佐藤光男(薬学博士)の名言

佐藤光男(薬学博士)のプロフィール

佐藤光男、さとう・みつお。日本の薬学博士。協和発酵工業医薬研究センター抗体研究所所長。長野県出身。北海道大学大学院薬学研究科修士課程修了後、協和発酵工業に入社。北海道大学薬学部薬学博士取得。米国のテキサスメディカルセンターIBT研究所客員研究員、協和発酵工業株式会社東京研究所主任研究員、協和発酵医薬研究センター抗体研究所所長、日本動物細胞工学会評議員、協和発酵キリン株式会社抗体研究所所長などを務めた。専門は抗体等の高機能性糖蛋白質医薬品の開発研究。

佐藤光男(薬学博士)の名言 一覧

言われたことを意味がないと思いながら黙ってやる人が増えたら、会社はつぶれます。部下には「自分のために仕事をしろ。ゆめゆめ会社のために仕事をするなんて考えちゃだめだ」と言っています。これだけ会社に尽くしたのに報いてくれない、という考え方はおかしい。ムダだし、不幸なことだと思います。


やるからには一等賞を取りたいでしょ?たかだか半年後のボーナスのために頑張っているわけじゃない。


何の役に立つのかを考えず、単に「試験管を振っていたい」のが一番ダメな研究者です。特定の方法にこだわる研究者、再生医療やゲノムなどその時々の流行の波に乗る「サーファー研究者」もだいたい駄目です。


当初は与えられたテーマの「既定路線内」で仕事をする研究者でした。目標値より上の結果は出しました。研究所の幹部に「会社は僕に何をやらせたいんですか?」と聞いたんです。「甘えるな!それを探すのがお前の仕事だ。でなきゃ会社にいる必要はない」という言葉が返ってきて、そこまで言われると、さすがに考えますよね。


無駄なことはしたくないという意識が強いです。入社当初から、先輩に「それ、何の役に立つんですか」と聞いてよく叱られました。


佐藤光男(薬学博士)の経歴・略歴

佐藤光男、さとう・みつお。日本の薬学博士。協和発酵工業医薬研究センター抗体研究所所長。長野県出身。北海道大学大学院薬学研究科修士課程修了後、協和発酵工業に入社。北海道大学薬学部薬学博士取得。米国のテキサスメディカルセンターIBT研究所客員研究員、協和発酵工業株式会社東京研究所主任研究員、協和発酵医薬研究センター抗体研究所所長、日本動物細胞工学会評議員、協和発酵キリン株式会社抗体研究所所長などを務めた。専門は抗体等の高機能性糖蛋白質医薬品の開発研究。

他の記事も読んでみる

ビル・ゲイツ

成功の秘訣?それは大きなビジョンが持てるかどうかだけだよ。


サイモン・クーパー(経営者)

従業員は同じ旅客機に乗り合わせた客と同じようなものです。着席してから飛行機がずっと離陸しなかったら、何か問題があるのではないかと不安に思うでしょう。こんなときに大切なのが、コミュニケーションなのです。なぜ離陸しないのか、パイロットは必ず理由を説明するはずですし、それによって乗客が納得してくれます。


上田準二

企画書で大切なのは、美辞麗句でも斬新なアイデアでもありません。誰が読んでもわかる平易な言葉を使った企画書なんです。ただし、平易な言葉で書くのは想像以上に難しい。ごまかしが利かないからです。


西村英俊

一番大切なことは、メディアにどうやって、何を今日中に発表できるか決めることです。何が何でも今日のうちに発表しなければいけません。情報の材料が足りないとか、対応策が決まっていないとか、不足する事項はいっぱいありますが、今日中に発表すべきです。材料が足りなくてもいいんです。「社長が知っていて対応しようとしている」「社長が関与すべき問題だと会社は認識している」という二つのメッセージのおかげでメディアの反応はまるっきり変わってきます。


佐藤昌弘(コンサルタント)

営業でいま買うことに決めているお客をいかに見極めするかですが、大前提としてお客の真の欲求を知っておく必要があります。「何かお困りのことでもあるんですか?」という質問で、お客の背後に隠れた事情を聞きだしておくことが重要です。そうしないといきなり個別の商品を勧めても失敗します。


元谷芙美子

大学での勉強はとても有意義でしたが、同時に机上だけでは分からないこともたくさんあることが分かり、今まで以上に現場の楽しさ、大切さを知ることができました。


赤羽雄二

習慣が身につかないのは、その人の性格や能力に問題があるわけではない。幼少期に傷つけられたままの心を引きずっているだけなのです。だから「私はダメな人間なのだ」と自分を否定せず、まずは心の状態を回復させること。自己肯定感を少しずつ強化することで、良い習慣を徐々に身につけることができると考えています。


熊切直美

営業現場などからのお客様の要望を経営に反映させることで、当社の「賃貸経営受託システム」は形成されてきました。今でこそ社会的に認知されていますが、当初は賃貸経営をトータルで支援するサービスは世の中にほとんどありませんでした。それを創業者が、土地オーナー様の遊休地活用策として賃貸物件の建築を事業化。次いで入居者募集、あっせんのサービス事業を追加し、さらに家賃保証の仕組みをつくることで、ワンストップサービスを形作っていったのです。


宮内義彦

例えば、何か新規事業を始めるにしても、その事業に必要と思われる専門知識を持った最適な人を指名しなくてはなりません。開発段階では「型破りな発想ができる人」、立ち上げ段階になったら「寝食を忘れて集中できる人」、軌道に乗ってきたら「持久力に優れて大きな視野の持てる人」など、専門知識だけではなく、それぞれの社員の持つ特性まで考慮すべきでしょう。


亀谷誠一郎

社会人はお勉強ができるよりも、どれだけ他の人がもっていない経験を積むかに意味があります。特に目線が狭く、効率的に働けない若い時期は、その視野を手に入れるためにも働けるだけ働いておきましょう。


山本強(経営者)

成功も失敗も縄のように表裏をなして繰り返される――。ベンチャー企業に限らず、経営者であれば誰しもその感覚を持たれているのではないでしょうか。


劉強東

中国の若者の野心が徐々になくなっていることについて、私も懸念しています。日本の若い世代よりも深刻かもしれません。なぜなら一人っ子政策により、私たち世代の夫婦は4つも5つも不動産を持っています。一生働く必要はなく、一つの不動産を売れば10年や20年は食べていけます。このような考え方はとても危険です。


後藤忠治

スポーツであれば何でも当てはまるのですが、特に競技スポーツをやっている人は前向きで記録に貪欲な人ほど良い成績を出しています。そして、記録を残す選手の共通点は、やはり継続ではないでしょうか。


進藤貞和

信用というものには、会社としての信用と、そこに勤める個人個人の信用があります。私はウェスティング・ハウス社の社訓「You can be sure, if it is Westing House.」という言葉、つまりウェスティングの製品なら安心ですというこの言葉が好きです。これが信用ではないかと思います。


朝倉千恵子

会社というのは個人のものではありません。違和感を持ちながらも、振り上げた手を下ろしたら格好悪いといった気持ちで進めていくのは、自分のプライドを守ろうとしているだけで、会社としての攻めの姿勢ではないことが多い。大博打に打って出て、自分を信頼してくれている社員たちを本当に幸せにできるのか、ということです。


ページの先頭へ