタイルや生き方を受け入れられる職場をつくるのがワークライフバランスの取り組みだ。これは仕事人間を否定するものではなく、個々の社員の価値観や家族の状況に応じて多様な働き方を共存させるものだ。そのため企業には、単に制度を導入するだけでなく、制度を活用しやすい職場にする努力が求められる。


そもそも海外転勤が本当に必要なのか精査することも不可欠だ。転勤は本人にとっても企業にとってもコストがかかる。現地職員で代替できないのか、転勤せずに出張などで済ませられないのか、見直す契機になるだろう。


人材育成を考えるなら、独身比率の高い20代に経験を積ませる。海外勤務に向くかどうか、社員の適性を入社後、早い段階で見極められるメリットもある。


現状では、30代前半の社員を海外に出す企業が多い。これは人材育成を目的とし、国内で複数の部署を経験してから海外に転勤させようと考えるからだ。しかし、30代前半は結婚したり、子育てをはじめたりと転勤が難しい家庭も多い。優秀な人材の流出を招きかねない。人材育成を考えるなら、もっと若いときに海外に行ってもらうのはどうか。


佐藤博樹(社会学者)の経歴・略歴

佐藤博樹、さとう・ひろき。日本の社会学者。東京大学大学院教授。東京出身。一橋大学社会学部卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程博士課程修了。雇用職業総合研究所(現:独立行政法人労働政策研究・研修機構)研究員、法政大学助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所日本社会研究情報センター教授。専門は産業社会学。人的資源管理、労使関係に関する研究を行っている。

他の記事も読んでみる

柳井正

表現が難しいですが、私はオーナー経営以外、経営じゃないと思っています。なぜかといったら、創業者精神がない会社はつぶれるんです。会社というのは毎日が創業。創業精神がない会社で、サラリーマンとして無難に過ごしていたら、会社はつぶれて当然です。会社は危機の連続です。だから創業者が、あるいは創業者以外のサラリーマンでもいいけど、創業者精神を持った経営者でないと危機を乗り越えられないと思います。


片山幹雄

「アフターサービスの現場の意見を製品開発に役立てなさい」と指示するだけでは、開発・企画部門の担当者が耳を貸さないことも出てきます。これを防ぐための罰金制度に似た社内取引ルールがあります。顧客からの修理依頼や問い合わせの件数をすべて金額換算し、それを事業部の利益から負担させるというものです。問い合わせが多いというのは、それだけ製品に何かしらの問題があるということです。修理依頼や問い合わせ件数が増えると、その分だけ事業部の利益が減ります。「デザインが良くて売れればいい。アフターサービスなど関係ない」は当社では許されません。


六角精児

幸運をゲットする目的でやってきたわけではないですけど、種を蒔かなければ芽も出ないとも思う。


武宮正樹

碁にも「定石」があるが、場合によっては最善の手であるとは限らない。変化を感じ取り、頭を柔軟にして対応しなければならない。


三ツ井創太郎

よくある失敗パターンの一つは、現状分析が間違っているケース。原因が分からなければ、有効な仮説が立てられません。PDCAが重要と分かっていても、現場の人間は、振り返りが苦手で、優先順位が低いのです。店舗の業務では、今、目の前にいるお客への接客が最も優先順位が高くなり、意識的に振り返りの時間を作らなければ、せっかくのノウハウも蓄積されません。振り返りの習慣を作ることが改善の一番のポイントです。


池上彰

報告書や提案書を書くうえで何より大切なのは、各会社や職場にある書面のフォーマットを知ることです。たとえば報告書なら、「目的」「内容」「結論」といった必須の項目があるなど、一定の形式があるものです。まずはこれを、しっかり抑えてください。このフォーマットにのっとった文書の手本があれば、それを徹底的に研究するとよいでしょう。職場に手本がない場合は、上手な先輩社員などの書面をみせてもらい、コピーして、やはり徹底的に研究してみてください。


岡林理

大手企業が大幅に固定費や研究開発費が掛かることとは対照的に、我々は非常に開発スピードが速く、なおかつ開発費を低く抑えることができます。規模の割には多くの製品を取り扱っていますが、それができるのは一つの製品を開発する人数が非常に少ないためです。


柳井正

(参考にしている異業種は)全部ですよ。トヨタも、米国のアマゾン、グーグル、アップルも、中国のアリババ、テンセントなどもそうです。それらを見本に勉強して組み合わせて、自分たちに合った新しい産業を作ろうとしています。お客様へメリットを提供でき、自分たちも改革ができるように、一緒に取り組めるパートナーを世界中で探していきます。


田中和彦

急な飲みの誘いこそ断らないようにしています。急に声がかかるというのはきっとそこに何か「縁」があるから。偶然の出会いから道が開ける経験をこれまで何度もしてきていますから。


内藤忍

金融商品を購入する際、コスト(手数料)は利回りにしっかり響いてきます。証券会社を比較しても、まったく同じ商品でも販売先によって手数料が異なります。利回りアップを狙うなら、コストはシビアに比較していきたいものです。


嶋田毅

適切な判断をするためには、都合の悪い情報も踏まえて検討する必要がある。


梶村尚史

「夜は脳を休ませて、朝は脳に刺激を与える」環境を整えること。それだけで睡眠の質は変わります。たとえば、夜ぐっすり眠るための準備として、寝る前にパソコンなどの光の刺激を与えるものを見ない、ストレッチでリラックスすることなどが挙げられます。また、朝スッキリ起きるための準備として、朝日がしっかり入る寝室環境を作り、朝食や飲み物で眠った脳に活を入れることなどが当てはまります。