名言DB

9419 人 / 110788 名言

佐藤健一(フィットネストレーナー)の名言

twitter Facebook はてブ

佐藤健一(フィットネストレーナー)のプロフィール

佐藤健一、さとう・けんいち。日本のフィットネストレーナー。「ワイルドライフコーポレーション」社長、「日本筋力トレーニング推進協会」代表理事。フィットネスクラブでトレーナーなどを務めたのち独立。

佐藤健一(フィットネストレーナー)の名言 一覧

少し空腹感があるくらいだと筋トレの効果が上がるという最新の研究結果があります。空腹時にカラダを刺激することで、それをリカバーしようとする働きが生まれるそうです。ただあまりに空腹過ぎては集中力が上がらないでしょう。ですので、オレンジジュースなどで少し血糖値を上げるのがコツになります。


たんぱく質は体内で「アミノ酸への分解」と「目的別のたんぱく質への合成」を繰り返します。筋肉に関して言うと、「合成」は、まさに筋肉を作る時間に当たります。これをいかに長くするかが筋肉を増やす鍵になります。おすすめはトレーニング後の30分間。ここは「ゴールデンタイム」と呼ばれていて、ここでたんぱく質を摂ると「合成」の時間がさらに伸びるのです。


筋肉量は加齢によってどんどん減ります。一般に、25歳から30歳をピークに、以後、毎年0.5~1%ずつ減ると言われています。40歳近くなると「痩せにくくなった」と感じる理由がこれです。最近の研究で、極限まで追い込まなくても筋肉がつくことがわかっています。将来の寝たきり防止にもなりますし、ぜひこの機会に筋肉量アップに取り組んでみてください!


中年のカラダは「エネルギーが使われにくい」のです。だから痩せにくく太りやすい。すぐにリバウンドする理由はそこにあります。摂取した食べ物等のエネルギーを体内で消費する働きを代謝と言いますが、この代謝の量が少ない為、エネルギーが十分に使われずに、脂肪の蓄積が増えるのです。それは筋肉の量が関係しています。人間の体は、全エネルギーの約7割を基礎代謝(何もせずじっとしている状態でエネルギーを消費すること)で消費していますが、そのうちの5割は筋肉が消費する。つまり筋肉量が多ければ、「代謝が良く」なり、筋肉量が少ないと「代謝が悪い」カラダになるわけです。


佐藤健一(フィットネストレーナー)の経歴・略歴

佐藤健一、さとう・けんいち。日本のフィットネストレーナー。「ワイルドライフコーポレーション」社長、「日本筋力トレーニング推進協会」代表理事。フィットネスクラブでトレーナーなどを務めたのち独立。

他の記事も読んでみる

國松孝次

理想を述べなくては組織や世の中は変わらない。


三木谷浩史

学校を出ていきなり起業する必要はありません。先日、インドで会ってきた起業家たちの中にも、元グーグル、元フェイスブックという人たちがたくさんいました。そういう成長している会社で何年か経験を積んでからでも遅くはない。


小川仁志

哲学は1人で小難しいことを考えるものだと誤解している人がいますが、そうではありません。例えば、古代ギリシャの哲学者ソクラテスは、街角で見知らぬ若者と話をすることで哲学をし、社会を変えようとしました。ですからまずは、立ち話でも酒の席でもいいので、自分たちの社会について話してみてはどうでしょうか。カントやヘーゲルを持ち出さなくても哲学はできます。


寺尾玄

私は極度に集中するタイプなので昼寝は不可欠。アイデアはいつも、私がリラックスしたり、半分眠っていたりする状態の時にやってきます。


佐々木かをり

時間管理は、その人が幸せを味わうためにあるものだと思うんです。あくまで自分がハッピーになるための手段です。


松村清

正論だけでは人を説得できず、相手の気持ちを考慮した話し方が重要。


鍵山秀三郎

人々の荒んだ心、それが犯罪を多発させ、社会的コストを増大させていることは確かです。企業はリストラをして100億円、200億円の合理化を成し遂げたかもしれない。しかし、それはそれ以上、いやその何倍もの社会的コストを増大させているかもしれません。企業はそれを知るべきですね。社会的コストはなかなか計算ができません。それだけになかなか気がつかないのですが、社会全体のコストを下げるような生き方をしなければいけないと思います。そのためには何といっても、穏やかで優しい人間の心を育てることが一番大事だと私は思うんです。


佐々木常夫

チームのリーダーが部下に対してやらなければならないのが、仕事を通じて自分が成長したことを納得させることです。自分が伸びていることを実感させることができれば、さらに高い目標に向かっていきます。


中尾ゆうすけ

組織の歯車というとあまりいい意味で使われない表現ですが、実際のところ仕事は一人では完結しません。組織で働く以上、何かしらの役目を担う=歯車になるのは当然のこと。ただし、私はこの歯車にも二種類あると思っています。「回れと言われたから、とにかく回る」という指示待ち歯車と、「自分が回ることで、○○が可能になる」と自らの意志で回っている自立型歯車です。


西田文郎

根拠や自信がなくても構わない。とにかく「できる」と思うことが、困難を克服する第一歩。