名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤剛志(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤剛志(経営者)のプロフィール

佐藤剛志、さとう・たけし。日本の経営者。「ジェイック」社長。早稲田大学卒業後、大手経営コンサルティング会社札幌営業所長、ジェイック専務取締役などを経て社長に就任。

佐藤剛志(経営者)の名言 一覧

過去をひきずらず、人生の目的を持っている人ほど強く、心が折れない。逆に、過去を引きずる人はモチベーションを維持できない。


やる気は伝染します。熱く挑戦を続ける人が身近にいると、周りも感化され「自分もやらなければ」と思うもの。だからこそリーダーは、常に挑戦を続けなくてはいけない。


散々な1日でも、振り返ってみると良かったことは必ず見つかるもの。たとえば、「○○君がよく頑張っていた」でも、「奥さんといい会話ができた」でも、なんでもいい。それが明日への活力につながる。


大事なのが「自分の内側からの意欲を高める」こと。自分が働く目的が明確な人ほど、モチベーションが高い。それはたとえば「親を楽にさせたい」でも、「同僚に追いつきたい」でも、なんでもいい。自分の奥底にあるそうした意欲に気づけるかが重要なのです。


過去を引きずらないためには、失敗をどう学びにするかという視点と、一日一日での切り替えが大事。お勧めは、毎日「日誌」をつけ、その日あったことを振り返ること。一日を振り返ることで成功も失敗も一度リセットし、心をニュートラルな状態に持っていける。


私がやる気を維持できている理由の一つは、「モチベーションを下げている暇はない」という思いかもしれません。私は若い頃から「これをやりたい」という目標を常に持つようにしていましたが、30~40代の頃はまだ時間があるからと、あまり切迫感がなかった。それが50代になってからは、「あと10年でやらなければ」などと期限がリアルに迫ってきたことで、日々を漫然と過ごすことがもったいなく感じられてきたのです。そのため、周りの人があきれるほど、仕事ややるべきことを詰め込んでいます。


自信を失っている人に自分の価値を再確認してもらうには、どんなことでもいいので「承認」を与える必要があります。たとえば研修ではまず、互いに自己紹介をするのですが、自己紹介の内容を互いに評価し、表彰をします。表彰されるということは、認められるということ。それだけで人は大きく変わります。最初は相手の目が見られず、汗だくで自己紹介をしていた人が、表彰をきっかけに態度も顔つきもがらりと変わり、自信を持って自己紹介ができるようになるのです。他にも、営業研修でモノを売ってもらい、売れたら皆で祝福するなどの取り組みを通じて自分の価値を再確認してもらい、「自分もできるかもしれない」と自信を取り戻してもらいます。


フリーターやニートという言葉からは、「社会から落ちこぼれた人」という印象を受けるかもしれませんが、実際に接してみるととても優秀な人が多い。ただ、なんらかの理由で就職活動に失敗し、さらに、同年代の友人たちが社会に出て働いている様子に引け目を感じ、働くモチベーションが低下してしまっているのです。とはいえ、もともと能力のある人たちですから、やる気さえ取り戻せればどんな企業でも十二分に活躍してくれる力を持っているのです。


佐藤剛志(経営者)の経歴・略歴

佐藤剛志、さとう・たけし。日本の経営者。「ジェイック」社長。早稲田大学卒業後、大手経営コンサルティング会社札幌営業所長、ジェイック専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

永持孝之進

自ら熟慮して、その寸法に合わせて夢を持つ。大言壮語はしない。社会悪に連なるようなことでなければ、自らの考えで、望みを控えめにしても事業を成就する事が出来るものです。


中村隆介

10年かけて100店舗を達成しました。スケールが大きくなるに連れて高価な食材の値を下げ、脈がなかった相手との取引も可能になりました。土俵に上がる交渉力がつき、様々なことができるようになったと感じています。


山本真司

上の世代は何かとアドバイスをくれますから、勉強になります。ちなみに30代後半のとき、私がよく言われていたのが「仕事を減らせ、暇をつくれ」ということでした。


フレデリック・アミエル

生活とは、習慣の織物である。


馬渡修

世界的な課題としてアナログの技術者がかなり減少しています。アナログ技術はとても重要なのですが、どうしてもデジタルの方に注目が集まってしまいがちです。そこで、アンプやコンバーターや電源などの基礎を学んでいただく場として、アナログ技術セミナーを開催しています。弊社のエンジニアや大学の先生方、サードパーティーの技術者など、いわばアナログ技術のプロから、信号処理上の課題や解決方法を直接学べる場として好評を博し、毎年、千人規模の方にご参加いただいています。


佐々木茂喜

はやりものに手を出すことを否定はしません。でも最終的には、「自分にとっての使い心地」で選んだ方が長続きする。


小泉文明

チームワークを非常に重視します。最高のプロダクトを作り、非常に困難なミッションを達成するには、メンバーの力を集結する精神が欠かせない。


前澤友作

会社設立後3年目まではミュージシャンと社長という2つの顔がありました。その後経営者の道を選択しました。自分の決断に後悔はありません。音楽活動は曲を作り、アルバムを出すと言う繰り返しでルーティンワークになっていましたが、企業経営は事業が大きくなるにつれ、関わる人も増え、何よりも未知の世界という期待感があり、魅力がありました。


大原孝治

企業としても若輩者であるからこそ、こうした環境激変の時代に対しても素早く変化対応ができる。歴史の長い伝統企業ですと、組織が硬直化し、過去のしがらみから呪縛されているようなところもあるかもしれません。しかし、当社はそれがありませんから変化に素早く対応できる。それが結果的に良い方向に出ている。


ジェイ・エイブラハム

あなたが最初に出来る小さなステップから取りかかるのです。小さな成功を重ねていくことで、自分自身に対する期待値も徐々に上がってきます。最初から大きなことを狙わないことが重要です。