名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤光男(薬学博士)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤光男(薬学博士)のプロフィール

佐藤光男、さとう・みつお。日本の薬学博士。協和発酵工業医薬研究センター抗体研究所所長。長野県出身。北海道大学大学院薬学研究科修士課程修了後、協和発酵工業に入社。北海道大学薬学部薬学博士取得。米国のテキサスメディカルセンターIBT研究所客員研究員、協和発酵工業株式会社東京研究所主任研究員、協和発酵医薬研究センター抗体研究所所長、日本動物細胞工学会評議員、協和発酵キリン株式会社抗体研究所所長などを務めた。専門は抗体等の高機能性糖蛋白質医薬品の開発研究。

佐藤光男(薬学博士)の名言 一覧

言われたことを意味がないと思いながら黙ってやる人が増えたら、会社はつぶれます。部下には「自分のために仕事をしろ。ゆめゆめ会社のために仕事をするなんて考えちゃだめだ」と言っています。これだけ会社に尽くしたのに報いてくれない、という考え方はおかしい。ムダだし、不幸なことだと思います。


やるからには一等賞を取りたいでしょ?たかだか半年後のボーナスのために頑張っているわけじゃない。


何の役に立つのかを考えず、単に「試験管を振っていたい」のが一番ダメな研究者です。特定の方法にこだわる研究者、再生医療やゲノムなどその時々の流行の波に乗る「サーファー研究者」もだいたい駄目です。


当初は与えられたテーマの「既定路線内」で仕事をする研究者でした。目標値より上の結果は出しました。研究所の幹部に「会社は僕に何をやらせたいんですか?」と聞いたんです。「甘えるな!それを探すのがお前の仕事だ。でなきゃ会社にいる必要はない」という言葉が返ってきて、そこまで言われると、さすがに考えますよね。


無駄なことはしたくないという意識が強いです。入社当初から、先輩に「それ、何の役に立つんですか」と聞いてよく叱られました。


佐藤光男(薬学博士)の経歴・略歴

佐藤光男、さとう・みつお。日本の薬学博士。協和発酵工業医薬研究センター抗体研究所所長。長野県出身。北海道大学大学院薬学研究科修士課程修了後、協和発酵工業に入社。北海道大学薬学部薬学博士取得。米国のテキサスメディカルセンターIBT研究所客員研究員、協和発酵工業株式会社東京研究所主任研究員、協和発酵医薬研究センター抗体研究所所長、日本動物細胞工学会評議員、協和発酵キリン株式会社抗体研究所所長などを務めた。専門は抗体等の高機能性糖蛋白質医薬品の開発研究。

他の記事も読んでみる

栗山清治

多店舗展開が進んだ理由の1つは、コンビニエンスストアが行っていた店舗の標準化を取り入れたことです。同じ形の同じ店を作っていくことがコスト削減になりましたし、お客様にとっては建物が同じで、商品が同じ、どこのワークマンに行っても同じ商品を買えるのが安心感につながっていきました。


山田進一

質疑応答への対応は、プレゼンの準備段階から始まっています。まず、疑問を残さないプレゼンを準備するようにするのです。プレゼン内容について熟知していれば、「聞き手はこんな疑問を持つだろう」という予測ができるはずです。この「質問されそうなポイント」をあらかじめプレゼンに組み込み、質疑応答でいきなり疑問をぶつけられて慌てることはなくなります。プレゼン本編に組み込むのが難しい内容であれば、別途に想定問答集をつくっておいて手元に置きましょう。


横田雅俊

優秀な営業マンは、ムリな値切りを持ち出されたら、別のお客様へアプローチすればいいと考えます。当社の調査では、トップ営業は下位営業と比べて約7倍の案件を抱えています。彼らが値切りに負けないのは、分厚い見込み案件という自信の源があるからです。


中田誠司

社長に就任してすぐにリテール(個人向け)営業体制の改革に着手しました。それまでは本社が毎月販売すべき商品と目標を決めて支店に伝えていましたが、どの商品をいくら販売するかは各支店に決めてもらうというプロセスに変えたのです。収支などについては支店に目標を課しますが、どう達成するかは自律的に判断してもらう。それまでと正反対のやり方です。本部からすると、以前のやり方のほうが管理しやすかったのは事実です。このようなパラダイムシフトを伴う改革は、トップが決断して責任を引き受けるという覚悟がなくてはできません。急な経済環境の変化に現場が柔軟に対応することができるようになり、顧客ニーズに合った提案がしやすくなったと手応えを感じています。


中川政七・13代目(中川淳)

社内のあらゆる書類を電子化したことで、確かにどこで仕事をしようが、検索するだけで必要な情報がすぐに引き出せるようになった。一方で、アイデアがスムーズに生まれづらくなった気がした。俯瞰できないと思考が遮断され、スピードや集中力が落ちる。いくつかの情報を行ったり来たりしながら仮説を立てるプロセスが、アイデアを生むには大事だと改めて思いました。そんなタイミングで「PAD NOTE」という簡単に1枚ずつ切り離せるノートと出合い、やはりアナログは情報を俯瞰するのに優れていると感じた。最近になって、思考する時に必要な情報のみ、デジタルに加えて紙でも保存し、整理し直すことにしました。


中川晶

何でも相手の言うことを聞いてしまうのは、相手からの攻撃を避ける一種の防衛です。しかし、相手の要求や言い分を一方的に聞き入れ続けていると、マグマのようにストレスが溜まっていきます。


鎌田恭幸

日本の株式市場や顧客とかかわる中で実感しているのは、企業にとって無形の価値がますます重要になっていることだ。目に見えない企業価値が企業の本当の強さになってきている。


田島弓子

「自分の言いたいことを言う」のではなく、相手がどう言えば受け容れてくれるかを考えるのがコミュニケーションです。


藤井聡

様々な人間がうごめく社会の中で、見破り能力を発達させられなかった人は誰かに騙され、生き延びることができませんでした。今日生きている私たちはみな、騙されない能力を発達させることに成功した人々の子孫であり、悪者を瞬時に検知する遺伝子を受け継いでいるのです。


稲盛和夫

自ら燃える自燃性の人間になれ。


神尾友信

「外」の世界を知っているおかげで、医師の世界にいる自分を相対化できる。ビジネスの世界で成功してこられた方々と比べたら、まだまだ下っ端だなと。「狭い世界の話で何をカッカしているんだろう」と。


アルベルト・ザッケローニ

監督が口を出すべきではないこともあります。プロ選手たるもの、いかに良い条件で契約してもらうかを、いつも考えています。そうした話はチームのフロントに任せておけばよくて、監督が口を挟むべきではありません。