名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

佐藤光男(薬学博士)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤光男(薬学博士)のプロフィール

佐藤光男、さとう・みつお。日本の薬学博士。協和発酵工業医薬研究センター抗体研究所所長。長野県出身。北海道大学大学院薬学研究科修士課程修了後、協和発酵工業に入社。北海道大学薬学部薬学博士取得。米国のテキサスメディカルセンターIBT研究所客員研究員、協和発酵工業株式会社東京研究所主任研究員、協和発酵医薬研究センター抗体研究所所長、日本動物細胞工学会評議員、協和発酵キリン株式会社抗体研究所所長などを務めた。専門は抗体等の高機能性糖蛋白質医薬品の開発研究。

佐藤光男(薬学博士)の名言 一覧

言われたことを意味がないと思いながら黙ってやる人が増えたら、会社はつぶれます。部下には「自分のために仕事をしろ。ゆめゆめ会社のために仕事をするなんて考えちゃだめだ」と言っています。これだけ会社に尽くしたのに報いてくれない、という考え方はおかしい。ムダだし、不幸なことだと思います。


やるからには一等賞を取りたいでしょ?たかだか半年後のボーナスのために頑張っているわけじゃない。


何の役に立つのかを考えず、単に「試験管を振っていたい」のが一番ダメな研究者です。特定の方法にこだわる研究者、再生医療やゲノムなどその時々の流行の波に乗る「サーファー研究者」もだいたい駄目です。


当初は与えられたテーマの「既定路線内」で仕事をする研究者でした。目標値より上の結果は出しました。研究所の幹部に「会社は僕に何をやらせたいんですか?」と聞いたんです。「甘えるな!それを探すのがお前の仕事だ。でなきゃ会社にいる必要はない」という言葉が返ってきて、そこまで言われると、さすがに考えますよね。


無駄なことはしたくないという意識が強いです。入社当初から、先輩に「それ、何の役に立つんですか」と聞いてよく叱られました。


佐藤光男(薬学博士)の経歴・略歴

佐藤光男、さとう・みつお。日本の薬学博士。協和発酵工業医薬研究センター抗体研究所所長。長野県出身。北海道大学大学院薬学研究科修士課程修了後、協和発酵工業に入社。北海道大学薬学部薬学博士取得。米国のテキサスメディカルセンターIBT研究所客員研究員、協和発酵工業株式会社東京研究所主任研究員、協和発酵医薬研究センター抗体研究所所長、日本動物細胞工学会評議員、協和発酵キリン株式会社抗体研究所所長などを務めた。専門は抗体等の高機能性糖蛋白質医薬品の開発研究。

他の記事も読んでみる

山本高史

自分がいて、離れたところに他者がいる。このあいだを線で結ぶのがコミュニケーションだと思っている人は多いのですが、それでは相手に「当たる」話ができません。そうではなく、経験が増えることで自分が膨らんでいき、他者の一部と自分の一部が重なるようになる。経験が増えてもっと膨らめば、他者を飲み込めるようになる。これがコミュニケーションの姿だと僕は思います。


藤岡頼光

アメリカ人なんてベンチャーのやつがなんぼ働くか。すごい働いているよ。めちゃめちゃ頭のいい奴が、めちゃめちゃ頭のいいやつらと闘っている。


樺沢紫苑

現在アメリカではサーキットトレーニングが流行っていますが、体を鍛えると、仕事の集中力が上がるというデータが出ています。特に夕方の集中力が落ちる時間に30分程度の運動をするだけで、朝のような集中力を発揮できます。また、継続的な無酸素運動は成長ホルモンが出るので、太りにくくなります。エリートの間では、太っているのはできないやつというレッテルを貼られます。自己管理できない人はビジネスもできないという論理です。だから彼らは体を鍛え続けるのです。


牧野正幸

私は、「すべての人間は、もともとオンリーワンである」といった考えには大いに反対する。だが、自分の持てる才能を生かして頑張り続けられる人間なら、十分にオンリーワンになれる可能性はある。いや、必ずなれる。


佐々木直彦(コンサルタント)

可能なら、本人に直接聞いてみるのが一番。相手の生い立ちや今日までのことを聞くと、その人の価値観が表れていることが多いんですよ。たとえば「なぜこの会社に入ったんですか?」と聞いて、「給料がよかったから」と答えたら、利益重視の人かもしれない。そこから話をふくらませていけば、相手の考え方や求めているものがわかるはずです。


上野治男

在任中の最も記憶に残る仕事といえば、新「松下電器行動基準」の策定に尽きます。当時、経営理念にある昔の言葉をそのまま表面的にとらえ、理論的に理解しようとするきらいが社内にもありました。しかし、真に考えるべきは、今日の社会で経営理念を正しく実践するにはどうすればよいか、ということにほかなりません。ですから、私は経営理念が求めているものを誰にでもわかる言葉に翻訳して、説明する必要があると感じていただけなのです。用語一つとっても、時代の流行がありますからね。法令遵守に対する社会の評価も変わりました。喫煙者を見る目の厳しさなど昔とは段違い。外国人の従業員も増えました。今日、松下の人間として守るべきことのすべてを、昔のままの言葉から演繹的に導き出せというのは無理がありますし、社会もそれでは納得しないでしょう。


寺田直行

株主様やお客様との対話にも力を入れています。カゴメの株主構成では約20万人の個人株主がおられ、約54%が女性であり、大半が主婦の方です。カゴメの商品を最も手に取るのも主婦の方々になります。ですから対話を重ねることで、お客様の声を事業に反映していきたいと思っています。


林信秀

早くから海外のビジネスカルチャーを体感することに、大きなメリットがある。グローバルで活躍できる人材育成のために、海外赴任する日本人社員を増やしています。


林野宏

ドン尻の会社が他社と同じことをしていても立ち行かないのは明白。業界の常識などにはとらわれず、「今、お客様が求め、喜んでくれるサービスとは何だろう」と、それだけを全力で考えました。


大久保恒夫

同じことを言っても、怒る人もいれば、喜ぶ人もいたりする。ほかの人の前でほめられると、うれしいと思う人もいれば、恥ずかしいと嫌がる人もいる。また、いつでもほめればよいと言うものでもない。ふだんは物静かな上司や先輩からほめられると、すごくうれしいと感じることだってあるでしょう。いろいろなやり方があっていい。大切なことは、気持ちが相手に伝わり、相手の行動をよくすることです。


堤浩幸

本来、健康の維持から予防、病院での診断・治療、退院後の長期的なケアに至るプロセスは連続しています。フィリップスの強みは、一連のプロセスに関わる製品やサービスを一気通貫で手掛けていること。当社は「ソニッケアー」ブランドで電動歯ブラシを展開していますが、口腔ケアは生活習慣病を予防するというデータがあります。また、油を使わない揚げ物調理家電は肥満防止に役立ちます。こうした製品を通じて、私は消費者にヘルスケアプロセスの連続性をもっと認識してもらいたいと思っています。


松尾博人

経営者は情報にはいつも敏感でなければならないし、会社の身の丈に合うプロジェクトかどうかを判断し続けなければいけません。平凡なことですが、バランス感覚を忘れてはいけません。