名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

佐藤健一(フィットネストレーナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤健一(フィットネストレーナー)のプロフィール

佐藤健一、さとう・けんいち。日本のフィットネストレーナー。「ワイルドライフコーポレーション」社長、「日本筋力トレーニング推進協会」代表理事。フィットネスクラブでトレーナーなどを務めたのち独立。

佐藤健一(フィットネストレーナー)の名言 一覧

少し空腹感があるくらいだと筋トレの効果が上がるという最新の研究結果があります。空腹時にカラダを刺激することで、それをリカバーしようとする働きが生まれるそうです。ただあまりに空腹過ぎては集中力が上がらないでしょう。ですので、オレンジジュースなどで少し血糖値を上げるのがコツになります。


たんぱく質は体内で「アミノ酸への分解」と「目的別のたんぱく質への合成」を繰り返します。筋肉に関して言うと、「合成」は、まさに筋肉を作る時間に当たります。これをいかに長くするかが筋肉を増やす鍵になります。おすすめはトレーニング後の30分間。ここは「ゴールデンタイム」と呼ばれていて、ここでたんぱく質を摂ると「合成」の時間がさらに伸びるのです。


筋肉量は加齢によってどんどん減ります。一般に、25歳から30歳をピークに、以後、毎年0.5~1%ずつ減ると言われています。40歳近くなると「痩せにくくなった」と感じる理由がこれです。最近の研究で、極限まで追い込まなくても筋肉がつくことがわかっています。将来の寝たきり防止にもなりますし、ぜひこの機会に筋肉量アップに取り組んでみてください!


中年のカラダは「エネルギーが使われにくい」のです。だから痩せにくく太りやすい。すぐにリバウンドする理由はそこにあります。摂取した食べ物等のエネルギーを体内で消費する働きを代謝と言いますが、この代謝の量が少ない為、エネルギーが十分に使われずに、脂肪の蓄積が増えるのです。それは筋肉の量が関係しています。人間の体は、全エネルギーの約7割を基礎代謝(何もせずじっとしている状態でエネルギーを消費すること)で消費していますが、そのうちの5割は筋肉が消費する。つまり筋肉量が多ければ、「代謝が良く」なり、筋肉量が少ないと「代謝が悪い」カラダになるわけです。


佐藤健一(フィットネストレーナー)の経歴・略歴

佐藤健一、さとう・けんいち。日本のフィットネストレーナー。「ワイルドライフコーポレーション」社長、「日本筋力トレーニング推進協会」代表理事。フィットネスクラブでトレーナーなどを務めたのち独立。

他の記事も読んでみる

高橋克徳

自己否定感を無くすためには、「小さな肯定感の積み重ね」が大切。具体的には今日1日を振り返り、良かった行為を書き出す。「電話で感じ良く話せた」など、小さなことなら誰でも1日ひとつはあるはず。それを毎日続けると、「オレも頑張って生きているな」と思え、自己否定感が減ってきます。すると、周囲の人に心を開けるようになり、人間関係がスムーズになるはずです。


齋藤薫

私は基本的に、仕事というのは相手に求められてこそあるものだと考えていて、記事で「自分」を語ることはありません。


高島宏平(髙島宏平)

問題が解けないときは、問題が大きすぎて、何をすればいいのかわからないことが多いと思うんです。そこで、その問題をやや小さく分解し、出てきたいくつかの問題をさらに小さく……と今すぐにできるレベルにまで小さくします。漏れやダブりのないように分解することが大切です。


小山昇

勘や経験だけに頼ると、勝手な思い込みが生まれるものです。とくに若いときの勘や経験ほど、あてにならないものはありません。それよりも数字をもとに行動を決めた方が、ずっと信頼できます。


高汐巴

舞台という空間はお客様を元気づけることができます。家庭に問題を抱えたお客様が、「約3時間の上演時間だけは現実を忘れられる」と宝塚時代にお話ししてくださったことがあります。舞台に立つことには、お客様の人生に影響を与えるという、重要な役割があるのです。そうした役割を果たせるような舞台をこれからも作っていきたいと思っています。


小笹芳央

お客様の要望を解決に導くには「診断」と「変革」という2つのステップが必要です。まず、収入や待遇など社員のやる気に影響を与えるファクターに関するアンケートを社員の方に答えていただき、モチベーションを高める上で何が重要か、何に満足しているか「診断」します。その結果をもとに適切な「変革」を行うのです。


土光敏夫

私は思考の大切さを否定するものではない。しかし行動となって現れないような思考は、ビジネスにとって無用であり、ときには有害でさえあると思う。行動を伴わない思考は、腐敗を生むからである。思考と行動は、むしろ両方が相互作用を積み重ねながら成熟してゆくとみるべきではないか。一つの思考を行動に移し、その行動を吟味しながら次の思考を生み出す。そんなスパイラルの中から行きたいアイデアが生まれてくる。


村上恭和

リオ五輪で石川(佳純)は思わぬ初戦敗退。こういうとき、怒ったり、一緒に敗因を徹底分析したりする指導者もいるでしょうが、私はあえて距離を置きます。本人が泣いて反省しているのに慰めてもしょうがない。下手をすれば後悔が大きくなってしまう。あくまで本人の頭が冷静になるのを待つのです。


伊藤博之(経営者)

初音ミクに限らず、ネットで起きているのは、いかに共感をつくるか、というボトムアップの大きなムーブメントだと思います。だから、言ってしまうと、共感をつくれない会社は、この先、未来がないんじゃないか。


大前研一

目の前の問題だけを脂汗を流しながら凝視していても発想は広がらない。歴史や地理、ほかのジャンルなどいろいろなところにアンテナを伸ばしてみるといい。


井上礼之

経営のグローバル化を進めるうえで、企業にとって大事な要諦のひとつは「遠心力と求心力」のバランスをいかに取るかです。遠心力とは、各国の市場に徹底的に入り込み、地域に密着したビジネスを強力に進める現地経営のことです。一方、求心力とは本社やトップの意向を踏まえつつ、全体最適の視点から現地のビジネスの方向性を軌道修正する経営管理を指します。


原田泳幸

少子高齢化とか健康志向とか言われるときに、あえてボリューム満点のハンバーガーをぶつける。一番の理由は単純な話で「驚かせたかった」ということです。コンシューマー(消費者)の心を引くために大事なのは、いい意味でお客さんの期待を裏切ること。驚かせることです。