佐藤健一(フィットネストレーナー)の名言

佐藤健一(フィットネストレーナー)のプロフィール

佐藤健一、さとう・けんいち。日本のフィットネストレーナー。「ワイルドライフコーポレーション」社長、「日本筋力トレーニング推進協会」代表理事。フィットネスクラブでトレーナーなどを務めたのち独立。

佐藤健一(フィットネストレーナー)の名言 一覧

少し空腹感があるくらいだと筋トレの効果が上がるという最新の研究結果があります。空腹時にカラダを刺激することで、それをリカバーしようとする働きが生まれるそうです。ただあまりに空腹過ぎては集中力が上がらないでしょう。ですので、オレンジジュースなどで少し血糖値を上げるのがコツになります。


たんぱく質は体内で「アミノ酸への分解」と「目的別のたんぱく質への合成」を繰り返します。筋肉に関して言うと、「合成」は、まさに筋肉を作る時間に当たります。これをいかに長くするかが筋肉を増やす鍵になります。おすすめはトレーニング後の30分間。ここは「ゴールデンタイム」と呼ばれていて、ここでたんぱく質を摂ると「合成」の時間がさらに伸びるのです。


筋肉量は加齢によってどんどん減ります。一般に、25歳から30歳をピークに、以後、毎年0.5~1%ずつ減ると言われています。40歳近くなると「痩せにくくなった」と感じる理由がこれです。最近の研究で、極限まで追い込まなくても筋肉がつくことがわかっています。将来の寝たきり防止にもなりますし、ぜひこの機会に筋肉量アップに取り組んでみてください!


中年のカラダは「エネルギーが使われにくい」のです。だから痩せにくく太りやすい。すぐにリバウンドする理由はそこにあります。摂取した食べ物等のエネルギーを体内で消費する働きを代謝と言いますが、この代謝の量が少ない為、エネルギーが十分に使われずに、脂肪の蓄積が増えるのです。それは筋肉の量が関係しています。人間の体は、全エネルギーの約7割を基礎代謝(何もせずじっとしている状態でエネルギーを消費すること)で消費していますが、そのうちの5割は筋肉が消費する。つまり筋肉量が多ければ、「代謝が良く」なり、筋肉量が少ないと「代謝が悪い」カラダになるわけです。


佐藤健一(フィットネストレーナー)の経歴・略歴

佐藤健一、さとう・けんいち。日本のフィットネストレーナー。「ワイルドライフコーポレーション」社長、「日本筋力トレーニング推進協会」代表理事。フィットネスクラブでトレーナーなどを務めたのち独立。

他の記事も読んでみる

棚橋弘至

緊張に飲み込まれないためには、場数を踏むことも大切。実は、僕は昔から赤面症で、人前で話すことが大嫌いでした。でも、プロレスラーになると、そうもいっていられません。リング上ではマイクアピールをしなくてはいけないし、試合以外でもインタビューを受けたり、テレビやラジオ番組のゲストに呼んでいただいたりして、何かと話す機会が多いんです。最初はもちろんヘタでした。でも、場数をこなすうちに少なくとも緊張で真っ白になることはなくなった。要は慣れです。


瀧本哲史

グローバル化による「本物の資本主義」の世界の中で、日本人が生き抜くためには社会をより資本主義的なモデルに変えていく必要があります。大企業で働く30代、40代のエスタブリッシュメントが、リスクを恐れず変化することで、必ず日本はよくなるはずです。


ジェームズ・ダイソン

私には、長い間、世界的な社会課題を解決したいという、燃えるような強い思いがあった。今、自動車メーカーがせきを切ったようにEV開発に乗り出しています。多くは「環境への配慮」をうたっていますが、私から見れば、規制によって無理に強制されているようにしか見えません。我々の動機とは明らかに違います。


北尾吉孝

お金は人を狂わせます。持ったら持ったで、さらに欲が出る。次に、失いたくないという気持ちが強まり、次第に人間を変えてしまいます。そういう例を、いくつも目の当たりにしてきました。ストックオプション、株式の新規公開でいちどに大きな利益を得た人が、その後、他人に対して傲慢な態度をとってしまうのを見て、「お金って怖いなあ」と感じたことが何度もありました。


