名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤勝康の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤勝康のプロフィール

佐藤勝康、さとう・かつやす。日本の経営者。「システムエグゼ」会長。

佐藤勝康の名言 一覧

社員の成長があってこそ、会社の成長がある。


佐藤勝康の経歴・略歴

佐藤勝康、さとう・かつやす。日本の経営者。「システムエグゼ」会長。

他の記事も読んでみる

朝原宣治

世界で活躍する日本人アスリートの共通項を探ると、ある種の「変人さ」が必要だと思います。誰が何と言おうと、「これだ!」と思った技術などを徹底的にマスターするといった、「突き抜ける勇気」です。


河原春郎

2度のリストラの中でも、私が当初から掲げていた基本戦略は「成熟産業でも成長する」ことでした。成熟して伸びないと言われる分野でも、特定の事業に力を集中したり、他社と再編することでシェアを高めれば成長できるという考えです。


中村和彦(組織開発)

人は、「させられる」ことによっては活き活きとせず、その人の力や潜在力も発揮されない。自らがやりたいと感じた時に活き活きとし、その人らしさや潜在力が発揮されていく。


筒井義信

未来の創造は、歴史の上に立たないとできません。未来は単独で存在しているわけではなく、過去の中に未来があります。その意味で、過去の歴史を学ぶことはとても重要なのです。


福川伸次

これからの時代、物事を見るときに大事になるのが「楕円の哲学」だと思います。円には中心が1つだけしかありませんが、楕円には芯が2つあります。つまり、複眼思考で、物事を多面的に考えることによって調和が得られるということです。


田崎正巳

本質的なものに競争優位の源泉があるということは、それ以上はいらないということである。個人でいえば、人脈やインターネット検索などがそれにあたる。人脈は知り合った人数の数を競うのではなく、強い信頼関係に基づいた人との関係が、人脈になりうるのであり、それ以上は単なるネットワークでしかない。ネット検索で手に入る情報は特別な情報ではないから、むしろ「人」が頭の中に持っている情報にいかにアクセスするかが重要なのである。


野尻哲史

金融リテラシーという言葉が最近よく使われるようになりました。「Literacy」を辞書で引くと、「識字」と出てきます。すなわち読み書き能力のこと。つまり金融リテラシーとは、金融に関する知識や情報を正しく理解し、自らが主体的に判断することのできる能力だといえます。社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送っていく上で欠かせない生活スキルなのです。


三谷幸喜

自分自身の将来のことは脚本を書くようにはいかない。例えば、今の僕が10年後に何をしているかなんてことは、まったく想像がつきません。逆に10年前に今の自分を想像していたかというと、そんなこともないし。理想は先のことを考えつつ、決断を下せればいいんでしょうけど、将来のことはわかりませんよね。ただ、1つだけ言えるのは、映画にしろ、舞台にしろ、テレビにしろ、僕は喜劇を作りたい。その一点は東京サンシャインボーイズを旗揚げした時からブレていません。次はどうなるかわからないけど、笑いは忘れたくない。


後藤忠治

私自身は水泳を辞めてから事業を始めたわけですが、当時は「フィットネス」という言葉はありませんでした。それでもこのビジネスを始めようと思った最大の理由は五輪選手として出場した1964年の東京五輪でメダルを獲得できなかったからです。当時、私たちは期待をされていました。正直に言って、私自身も出場できればメダルは獲れるだろうと、どこかで思っていたのですが、現実には獲れませんでした。それ以来、メダルを獲れなかったことに対する忸怩たる思いはずっと持っていました。私がこの事業を始めた契機は、次世代を担う選手を育てたいという気持ちがあったからなのです。


前川知大

この作品(『散歩する侵略者』)は毎回、マイナーチェンジを繰り返しています。11年の公演のとき、「これはもう台本としてほほ完成しただろう」と思って、上演台本を本の形にして販売したんです。でも6年経ってみるとやっぱり書き直したくなる。舞台って「ここが完成」という場所はないんだな、と改めて思います。


渡邊健太郎(ビジネスプロデューサー)

「絶対欲しい」と思わせるモノを提供できれば、十分勝負できる。


伊藤肇

人間、貧乏であろうと、少しも慌てることはない。目的をもって生きる、信ずるところに生きる、修養につとめる、そこにおのずから積極的な人生の楽しみが生まれてくるのだ。