佐藤卓(経営者)の名言

佐藤卓(経営者)のプロフィール

佐藤卓、さとう・たかし。日本の経営者。「野菜を食べるカレー camp」などを展開する「バックパッカーズ」社長。埼玉県出身。中央大学法学部法律学科卒業後、日産自動車に入社。日産自動車北米法人、スマイルズなどを経て「野菜を食べるカレー camp」を開店。

佐藤卓(経営者)の名言 一覧

人に話せば、あとで「あの話はどうなった?」と聞かれるから自分を追い込める。


人間は成長するし、状況や情勢も変化する。締め切りや数値目標に柔軟な方が合目的的。


日本中で毎日のように新しくオープンする飲食店の大半は、はっきり言って開業当初の私の店より美味しいし、素敵です。でも残念ながら潰れてしまう店も、とても多い。それは身近に設定した目標が達成できなかったから、あたかも目的自体も達成できなかったと勘違いしているからではないでしょうか。


店をオープンして長らく、赤字すれすれの期間が続きました。売上という目標だけを見たらやめたくなるし、やめるべき。でも私は踏ん張った。目的に対してポジティブな要素がいろいろあったからです。


会社員時代に経験がありますが、目的は「予算」や「期日」といった目標に落とし込みます。その時、「目的達成につながる」という理屈をつけているけれど、単なる数字あわせに終始したという経験を何度もしました。それは下手したら、目的達成を阻害することすらある。


稼ごうと思ったら、1店舗もフランチャイズ展開せず、すべて直営で展開した方がよほど儲かる。でも、管理部門を手厚くするための時間や手間がかかるから、しない。


私は「合目的的」なんですよ。「現代日本の国民食であるカレーを、革新的な調理法で健康的かつ最先端な食事として進化させ、世界中の人々に知ってもらう」。この目的に合う行動かどうかということに対しては、私は極めて貧欲で忠実。その下にぶら下がる目標や計画を変えることは躊躇しない。


「寿司」「天ぷら」といったステレオタイプの和食ではなく、今の日本を表した料理を世界に知らせたいと思った。第三者が聞いたら、完全な妄想(笑)。でも当時の私は真剣で、身近で、かつ海外に「輸出」していない日本のカレー文化に目をつけた。


佐藤卓(経営者)の経歴・略歴

佐藤卓、さとう・たかし。日本の経営者。「野菜を食べるカレー camp」などを展開する「バックパッカーズ」社長。埼玉県出身。中央大学法学部法律学科卒業後、日産自動車に入社。日産自動車北米法人、スマイルズなどを経て「野菜を食べるカレー camp」を開店。

他の記事も読んでみる

楠木建

最近、グローバル人材が重要だと言われますが、結局は稼ぐ人が一番偉い。その力を身に付けるには、小さくてもいいから、商売を丸ごと回す経験こそが大切ですね。


中山讓治(中山譲治)

私は想定外の事態のシミュレーションを毎朝、出社前にするようにしています。以前は前日の晩にしていたのですが、夜にすると寝られなくなってしまうのですよ。シミュレーションは、第一三共の社長になるよりずっと前、サントリーにいたころからしています。最初は予測の精度が低かったのですが、繰り返すうちに、精度が上がってきた。いまでは想定外の事態が起こることは、ほとんどなくなりました。


斉藤惇

自律(立)が基本。ルール化しないとできないというのは、いささか情けないといえば情けない。


泉谷直木

「信頼できる上司」にもいくつかポイントがある。このようなタイプの上司であればすべてを打ち明けてもいいだろう。

  1. 自分の成功談より失敗談を語れるタイプ。上司の成功した方法が現況でも通用するとは限らないし、第一そんな自慢話は聞いていてつまらない。
  2. 部下の話をしっかり聞いて責任を負ってくれるタイプ。部下が自分の失敗を正直に報告することは勇気のいることだ。そういうときこそ親身になって相談に乗り、「気にするな。最後は俺が責任をとるから」と腹をくくれる上司。

