名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤光男(薬学博士)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤光男(薬学博士)のプロフィール

佐藤光男、さとう・みつお。日本の薬学博士。協和発酵工業医薬研究センター抗体研究所所長。長野県出身。北海道大学大学院薬学研究科修士課程修了後、協和発酵工業に入社。北海道大学薬学部薬学博士取得。米国のテキサスメディカルセンターIBT研究所客員研究員、協和発酵工業株式会社東京研究所主任研究員、協和発酵医薬研究センター抗体研究所所長、日本動物細胞工学会評議員、協和発酵キリン株式会社抗体研究所所長などを務めた。専門は抗体等の高機能性糖蛋白質医薬品の開発研究。

佐藤光男(薬学博士)の名言 一覧

言われたことを意味がないと思いながら黙ってやる人が増えたら、会社はつぶれます。部下には「自分のために仕事をしろ。ゆめゆめ会社のために仕事をするなんて考えちゃだめだ」と言っています。これだけ会社に尽くしたのに報いてくれない、という考え方はおかしい。ムダだし、不幸なことだと思います。


やるからには一等賞を取りたいでしょ?たかだか半年後のボーナスのために頑張っているわけじゃない。


何の役に立つのかを考えず、単に「試験管を振っていたい」のが一番ダメな研究者です。特定の方法にこだわる研究者、再生医療やゲノムなどその時々の流行の波に乗る「サーファー研究者」もだいたい駄目です。


当初は与えられたテーマの「既定路線内」で仕事をする研究者でした。目標値より上の結果は出しました。研究所の幹部に「会社は僕に何をやらせたいんですか?」と聞いたんです。「甘えるな!それを探すのがお前の仕事だ。でなきゃ会社にいる必要はない」という言葉が返ってきて、そこまで言われると、さすがに考えますよね。


無駄なことはしたくないという意識が強いです。入社当初から、先輩に「それ、何の役に立つんですか」と聞いてよく叱られました。


佐藤光男(薬学博士)の経歴・略歴

佐藤光男、さとう・みつお。日本の薬学博士。協和発酵工業医薬研究センター抗体研究所所長。長野県出身。北海道大学大学院薬学研究科修士課程修了後、協和発酵工業に入社。北海道大学薬学部薬学博士取得。米国のテキサスメディカルセンターIBT研究所客員研究員、協和発酵工業株式会社東京研究所主任研究員、協和発酵医薬研究センター抗体研究所所長、日本動物細胞工学会評議員、協和発酵キリン株式会社抗体研究所所長などを務めた。専門は抗体等の高機能性糖蛋白質医薬品の開発研究。

他の記事も読んでみる

岡村正

最高の提案をするために、今日決めなければならないことは徹夜してでも今日決める、そうでないならば頭を冷やして翌日議論を深める。


小山昇

新入社員の親御さんに「息子さんは頑張っています」とハガキを書くこともあります。親御さんは中小企業に勤めることに基本的に反対ですが、社長から期待をかけられていることを知ると、応援する側に回ってくれます。


鈴木博之(経営者)

ベンチャーが求めるものといえば資金や販路が中心になると思われがちですが、精神的なサポートを必要としている起業家が想定よりも多いことにも気付きました。そこで、グランフロントの「大阪イノベーションハブ」と連携し、2か月に1回のメンタリングを実施しています。


山村輝治

当社のすべての事業を支えているのは「喜びのタネをまこう」という創業者の思いです。


川上善郎

週刊誌で騒がれるような、政治や芸能、メディアの世界とは違って、普通の職場の人はそんなにいじわるではありません。人間、温かい気持ちを持っている人のほうが多いもの。「人の噂も七十五日」と言いますが、情報が溢れる今では、噂の賞味期限はもっと短くなっていますから、無視戦略は最善な手と言えるのです。


高杉良

順風満帆という人は少数派で、誰もが悩みを抱えながら働いているのではないかと思います。上司に恵まれない。主流派から外れた。業界の先行きが不透明。そういった状況だとしても、ミドルと言われる年齢に達したのなら、自分で方向性を見出すことが必要です。


横山光昭

月数百円と侮るなかれ。先日、ある富豪の方が「500円をあと30年払うと18万円になるんですよ」と憤っていました。要するに、お金を持っている人ほど、お金にシビアなのです。固定費(毎月の定額支出)は月単位ではなく、ロングスパンで支出を捉える癖をつけましょう。


姜尚中

20代最後の年、旧西ドイツに留学したことで、世界の見方が変わりました。見方が変わるということは、自分が変わるということ。ですから、この留学が私の人生のターニング・ポイントだったと言えるでしょう。


山本真司

現在、日本企業は業界を問わず、イノベーティブであることが求められています。そこで働く人材にも、既成概念にとらわれない新しい発想が必須です。その発想力は、異質なものとの接触なしには生まれません。


中村好文

ある意味、住宅建築家は仕立屋(テイラー)みたいなものなのではないでしょうか。それも、人目を惹くパーティー服のテイラーじゃなくて普段着のテイラー。しっかりした素材で、丁寧に縫製してあり、着ていることを忘れるぐらい体に合っていて、洗えば洗うほど風合いを増す、何年経っても時代遅れにならない服を作るテイラーなんです。わかりやすく言えば、ブルージーンズのような普段着の住宅が僕の理想ですね。