名言DB

9490 人 / 112001 名言

佐藤卓(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤卓(経営者)のプロフィール

佐藤卓、さとう・たかし。日本の経営者。「野菜を食べるカレー camp」などを展開する「バックパッカーズ」社長。埼玉県出身。中央大学法学部法律学科卒業後、日産自動車に入社。日産自動車北米法人、スマイルズなどを経て「野菜を食べるカレー camp」を開店。

佐藤卓(経営者)の名言 一覧

人に話せば、あとで「あの話はどうなった?」と聞かれるから自分を追い込める。


人間は成長するし、状況や情勢も変化する。締め切りや数値目標に柔軟な方が合目的的。


日本中で毎日のように新しくオープンする飲食店の大半は、はっきり言って開業当初の私の店より美味しいし、素敵です。でも残念ながら潰れてしまう店も、とても多い。それは身近に設定した目標が達成できなかったから、あたかも目的自体も達成できなかったと勘違いしているからではないでしょうか。


店をオープンして長らく、赤字すれすれの期間が続きました。売上という目標だけを見たらやめたくなるし、やめるべき。でも私は踏ん張った。目的に対してポジティブな要素がいろいろあったからです。


会社員時代に経験がありますが、目的は「予算」や「期日」といった目標に落とし込みます。その時、「目的達成につながる」という理屈をつけているけれど、単なる数字あわせに終始したという経験を何度もしました。それは下手したら、目的達成を阻害することすらある。


稼ごうと思ったら、1店舗もフランチャイズ展開せず、すべて直営で展開した方がよほど儲かる。でも、管理部門を手厚くするための時間や手間がかかるから、しない。


私は「合目的的」なんですよ。「現代日本の国民食であるカレーを、革新的な調理法で健康的かつ最先端な食事として進化させ、世界中の人々に知ってもらう」。この目的に合う行動かどうかということに対しては、私は極めて貧欲で忠実。その下にぶら下がる目標や計画を変えることは躊躇しない。


「寿司」「天ぷら」といったステレオタイプの和食ではなく、今の日本を表した料理を世界に知らせたいと思った。第三者が聞いたら、完全な妄想(笑)。でも当時の私は真剣で、身近で、かつ海外に「輸出」していない日本のカレー文化に目をつけた。


佐藤卓(経営者)の経歴・略歴

佐藤卓、さとう・たかし。日本の経営者。「野菜を食べるカレー camp」などを展開する「バックパッカーズ」社長。埼玉県出身。中央大学法学部法律学科卒業後、日産自動車に入社。日産自動車北米法人、スマイルズなどを経て「野菜を食べるカレー camp」を開店。

他の記事も読んでみる

近藤淳也

僕の場合は能動的に、コミュニティに働きかけて変化を促す、ということはやってなくて、「今こういうモノを求めているユーザーがいるはず」と思って、場を作る。


桂三枝(6代目桂文枝)

『新婚さんいらっしゃい!』に呼ぶ相手は素人なので、何が起こるかわかりません。なかには緊張で頭が真っ白になって、とんでもないことをしゃべり始める人もいます。ただ、そういうのはたいてい男性で、女性は落ち着いていますから、奥さんに「ご主人緊張してますね」と話を向ける。そうすると「いつもこうなんですよ。あんた、しっかりしいや」と、そこでまた人間ドラマが生まれるのです。


田中伸明(医師)

スポーツやトレーニングも、楽しみながらやれば「無我」の境地をつくり出せます。メンタル強化のためには身体づくりが基本。


分林保弘

今までのことを守ることばかり考えていたら廃れてしまう。革新へのチャレンジは重要。


橘玲

私たちは人的資本、金融資本、社会資本という3つの資本を持っています。人的資本は労働市場でお金を稼ぐ力のことで、スキルやキャリアがあるほど高くなります。金融資本は貯蓄や不動産を運用することで利益が得られます。社会資本は人間関係で、家族やパートナー、友人など親しい人間関係が協力や助け合いによって安心を生み出します。私たちはこの3つの資本を組み合わせて人生を送っているのですが、大切なのは自分がいま持っている資本を把握した上で、それを将来どのようにしていくのかを真剣に考えることです。


鎌田恭幸

富裕層の方々は、マネーゲームと投資を明確に区別しています。単なるサヤ取りに終始するマネーゲームとは違い、企業活動そのものを応援する投資は、対象となる企業の発展・成長そのものが、社会貢献以外の何ものでもありません。


中島明彦(不動産経営)

お金をいかにして稼ぎ、いかにして使うか。いま、このテーマが世の中でますます大切になっています。ひとことでいえば、お金は幸せのための道具であり、幸せの循環を生み出すことが重要です。その幸せとは自己信頼、人や自然のつながりの中にあります。


心屋仁之助

やめたいと思っているマイナスの習慣がある人もいるかもしれません。でも、いいんですよ。夜更かしをやめられない人は、夜更かしすればいいのです。たぶん、何かが楽しいから夜更かししているんですよね。夢中になって何かしていて、「あっ、もうこんな時間だ。あー楽しかった」と眠ればいいのです。それが、ネットでもゲームでも、なんの生産性のないことでも別にいいのです。ここで、「こんな時間になっちゃった。明日早いのに、なんて自分はダメなんだ」と思うことがいけない。翌朝も、もし眠くても「昨夜、楽しかったから寝不足なんだよねー」と笑えばいいのです。


東出浩教

人の資質や適性は、7割以上の部分が後天的に作られると言われています。リーダーシップについても、基本的なセオリーとコミュニケーションのスキルを学び、それらを実際に使ってみて、振り返りをする習慣を続ければ、自分で育てることが可能です。


千田琢哉

私が経営コンサルタントの職に就いて、これだけはやろうと決めたことがありました。それは、「名刺交換したすべての人に、お礼のハガキを書く」ということでした。競争が激しいコンサルティング業界で勝ち残ろうと、セミナーや経営相談や、度重なる電話や訪問で時間をかけながら緻密に顧客開拓をする同僚が多い中で、自分に合った方法として選んだのがハガキでした。どうせやるなら誰にも真似をできないことをしたい。そこで、出会った人には例外なくハガキを書く、それをまず1年続けよう、と決心したのです。


野村忠宏

本当に歓喜が湧き起こるような達成感や充実感というものは、やはりリスクを負って自分流を貫いた時にこそ、味わえるもの。


桜井正光

新しいことにチャレンジし、付加価値を増大させていくしかない。古いものは捨てて、新しいものに入れ替えていく。