小嶋雄介

技術変革や新しいメディアの台頭などにより、ウェブの広告効果も高くなっています。しかし、ブランディングとなると、テレビや雑誌などの既存のメディアやイベントの方が効果的な場合もあります。クライアントのニーズに応えるにはウェブだけではなく、あらゆるメディアを駆使したプランニングが重要になってきます。そのすべてをワンストップで提供できるのが当社の強み。


長内厚

終身雇用が定着している日本企業では、経営者は社内からの昇進組が多く、過去の事業における実績の「ご褒美」として登用されるケースが一般的です。しかし、事業部門の技術トップがそのまま社長になって技術開発にだけ目を向けていては今日の競争には生き残れません。事業レベルの戦略と全社レベルの戦略では求められる能力が異なります。日本の家電メーカーの現場は依然として強く、技術やノウハウは蓄積されています。現状は、その現場力が、うまく収益化できていないだけなのです。日本の技術力に優れた経営力が加わることで、日本の家電産業は復活できるはずです。


塚越寛

人間の営みとは、お互いの幸せのためにあると私は信じている。しかし、経済の世界だけ、そうなっていないのはとても残念だ。売上や利益、シェアが優先され、幸せの追求が忘れ去られてしまっている。世界的な経済の混乱は、そこに原因があるのではないか。こんなことは明らかに間違っている。


伊藤明(伊東屋)

基本的には、文房具を売るという姿勢は変わっていません。ただ、従来の「何でも揃う」「新しい商品が豊富」という方向性ではなく、「伊東屋が自信を持っておすすめできる商品」を提供しています。今やどこでも文房具が買えるようになりましたから、差別化をはかっていきたいですね。


本田宗一郎

私は、我が社のモットーとして「3つの喜び」を掲げている。即ち3つの喜びとは造って喜び、売って喜び、買って喜ぶという3つである。


栗山千明

日本の撮影現場では「時間開始○○分前です!」という声が頻繁に飛んでいます。それに比べ、『キル・ビル』の撮影のときなどは「じゃあ、そろそろ撮影する?今日はやめておく?」って(笑)。「いいものをつくればいいんでしょ?だから、そこに行きつくまでは、時間もお金も惜しまないよ」というのがタランティーノの『キル・ビル』でした。


葛西敬之

読書を通じて他人の経験から学ぶことにより、自分の原体験を大きく膨らませることができます。その素材となるのは歴史や伝記です。また、他人のイマジネーションを通じて自分の体験を膨らませるということも有効な方法となります。この素材となるのは小説やエッセイです。さらに、他人の感性から学ぶ上での素材は詩歌がよいでしょう。


岡田充弘(経営者)

チームのミッション(使命)とバリュー(価値観)をそのまま部下に伝えてもいいのですが、実感として伝わらなければ形だけのものになってしまいます。そこで、ミッションやバリューを行動レベルに落とし込む必要があります。


越智仁

一番は技術の融合だ。これまでも3社が協力し合って新たな技術や商品を開発するよう号令をかけてきたが、「会社が違うので機密情報は出せない」「権利や利益はどちらが取るのか」といった問題が出てきて、なかなか前に進まなかった。スピードが求められる今の時代、そんなことでは競争に勝てない。3社統合で経営資源を結集し、総合力を発揮する。

【覚え書き|三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンを統合する理由について】


森山徹

待つことを厭わないでほしい。心の実験では、観察対象の生物に未知の状況を与え、その行動を観察します。そこで予想外の行動を発現させるには、観察対象と根気良く向き合い、待つことが必要です。つまり僕の研究は「待つ科学」だと思っています。これと同じで、迷ったときには一呼吸おいて、待ってみて欲しい。そのくらいの時間は誰にでも、絶対にあるはずですから。


七五三木敏幸

営業本部長になればまた現場の付き合いが広がって、新しい知り合いがどんどん増える。新しい仕事をやって、信頼を得て新しいつながりができれば、もっといい仕事に巡り合えるかもしれない。そういう気持ちのほうが強かった。


ページの先頭へ