佐藤博樹(社会学者)の名言

佐藤博樹(社会学者)のプロフィール

佐藤博樹、さとう・ひろき。日本の社会学者。東京大学大学院教授。東京出身。一橋大学社会学部卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程博士課程修了。雇用職業総合研究所(現:独立行政法人労働政策研究・研修機構)研究員、法政大学助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所日本社会研究情報センター教授。専門は産業社会学。人的資源管理、労使関係に関する研究を行っている。

佐藤博樹(社会学者)の名言 一覧

多様なライフスタイルや生き方を受け入れられる職場をつくるのがワークライフバランスの取り組みだ。これは仕事人間を否定するものではなく、個々の社員の価値観や家族の状況に応じて多様な働き方を共存させるものだ。そのため企業には、単に制度を導入するだけでなく、制度を活用しやすい職場にする努力が求められる。


そもそも海外転勤が本当に必要なのか精査することも不可欠だ。転勤は本人にとっても企業にとってもコストがかかる。現地職員で代替できないのか、転勤せずに出張などで済ませられないのか、見直す契機になるだろう。


人材育成を考えるなら、独身比率の高い20代に経験を積ませる。海外勤務に向くかどうか、社員の適性を入社後、早い段階で見極められるメリットもある。


現状では、30代前半の社員を海外に出す企業が多い。これは人材育成を目的とし、国内で複数の部署を経験してから海外に転勤させようと考えるからだ。しかし、30代前半は結婚したり、子育てをはじめたりと転勤が難しい家庭も多い。優秀な人材の流出を招きかねない。人材育成を考えるなら、もっと若いときに海外に行ってもらうのはどうか。


佐藤博樹(社会学者)の経歴・略歴

佐藤博樹、さとう・ひろき。日本の社会学者。東京大学大学院教授。東京出身。一橋大学社会学部卒業、同大学大学院社会学研究科修士課程博士課程修了。雇用職業総合研究所(現:独立行政法人労働政策研究・研修機構)研究員、法政大学助教授・教授などを経て東京大学社会科学研究所日本社会研究情報センター教授。専門は産業社会学。人的資源管理、労使関係に関する研究を行っている。

他の記事も読んでみる

ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)

情報のねつ造が恐ろしいところは、真実と嘘を積み重ねた上に成り立っているところ。


小池利和

企業も成長しなければ存在意義がありません。余裕がある時こそ、気を緩めず次の一手を打つことが大切です。


萩本欽一

最近の若い子を見てると、言葉の訓練をしてないなって思いますね。言葉って小さいときから磨いておいたほうがいいですよ。学校や家庭でいやなことがあったときなんか、言葉を磨く最高のチャンスなの。たとえばテストの成績が100人中90番だったとき、母親に「ゲームばっかりやってるからよ!」なんて言われたらいやでしょ。そういうときは「試験前あんなにゲームをやってたのに、ビリじゃなくてよかったじゃない」と言ってくれればいいのにとか、自分が言われたらうれしい言葉を想像してみる。この習慣をつけておくと、自分がしゃべるときに相手を思いやる言葉が出てくるようになるの。


田中良和(GREE)

米オープンフェイント買収は結果的に失敗になりましたが、決して無駄な買収とは思っていません。それまで、我々はカリフォルニアの会社を経営したことはありませんでした。買収後のマネジメントもうまくできなかったと思います。価値観の違いもあって、すぐに社員が辞めてしまうことも多々ありました。ですが、ここで学んだことが大きかった。その後、米ゲーム制作会社のファンジオを買収することになるのですが、そこで培った経験を生かすことができました。今、彼らが制作したゲームは買収直後と比べて売上高が5倍、10倍に伸びています。


坂本孝

ブックオフが成功した理由は、本に対する目利きがモノをいう従来の古本屋ビジネスではなく、「本がきれいか、きれいでないか」というブックオフ独自の価値基準を作り、新たな中古本市場を創出したことです。


澤田秀雄

人間は自然から生まれて、自然に生かされていますから、その摂理を守らなければ必ず病気になりますし、会社だったら経営がおかしくなります。経営がうまくいかなくなるのは、理にかなっていないことをするからです。


桑原豊(経営者)

私は、「あの人の言うことは論理的に正しいから従おう」という以上に、「正しいかわからないけど、あの人の言うことだからとにかくやってみよう」とみんなに思わせるのが最高のリーダーシップだと考えています。周りにそう思ってもらえるかどうかは、好き嫌いの要素が大きい。どんなに頭脳が明晰でも、嫌いな相手に人はついていきませんから。


小野寺正

フィロソフィに書かれていることは、とても基本的なこと。重要なのは、対応させるタイミングです。場面を誤ると、とんでもないことになる。問題は、その状況にあった行動をとれるかどうかなのです。


吉川美代子

教えることに関しては私は全体の「構造」を理解させることに力を入れますね。たとえば、アナウンサースクールで発声法を教える講師は「口を大きく開けて滑舌よくしよう!」などと教えます。けれど、言われた相手はたいてい「もう口も大きく開けているつもり」なんですね。つまり、部分的に教えても伝わらないんです。私は「日本語を発声する時の口の形は『あいうえお』の母音の5つしかない。でも、それぞれの音にはそのための正しい舌の位置と動きがある。だから、見た目の口の大きさというより、舌を滑らかに動かすために口の中を大きく開ける」と発声の構造から教えます。その後なら「口を大きく滑舌よく」と伝えても、なぜそうするのか、どうすればいいのか、わかってくれます。全体の構造を教えてから細部を指示する。この順番を忘れないでください。


松本晃(経営者)

会社なんていつも問題だらけだ。トラブルのない経営なんてあり得ない。


茂木友三郎

日本の産業の中で生産性が最も低いのが宿泊飲食で、その次に低いのが小売りと卸です。この背景にあるのは日本の安売りの文化です。日本ではお客様のために価格は上げないといいます。この日本の価格原理主義が大きな問題なのです。流通業は低価格主義で自分たちの付加価値を下げているばかりでなくメーカーの生産性も下げているのです。価格原理主義からの脱却が日本再生への第一歩となるといえるでしょう。


ロバート・キヨサキ

金持ち父さんは私によくこう言っていた「金持ちになる方法はたくさんある。だが、その方法には、それぞれ支払わなければならない代償がついてくる」。


木村隆行(アントレンド)

創業以来エンドユーザーから直接受注し自社内で開発するスタイルにこだわってきました。設立当初は苦労したものの、試行錯誤を繰り返しながら着実に小さな開発実績を重ねることで、徐々に規模の大きいフルスクラッチ案件の受注も増えてきました。


桜井章一

いつの時代も、世の中で変わらないものなんて何もない。明日、どうなるかわからないのが人生。


福元麻理恵

毎回同じことをやり続けるのも大変だと思いますけど、趣向を凝らして毎回違った演出をするのは本当に大変なことなんです。でも、やるからには、私たちにしかできないことを創っていきたい。


ページの先頭へ