菊入みゆき

上手くいかなかったとき、自分のやり方に疑問を持ったら、最も早い解決法は、上司や先輩に教えを請うことです。たいていは快く教えてくれると思いますが、断わられたり、有効な答えが返ってこなかったりすることもあるかもしれません。それでもかまいません。「教えてほしい」と声をかけることに意義があるのです。教えてくれなかった相手が心理的な貸しを感じて、次に何かあったときには教えてくれるかもしれませんし、「自分は情報を欲しているのだ」と周囲にアピールすることで、いろいろな情報が集まってきやすくなるからです。


羽生善治

着手を考える際も、40代半ばの今は、20代、30代の頃とは変わってきました。最初に局面全体の方向性を大ざっぱに、感覚的にとらえて、そこから細かいところをロジックで詰めていくというプロセス自体は以前とあまり変わりませんが、局面全体をとらえるところに力を傾ける比率が、以前に比べて上がっています。


アレックス・カー

先日、旧知の仲である能楽師を自宅に招いて仕事の話をする必要があり、「今までとは違う、面白い夕べにしよう」と作戦を練りました。彼の好物を食卓に並べて「無事に終わらせる」こともできましたが、それでは互いに得るものはない。私にとってそれは、彼が「気に入ってくれない」より残念な結果です。そこで、彼が食べたことがないだろうと思う料理にチャレンジ! リスクを取った結果、忘れられない「一期一会」の夜を過ごすことができました。


芥川龍之介

我々の生活に必要な思想は三千年前に尽きたかもしれない。我々はただ古い薪に新しい炎を加えるだけであろう。


堀紘一(コンサルタント)

私の会社に入社してくる人たちは、能力的には非常に優秀です。ところが、困った問題がひとつあります。それは、夜遅くまでオフィスに残って仕事をする人間が多いこと。私はいつも、「こんな時間まで会社に残っていたら、視野の狭い人間になるぞ」と忠告しています。会社の外にはさまざまな価値観や経験を持つ人たちがいるのだから、交流する機会を積極的に作れば、新しい学びを得ることができる。なのに、君たちみたいに机にかじりついていたら、幅の狭い人間になってしまうよ、と言っているのです。


古森重隆

新たな価値をお客様に提供し続けるために必要なのは、不断の努力によるイノベーションです。


宮内謙

会社というのは、社員全体が自発的に動く組織にしなければなりません。そうした組織こそ、真の強さが得られるのです。


堀之内九一郎

そのうち起業しようと思っているんだとしても、いつも独りぼっちでいるという意味での一匹狼にはならないほうがいい。リーダーとしての自覚や責任を持つことと、独りで吠えることを混同している人がたまにいるようですが、狼になるなら、仲間をまとめる力を持った狼になってください。


ケリー・マクゴニガル

世の中の多くの人は、「失敗は何が何でも避けるべきだ」と思っています。自分の能力を超えた目標に挑んだり、新しいことに挑戦するために努力を始めたばかりの時には、ついそうした考え方になりがちです。人間は何かで挫折するとすぐに、「やっぱり無理なんだ」と思いがちです。うまくいかなかったのは、自分の能力が足りないか、目標設定が間違っていたのかもしれない、と考える。そうやって、「自信をなくしてはすぐに諦める」という悪循環に陥ってしまいます。そんな時に役立つのが、「成長思考」です。成長思考では、「挫折は避けられないもの」と考え、障害にぶつかった時には、「持てる力を最大限に発揮すべき時が来た」と考えます。逆境はレジリエンス(精神的回復力)を強化してくれます。過去の辛い経験が役に立つのです。そう考えれば、ストレスを感じても頑張り抜くことができるようになります。


永守重信

「プロフェッショナルであること」が大切。特に35歳くらいまでは、何か1つ、「これだ」と思う専門性を磨き、強みにしていくことに注力した方がいい。


赤尾昭彦

人が知らないことにいち早く取り組むことが、新たな価値を生み出す。


ページの先頭へ