名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

佐藤健一(フィットネストレーナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

佐藤健一(フィットネストレーナー)のプロフィール

佐藤健一、さとう・けんいち。日本のフィットネストレーナー。「ワイルドライフコーポレーション」社長、「日本筋力トレーニング推進協会」代表理事。フィットネスクラブでトレーナーなどを務めたのち独立。

佐藤健一(フィットネストレーナー)の名言 一覧

少し空腹感があるくらいだと筋トレの効果が上がるという最新の研究結果があります。空腹時にカラダを刺激することで、それをリカバーしようとする働きが生まれるそうです。ただあまりに空腹過ぎては集中力が上がらないでしょう。ですので、オレンジジュースなどで少し血糖値を上げるのがコツになります。


たんぱく質は体内で「アミノ酸への分解」と「目的別のたんぱく質への合成」を繰り返します。筋肉に関して言うと、「合成」は、まさに筋肉を作る時間に当たります。これをいかに長くするかが筋肉を増やす鍵になります。おすすめはトレーニング後の30分間。ここは「ゴールデンタイム」と呼ばれていて、ここでたんぱく質を摂ると「合成」の時間がさらに伸びるのです。


筋肉量は加齢によってどんどん減ります。一般に、25歳から30歳をピークに、以後、毎年0.5~1%ずつ減ると言われています。40歳近くなると「痩せにくくなった」と感じる理由がこれです。最近の研究で、極限まで追い込まなくても筋肉がつくことがわかっています。将来の寝たきり防止にもなりますし、ぜひこの機会に筋肉量アップに取り組んでみてください!


中年のカラダは「エネルギーが使われにくい」のです。だから痩せにくく太りやすい。すぐにリバウンドする理由はそこにあります。摂取した食べ物等のエネルギーを体内で消費する働きを代謝と言いますが、この代謝の量が少ない為、エネルギーが十分に使われずに、脂肪の蓄積が増えるのです。それは筋肉の量が関係しています。人間の体は、全エネルギーの約7割を基礎代謝(何もせずじっとしている状態でエネルギーを消費すること)で消費していますが、そのうちの5割は筋肉が消費する。つまり筋肉量が多ければ、「代謝が良く」なり、筋肉量が少ないと「代謝が悪い」カラダになるわけです。


佐藤健一(フィットネストレーナー)の経歴・略歴

佐藤健一、さとう・けんいち。日本のフィットネストレーナー。「ワイルドライフコーポレーション」社長、「日本筋力トレーニング推進協会」代表理事。フィットネスクラブでトレーナーなどを務めたのち独立。

他の記事も読んでみる

志賀内泰弘

人脈は、一朝一夕には築けないものです。しかし、今日から築きはじめることができるものでもあります。


佐藤優

最終的に一番強いのは「ケンカをしない人」。ケンカをする必要がない人と言ってもいいかもしれません。圧倒的に立場が強いとか、優位に立っているとケンカを売られることもなくなるし、ケンカしようとも思わない。ちょっと陰険かもしれないけど、「あの人とケンカしたら損をする」。そう思わせたら勝ちです。結局、地位や権力を身につけろということになりそうですが、じつは周囲の人の評価とか人望、人気などもそれらに勝るとも劣らない力になり得ます。人気があれば人は一目置くし、その人と対立したりケンカしたりすることで、周囲を敵に回したくないという気持ちが働く。


佐藤東里

私の判断で、携帯電話などに使われる二次電池(充電できる電池)の事業を立ち上げることにしました。ところが、二次電池の開発が思うように進まないのです。それまで我が社は一次電池(使い捨て電池)の事業である程度の実績を上げていたので、二次電池開発はスムーズにいくと踏んでいたのですが甘かった。あるとき、廊下で出くわした記録メディア担当のキーマン二人に「二次電池はなかなか難しい」と話したら「二次電池は構造的に記録メディアに近いんです」と二人が言うんです。その一言を聞いて「これだ!」と直感し、すぐに記録メディア事業のキーマンを二次電池開発責任者に据えました。そうしたら半年もたたないうちに開発が完了し、その翌年、リチウムイオン二次電池事業が黒字化しました。


古森重隆

企業は商品・サービスで他社と比し、差別化されたものをつくりださないといけない。ビデオテープの経験からイノベーションの必要性を痛烈に感じた。ビデオテープは様々なメーカーが入り乱れ、2時間録画できるテープで5千円弱だった価格が短期間に数百円にまで下落した。それぞれのメーカーには「うちの商品は他社より秀でている」という矜持があっただろう。だが、残念ながら細かな性能の違いまでは消費者に伝わらなかった。毎週のように売上高ランキングが入れ替わり、どの会社も採算が苦しく苦境に陥った。まさに勝者なき泥沼の戦いだった。


大前研一

企業参謀たるものは、前提条件を疑え。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

不運にとりつかれた人生から逃れる方法は、正しく考えて生きることだけです。人や状況に対して適切な、正しい心の姿勢でいることが、安らぎと平和を人生にもたらしていきます。


田久保善彦

自分の立場や影響力を踏まえて行動することも大切です。


明智光秀

仏の嘘は方便、武士の嘘は戦略なり。


雲川俊夫

(リストラせずに社員数を減らしながら業績を伸ばせたのは)生産性向上をそれほど意識したわけではありません。要は私はケチだった。土地にも株にも手を出さなかったし、いまでも通勤は行も帰りも地下鉄で、会食の予定がない日には女房が作る弁当を抱えて出社しています。


孫潔(ジェーン・スン)

近年は、農村の生活を楽しむ「農家楽」がとても人気です。観光は、時間をそれほどかけることなく貧困地区を支える産業になり得ます。旅行者も、旅をしながらほかの人たちを助けることができるなら、旅をより一層楽しめるのではないでしょうか。


三枝匡

企業の規模拡大とともに、開発部門や生産部門といった機能別に分化した組織が肥大化すると、各機能を担当する部署間の連携が滞るようになります。顧客との距離が遠ざかるほど、顧客の声が届かず、「商売」を意識していない社員が増えてきます。その結果、顧客の要望と懸け離れた商品を開発するといった事態が起きます。


田村潤

ダメな組織はほぼ全員が「どうせダメだ」と思っています。そこから変えないと、逆転はとうてい不可能。